最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

鋼鉄はどのように鍛えられたか。

1878年に生まれたスターリンは、人生の最初の40年間は「得るものがなかった」とされる。
しかし、子供の頃の「詩」が印象的だったと語る人もいた。
グルジアの家庭に育ったが、ツァー(皇帝)にシベリアに流されている。
1917年2月の革命でボルシェビキのメンバーとなった。
スターリンは39歳だった。
1922年にロシア共産党のリーダーに彼を抜擢したのはレーニンだった。
一億二千万人の農民をどのようにまとめあげていくのかが課題となり、芸術の発展や秘密警察の創設、恋愛論の普及などにエネルギーを注いだ。
趣味は時計集めとビリヤード、ガーデニングとスチームバスだった。
ミネラルウォーターとワインをよく飲み、タバコも吸った。
蔵書はやがて20000冊になり、プラトンやクラウゼウィッツなどを特に読んだ。
チェーホフも好み、「ハハ」という笑い方を真似した。




スターリンは指導者になってもハーレムを作らなかった。
子供の頃の遊んだ時の事故で、鼻や頰、唇の下などにできた赤い斑点がコンプレックスだったとも言われる。
この赤い斑点は公の写真からことごとく消去するほどのコンプレックスであり、身長はナポレオンと同じぐらいの5フィート7インチで、ヒトラーよりは1インチ小柄だった。
「階級闘争が激しければ激しいほどスターリンの権力基盤は高まった」
このことから1929年に独裁への道が開かれたのだ。
共産主義というものは女が男を奪い合うものなのだ。
すべての女たちをイデオロギー的にまとめあげていくという社会主義に対してスパイ行為や、殺人、嘘がまかり通った。
「29歳以下の人間が国の半数を占めた」
これがスターリンに味方した。
ミコヤンに「俺はレーニンのような個人崇拝は嫌いなんだよ」と語った。
モロトフもその考えに共感していた。
「ソビエトが帝国になるためには、俺は時には怒り、時には笑わなければならい」とし、個人崇拝を嫌ったのだ。
ヒトラーは1889年に生まれている。
美術大学を不合格になり、母が死に、ホームレスシェルターで暮らしていた。
図書館に通ってショーペン・ハウエルなどを読んだり、アメリカの本を読んだりしていた。
オーストリアの兵役を逃れたことから捕まったが、栄養失調とされ罪を逃れている。
その後、第一次世界大戦に「プライベートな」兵士として参加し、その後も軍に所属し「情報屋」を演じていた。
ババリアソビエトなどのドイツの運動を見張ったりしていたが、当時のヒトラーは「貧しい犬のように行動していた」「自分に対して優しい人を探していた」と周囲は語っている。
スターリンが、ソビエトの要職を占めていた時に、ヒトラーはミュンヘン一揆(1923年)を起こしている。
この時の裁判はヒトラーにとって大勝利であった。
「4年半に渡って軍務についた経験談」を語ったことから「まさにドイツ人の鑑だ」とされたのだ。
刑務所で13ヶ月かけて「我が闘争」をルドルフ・ヘスに筆記させたが、セールスは伸びずに、第2巻は出版すらできなかった。
「自分が急進的になればライバルも急進的になる」
これがヒトラーのやり方となった。
1907年にスターリンはベルリンを訪れているが、ヒトラーなどという人物はいなかった。
しかし、1933年にはスターリンはヒトラーを尊敬していた。



1941年6月21日に、スターリンは、レーニンのデスマスクや、マホガニーの家具のあるオフィスでくつろいでいた。
政治活動においてヒトラーに勝った日だったのだろう。
ワシントンやウォール・ストリート、ハリウッドからよく学んだ。
その代償として足の関節が痛んだ。
「鋼鉄の男」「ヒマラヤよりも高い」
スターリンの政治活動はそのように語られていた。
健康不安説を流すものもいた。
オーストリア、チェコ、ポーランド、リトアニアをヒトラーは落とした。
1871年にオットー・ビスマルクすらためらったことをやったのだ。
ブルガリア、フィンランド、イタリア、スペイン、ハンガリー、ルーマニアなど、ヨーロッパの半分をヒトラーはコントロールした。
1941年7月21日にヒトラーはソビエトを攻撃する、と周恩来が大騒ぎした。
スターリンが何を考えているのかが知りたかったのだ。
しかし、社会主義の世界の男女の関係を探る情報ネットワークが巧みに外交に用いられていた。
スターリンの手元には「7月22〜25日」「7月21日か22日」という二枚のメモしかなかった。
ヒトラーにせよスターリンにせよ、日常の政治活動があったが、やはり、スターリンは飛行士がドイツ軍が国境を越えてきたという報告をよこした時は緊張したし、メディアのデタラメを非難した。
7月22日の夜明け前のことだった。
モロトフがスターリンの部屋に入ってきて、サフォノフも来た。
ティモシェンコもボロシロフも来た。
政治生命を共にするという意味ではスターリンの勝利を確信していたのだろう。




軍事力ではドイツに劣っていたソビエトではあるが、情報戦に強かった。
バルバロッサ作戦は始まったが、あとはヒトラーの孤立を待った。

スターリンはソビエトという「男女の陰謀に満ちた社会」において、一行しか書けない電報や、短時間しか話せない電話の改革を行った。
この「クレムリノロジー」だけでも軍事力の近代化が行えたのだ。
ヒトラーには、マルクスやレーニンなどの「傑出した先生」がいなかったのだ。
ヒトラーの「先生」を強いて挙げるのであればダーウィンだろうが、英国がこれを嫌うのは明らかだった。
ヒトラーは日本に「英国をなんとかしてくれ」と泣きついてしまった。
いくらロンドン空爆をやっても、嫌われたものはどうしょうもなかった。
ヒトラーは「民族がどこに行こうとしているのか?」を説明できなかったが、スターリンはマルクスに導かれるような戦いだった。
ドイツ第三帝国は、「ビスマルクの孤立」を再び味わった。
そのあとこのようなムーブメントが支持を得ることは二度となかった。
スターリンの「リトルコーナー」と呼ばれる執務室に常に人がいたことも勝因となっている。


