最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 保守女。 | トップページ | プロテスタント女。 »

2017年9月16日 (土)

政治女。

発言にどれだけ多くの男たちと女たちを巻き込んで「企業や役所」に共感してもらうのか?
これが政治資金の出所となる。
ボローニャ、パリ、オックスフォードは、ラテン語しか話さない連中を相手にどのような政治学を教えたであろうか。
それは「男女共学」「男と女がいる職場」を狙ったのだ。
「男学」を神学と呼び、「女学」を形而上学と呼び、そして企業や役所からお金をもらう学問を「ロジック」と呼んだ。
【神はセックスをしているのか?神は気持ちいいのか?】
この「神」になることが大事だった。
「毎日毎日、新しいネタを持ってきて・・・」
これを物理学と呼ぶのだ。
ラテン語しか話さない連中を相手に、男学や女学を話しに行ったのだ。
ラテン語の曖昧さを、ボローニャやパリ、オックスフォードはひたすら埋めて行った。
「モテる」
これが証明であったし、おじいさんは「ナイストゥミーチュー!」と挨拶をしてきた。
覇権国の言葉を知っているのならば、医学の知識もあるだろうという思いがおじいさんにはあったのだろう。
「女たちが群がっているやつを名医だと判断しろ」
そう思ったのだ。
しょせん、心を扱うのが内科であり精神科だ。
多くの人の話を聞くタイプか、一人の先生しか信じていないタイプかは人によるだろう。
しかし、健康の問題だけは真剣なんだよ。
ひとつの情報源を信じて、多くの人と話してみな?
会議なんてやっている暇はないんだ。
精神医学講座なんて聞いてられないよ。
いじめて鍛えて、いつか自分を救ってくれる、そういうやつを現場に生み出すしかない。
壁ドンみたいな男は去って行った。
いじめにカッコつけなんてなかった。
気持ちいい、賢い、それが医者ってものだ。
医者以外に「神聖な名前」は残らない。
男学と女学以外に神聖な学問はなかったのだ。
文学を読んで人と話せば企業や役所は話を聞いてくれるようになる。
異性を愛することは経済学と呼ぶ。
すでに何が起きたのかという歴史にまで分析能力が及ぶことを化学と呼ぶ。
毎日毎日、新しい話題を持ってくることを物理学と呼ぶ。
何をやっても「法」であるし、その場を「支配」することが優先度の高い男であった。
何が起きたかをどの音楽作品で分析すべきかを「定義」して、「女の嘘」を見破る。
これを理解することが必要だ。
哀しい方の嘘 ribbon.

化学についてであるが、私は自分のルーツを医学や哲学によって遡ったことがある。
母方の祖母が晩年に「人工肛門をしていた」と聞いただけでアナルセックスを祖父に強要されていたであろうことを推測し、祖父が「両刀遣い」であることを突き止めている。
つまり、母も叔父も祖父の嫡出であるものの、血はつながっていないことを推測した。
また、この祖父が「外科医であった」ことと、母が「子供たちに殴られるほど病んだ側面があった」ことから「医者は生まれた子供が女の子だったら腎臓を一つとってしまう」ということを突き止めている。
これらの「すでにあったことを説明する」という化学の世界がどれほど現実に生かされるかは、「人に殴られたからめまいがする」と言っていた矢口真里さんや久本雅美さんが「腎臓がひとつない」ことを推測するのに生かされている。
矢口真里さんはこの話を聞いて「北海道の両親が懐かしい」と発言している。
芸能人の健康情報はすべてここにまとめてあります。

民主主義というのは、家族やボランティア団体、企業などで「個人単位で」どのような決断がなされているのかを理解することが重要だ。
「告白」というのが女にはあるが、他の女と比べられて振られるのはもはや全身改造しなければならないほどの「決断」である。
この、個人の「自己愛」を理解することや、好きな男は各自てんでバラバラであることを理解すること、これらが重要になってくる。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ。

これを理解することが、「個人レベルの心の風景」を「権威として」代表することを意味する。
権力とは「介入する力」という意味だろう。
こわれかけたピアノに何らかの影響を与えるのが権力というものだ。
代議士まで「告白」に巻き込むのが女というものだ。
「告る」ことを集合決断にする、それが政治というものだ。
州政府よりも連邦政府の方がこの仕事がうまいね。
男も政治コミュニティのメンバーになりたいんだよ。
連邦政府の政治家の方がより可愛らしい女の子をたくさん知っている。
君主ともなるとこの仕事の意味をもっと正確に理解している。
王子によって結ばれたカップルが多いほど、王子は君主になる資格を得ることになる。
【権力はどこに介入すべきなのか】
それを正確に理解する必要がある。
男がより魅力的になっていき、そして女が告白する、このあたりに介入しているんだろう。
緑のポインセチア 河合その子。

