最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 考える女。 | トップページ | 保守女。 »

2017年9月13日 (水)

カープ女。

街の良し悪しは「女がセックスできるかできないか」なんだよ。
必要なのは「証拠」であって、男が証明するものだ。
女は抱かれるべきだ。
なぜならば、私を守ってくれた街を「悪い街」だと思いたくないから。
なぜ、平清盛は瀬戸内海をひらいたのだろう。
男たちは何を知っているのだろうか?
口説き文句に詳しくて、女の話を聞いてくれる、そういう男がいればよかった。
プラトンはギリシャにおいて2000の街を戦わせた。
歳をとることや、金持ちになることは「むしろ失礼」なことなのではないか。
このまま死んでいく私に必要なのは「彼が信じている」ことが叶うことだった。
SPEED My graduation.

広島カープが勝ったら彼は仲間と喜び合える。
職場の雰囲気が変わればお給料も変わってくる。
中華人民共和国のお金は瀬戸内海の企業の株を狙った。
広島カープを勝たせて、職場の雰囲気を良くして、女たちは彼の幸せを喜び、セックスした。
東京、横浜、名古屋、大阪よりも優れた街、そう思いたかった。
「女がセックスするときはいつも本気」
このことから、中華人民共和国は瀬戸内海で「本気で」女たちに中華人民共和国を信じさせようとしたのだ。
愛してジャステイス。

ヤクザとはセックスしたくないの。
彼氏のいない女は不幸だわ。カープ女は思っていた。
街が私に彼氏を与えてくれた。
都会にはニートとかがいるらしいわ。
市民球団としての道を選択した時に「女たちはセックスするときはいつも本気」ということが分かってきた。
街を女たちが愛するとはどういうことなのだろうかが分かったのだ。
「赤」は心臓の色ね。治めることを知っている。
カープファンの彼氏もそんな感じで気が強かった。
彼氏と同じ経験をして、彼氏が離れていかないことを感じた。
結果を出してもらいたかったのは事実よ。
野球には「堂々巡り」はなかった。
その日のゲームをハイライトにしながら彼に抱かれた。
渡良瀬橋 森高千里。

彼が信じているものが間違っていたら、彼は勃起しなくなるでしょう?
それでも負けることがあるの。
都会の女も同じ気持ちなのね。こういう時に知った。
メディアもカープ女を「カープ女子」と呼んで好意的に扱ってくれた。
私はナイスバディをアピールするだけ。
広島カープが「戦力外通告」の男に与える意味や、プレイでの「罰」を与えないことが勇敢さを生み出していることを知ってくれた。
野球で勝つことは街を治めることよ?
女の支持がなければ勝てないことを最もよく理解してくれる球団ね。
広島カープにやたら詳しい彼はいじめられなかった。
名誉を愛し、仕事を愛している人だと知っているから。
意思が弱い人は嫌い。
緒方監督の発言を聞いて、仕事に生かしている人だった。
いじめは誰もが向き合ってきた問題よ?
いじめられるのが嫌だから広島カープに詳しくなったんでしょ?
お受験も似たようなものね。人生の入門編だわ。
この街で世界を敵に回さないこと。それが仲間が相談してくる基本なのよ。
心が落ち着かないのならば彼と一緒には眠らないわ。
酒井法子 風邪。