1938年にチェンバレンが、ダラディエやボネットと「ミュンヘン会談」を開いた。
イギリスとフランスは大陸におけるパワーバランスを図ろうとしていたのだ。
1938年にチェコとドイツは危機を迎えていたし、ヒトラーとヘンラインの関係は緊張していた。
ランチマン卿は常に「仲介者」だったし、チェンバレンもその役割を果たそうとしたのだ。
それは宗教界に訴えかけるものだったのだろう。
アメリカは「戦え」と言っていたし、アメリカの政治経済にとって、決してチェンバレンの「仲介」は世界の団結にはつながらなかった。
1938年2月にはヒトラーはいまだ敗北を知らなかったが、オーストリア共和国や、ベルチェストガーデンのドイツ人居住区が落とせるとはハリファックス卿は考えていなかった。
チェンバレンは「仲介」と称しながらも「ドイツはパンを食べられないだろう」という読みをしていたのだ。
チェンバレン内閣のイーデンは「イタリアとスペインはすでに戦っている」としてヒトラーの本気度を悟り内閣を去っている。
「今、そして永遠に」続くパワーバランスではなかったからイーデンは閣外に去ったのだ。
イーデンは「国際連盟を守った男として私は歴史に刻まれるだろう」と発言している。
ムッソリーニもイタリアをドイツ、フランス、イギリスとの「四極」と位置付けてもらえればありがたいと考えていたに過ぎない。
しかし、ドイツのセイスインカート国務大臣は全く異なる読みをしていた。
3月11日にはオーストリア共和国は地図から消えた。
イーデンは「俺の読みは正しかっただろう」と言って多額の政治献金を受け取ったようだ。
ヒトラーの頭にはラインラント進駐の成功体験があった。
自分の行動分析で儲ける連中がいる。
「イギリスで万馬券が当たるぞ。ズデーテン地方は簡単に落ちる」
ズデーテンの連中はドイツにしたがったほうがモテると考えている、しかも地政学もそれに味方している。
ボヘミアの伝統へのこだわりは確かに強い、しかし1936年からズデーテン地方との交渉は始まっており、ドイツ全体主義の魅力を高めてきたのだ。
ズデーテンドイツ党はアクティビズムに過ぎなかった。
満州、エチオピア、スペインなどの問題が起きるたびに世界の政治家たちは「賭け」をしていた。
「ファシズムとは何か?」を理解し、リップサービスを送ってきたのはソビエトの一部の政治家だけだ。
ロンドンタイムズもその意味を理解し、色々と書き立てている。
ズデーテン地方のギャンブルにニューヨークタイムズが興味を示したのも確認した。
オーストリア共和国のウィーンサークルが崩壊したことにより、オーストリアに進駐できた。
この時にヘンラインは悲鳴をあげた。
ヘンラインは、イギリスやフランスの政治家に助けを求めたが、いろんなギャンブラーがいて誰と話せばいいのかがもはや掴めなかった。
3月のオーストリアの悪夢によってヒトラーとヘンラインはもはや抜き差しならぬ関係にあった。
「チェコスロバキアとユーゴスラビアがヨーロッパで発言力を高める」などという予測まで飛び出した。
スペインのフランコとチェコがイギリスの女王に跪いたのだ。
ハリファックス卿も、「女王陛下」とさえ言ってもらえればよかった。
国際紛争を解決する能力を英国国教会のものにするだけでイギリスの貴族は儲かったのだ。
イギリスの貴族は「仲介」という悪い癖がある。
ヘンラインは「世界の政治家」に名を連ねたことを喜んでいた。
フランスの「高度な政治意思」も、「ボヘミアの高い山」と呼んでくれた。
ここでヒトラーは「将軍ではなくブラックメールを送る達人」としての本性を現した。
破格の金額を与えるという根も葉もないメールをチェコスロバキアにばら撒き始めたのだ。
リッペントロップは実際にお金を集めたし、ゲーリングは軍事力を強化した。
いずれにせよ、「チェンバレンの余計なお節介」によって世界の政治家はヒトラーの動向をまるで「賭け事」として扱うこととなった。
69歳になって突然、世界の政治家の一人として知られるようになったヘンラインには応援団もいた。
このことは、「ポツダム宣言まで世界の政治家が賭け事のように扱った」という具合にのちの国際政治に大きな影響を与えた。
英国国教会の資金力を高めたかった貴族がいたからこのような現象が見られたのだ。
「ヒトラーとともに有名になった男」
ヘンラインを悪くかきたてるアメリカの新聞もあった。
英国国教会の金に群がる貴族がいる。
チェンバレンはこのことだけを行動原理としていた。
「キリスト教といえば動く連中がいる」「平和といえば同意する連中がいる」
しかし、ドイツは軍事力の計算をし始めた。
ジェノアの「純潔の乙女」も動けばイギリスの「ホワイトペーパー」も動く。
そのようにして事態は膠着した。
ヒトラーは演説も巧みに用いた。
チェコにおいてはマイノリティーであったドイツ人をテーマに「マイノリティーとは何か?」という演説がポーランドでも共感された。
この「ニュルンベルク演説」が世界に配信されたのだ。
これにヨーロッパは称賛を浴びせたが、ムッソリーニとの関係は悪化した。
「戦うしかないのか」
戦時国際法がチェコで敷かれることとなった。
ヒトラーは「ニュルンベルク方程式」によってこの問題を解決することを模索した。
チェンバレンは焦った。
ヒトラーがマイノリティー宗教の寺院の巡礼を始めたからだ。
チェンバレンはこのことから内閣改造を行なっている。
「世界のメディアが政策を作る」
ヒトラーはこれを悟った。
ヘンラインはいろいろな人脈からの返信が遅くなることを感じ始めた。
ランチマン卿は「テロではなく平和的に」と発言を変えていた。
ソビエトはルーマニアやハンガリーに兵を駐屯させたし、ユーゴスラビアも戦争の準備を始めた。
イギリスもフランスも「異常な」圧力をドイツに加えると通告した。
ヒトラーは「勝算は50%のラインを超えた」と判断している。
リッペントロップはイギリスを見て、ゲッペルスはフランスを見て、ヒムラーは軍事力を見るという態勢を取り、「平和的に」としてチェンバレンの顔を立てようとした。
ヒトラーは、リンカーンのゲティスバーグ演説を引用したが、アメリカやフランスで受けたものの、ロンドンタイムズで酷評された。
チェンバレンは、ロカルノ条約やケロッグ・ブリアン協定の破棄という制裁は免れないだろうと警告した。
9月28日に再びミュンヘン会談が開かれた。
もはやチェンバレンは「自分の命の危険」を家族に漏らしていた。
ムッソリーニが仲介したが、ルーズベルトからの手紙も差し入れられた。
この会談でムッソリーニは「ヒトラーはこれほどまでに恐れられていたのか」と痛感した。
また、ヒトラーは「金がモノを言うのか」と言うことを学習している。
「まるでカントを恐れているが如く、ドイツの金を恐れている」
そのようにして、この時期の国際社会の主導権をヒトラーは握ることになった。



1994年7月8日に金日成が死去すると、朝鮮半島は流動化し始めた。
問いかけは「北だけではなく朝鮮半島全体を誰が定義するのか?」と言うことであり、後継者の金正日は「おそらく答えが出せないだろう」と予測された。
金正日は、父が持っていた権力を、たとえ自分の知恵ではなくとも「突破力」として利用できた。
金正日は、北朝鮮の「孤立と貧困」を政治経済改革によって乗り越えることを求められたのだ。
権力基盤は「ナショナリズム」にあったし、それは父から受け継いだものだった。
彼の政権は短命だ、という予測が出た時に「核開発」が脳裏をかすめた。
朝鮮半島実にユニークなものであり、中国と日本の「戦術的関心」のもとにあり、それをロシアが邪魔しながら、アメリカが有事の際の37000名の兵士を駐屯させていた。
このことから、北朝鮮が核を持つというのは、緊張緩和と防衛力強化のために当然、考えなければならないことだった。
「アウトロー路線が見えた」
日米同盟を分裂させることもできるものだったのだ。
金正日の資産は「他に代わりがいなかった」というところにあり、北朝鮮労働者党と人民軍、官僚組織をそれだけの理由で掌握できたことにあった。
1970年代から「党の中枢」「一部の革命グループ」という概念が生まれていたし、1990年代にはそれは軍にも力が及んだ。
金正日は、メディアに姿を現さないことで知られていた。
健康状態も悪いようだった。
糖尿病、高血圧、心臓病などだ。
彼の性格を周囲は分析していたが、1978年に韓国の魅力的な女優を誘拐したことや、1983年に全斗煥が滞在中のラングーンで閣僚を爆殺したこと、1987年に大韓航空機爆破で115名を殺していたことなどから推測するしかない。
このことから1993年3月のNPT脱退や、1994年7月のIAEA離脱を予測できる。
中国の江沢民や、カンボジアのシアヌーク王子ぐらいしか友達はいなかった。
北朝鮮は「沈もうとしている船」だったし、中国やロシアは韓国と国交正常化をしてしまった。
中国の100万トンの石油と50万トンの食料以外に頼れなかった。
共産主義を標榜する友人がいなくなった。
1989年から1993年にかけてGDPは20%も落ち込んでいた。
GDPは205億ドルであり、韓国の3287億ドルの16分の1となってしまった。
貿易は240万ドルしか行っていない。
1日一度の食事を食べて、工場は30%しか稼働していなかった。
1993年の三度目の「7年計画」で初めて「指導の誤り」を認めている。
政治面、経済面の双方で韓国は北朝鮮を上回っていた。
GDPで世界15位、貿易の規模で13位だった。
1993年に32年間で初めて民間から金泳三を大統領に選出している。
アメリカの「7番目の貿易相手国」としての地位を韓国は築いていた。
金正日は「サバイバル」だけが課題だった。
父の主体思想というのは「一つの心に一つの国、二つのシステムに二つの政府」というものだった。
しかし、朝鮮民主主義人民労働者党を守ることだけに追われたのだ。
金正日のプライベートの悪い噂は彼のライバルが流したものだったし、腐敗や残虐性への不満が国内に充満した。
1993年12月に「20年ぶりに」党執行部のミーティングを開いている。
共産主義国家で初めて「世襲」という王朝を作ったことも孤立につながった。
鄧小平が中国で、エリティンがロシアで行なった経済改革が彼にはできなかった。
軍と官僚の意識の高揚を行うか没落するかしか選択肢はなかった。
「核は金ファミリーの問題」
そのように語られた。
「なぜトップダウンができないのか?」とも言われた。
中国やベトナムをもっと見て欲しいと周辺国は思った。
それが「最後のスターリニスト国家」の姿だった。
東アジアは北朝鮮にもっと心を開いてもらいたかったが、そのためには「あまりにも閉鎖的」だったのだ。
世界は北朝鮮の貧困しか報じなくなり、まるで中国の天安門事件のようなものを期待しているようだった。
ルーマニアやアルバニアやブルガリアで起きたことを世界が期待するのも仕方がなかった。
二つの川を難民が大勢渡ってくるのは中国も韓国も日本もアメリカも恐れていた事態だった。
アメリカは「北朝鮮問題で仲間を失いたくないだけだった」とされる。
金ファミリーの問題である核開発に対しては、アメリカは国連の経済制裁を用いたし、カーターの「友人としての」訪問から思いとどまらせた。
「アメリカ首脳と話せないのならばアメリカや日本との国交正常化はない」ということも指摘できる。
8000本の核燃料棒や二つの核施設をIAEAが査察することで、2000メガワットの電力の供給を受けた。
ジェノア合意で「世襲が行われても政策の継続性をもたせる」とアメリカと約束していた。
日本や韓国はこのような「北朝鮮の心の風景」を嫌った。
核兵器の半分は納得できないものだとしたのだ、
「ゲリラ戦か核戦争か」という二つのイメージしかない軍だった。
1995年には200メガワットの原子力発電が行われた。
このことから年に20から30の核兵器が生まれる可能性が生まれた。
これにより20億ドルの資金で40億ドルの軽水炉を儲けたとも言われた。
CIAは「少なくとも二つは核兵器を保有している」としてた。
ソウルは「ワシントンのやり方」に嫌気がさしていた。
1991年に韓国は核燃料の生成過程をアメリカに停止することを通告していた。
1995年にNPTの見直しが行われたが、朝鮮半島が除外されることを恐れていた。
韓国の外相が「米韓はあくまでもタンデムであるべきだ」と語った。
しかし、ワシントンは快い返事をよこさない。
軽水炉の7割も韓国が負担させられた。
北朝鮮は「核の話はソウルとはしない。ワシントンだけを相手にする」という戦略を立てた。
韓国は「南北国交正常化だけがアメリカとの正常化をもたらす」というメッセージを明確にしなければならない。
核兵器の問題がある限り国境線は緊張する。
平壌はソウルとの関係を良くしなければアメリカとは話ができない。
そのためにはソウルはアメリカと「一つの言葉で」話さなければならない。
ソウルが「一つの言葉」をワシントンに対して使えない限り金王朝は続くのだ。
ペリー国防長官が北朝鮮に強硬な姿勢を見せた時に、韓国と日本、そして台湾がそれを望んでいないという本音を見せた。
ここで、この三カ国がアメリカの対北朝鮮政策にフリーライドしていたことがわかってしまった。
アメリカと日本は「それぞれの立場で」中国と話す必要がある。
ロシアは常に国連をコントロールしたし、日本は「国連」とさえ言っていればしたがう国だ。
中国は国連の邪魔をしたし、アメリカは「日本外し」をしようとした。
この地図を理解しながら北朝鮮問題と向き合わなければならないし、「金日成が死んだから南北統一の可能性があるのだ」ということも理解しなければならない。