お母さんに「私、キャバクラで働こうと決めたの」という手紙を書くような女にも「より気持ちいいセックス」を提供するのが政治だ。
しかも、リベラルはオックスフォードの宿題ではなかったか?
社会は、女がキャバクラで働くことには同意しないであろう。
セックスに周囲の祝福がない、からだが選ばれていない、この二つが指摘できる。
【いい男は死刑廃止】
などの明確な立場をとる政党が必要だろう。
彼女たちにも居場所が必要だ。
女の「政治的決断」というものをより深く理解する必要がある。
キャバクラで働く女がどれほど尊敬されないかも知らなければならない。
社会の敗北を認めなければならないし、社民党のような「より劣った女たち」も審議に加えなければならない。
いずれにせよ「告白した」「キャバクラで働いた」という「女の二つの決断」をしたからだを尊敬しなければならない。
二つの決断が女に求められていることから勃起が萎えることがある。
話し相手として無限の資源になるだろうか?
このあたりを見るしかない。
男は「法則」が愛せればいいのだ。
この決断を「女全員に言えること」として引き受けていくしかないだろ。
愛してジャスティス。

巨大な社会においては「当たり前の話」が男にはついていけないことがある。
もはや1950年代や1960年代には戻れないのだ。
「世界に終わりが来ればいいのに」と考える女のニーズに応えて災害の報道はなされる。
これを統治者は「女たちからのメッセージ」として受け止めなければならない。
災害と言えば視聴率が上がるから雨が降っただけで水たまりに入っていくのがマスコミというものだ。
「告白」「キャバクラで働こうと思うの」という女の二つの決断を芸術にして巨大な影響力を持とうという立場をネオリベラルと呼ぶ。
それはどの政治家も知っていたし、災害報道はすべてネオリベラルの立場に立ったものだ。
気象庁もそのことを正確に理解している。
ニーズに応えるのが法律だとするならばね。
からだを売った女の心配までしている政治家には0.5票しか投じられないし、告白の心配をしている政治家にも0.5票を投じている。
「我々は苦しんでいる」そう語る政治家にはそのようなメッセージを送った。
略奪愛が主流だとする立場もある。
略奪する女には苦しみがなかった。
しかし、男を奪われた女は「劣った市民」とみなされるではないか。
「我々は苦しんでいる」その意味を明確にできるのならば政治家だろう。
優しさに帰れない CoCo.

【手の届く代物ではねえよ】
惑星や星を見て、男は巨乳女に対してそう思った。
しかし、「女は太陽だ」と褒めそやかしていてもセックスすれば地動説に変わるだろう。
船のマストからは石は真下には落ちない。
ピサの斜塔からも「投げれば」真下には落ちない。



産業革命とは「どの女とセックスしても男の地位が上がる」というものだった。
肉体の速度が高まったのだ。
女の巨乳や力、速度が変わり、男には障害物を乗り越える力が与えられた。
絶対空間においては王家の男も庶民の男も「速さ」が測定できた。
王家の男にもスピードが求められた。
王家の男にも絶対空間が待ち受けていたし、「ボディアルファ」として、男女が複雑に入り混じった世界から距離を置くしかないんじゃないか?とも言われた。
タイムを計っても一番にはなれないからね。
ボディアルファは神秘的でもあったし、男女の複雑な世界から無縁であったから思慮深い人だと思われた。
男女の複雑な世界から距離を置けば一直線に進むことができる。


それだけでも「速度」が変わってくるのがわからないかな?
複雑な男女の世界から距離を置けば、ボディアルファの肉体はジャイロ回転を始める。
飾りじゃないのよ涙は 中森明菜。

どんどん受験生が脱落していく、これを一般相対性理論と呼んだ。
一般相対性理論には光の速度に似た速さがあった。
おそらく電磁波だろう。
その「ボディアルファ」をみんなが信頼したのだ。
ローレンツ変換と呼び、ニュートン物理学に唯一、光の速度が入り込んだのだ。
恋愛論の学習という特殊相対性理論にも光の速さはあった。




当事者としてではなく、他人事として学んでいたのだ。
午前2時間、午後2時間の執務だけでも十分だった。
ニュートンは地球から物事を学んだが、アインシュタインはアンドロメダから眺めていた。





男と女の複雑な交わりを知るためには「関わらない」ことが一番いいのだ。
優しさに帰れない CoCo.

« 保守女。 | トップページ | プロテスタント女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治女。:

« 保守女。 | トップページ | プロテスタント女。 »