最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 青春アミーゴ女。 | トップページ | ヒューマニズム女。 »

2017年9月 6日 (水)

読書女。

二人、マークがつくのは世の中の常識である。
ひたすら想像力を働かせて読書をするしかない。
サッカー個人技。

「言っていることが怖い」
三位一体は神聖だ。
ギターも二人組を前に爪引き続けて上達させるが、読書も同じだ。
自分以外の他人の心を知る営みは読書しかない。
悪に心を売ることを「多数派」と呼ぶ。
なぜならば、少数派による「永遠の罰」が待っているからだ。
「どうやって本を読もうかな?」
少数派は常に考えていた。
多数派には読書をするモチベーションなどなかったのだ。
読書という「永遠の罰」がいやだから多数派についたんだろ。
「多数派って動物みたいだな」
女たちは、口説き文句などの「心理」に憧れていたのであり、動物になど興味はなかった。
いじめ抜かれた人間の「心の風景」をみんなが聞きにきた。
国際的な知性と平気で結びつくから三位一体は神聖なんだ。
二人マークがついたら「奇跡」を期待するか、三人目を求めることを逃げたと思わないことを教えるかは指導者次第だね。
「奇跡」は「得点」というご褒美がないのならば使わないよ。
なぜならば「奇跡」だからね。
永遠の罰、少数派による天才的ドリブル。

音楽はすでに1492年にやり方が完成していた。
あとは三位一体がどれほど読書と結びつくかだったよ。
奇跡は「時々起きるもの」だよ。
複雑すぎる技にはご褒美が必要だ。
己を知り、すべてを知りたいと思うようになるためには二人の敵が必要なんだ。
キリスト教に忠実であるとは常に三位一体を考えることであり、二人の敵と戦うことだろ。
ピッチャーとキャッチャーの二人の敵という構図も考えなければならない。
ランナーを味方にするしかないんじゃないか?
ずっと続けていれば国際化するのは当然の世界なんだよ。
大魔神佐々木 サインを盗めばこんなもん。

人間が自由だとは思わないほうがいい。
神学をやるか機械いじりをやるかしかないんだよ。
「いつものメンバー」の中で恐れられるぐらいしかできないだろう。
国内を転戦することなんて想像はできない。
日本代表だって、田舎のクラブチームで練習するほど「二人の敵」というのは強いんだ。

「メガラ学派」というのは「世の中は簡単すぎる」としてソクラテスを邪魔することだけにエネルギーを注いだ連中だ。
いまだに存在するよ。
「二人の敵のサインの盗み方」などを研究したのだ。
ソクラテスは「二人きりの話し合い」を好んだから、ひたすらサインを盗む方法を探求した。
SPEED White Love.

二人の関係を壊すには、女のおっぱいをみんなに晒すことだった。
それが「秘密の合図」をバラすことだったからだ。
ソクラテスの敵は二人の間で何が「おっぱい」なのかを探求した。
予測と結果がともなうものだ。
三位一体を真理と考えたのは皆、同じだった。
おちんちんに何が可能か、という観点から二人組を攻略しようとしたのだ。
いままで何を話したのかを覚えておくことはいじめをなくすためには大事なことだ。
「過去を最も有効に使う」
過去というのは弱みなんだよね。
「明日から本気出す(明日アテネに行く)」という人はいじめられるだろうね。
現場にずっといればみんなおっぱいぐらい晒しているよ。
「どっちがおっぱいに吐き気を感じてるの?」
いじめをやる男二人はホモが多く、おっぱいに吐き気を感じているため「暗号なんておっぱいだよね。暗号を持っていると吐き気がする」と言うと秘密をボソッと漏らすことがあるので集中しておこう。
キャッチャーもホモが多い。
Tシャツ脱がしあい。

セックスすると嘘をつくために世界が狭くなるため、女性専門クリニックにおいては、セックスを禁止することがある。
自分の世界というものを考えて欲しいからなんだよ。
おちんちん抜きの幸せというものを知ってもらいたいのだ。
セックスしてお金をもらうのもいい生活かもしれないが、思い出になるセックスとそうでないセックスがある。
セックスの「負の側面」を排除して「今日は元気そうだね」と言ったり、それでも惨めな思いをしているのならばその話を聞かなければならない。
女性専門クリニックにおいても女性たちは「恋の話」を聞きたがる。
学んでも痛みを感じない男は重宝されるのだ。
共学の学校も本来はそのような営みが想定されていたし、挿入される鬱々とした世界ではなかったのだ。
片思いの終わりに 亀井絵里。