2017年9月29日 (金)

日経平均女。

カトリック批判を強烈に推進しているのがスペインのバスク地方だ。
特に資源が出たというわけではないが、「女性が無限の資源」であるとみなしているのだろう。
カトリックの地図を「乾いた地図」として分離独立運動を行ったのはフランコ独裁政権の時の「ゲルニカ」と構図は変わらないが、カトリック批判に世界で最も詳しいのはバスク地方かもしれない。
河合その子 乾いた地図。


女の多様性が日経平均株価を引き上げる。
イエスのみを信じるというよりも、イエスが「源氏物語」のように女の多様性を研究した、
利上げというのは「感じなくなる女を減らす」「雇用を失わせる」という効果がある。
今までは「株式市場にお金が流れれば、債券市場は利息を上げなければ資金が流れてこなくなる、株式市場からお金が撤退すれば、債券市場は安い利息で資金調達ができる」と説明してきたが、実際は「イエスキリストがどれほど女の多様性を学習するか?」というところに株式市場も債券市場も頼っている。
イエスキリストが国内で価値を高めることを「円高」と呼ぶ。
誰がイエスかというと「テレビ東京に出演している男」という意味だ。
「300人斬り」とか言っているとテレビ東京で存在感を増す。
一方で、「アメリカ人は日本人女と妻を交換したがっている」という心理も円高に振れる。
いかに日本の「男」という概念を操作するか、そして「可愛らしい日本人女を作り出すか」というところに円高の議論は絞られており、「アメリカには敵わない」と考えるのであれば「円安」を予測した方がいい。
2001年頃に「公定歩合が機能しなくなった」として「量的緩和策」に日銀は政策を切り替えた。
日本国の政界が「キリストを見失った」という意味だ。
昔は、金丸信などが「コンセンサス、コンセンサス」と言って女の多様性を握りたがったが、公定歩合が機能しなくなったのは宗教界の屈辱だった。
「経済」というものは「異性を思う気持ち」としたのがシカゴ学派やバージニア学派であるが、バージニア学派はオーストリアのものであり「不貞」にまでは至っていない。
王室があるかないかの違いがシカゴ学派とバージニア学派の間にはあり、また、女の子に恵まれていたのもオーストリアだ。
シカゴ学派のフリードマンはかなり奔放にやらかしていたと思う。
「異性を思う気持ち」=「経済」=「宗教」については考えてみなければならない。
アボガドじゃねーし。

「女が感じすぎるのでマイナス金利になった」
この問題は、最高裁が「サーバーが猥褻物である」という判決を下したことから、アメリカと台湾にサーバーを置いて、この二カ国が日本にハードコアを提供したことに理由がある。
また、女の多様性を認めたアリウス派を異端として、「にゃんにゃん」という女こそが正統だとしたアタナシウス派にもとづくものだ。
このことから「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」という女の子の問いかけに答えるのが非常に困難となり、日経平均株価は8千円台まで暴落した。
「低金利でも株価は上がる」
この現象が起きた時は日経新聞は何らかの回答を示さなければならないとされ、
おそらくアリウス派の再評価(源氏物語)が進んだと答えるしかない。
株価暴落レインボーピンク。

感じる女は感じるとして放置し、マイナス金利を甘受し、感じる若い娘をセールスに用いた方がいい。
これが日経平均株価を一気に好転させている。
この「インデックス問題」を乗り越えるのに時間がかかった。
貯蓄は儲からない、株式投資は儲かる、口説き文句の序列は社会の序列(ハイエク)とし、日本国のGDPも、マイナス金利以降、株価好転を追いかけるように上昇していくとみられている。
生命保険会社の「三利源」とは「利差・死差・費差」を言うが、「利差は完全に消滅した」、これを「スターティングゲート」と呼び、おんなとはかんじるものだ、ということを受け入れ、一人ひとりの個性を再評価しなければならない。
不倫女性芸能人というのがいるが、「てんかん」という病気を持つと「会った日に意気投合すると翌日その人の追っかけをしてしまう」という子供のような反応を見せることが医学の世界で知られている。
これが「不倫女性芸能人」の真実なのだ。
また、低金利、マイナス金利は先進国の宿命として受け入れながらも、「セックスよりも素晴らしいものがあるんだよ」というよりロマン主義的発想を男が提示していかなければならないということは「カント以降」のドイツがすでに経験してきたことなのだ。
ロマンティック浮かれモード。