仲間からの相談といっても、いじめられているという話だろ?
広島カープの話を散々聞かせてやるよ。
何が美しいのかを語るいい機会だろ。
いじめから逃れる学問を「数学」と呼ぶんだ。
大人の「数学」を散々、聞かせてやろうか?
いろんな女の研究をして、チームを強くした連中はいるだろうけど、俺らにわかるのはチームの「数学」だけだからな。
データというのはチームを強くするために覚えるものではないんだ。
ファンが「いじめられない」ために覚えるものなんだよ。
子供にもそのように教えなければならないね。
他の男たちも「証拠」つまりデータの話ならば喧嘩しないだろう。
数字が好きなのはみんな同じだよ。
女性ファンの心をつかもうという親会社の気持ちとは別に、ファンの心には常にデータがある。
満足できない数字や怖ろしい数字があるだろうけど、みんな「ある程度の満足」を求めるためにデータを覚えるんだ。
暴君のようなレコードになってくると、やっている方は失敗を恐れるようになる。
統治者の仕事は、女性ファンの心をつかむことと記録を書き残すことだ。
そして「昔、見たことのある風景だな」と思えるようになってようやく一流の統治者と言えるだろう。
どうしても敵わない街ってあるのかな?
「俺より優れた先生っているのかな?」
ソクラテスは若い頃そのような風景を見たことがあった。
「絶対、勝ってくれないと彼氏がおかしくなっちゃう」
女たちは真剣に祈った。
街という単位はそのようにして国中に作られたのだ。
「国内の快楽を証明するためだよ」
道州制が果たして効率がいいのだろうか?
名誉を愛する人は名誉を生み出し、お金を愛する人はお金を生み出す。
名誉とお金は「二つの証拠」である。
どのみち「いいセックス」につながるからね。
名誉とお金ならば仲間にも分けてやることができるのだ。
午後のパドドゥ。

しかし、セックスと幸せがあるとするのならば、それを求めたために生じる苦しみや後悔などの負の側面があるだろう。
これはかなり上級者ではあるけれどもお金集めに用いなければならないね。
緑のポインセチア 河合その子。

この「カープ女」の世界と向き合う上では、子供時代、ナンパ時代、心を知る時代、全体主義的な時代の四つの段階を大人たちは経験している。
でも、みんな同じ街に住んでいるんだ。
子供時代には、なかなか現実味が持てない時期を過ごしている。
セックスや幸福、そして苦しみから無縁の子供時代を「ユートピア」と呼ぶ。
誰にでも居場所があるし、おどけが通じる時期だ。
ナンパ時代の連中の歌や文化を口にしても笑いが取れるし、親からも怒られるのだ。
この「ユートピア」の住人、つまり子供たちを聖書では「豚」と呼んでいる。
理想の街を作りたいのならば「豚」に「何が敵を助けてしまうのか?」だけを教えなければならない。
ナンパ時代にも男女はお金と貧困、そして結婚や友達にしか興味ないよ。
ガーディアンは、ナンパ時代の男女を守ろうとした。
性概念が確立した高校に入ってようやく「心を知る時代」になる。
「女子供」という表現を男たちは共有し始める。
女たちが「できない」「ついていけない」と言うのだ。
そのような女を愛せることを「経済」と呼ぶ。
男女の違いが確立したJKは、もはや一人一人と向き合うことが可能だ。
高校を出たらかなり全体主義的にいろんな理論が動いていくよ。
もはやキリスト教の真理は、大人の世界では全体主義に近い理論を確立しているのだ。
ようかい体操第一。

明治の市町村合併は小学校運営主体(豚を集める)を作るため、昭和の市町村合併は中学校運営主体(ナンパ時代)を作るため、そして「県」とは「心を知る時代」のためにあるものだ。
キリスト教(日本の神道)が果たして高校生に共有されるのかが道州制の問題だろう。
道州制の基本は「統治者に気持ちいいセックスというものを語ってもらいたい」ということと「支配されたくない」と人々が思っていること、そして「民間の男に知識を押し付けないでもらいたい」ということだ。
さらに「統治者にはずっとセックスの話をするという原点を忘れて欲しくない」とみんなが思っていることも指摘できる。
歴史というものをよく理解して、経験に満ちていて欲しいのだ。
アテネとスパルタの戦争をよく理解していてほしい。
女性の支持を集めてトロヤを攻略したアポロンが、若い連中に体力で打ちのめされた戦いだ。
若者は混乱しか引き起こさない。
若い連中に寛大になってもらいたい。
学級崩壊を引き起こしたのなら授業がつまらなかったのだと考えて、簡単に10分で授業を済ませてもらいたい。
知恵が欲しいのはみんな同じだ。
人間の心理をよく理解することだ。
音楽を聴いていても「セックスをしたい」という端的な表現を上手く避けながらポエムにしてあるし「男らしくあれ」ということを教育している。
音楽談義が授業でも何も失うことはない。
先生の見識はそこから試されているのだ。
三浦理恵子 友達より遠い人。

« 考える女。 | トップページ | 保守女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カープ女。:

« 考える女。 | トップページ | 保守女。 »