絵を見てみればいい。だれも女性の局部など描いていないだろ。
たとえ男が最後に向かう場所であっても、もっといろいろな複雑な世界を描いている。
セックス以外の楽しみを見つけてくれれば世界は広がるよ。
美しさの探求や多数派工作などが楽しいんだよ。
すでに知っている恋愛の世界が音楽になっているし、女性専門クリニックでは音楽を聴くことも禁止されていない。
その後の人生を「セックスというものを深く掘り下げて考えてもらいたい」んだよ。
あまりにもセックスには問題が多すぎる。
すでに知っているのならば「セックスのない暮らし」の豊かさを知ってもらいたいね。
その方が寿命が伸びるんだよ。
より高いレベルの楽しみは食べることかもしれないね。
ローリングストーンズは、セックスをしない女性たちの文化を豊かにしたんだ。
セックスをしない女たちが偉大な小説を書けるようになる。
セックスしてお金をもらうのとは別の方法を考えてもらいたいのだ。
少年はおちんちんの引き金を引きたがっているよ。
しかし、女たちは薬を飲んで苦しんでいるではないか?
経験を生かして小説を書けば「おちんちんはいいものだった」と思えるようになる。
結局、セックスというものは女にとってはいいものではないんだよ。
しかし、男女共学の世界に何かを残してもらいたんだ。
ローリングストーンズ。

なんで男にとっていいものを「ええか、ええのんか」と言うのだろう。
私まで嘘をつかなければならなくなるの。
永遠に続いていく時間の中で私は世界を狭くしてしまっていいのだろうか?
決して「両思い」ではなかった。
モーニング娘。 独占欲。

すべての出来事には「別の方法があったのかな」という問題が付きまとう。
勃起するおちんちんは無限大だ。
女の研究というよりは学問の研究だった。
結果が出ればいい、ギターは叩くものではなく振動を引き起こすものだ。
指や手首、腕の動きなんてどうでもいい。
結果を出すことが大事だったのだ。
ガザーリもマレブランスも、ラフォージも結果を出すこと、別の方法があったのかな?と考えないことを探求し続けた。
「勃起するおちんちんは無限大か?」
無限大に思えたね。
だから、人間は学習し続けるのだ。
指や手首、腕のことなんて御構い無しだよ。とにかくギターの振動を大事にしたんだ。
いじめがある限り「結果を出す」ことだけにこだわるだろうね。
別の方法があったのかなと思いたくない、これを「青写真論」と呼ぶ。
青写真を描いたら常に射精してきた。
この記憶を大事にすることを意味する。
瀬能あづさ ミックスリスト。

子供の頃はかなり「野蛮な表現」をするが、だんだん練れてくる。
「このやり方でいいのか」
それが勃起と関わっているのだ。
窓やドアから伝わってくるメッセージが「これでいい」と言っているんだ。
宝石はそのようにして磨かれるものだろ。
心の石は部屋を出ていくことはできないからね。
しかし「負けることはないのか?」という問題が付きまとう。
勃起に負けが訪れた時に、人は他者から影響を受ける。
「今までの記録が心の支えになるんだ」
なぜ、ライプニッツは「徐々に学習していく」という営みを否定したのだろうか?
「複雑なシステムを組んでもらいたかったからだよ」
世界の野心は決してワンパターンで通用するものではないんだ。
他の男の勃起をあまくみてはならない。
うまく調和のとれた「居場所」に落ち着くことになる。
複雑な「システム」を組んでおけば様々な局面で通用するのだ。
人生に「別の方法があったのかな」と思う人にロレックスは時計を与えなかった。
心の宝石への贈り物だったのだ。
勃起とは人生の基本となる力だ。
しかし、かなりの複雑性を学習しないとロレックスは与えられない。
おちんちんにキスをするものだからだ。
マレブランスもライプニッツも指導者の「別の方法もあったのかな?」という発言をシステムの不具合とみなした。
ワンパターンで生きていることを端的に示す言葉だったからだ。
随分、受け身の勃起だったし、指導者としての最後の境地がこれであってはならなかった。
歳をとって勃起しなくなったことを意味する言葉でもあった。
野心がぶつかり合う世界での複雑なシステムをロレックスは称賛した。
子供の頃は「野蛮な物理学」を見せておけばいいんだ。
勃起をひたすら人生で続けろよ。
モーニング娘。 ラブマシーン。


【つづく】

« 青春アミーゴ女。 | トップページ | ヒューマニズム女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書女。:

« 青春アミーゴ女。 | トップページ | ヒューマニズム女。 »