有名なな野球選手がチアガールを「どれもみな同じだったな」というようなことを女の側は「屈辱」ととらえている。
もっと口説き文句を知らないといけないし、女の長話を聞かなければならない。
女の長話に付き合わないと、女とアダルトビデオの区別がつかないのだ。
「私は売春婦ではありません」
それはもはやアタナシウス派とアリウス派の議論というよりは「ロールズ第一原則」と呼ぶべきものだった。
カントが「感じない女性」をなくしたのは事実だ。
しかし、カントが全世界に広まることはなかった。
ヒュームは「誰に長話を聞いてもらい、誰からお金をもらっているの?」という問いかけによって女のパートナーを当てたが、しかし、日本国のような民度の高い国にカントの情報を流すことはきわめて危険だ。
哲学は一定の到達点を見ている。
女たちは「哲学にだけは同じ反応を見せる」のだ。
このことから「にゃんにゃん」というアタナシウス派を否定しきれない現状がある。
マイナス金利の時代は「女が感じる」「仕事がある」ことを意味する。
そのために、日経平均株価という「女の値段」も算出できたとも言える。
また、かなり過酷な仕事に耐えても、アフターファイブの楽しみができたという側面がある。
しかし、からだを売るのはマイノリティーに属した女だけなのではないか?
マイノリティーが果たしてマイナス金利に連動して「感じる女」であるとは限らない。
女が感じるというのであれば、女を「年齢、エスニック、人種、お年頃」などで区別するしかなく、「天才子役」などもマイナス金利時代の寵児となる、ら
我々は「天才子役」とも仕事をしなければならない「大人」として振舞わなければならないのだ。
また、過酷な仕事を要求される時代というものは「福祉」というものとの向き合い方も考えなければならない。
「子供とすら働ける」
これはある種の悟りとも言えた。
芦田愛菜。

また、マイナス金利時代とは「女の子たちがいい目の保養になる時代」でもあった。
このことは「こんな悲しい思いはしたくないな」というリバタリアンに有利に働いた。
プロテスタントにおいて「失恋ソング」が歌われ、そのような経験とは距離を置く男が生まれたのだ。
また、フェミニズムの側からも「女心とはこういうもの」という音楽作品が強烈に発信され、男女を問わず支持を集めた。
CoCo 優しさに帰れない。

「雇用の問題がない」「女が感じる」というマイナス金利時代においては「女が家庭の外交官役を演じるべきではないか?」ということが主張された。
しかし、それは「より家庭的な組織」において実践されたものであって、女がリーダーであるというものの「家庭的」な側面をみると「情」の世界になるし、決して「豊かさ」にはつながらないのではないかとも言われる。

2017年9月27日 (水)

ダークマター女。

有名な純潔女と結婚するだけで「天地の逆転」が起きる。
セックスしただけで太陽と地球が入れ替わる。
天文学は物理学と異なり「熱すぎるもの」をテーマにしている。
セックスしただけで出世できるという問題をダークマター、ダークエネルギーと呼ぶ。
ダークマターは「言葉の重み」を生み出す上では有害だとされる。
イコール(両想い)はどのように成り立つのだろうか?
アインシュタインは「富める時も病める時も」一生涯、添い遂げるのならばダークマターの問題は生じないとしている。
Perfume Zero gravity.

結婚相手のバックグラウンドを「放射線のように」周囲に拡散させることや、離婚した時にもそれを大々的に報じる、それはメディアの「ダークマター対策」であり、セックスの事情を明確にするという意味合いがある。
ハリウッド女優の中には「セックスは週三回と契約した」などということを公表する人もいた。
人生のティルト(詰み)をうまく乗り越えていく、それはもはや「天文学的な」学問であり、発言に重みが増していくことで、周囲はカップルがまだ生活を共にしていることを知る。
ティルト(詰み)の方がよほど知識を必要とされ、それは結婚生活の70%を研究生活に当てなければならないほどだ。
ダークマターで偉大な学者を生み出さないのであれば、それは離婚を意味する。
ダークエネルギーをいい方向に向けないのであれば、その結婚の破綻は半年もしないうちに見抜ける。
貴島サリオ 未来の思い出に。

膨張は帝国の宿命であり、王室というよりは「皇室」である。
歳を取ってもまだ連れ添っている、このこと自体、インペリアルなのだ。
結婚式が華々しくても、他の男たちも「同じ人生の重み」を持っている。
さらには「妻が感じなくなる」「10の8乗や9乗ぐらい退屈な日常が待っている」あるいは「他にも可愛い女の子がいる」「男が表舞台に出るのに時間がかかる」「社会の序列に男も飲み込まれていく」
これらの問題を乗り越えていくために男がどれほど「生き急がなければ」ならないだろうか。
現在の天文学者は夜空を見ながら「ダークマター」「ダークエネルギー」について考えているのが現状だ。
奥さんの名前を聞いたら「三分間でいじめるかどうかを判断する」とも言われら望遠鏡とコンピューターの世界はこのような「イデオロギーの世界」になっている。
マッハの原則においては「有名純潔女が幸せになるのは難しいね」としたし、宇宙は2.73Kぐらい冷たいので人間の研究にちょうどいいとしたのがオルバーだ。
時間の蓄積がすでに宇宙にあったためにいろんなことが分かるとされたのだ。
常に「セックスと野心のぶつかり合い」を頭に入れて、空を眺める必要がある。
重たいものと軽いもの、いろんなものが「容赦がなかった」のだ。
そして、天文学の世界は「人間の研究に役に立たなくてはならない」とも言われた。
ダークマターの問題はその先陣を切る形となった。
天文台と海岸 中島美智代。

天文学の世界はダークマターを主張したクインによって、「番狂わせが起きやすい」ものとなった。
銀河には何があるの?
それは恋愛論だろう。
野心家が続々と集まってきた。
すべてが「光の速さ」で伝わるために「グローバル化」をどう思うのかという問いかけが次になされた。
平凡な光と平凡な統治者がそれぞれの輝きを放っていて、遠くのものをお互いに歪めあっていた。
真実を見ている専門家は一人だけだったし、その専門家の「過去の教訓」だけではすべての人は救えなかった。
あとは適当に「グローバルに」いろんなものが伝わるだけだったのだ。
「星座占いで何が分かるの?」
低きものが高みに上がり、権力者が放逐される、つまり人間のバランスが取れていくだろうということだけだった。
「小さいものの速さ」だけはソビエトのヤコブ・ゼロドビッチも理解していた。
星座占いで瞳を閉じて。

ここで、もし占いというものが天文学に由来するとするのであれば、
「今、一番上昇気流に乗っているものは何か?」
「巨大で冷たいものは何を考えているのか?」
「不確実な要素は何か?」
の三つを考えればいいことになる。

北朝鮮は現在「世界最大の影響力を楽しんでいる」
日本は巨大ではあるが「冷静でなければ相手にされない」
「グアムまでもしミサイルが飛ぶのであれば本当にサンフランシスコで30万人殺す力があるのか?」

「読売ジャイアンツは残り試合全勝すると言っている」
「広島カープはベイスターズとジャイアンツのどちらを望んでいるのか?」
「唯物論というビジネスモデルをどう思うのか?」

この三つで占いというものはできるだろう。

宇宙の原始状態というのは137億年前に出来上がったが、それ以前は月と太陽の関係もあって「60秒を正確に定められなかった」とされている。
時間が「ゲームセット」と言ってくれないのならば宇宙は始まらないし、政治も成り立たない。
暦が定まらないと、生き物が何もできない。
太陽系は「場」に過ぎない。
時間が定まらないと集まることもできないし、トーレニングもできないし、遊びもできない。
遊ぶといっても「悪い遊び」もあって子孫ができない。
時間が定まらなければ「ユニークな」男も生まれない。
だいたいこんな感じで137億年前と考えているようだ。
地球と宇宙の区別もしていない。
時間がなければ生き物が「選ばれる」こともない。
生まれも育ちも明らかにならない。
体調管理さえできれば太陽系も作れるという宇宙人がいたのなら話は別だ。
月の裏側 渡辺満里奈。

地球が燃え尽きて行くときに何を知るのか?
それは「人間社会の複雑性」であり、また別の世界が生まれるんだろうなという「EI」と呼ばれる知識である。
これは「多元宇宙論」と呼ばれる。
多元でありながらも、どこか類似した、そのようなものだ。
多元宇宙論というのは「EI」のすべてをポケットに入れて行くわけにはいかないだろうと言って、簡単な書物(聖書)にしたという意味であり、信仰の域を出ない。
また、なぜこのような議論をしたのかということから「感じなくなる女性を減らすためだ」という主張もなされた。
これは「仮説宇宙論」と呼び、そもそもなぜ137億年という数字を出したのかも「実は根拠がない」と言われたのだ。
いずれにせよ、我々は「時間」というものを手にしたのであり、学問に生かして行くことができるようになった。
すべてを説明していかなければならないし、宇宙、銀河、宇宙線というものにより敏感になっていく、つまり、宇宙人というものはあながちデタラメではないんだよということがアメリカ合衆国の共有財産になってこの議論は終わっている。

