最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ダークマター女。 | トップページ | 鋼鉄はどのように鍛えられたか。 »

2017年9月29日 (金)

日経平均女。

カトリック批判を強烈に推進しているのがスペインのバスク地方だ。
特に資源が出たというわけではないが、「女性が無限の資源」であるとみなしているのだろう。
カトリックの地図を「乾いた地図」として分離独立運動を行ったのはフランコ独裁政権の時の「ゲルニカ」と構図は変わらないが、カトリック批判に世界で最も詳しいのはバスク地方かもしれない。
河合その子 乾いた地図。


女の多様性が日経平均株価を引き上げる。
イエスのみを信じるというよりも、イエスが「源氏物語」のように女の多様性を研究した、
利上げというのは「感じなくなる女を減らす」「雇用を失わせる」という効果がある。
今までは「株式市場にお金が流れれば、債券市場は利息を上げなければ資金が流れてこなくなる、株式市場からお金が撤退すれば、債券市場は安い利息で資金調達ができる」と説明してきたが、実際は「イエスキリストがどれほど女の多様性を学習するか?」というところに株式市場も債券市場も頼っている。
イエスキリストが国内で価値を高めることを「円高」と呼ぶ。
誰がイエスかというと「テレビ東京に出演している男」という意味だ。
「300人斬り」とか言っているとテレビ東京で存在感を増す。
一方で、「アメリカ人は日本人女と妻を交換したがっている」という心理も円高に振れる。
いかに日本の「男」という概念を操作するか、そして「可愛らしい日本人女を作り出すか」というところに円高の議論は絞られており、「アメリカには敵わない」と考えるのであれば「円安」を予測した方がいい。
2001年頃に「公定歩合が機能しなくなった」として「量的緩和策」に日銀は政策を切り替えた。
日本国の政界が「キリストを見失った」という意味だ。
昔は、金丸信などが「コンセンサス、コンセンサス」と言って女の多様性を握りたがったが、公定歩合が機能しなくなったのは宗教界の屈辱だった。
「経済」というものは「異性を思う気持ち」としたのがシカゴ学派やバージニア学派であるが、バージニア学派はオーストリアのものであり「不貞」にまでは至っていない。
王室があるかないかの違いがシカゴ学派とバージニア学派の間にはあり、また、女の子に恵まれていたのもオーストリアだ。
シカゴ学派のフリードマンはかなり奔放にやらかしていたと思う。
「異性を思う気持ち」=「経済」=「宗教」については考えてみなければならない。
アボガドじゃねーし。

「女が感じすぎるのでマイナス金利になった」
この問題は、最高裁が「サーバーが猥褻物である」という判決を下したことから、アメリカと台湾にサーバーを置いて、この二カ国が日本にハードコアを提供したことに理由がある。
また、女の多様性を認めたアリウス派を異端として、「にゃんにゃん」という女こそが正統だとしたアタナシウス派にもとづくものだ。
このことから「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」という女の子の問いかけに答えるのが非常に困難となり、日経平均株価は8千円台まで暴落した。
「低金利でも株価は上がる」
この現象が起きた時は日経新聞は何らかの回答を示さなければならないとされ、
おそらくアリウス派の再評価(源氏物語)が進んだと答えるしかない。
株価暴落レインボーピンク。

感じる女は感じるとして放置し、マイナス金利を甘受し、感じる若い娘をセールスに用いた方がいい。
これが日経平均株価を一気に好転させている。
この「インデックス問題」を乗り越えるのに時間がかかった。
貯蓄は儲からない、株式投資は儲かる、口説き文句の序列は社会の序列(ハイエク)とし、日本国のGDPも、マイナス金利以降、株価好転を追いかけるように上昇していくとみられている。
生命保険会社の「三利源」とは「利差・死差・費差」を言うが、「利差は完全に消滅した」、これを「スターティングゲート」と呼び、おんなとはかんじるものだ、ということを受け入れ、一人ひとりの個性を再評価しなければならない。
不倫女性芸能人というのがいるが、「てんかん」という病気を持つと「会った日に意気投合すると翌日その人の追っかけをしてしまう」という子供のような反応を見せることが医学の世界で知られている。
これが「不倫女性芸能人」の真実なのだ。
また、低金利、マイナス金利は先進国の宿命として受け入れながらも、「セックスよりも素晴らしいものがあるんだよ」というよりロマン主義的発想を男が提示していかなければならないということは「カント以降」のドイツがすでに経験してきたことなのだ。
ロマンティック浮かれモード。

有名なな野球選手がチアガールを「どれもみな同じだったな」というようなことを女の側は「屈辱」ととらえている。
もっと口説き文句を知らないといけないし、女の長話を聞かなければならない。
女の長話に付き合わないと、女とアダルトビデオの区別がつかないのだ。
「私は売春婦ではありません」
それはもはやアタナシウス派とアリウス派の議論というよりは「ロールズ第一原則」と呼ぶべきものだった。
カントが「感じない女性」をなくしたのは事実だ。
しかし、カントが全世界に広まることはなかった。
ヒュームは「誰に長話を聞いてもらい、誰からお金をもらっているの?」という問いかけによって女のパートナーを当てたが、しかし、日本国のような民度の高い国にカントの情報を流すことはきわめて危険だ。
哲学は一定の到達点を見ている。
女たちは「哲学にだけは同じ反応を見せる」のだ。
このことから「にゃんにゃん」というアタナシウス派を否定しきれない現状がある。
マイナス金利の時代は「女が感じる」「仕事がある」ことを意味する。
そのために、日経平均株価という「女の値段」も算出できたとも言える。
また、かなり過酷な仕事に耐えても、アフターファイブの楽しみができたという側面がある。
しかし、からだを売るのはマイノリティーに属した女だけなのではないか?
マイノリティーが果たしてマイナス金利に連動して「感じる女」であるとは限らない。
女が感じるというのであれば、女を「年齢、エスニック、人種、お年頃」などで区別するしかなく、「天才子役」などもマイナス金利時代の寵児となる、ら
我々は「天才子役」とも仕事をしなければならない「大人」として振舞わなければならないのだ。
また、過酷な仕事を要求される時代というものは「福祉」というものとの向き合い方も考えなければならない。
「子供とすら働ける」
これはある種の悟りとも言えた。
芦田愛菜。

また、マイナス金利時代とは「女の子たちがいい目の保養になる時代」でもあった。
このことは「こんな悲しい思いはしたくないな」というリバタリアンに有利に働いた。
プロテスタントにおいて「失恋ソング」が歌われ、そのような経験とは距離を置く男が生まれたのだ。
また、フェミニズムの側からも「女心とはこういうもの」という音楽作品が強烈に発信され、男女を問わず支持を集めた。
CoCo 優しさに帰れない。

「雇用の問題がない」「女が感じる」というマイナス金利時代においては「女が家庭の外交官役を演じるべきではないか?」ということが主張された。
しかし、それは「より家庭的な組織」において実践されたものであって、女がリーダーであるというものの「家庭的」な側面をみると「情」の世界になるし、決して「豊かさ」にはつながらないのではないかとも言われる。

« ダークマター女。 | トップページ | 鋼鉄はどのように鍛えられたか。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均女。:

« ダークマター女。 | トップページ | 鋼鉄はどのように鍛えられたか。 »