最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 政治女。 | トップページ | 歩いている人の医学。 »

2017年9月18日 (月)

プロテスタント女。

1492年にサウンドが完成して、しかも、人間が見せる「瞬間」はすでに文学の蓄積があり、そして、目立とうとした女がどんな目に合うかはダビンチコードで知られるようになっていた。
絵画の世界で初めてブラシとパレットナイフを使うといったレオナルドダビンチの被写体になる女がどんな目に遭うか、それは、強烈な鬱病であり、モナリザのモデルのまゆ毛がないことからも推測できる。
しかし、宗教改革は行われたのだ。
プロテスタントは時代背景をもとに「売れるからやった」という側面がある。
しかし、ジアコモ・ザバレラは16世紀末に、男女の共同作業を探求したアリストテレスや、戦争に詩を用いたプラトンをのんびりと目の前に広げて、プロテスタントの総括を行おうと考えたのだ。
彼らはあくまでもセールスを見たり、彼女たちは自分たちの生活のために進行した宗教改革であった。
すでにあるもの、として音楽作品を振り返ることができるようになった、これはジアコモ・ザバレラがやったことであり、その作品の意味を深く吟味したのだ。
その営みは「より女心に迫る」というものであり、だいたい女心のポイントが出揃ったかな?と思われた時期にその作業は進んだ。
日本国の垂加神道もこのような「幸運」があったことをアメリカ合衆国は羨望の眼差しで見ていた。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

ジアコモ・ザバレラが、宗教改革の嵐が通り過ぎた後に「荒稼ぎ」したのは事実であり、詩の才能は持ち合わせていなかったものの、様々なビジネスの世界にセールスを仕掛けたのだ。
プレゼンに活用したのと同時に知識を発見していく作業であった。
サウンドを聴いて「エネルギーが費やされている」と判断したら問題の解決のために掘り下げて解説を加えた。
【女の真実がもはや出揃っているではないか】
これを30年戦争でフルに活用したのがピッコロミニ(ピッコロ)であり、現実の女を愛せないのだろうか?とフランスは主張している。
一人ぼっち 安倍なつみ。

みんな「悔いが残った」時のことを詩にしており、安全な道を歩みたい奴は音楽に慣れ親しんだ。
男の人生はそのようにして知識に満ちていったのだ。
そりゃ「言いたいこと」「表現したいこと」は悔いが残ったことにしかなかっただろう。
この詩の作り方を「ファンタスマ」と呼んだ。
ファンタスティポ。

「悔いが残った」ことさえ理解して避けて通れば、よりスピード感のある人生が送れるわけだろ。
ザバレラは、本当にそのような目にあっている女たちを愛したし、それは経済学だった。
プロテスタントの世界にしか左翼用語のデシプリン(教訓)はなかったのだ。
一通り、覚えることは精神医学の世界の常識であったし、女の「悔い」を知らなければ務まらなかった。
1940年代にザバレラの復権が試みられたし、1960年代にもやってみた。
しかし、本気でこれを成功させたのは日本じゃないかな。

« 政治女。 | トップページ | 歩いている人の医学。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロテスタント女。:

« 政治女。 | トップページ | 歩いている人の医学。 »