2017年9月26日 (火)

スコットランド女。

18世紀から19世紀にかけて、イギリスは世界の覇権を握ったが、スコットランドで主に哲学の研究が進んだ。
カーミカエルは、「別れが近い夫婦やカップルの思い出話」に注目して、今後、我々は誰を頼りに生きていき、誰を排除するのかを話し合っていることを指摘した。
快楽も痛みも共にした中であったが、語るのは日常に起きたことであり、王子さま、つまり「より仲間の多い若い男」の綱引きになる。
もはや、院政が敷ける状態にはなく、後継者の奪い合いをやって分かれるのが王というものなのだ。
後継者がお金を稼ぐようになったら、別れるのはその親なのだ。
後継者を育て上げた父親を女たちが奪い合うことが原因であるとも指摘されている。
熟年離婚のメカニズムはここにある。
「今のままでは安心して死ねない」という父の言葉は妻への愛を示していた。
それでも、息子は容赦なく歴史を書き換えていったのだ。
Wink 愛が止まらない。

息子がセックス政治を覚えた時には、「女の常識」も分かってくれるだろう、それが真実なのよ、と言って両親は熟年離婚を決断した。
「病気がちの息子」これが両親をつなぎとめていた。
完璧なイエスが両親に何をもたらしたであろうか?
18世紀のスコットランドでこのことが明らかにされている。
周囲の人はイエスに「お前はボートを沈めようとしている」と言った。
アダム・スミスはこのことを雄弁に語って影響力を増した。
愛を語れなければ経済学者とは言えない。
しかし、アダム・スミスは力をつけた自分に対して怒ってもいた。
自分を愛し、仲間を作り、それが両親の破局につながる、それだけでもイエスは罰せられる宿命にあった。
「なんでも知っていると思った俺は結局、バカだったのかな?」
ドゥガルド・ステュワートは「これが分かったのならば歴史がわかるようになる」と喜んだ。
家庭内のルールが分かるようになったのだ。
Be my baby.

スコットランドのこの研究はヨーロッパやアメリカでも賞賛された。
バークレアンシステムという名前もつけられた。
一方で、農場などで息子に「賢くならないでくれよ、俺は妻と別れなければならなくなるからな」というのをハチソニアンシステムと呼んだ。
日本国においては憲法(女の怒り)第1条が「天皇」であるとされ、バークレアンシステムに理解を示している。
「教育ママって自分が何をやっているのか分かっているのかな?」
トマス・ブラウンはこれを理解し、エジンバラ大学で「適当な教育」を与えることにした。
しかし、ウィリアム・ハミルトンは「オックスフォードはエジンバラとは異なるのだ」という立場をとった。
アメリカのイェール大学もオックスフォードに共鳴した。
高等教育が向き合わなければならない問題だったのだ。
「カントとどう向き合うのがなんだよ」
繁栄の中でのつまずきとも呼ばれた。
そのかわりエジンバラ大学では芸術論は非常に豊かなものとなった。
スコットランドはなぜ、このような哲学に気がついたのだろうか?
優秀な息子とそうではない息子がいたから気がついたんだよ。
昨日、ディナーを共にした息子が、今日になって表情が違う、それは読書にあった。
そんな時は塩を多めにふってやれよ。
これがバークレアンシステムだった。
札束を抱えて買い物をしている青年実業家の両親が離婚していることも知っているんだ。
アレキサンダー・ベインは「言論の自由がイエスを生み出している」としていた。
守るべき家庭がない、それはのちに共産主義者を生み出すことにつながっている。
ヘーゲルが「顔の美しさ」というものを考えたが、それとカントが結びついたのだ。
スコットランドは、「家庭を守ろう」ということを強烈にアピールして独立運動を引き起こしたことは想像に難くない。
ローリングストーンズ Prodigal son.

2017年9月25日 (月)

ノーカン女。

生娘にとって「女=男=女」の問題は経験に頼りすぎている。
AKB ノーカン。

エティエンヌ・コンディラックは、友達女が紹介する男はハズレくじばかりだとした生娘の「経験論」に異を唱えた。
ハズレくじと男を呼ぶことは「男の知識」を軽んじてはいないだろうか?
女たちにチヤホヤされる「イケメン」とは異なる男の魅力を語ったという意味ではコンディラックの研究はかなり急進的なものであったし、生娘の女に対して「よく男の話を聞いてごらん?」と諭すようだった。
向き合ったのは「生娘の盲目」であり、男を奪い合う女たちの世界とは異なる「友達女が紹介する男」の研究だ。
空腹を満たすことと日常を共に過ごすこと、この重要性を「処女をあげる」ことしか頭にない女の子に教えた。
「触らないでどのように男の良し悪しを判断すべきなのか?」
奪い合いになる男でなくても、とにかく「一緒に食べてごらん?」と語った。
奪う喜びではなく「食べる喜び」を考えてみるべきだ。
目で見えるものは確かに地平線の向こうを見渡すだろう。
しかし、3次元のものを2次元でしか見ていないことを知らなければならない。
みんなからチヤホヤされるイケメンが果たしてどこまで遠くを見据えているだろうか?
この情報に彩られた地球においてはね。
英国王室ソサエティにおいて、可愛い子ばかり追いかけている男は遠くを見ていない、という指摘がなされた。
河合その子 青いスタシィオン。

少女マンガが描いたイケメンのおかげで「女の方が損をしている」とも言われた。
「女には分からない男の喜びってあるらしいよ?」
夜中にお城のてっぺんから街を見渡すような男が山や街や森を愛しているようなものだ。
そのような男の「方向性」に嘘はなかった。
それは男にとっては「誰にも知られたくない風景」であり、イケメンにはないものだったのだ。
「なんでこんな男が一軍登録されたのかな?」
女たちは語り合った。
何を考えているのかは分からないけど、「選ばれた男」だったから薔薇の香りがした。
それは、彼の部屋から見える風景の香りだった。
彼は貧しくはなかったからイケメンではなかっただけだった。
しかし、「部屋から見える風景」は誰にも語らなかった。
聴いている音楽さえも。
それは、自分の「勃起」を秘密にしたかったのだろう。
勃起することが美しいことだということも分からなかったのね。
貧しいイケメンへの劣等感しかなかった。
心の風景を語らない男ってのは「食べさせてくれる」のよね。
「天は二物を与えず」
そんなことも知らずに、イケメンが豪邸に住んでいるとでも思っているのかしら。
生娘たちは、そのような男を平気で「ハズレくじ」と呼んだ。
藤本美貴 大切。

お城のてっぺんは、自分の人生の方向性を考えるのに一番よかった。
「他のイケメンもこんな暮らしをしているんだろうな」という幻を見ていた。
幻は幻としていろんなアーティストが歌っていたからな。
生娘が俺のことを「ハズレくじ」だって言うんだ。
すべてが「偶然」であり、俺は「勉強」の意味を知っていて、より良い組織に属していた。
しかし、女たちも「薔薇の香り」を見逃さなかった。
うしろゆびさされ組。

生娘は野生動物のようだ。野生動物として男を探している。
「俺の所属は誰にも言いたくない」
ハズレくじ男はそう考えていた。
テレビではもっときらびやかな映像が流されていたからね。
イケメンの貧乏セックスなど考えてもみなかった。
お城のてっぺんで、街を眺め、勃起し、勉強した、こんなこと誰にも言えるわけがない。
しかし、大人たちは「面構え」を見ていたのだ。
音楽や踊りや詩、すべてが秘密だった。
女の嘘にインターネットで翻弄され、それでも「自分にとっての喜び」をお城のてっぺんで味わったのだ。
女たちの奪い合いの対象にならなかった時点で孤独だった。
生娘はそれほどまでに「動物的」だったのだ。
彼女たちが精神世界に目覚める日は来るのだろうか?
この「ハズレくじ」男と呼ぶ生娘たちの考えを「劣った考え」だと認識しているのはリトアニアやポーランドぐらいじゃないかな。
記憶を思い巡らせたり、想像力を働かせたり、読んだりできるのはハズレくじ男の方だった。
「輝きを見つけた!」
その瞬間、大人たちが動くのだ。
学びの期間は長かっただろう。
それは、学者の方が詳しかった。
「勉強は好きか?」
生娘は、大人たちの動きにすら動物的に反応せざるを得なかった。
ハズレくじ男は、この時になってようやく「イケメン」のような振る舞いを覚えた。
生娘という動物が振り向いたのだ。
神への道だけが待っていた。
なぜならば「大人たち」に感謝していたからだ。
大人たちが決めたものがあるということは、自分はまだ未熟者なのだろう。
貴島サリオ 未来の思い出に。

