最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 読書女。 | トップページ | 考える女。 »

2017年9月10日 (日)

ヒューマニズム女。

ヨーロッパ中世においてヒューマニズム(瞬間のショット)の研究が深まり、「意図をもった人間の心の風景」を探求する営みが行われた。
恋した男に「おのれ殺すぞ」と女が言って狼藉を働いても、心の風景はパジャマでドライブをするようなものだ。
パジャマでドライブ。

特別なおちんちんの意味がきわめて知的にみんなに分かるようになる。
彼の知性が優れているほど、私のイマジネーションの世界も豊かになった。
男らしい人がいるだけで、女の世界も豊かなものになるのだ。
株価が上がった。
散々、傷つけても彼の生き方は間違っていないというメッセージを詩に託したのだ。
彼は「白」でしかなかった。
一緒に見た風。

そのようなポエムを残して私は彼の知性の伝道者となった。
ルネッサンス以降のヒューマニズムは、モテる男が神聖ローマ帝国の皇帝になり、もはやローマ帝国のような「モテる男の処刑」がなくなったためにこのような文化が発達した。
そのようにして、私の心の中の宝石は窓の外に飛び出していった。
男にとってもいい「実績」となり、なぜ女に狼藉を働かれたのかという理由がわかるとともに、人生の迷いがなくなった。
男たちは「自分の生き方」を決めていたからね。
泣かないでエンジェル。

「考え方はそれでいいよ」
女のそのようなメッセージが込められていた。
思春期の女の子にデカルトが「恋」というものを与えるまで、ヨーロッパ中世は大人の世界が支配したのだ。
アイドルが歌を歌うというプロテスタントが生み出されるまでに1492年という「サウンドの確立」が必要だったし、メガネの発明も必要だったし、モテる男が女の世界を豊かにする必要があった。
男らしさってものはもっと根の深いものだといって「壁ドン」が批判されたりもした。
思い出のアルバム。

すべての種(男女)を否定しないことが大事だった。
人々の共感が得られればよかったのだ。
心が豊かになる、これはプロテスタントが求めたものだった。
なぜ、モテる男の処刑がなくなっただけで、ルネッサンスからプロテスタント(宗教改革)につながったのかを感じて欲しい。
心が洗練されればよかったのだ。
女同士の「男の奪い合い」というものがどれだけ文化を豊かにしたか、それが神聖ローマ帝国にはあった。
ソクラテスが何を知っていたのか?それは尊敬に値するね。

マーケットとは様々なマンガや小説が女の快楽やからだを売ることを交換し合う場所だ。
銀行マーケット、住宅マーケット、売春マーケットが地方や国、国際レベルで展開されている。
競争が激しいマーケットもあれば、寡占マーケット、独占マーケットがあり、各自のマンガや小説で女の快楽やマンガを交換しあっている。
フリーセックスを語ったり、挿入の意味を掘り下げたり、女の団結につながるのがマンガや小説であり、異性を思うことが経済である。
「痛い目にあいたくなければマンガや小説は書くな」とも言われ、男女ともに訓練が求められたのだ。
商人の道とは恋愛論の道のことであり、自分の私小説がマクロレベルの影響を与えることを知ることである。
なぜ「競争」となるのであろうか?
書き手と買い手が山ほどいるからだろ。
ポケットの数がたくさんあれば競争が起きる。
国民全員にポケットがあるんだ。
「男が男を崇拝する」という宗教の世界でもポケットの中身の交換がなされる。
みんな「彼氏や彼女がいる」ことから男らしさ女らしさの小説やマンガの交換がなされる。
「いい恋愛がしたい」
これがマーケットソサエティなのだ。
秋の貝殻。

マンガや小説を「財」と呼ぶのがわかるだろ。
アダムスミスが「社会の歯車となれ」と言ったのも、社会を知らなければ「財」を知らないまま人生を過ごすことから語ったことなのだ。
シュンペーターもハイエクもオーストリアという高貴な街でこのことを探求した(バージニア学派)。
しかし、シカゴ学派はバージニア学派ほど高貴なものではなく、フリードマンがリードした論壇だ。
「恋」を思春期の男の子や女の子に与えることを知らなかったヨーロッパ中世はデフォルトを引き起こした。
マルクスが若い男の子や女の子に恋愛というものを開放したのだ。
早熟な左翼が恋愛をアピールして偏差値の世界に挑戦した。
アルバイトを許可する左翼系の学校もあったのだ。
男女のバランスを前向きにしたかったんだよ。
ピッタリしたいクリスマス。