死ぬほどの苦しみと、誰もが予想もしていなかった番狂わせはここから始まっている。
「大人たちへの感謝」と「生娘を妻にできたこと」だけが理由だった。
生娘が「ハズレくじ」と呼び続けたからこのようなことになったのだろう。
美しい女が好きだったのは事実だよ。
美しい女を知っていたから、貿易や消費税、女たちのカルテル、女たちのモノポリー、外国為替まで理解したんだろう。
問題は「芸術論を語れるようになるには大人にならなければならない」ということと、薔薇の匂いがする男が女に疎いということだろう。
あくまでも「匂いは光に過ぎない」と周囲も考えていたので、時間をかけなければならないということなんだ。
自分がお城のてっぺんでやってきた作業のすべてが生きるまで力を加え続けなければ、結婚できたことに満足して終わるだろ。
男の奪い合いまで理解するかどうかが試金石となる。
憲法を1からやり直すかどうかなんだ。
Wink 愛が止まらない。



受胎告知。


ウェリアム・ウィーウェルは、女たちの支持を集めて街の再開発を行なった地理の学者だ。
目的意識とは心から無限に湧いてくるものだとし、男の奪い合いを考えたジョン・ロックや、別れが近い恋人たちは思い出話をするといったプーフェンドルフ、同じ性の経験をした女たちの共存を考えたグロティウス、そしてと、女たちと話すことによって「大きな資源」を得たカントなどのように「憲法を学ぶことはエネルギーに他ならない」としたことに無限に湧いてくるものを求めた。
「機械いじり」の好きな男も、しょせんは憲法学にその資金を依存しており、今まで起きた出来事を解明する学問である化学にも資金を頼った。
大きすぎる女心と対話したものにしか「街づくり」という大きな課題は任せられなかった。
19世紀に、古い街並みが都市化を迎えたのもこれが背景にある。
プロテスタント的に偶像崇拝と対話するというフランシス・ベーコンのやり方が模索された。
現実の女はヒステリックで感情的だ。
このことから「偶像崇拝との対話」という道が開かれた。
このこと自体、革命ではなかったのか?
大人たちが自信を持ってリリースした作品と対話する、これなくして街の近代化は達成されなかった。
ケプラーは「詩心のある男にも追っかけが生まれる」としたし、人々が「全くわからなかった」と音楽作品との対話の感想を述べるのを楽しんだ。
リサーチトレーニングが必要な営みであり、かなり個人的な趣味に依存しているものではあるが、太陽の周りを火星がまわっていることだけは否定できない。
我々は評価の確立した音楽作品の周りをまわるしかないのではないか?
哲学書を参考に、詩を評論するのは事実だ。
しかし、詩と対話したのも事実なんだよ。
プロテスタントが19世紀、20世紀、そして21世紀に我々に与えてくれた贈り物は音楽作品との対話と街づくりなのではなかったか?
現実の女はヒステリーを起こす。
しかし、リリースされて確立したものと対話することは「都市の爆発」を引き起こした。
過去、現在、未来の「古い証拠」は、常に未知の「新しい証拠」と同じである。
1964年に発見された冥王星は、奇跡の発見ではあったけど、太陽系から除外されたのならば「証拠は同じ」である。
太陽を中心として「引き付け合うものたち」を研究するだけだ。
確立された音楽作品と対話するというのはそのような営みなのである。
ニュートンは、引き付け合うわくせいと、潮の満ち引きに注目したのであり、多くの人を引き付けたアーティストは、経済の循環を引き起こす力を持っているとした。
男が女に殺されそうになってプロポーズをしたんだってね。
名誉を守った神を祝福できますか?
安室奈美恵 Can you celebrate.

この街づくりを、7+8=15と呼ぶ。
リリースして終わっていたものに8を足したのだ。
神は「全ての出来事には別の方法があったのではないか?」ということを知っている。
しかし、確立したものに対してはより納得のいく説明を与えるべきだ。
まあ、巨大都市を当たり前だとは思わないことだね。
プロテスタント女はこれによって仲間を作っているんだ。
アーティストの直感をめがけて解説を書くんだ。
寛大さ、セックス、真実、純粋さ、そして「妻の心を知ること」などのすべての要素が詰まっているだろう。
ヒステリーを起こさない女が目の前にいるプロテスタントこそが、女心の発展に貢献したのだ。

2017年9月24日 (日)

アメリカ女。

トマス・ベインは、愛の言葉を囁くクェーカー教徒の父と、イエス(国王)は私たちの敵であるという英国国教会の母のもとに生まれた。
彼自身は英国国教会に属することにした。
船乗りを夢見て、二度、海に脱走した。
一度目はすぐに捕まり、二度目は「プロイセンの王」と呼ばれるまでの伝説になったがその15年間は記録に残されていない。
フィラデルフィアに渡り、出版の仕事をしたが、英国の王室との和解はもはや困難であるという「コモンセンス(常識)」というパンフレットが一番売れた。
フランス革命が起きたが、ルイ16世がヴァレンヌ逃亡を計ったときに、パリで虐殺が起き、議会は暗澹たる空気に包まれた。
ロベスピエールも処刑されたし、ジャコバンの連中に多くの死者が出た。
ペインはジェームズ・モンローのもとに匿われた。
フィラデルフィアにいた頃に、王室との和解は困難という判断から、「けたを使わない橋」を作ったり、「煙の出ないろうそく」を考えたりしていた。
しかし、「女のからだを金に変えよう」という1688年の名誉革命の発想を採用した時にモンローとは決別している。
1803年にアメリカに戻り、ジョージ・ワシントンの論敵としての活動を始めた。
日本の美女・今と昔。

ペインは、王室や名門の家庭の女に「純潔」を依存しすぎてしまうことの危険性を指摘している。
聖母マリアが世界の半分を握ることになりかねない。
これは「王への扉」と呼ばれた。
王室や芸能の残酷さを語ったのだ。
共和党は、英国王室の「王への扉」という発想を「非常識なもの」と考えた。
何も学ばない、女たちにもモテない、そんな父親が残るだけだったからだ。
男の武器やお金が一人の女に翻弄されていいのだろうか?これがコモンセンスの趣旨であった。
「処女」を政治的武器にさせてはならない。
からだを売る、譲れない夜がある、男を奪い合う、このような「女の世界」から娘が取り残される可能性があったのが王室であり、世界の「正統性」とも合致しないものだった。
アメリカは銃社会である。
王家の娘や芸能人女とセックスしたから殺されたという話を聞くわけにはいかない。
おのずと、聖母マリア崇拝から遠ざかっていった。
契約というのは「現実を知っているアイドル」と「何も知らないファン」の間で交わされるものであったが、約因とはその基盤となり契約を確かなものにするための「性欲」「食欲」のことである。
コモンセンスというのは「女たちが共有していること」であり、意志の弱い女たちを前提にしたものだ。
理解するだけでも権力基盤となり、その世界にはもはや「王室」は必要ではなかった。
wink 愛が止まらない。

アメリカ合衆国は、アメリカ市民以上の「陛下」を知らない。
しかし、名誉革命においては「女の値段」をシティに売り込んだのがオレンジ公ウィリアムではなかったか?
ここで「純真無垢な」女ではなく、コモンセンスを知っている女に高値がつくように誘導したのだ。
国の豊かさは心の豊かさだ。
アダムスミスもジェファーソンも同じ考えだった。
ペインは明らかに民主党員であり、ロックフェラーやロスチャイルドの女たちのような「処女」を売り物にする女としての虚像は共和党的なものとなった。
シーザースパレスのようなローマ帝国の陛下であるお父さんは、自分の家が壊れていくのをひたすら感じながら共和党を支持した。
浮気を許さない保守的な男は拳銃を持たないと公言した。
アメリカ合衆国は、現在、何を見ているのだろう?
それは、共和党支持者が各国の王室の論理を理解する方向を見ている。
豊かさがアメリカ市民であるお父さんを「陛下」にしていた。
軍人として陸軍や海軍に入隊し、世界の恋愛論を見てこい。
もし、我々アメリカ合衆国の影響を目撃したのならば貿易のパートナーとして認めるし、それは税金にもつながると考えている。
なぜ、フランス革命は起きたのだろうか?
パリの宮廷サロンの女たちがコモンセンスをわきまえずに財産を独占したからだろう。
このことから「大規模な財政出動こそが世の中の女たちのからだを売らせない」ことにつながることがわかった。
シーザースパレス2017,

教育を与えること、これも税収につながる。
しかし、その「教育」とは「女学」ではなく、訳のわからない難解なものでなければならなかった。
退屈な講義だなと思って学級崩壊してしまうようなクラスが税収につながった。
面白い勉強は自分でやれ、クラスでは訳のわからないことを言うからな。
「男たちの共通認識」が職場にはあるだろう。
「機械いじり」か「女学」しかないけど、クラスでは訳のわからない授業をするのだ。
ボブ・ディラン。

2017年9月22日 (金)

運命女。

譲れない夜がある。譲れない夜があればあるほど「今ある風景はすべて決まっていたものだ」と考えるようになる。
融通がきかない、それは決定論にも似たものだ。
譲るわけにはいかない、そのようにしてエネルギーを費やした作業もあった。
人を愛するためには苦労が必要だと言われるのもこの議論のことなのだ。
文学作品にそのようなものがあるから影響を受けるものがいた。
自由を犠牲にする男は女を愛した。
仕事仕事、それは妻を愛することではなかったのか。
SPEED All my true love.

もっとも過激な形で表現されるのが「運命論」である。
一つの道を選択し、血の滲むような思いをした男が女を選ぶ、しかも、それを「運命的」と呼ぶ、そのような男を周囲は笑った。
そのような男が女の「過去の男」を気にしないわけがない。
「男学」とは男社会で戦うために必要なものであった。
いろんな理論を組んでは実験してみた。
理論といっても「女のようなポエム」にして色々試しただけだけどな。
女のような「直感的なつかみ方」つまり「ガー」とか「バンッ」というものを理論にしていくといろんなものがうまくいった。
「トントントン」とか女が言っていたからな。
大神いずみ 今でも 今なら。

しかし、女のポエムが男の肉体の衰えとともに意味を失っていった。
運命は敗北したのだ。
妻の口癖を理論に取り込んでいく世界に別れを告げた。
俺の「ガー」とか「バンッ」という理論の構築の作業に毒を投げ込んだ奴がいたのだ。
もはや世界の「女のポエム」を見失った。
体がポエムについてこない。そこから「肉体」というものを考え直してみた。
「肉体ってものは譲れることばかりではないか?」
もはや、人とぶつかっても譲り合っていた。
それでも運命というものがもしあるというのならば、まったく予測できない世界で俺は譲れなかっただけなのだろう。
白雪姫の毒林檎。

何も決まってはいない、明日の朝刊の一面トップが何かもわからない、そんな世界で「譲れない夜」を過ごしていただけなのだろう。
「ガー」とか「バンッ」と教わってきた女心をもっと知らなければならないのではないか。
肉体が神ではなくなったら、男の人生の方向性はそのようなものに向けられるのだ。
妻はなぜ、昔の男の思い出を歌ったのだろう?
元木と大神。

俺はだんだん譲れるようになった。妻への思いが運命ではなかったと悟った時に無理な修行から自由になれたのだ。
学生はサラリーマンになった方がいいなと考えた。
神がかった肉体を一生、維持できるわけではないことを知ったからだ。
運命を信じてる?とんでもない肉体の持ち主だな。
それならば音楽作品を聴くことを勧めるよ。
肉体で奇跡を起こしてきたのならばそれは認めるしかない。
二人の女が「奇跡を生み出す肉体」に群がっただろ。
お金が得られる方向に、そして肉体ができる範囲内での方向に体を動かすだけだった。
すべてが「女のポエム」の解釈となり、子供や犬の解釈に向けられた。
万物の創造主がすでに目の前にそろっていたことも知らなかった。
子供たちも「譲れない夜」を過ごすのだろう。
【運命とは何か?】
俺は知っているのだ。
強靭な肉体に強い意志、それが運命を信じさせているのだ。
「前進あるのみ」
そのように息子が言ったら、俺はその意味を知っているのだ。
「他の道を選ぶよ」
フィジカルトレーニングで嘘をついたのだろう。
ジョーンズが嘘をついた。

女も「友達」というものを考えながらも「お金に誘導されている」ことを知っているだろうか。
実際に、若者が信じることができるのは肉体だけだ。
運命を信じるためにジョーンズは走っていたわけだろ。
他の道を選ぶためには走るのをやめればよかっただけだ。
女は目の前にあるものはすべて運命かもしれないが、男は肉体にものを言わせて実現させてきたのだ。
「話が合わない」
そこから運動部か文化部の違いが生じる。
力が出せないのならばお金について考え直す必要がある。
男はお金にしたがって体を動かしていたし、その時に覚えたポエムの探求にその後の人生を費やすだろう。
女たちは若者の体を見て、そして中年のおじさんの「言葉」を聞いていた。
男がお金に誘導されているという意味では年相応のものだったし、女の道もお金に引き寄せられていた。
体を鍛えていない男は、どのみちお金にしたがった生き方をどこかで見失っていた。
「現役引退」「戦力外通告」などの人生の転機においても「どのみち生き方は変わらない」とされるのが「女学」なのである。
マリア崇拝における「プロデューサー」と「犠牲者」モデルを知っているだろう。
体を鍛えて女学に向かったプロデューサーと、お金に吸い寄せられた女である「犠牲者」のことだ。
のんとプロデューサー。

うまく操られる(マニピレートされる)ことを知っている女だった。
プロデューサーを見てみろ。黒人ではないな?
セックスしか頭にないわけではないんだ。
プロデューサーの「女学」に聖母マリアが犠牲者として操られるために現れているのだ。
「このように心を変えてみようか?」
このようにして女はソネットを学んでいた。
女は「演じる」ことを友達作りでも用いた。
適当に体を鍛えて果実を実らせていた中年の方が得をすることも分かった。
もはや「新世界」に馴染めないほどのめり込んではいなかったのだ。
志半ばでフィジカルトレーニングを断念していたやつの方がむしろ新世界においては志があった。
「もしも運命というものがあるのなら」
そう思いながら美女との仕事を楽しんでいた。
すべてに妥協してきた男は、聖母マリアに何も語る言葉を持たなかった。
プロデューサーは、若いアスリートに伝わりやすい表現を女の子に語らせた。
クライアントもプロデューサーに語ってほしいことがあったから金を流した。
すべての男たちが「体を鍛えるという夢」を途中で断念していたのだ。
チキンゲームを降りた男たちが美女を愛する世界だった。
能年玲奈。

弁護士になること、医者になること、経営者になること、これらの意味をミドルエイジとしてひたすら考えていた。
毎日の出来事を「この立場で」解決していたのだ。
力なんてみんな変わらないよ。
部活を終えて帰ってきた若い連中に伝えたいことだけがあった。
適当に妥協して生きている者同士の組合みたいなものだろう。
「我々は昔の自分に対する思いやりなどない」
そう言える男こそが今を楽しんでいた。
「若者よ、将来の自分への覚悟をしておけ」
進路変更することをためらってはならない、しょせん「女学」を学ぶ世の中だ。
しかし、体は作っておいてくれ。

2017年9月19日 (火)

歩いている人の医学。

都会で問題を起こすと「海沿い」に転居を迫られることがある。
しかし、海というのはずっと住んでいると都会の人間には思わぬ災いを引き起こす。
「一日中、お風呂に浸かっていないと体の痛みが耐えられない」のである。
このために「創価学会の陰謀」「宮内庁の陰謀」などと思い込むことがある。
【答えは梅酒を飲むこと】
にある。
酒が好きな人は当然、気がつくだろうが、飲まない人は思わぬ災難に遭うことになる。
梅酒を夜に飲む習慣を身につけよう。
芸能人は特に「海沿いに居を構えることが多い」ためにこのことを創価学会に利用されないようにしなければならない。
避暑地のアンニュイ 河合その子。


腫瘍ができたら、喉からうめき声のようなものが出てくる。
ガンを治すのに一番いいのは「おばあちゃん崇拝」であり、なんらかの手段を使って「おばあちゃんの形見」を手にするしかない。
父方でも母方でもいい。「おばあちゃん、おばあちゃん」と思えるかどうかでガンの予防や治療は決まるのだ。