共産党宣言が日本の中学生にまで波及して、内申書の問題にもなった。
異性を語るから敵味方ができるんだろう?
女を語れないやつを「強烈な団結」から排除する年頃というのは必ず来る。
からだを売ればお金にはなるだろう。
しかし、女同士の「つらい夜」は訪れないだろうね。
瀬能あづさ 永遠に友達。

自分をもっている人(リバタリアン)は、直接、恋愛で痛い目にあうことを避けようとした。
しかし、リバタリアン左派はこよなく芸術を愛した。
からだを売る(リベラル)のは勝手だけど、自由というものはお互いに譲れない世界であるということが分からないだろう。
社会を飢えさせてはならない、それば事実だ。
しかし、中学生をも利用していいのかは考えなければならないね。
まだ、マンガや小説を理解できない年齢がある、これはフリーマーケットの公平さと呼ばれた。
一週間に50時間働くか40時間働くかという問題は「職場に男女がいて楽しいのか?」という問題であって、恋愛論がなければ人間は長時間労働には耐えられない。
「自己責任カルト」というのがあり、「自分で小説やマンガを読んでもらいたい」というのが現在の主流だ。
所得再分配は社長の仕事だよ。
しっかりと小説やマンガを示さないといけない。
「神の見えざる手」というのは「職場の恋愛論は上層部から学ぶ」ということだ。
上層部は年配者同士で恋愛をしているけど、新入社員は若い女と男の世界だろ。
しっかりと学べるようになっているんだ。
所得や富のトリクルダウンは若さが引き起こすものだ。
軽い気持ちのジュリア。

マルクス・エンゲルスは、恋愛論(パラダイム)を知らずにパートナーがいない男を「足の錘以外に何もない」と言った。
ケネディは、満潮はすべての船を引き上げる、と語ったが、異性から排除された男は確実に存在した。
「結果の平等」とはすべての男にパートナーをという発想である。
職場が男臭くて、働く意欲も湧かず、女を買う金もない、そんな連中が空気を汚染し続けた。
男女が交差するというのは案外難しいものだ。
女の快楽とは上位10%の人間が上位10%の家庭で実現させているに過ぎないのではないか?
職場に女がいないから誰も制止せずに空気を汚してしまうのだろう。
世間に出回っている小説やマンガはコストがかからないだろうけど、実際に女がある環境に身を置けるかどうかは問題がある。
「一部の上流階級の楽しみに過ぎない」という受け止め方をされると世の中の効率性を見直さなければならなくなる。
深い仲になっていない女がいる職場に転職したがる男もいる。
恋のジャンクション。

奴隷の禁止はフライブルク学派が推進した。多くの国の賛同も得た。
恋愛論のないセックスと暴力の世界が奴隷階級である。
しかし、デリヘルなどの存在は、事実上、奴隷階級を作り出している。
男の絶対は女の胸にあるという「できない女」への教訓がないために奴隷階級は生み出されているのだ。
女性の雇用促進は男たちも歓迎している。
デリヘルをなくすために国はエネルギーを注がなければならないのだ。
「なんだ、タダじゃないか」という環境に身を置くことがどれほど大事なのか。
【福祉国家とはそのようなものだった】
仕事人間が何を楽しんでいるのかを理解する必要がある。
瞳いっぱいの夏。

ケイマン島やガーンディー諸島には女職場がたくさんあったり、海岸に女たちがたくさんいるために「我々は税収に貢献している」と言えば現地法人は非課税になる。
女が過剰にいる島などではこのような税金の逃げ道があるのだ。
しかし、うまくカップルを成立させなければならないという国家運営はこのような島ではできないだろう。
ビーチで女たちが男に目の保養を与えてくれる島においては税金の取り方が福祉国家とは異なるものになる。
「強い経済」とは福祉国家において成立するものであり、奴隷階級がいてはならないし、一生、女に縁のない男を生み出してはならない。
しっかりと恋愛論(パラダイム)を理解しなければならないし、理解できない年齢ならばセックスサークルに加えてはならない。

« 読書女。 | トップページ | 考える女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒューマニズム女。:

« 読書女。 | トップページ | 考える女。 »