【妊娠した女は低血圧になってしゃがみこむ(シット)】
シットがうまくできない女は妊娠している。
「処女の証明」がシットである。
AKB48 ラブラドールレトリーバー。

感染症というものは「熱」「体温」で分かるが、世界の戦争や気候の変化などから起きる。
心臓を強くすることが必要であり、コカコーラを飲むことが重要だ。

肋間神経痛は、とにかく「譲らない」ことから噛むことすら痛くなるようになる。
病気というものはたいてい運動不足からくるが、「性格」が原因の珍しい病気だと言える。
譲ることを知らないと最終的にはガンになるだろう。
目が見えなくなることもあるのでお風呂に入る習慣は非常に好ましい。
菅官房長官。
唇を触っても痛がることから肋間神経痛だと分かる。
譲らないのなら唇がカサつくのでタンパク質が必要になる。
体が言うことをきかなくなると晩年は「2人組でのいじめ」をやるようになる。
国道渋滞8キロ。

帯状疱疹というものは「胸をナイフで刺されるような痛み」をともなうものだ。

愛嬌というものも「心臓の強さ」から生まれている。

奇行を演じる者は、鼻血や胃からの出血を経験しており、家電製品を趣味としていればいい。

鼻が大きくなるのは昼夜逆転が原因だ。
首をぐるぐる回すのが有効だ。

痛風の意外な着眼点は「ロシア女などの白い女とセックスした」ということにある。
イエローであることから、体に発疹が出来たりして異変をきたすのだ。
お尻とか首から始まることが多い。
大事なのは「どんな色の発心であっても太陽に当てない」ということだ。

囲碁を打つと、忍耐強さがつき、歳をとったことを忘れる、自分が盲目だった領域があることを知る。

アメリカのような食生活をしていたら世界の人口は26億人しか養えない。
インドのような食生活をするのであれば110億人だとされる。
どうしても日常生活において、水着で太陽に当たれない、熱いお風呂に入れない、肉を食べられないという民族はいるのだ。
てんかんという病気があるが、セレニカやデパゲンを飲んで低学歴を余儀なくされる子供がいる。
これも肉を食べる、あるいはプロテインをしっかりと飲むことで問題のない日常を送ることができる。
生活習慣の問題であり、また、鏡で見た自分の顔に自信が持てないなどの理由から人混みで呼吸をすることを忘れると発作を起こすが、プロテインを飲めば治る。

汗のかきすぎは栄養の過剰摂取から来ている。
食事を一度抜いてサプリメントを飲んでみるといい。

糖質制限というのは、頭痛がしたり、頭を打ったことのあるボクサーなどが「神経を安定させるために」行うものだ。
頭痛をバロメーターにするのがいちばんいい。

カーッと頭にきたら、言い訳をせずに、首を右に回し、右を睨みつけるしかない。
火花が散るのが分かる。
これを知っておくだけで出世につながる。

蕁麻疹というものは、恋愛論をよく勉強していないのに女の子と深い仲になることから引き起こされる(スウィートシンドローム)。
熱が行き場を失うのだ。
女性ボーカルの音楽作品などが有効だ。

「ニキビ」はお酒を飲んで大胆な行動をとる若者にできるものだ。
うしろゆびさされ組 セキララ。

本来、自分の23000の遺伝子に組み込まれていないものを人生で望むとホクロができる。

腰痛はおしりをフリフリすれば治る。
ハルクホーガンは、腰痛の専門医として恐れられたのだ。
ハルカマニアの腰痛治療法。
また、腰痛になった場合は、平らなベッドで横になり、足を持ち上げるというトレーニングを行うと気分が良くなる。
ラジオを聴くのも腰痛には有効だ。
週末にお風呂に入りながらリハビリを行うといい。
また、働きすぎによる腰痛の自覚のある人は、お風呂に入ったり、メトロノームを聴きながら横になっなりしてリラックスするだけで治ってしまうこともある。
その際、「仰向けで横になる」ということは知っておかなければならない。
メトロノーム。

そもそも「仰向けになれない」人がいるからモルヒネとかアセトアミノフェンなどの薬がある。
腰のことを英語で「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶ。
実際に「メトロノームを聴きながら仰向けで寝る」という訓練をやっていると股関節が外れるんじゃないかというぐらいの痛みが走った後に快楽に変わる。
アメリカの医学では「モルヒネやアセトアミノフェンを使ってまで痛みに耐えろ」としているので痛みにはメリットしかないことを示している。
腰というものは「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶことの意味を「仰向けで寝る」ことから体感してみてほしい。

大腸ガンは30年の喫煙歴を胸のレントゲンを撮影して判断する。
ポリープの除去はいい予防になる。

どもりというものは「視界」の問題だ。メガネを綺麗にしたり、緑内障を治したほうがいい。

背中の痛みは「古い服」が原因であることがある。
また、外科的には「心臓の回転に腫瘍が悪影響を与えている」と考えて祖先崇拝をしたり、内科的には「コレステロールが高いために冠大動脈性心臓病」であると判断して緑茶を飲むことが有効だと考えられる。

学閥などで辛酸を舐めている人はシャツをパンツの中に入れている。

お小遣い帳をこまめにつける人はタバコを吸っている。
タバコをやめるとお金の管理が楽になり、お小遣い帳をつけなくなる。

足が火照って眠れない時は、尿路結石が出来ている。
ビタミンドリンクを飲むといい。

耳がおかしくなったら「水につかる習慣はないか?」「ワンパターンな飲み物を飲んではいないか?」をよく考えて飲み物のペーハーを変えてみよう。


寝汗をかく人は腫瘍の恐れがある。
寝汗程度ならば、ちょっと贅沢なハーブを吸ったり、お酒を飲んだりする必要がある。

寝ている時の人間は男女ともに「極めて女性的」であり、神とも関わるものだ。
おしっこの研究も必要だし、甲状腺の問題にも配慮が必要だ。
カフェインやアルコールがおしっこや甲状腺に悪影響を与えるが、生活の質からこれらへの「飢え」を見ていかなければならない。
退屈すぎて寝るのが惜しいという問題は「寝ている時は極めて女性的」そして「神」の問題なのだ。

コレステロール値の高さは、若い頃との「腕立て伏せの回数」の違いから分かる。

ため息をつくと、勃起しなくなる、眠くなる、老け込むという効果がある。

女装というのは、世界の貧困などを語る国際問題のリーダーが行うものだ。

空腹というのは呼吸と深く関わっている。
「不快な呼吸」が空腹を引き起こしているのだ。
J(正当化)レセプターが空気に反応して空腹が引き起こされる。
異臭を嗅がせることにより血圧を変化させ、空腹を引き起こすことは可能である。
恐怖や心配事が空腹を忘れさせるのは事実だ。
肺のリハビリが異常な空腹を防ぐのに有効だ。
いずれにせよ「空腹とは肺と心臓の異常」からくるものだ。
二酸化炭素を吸わせるとヘモグロビンとの関係から空腹になる。
コーラを飲むと心臓の左側が刺激されるために空腹が和らぐのは事実だ。
女心について考えるだけで空腹にはならないというのも「女は肋骨から作られた」と言われる所以だろう。

疲労困憊するのは「文化的水準の高さ」からくるものだ。
「より動物的に」を心がけて肉を食べたり、海岸で釣りをしたり、防波堤でボーッとしたりするのが有効だ。
「より動物的に」を心がけるしかない。

生物化学兵器などの薬品を飲み込んだらゲンタマイシンで治す。

血尿は激しい運動からも引き起こされるし、65歳を過ぎたら前立腺肥大からも引き起こされる。エンザイムが有効だ。
生野菜やフルーツ、納豆、キムチなどだろう。
また、薬の副作用から起きている場合は、おしっこをする前に深呼吸をする習慣を身につける必要がある。
いずれにせよ、尿に血液が混じるだけで勃起しなくなる。


脳卒中は、かつてはメタボとタバコが原因だと考えられていたが、現在は「終わりの見えない忙しさ」が原因だとされている。
エンザイムが有効でリンゴに多く含まれている。
アダムの林檎とはこのことだろう。
また、当番などのイベントをわざと作る必要がある。


大動脈瘤破裂は、上半身の右上の強烈な痛みが2〜3日続いたり、高熱が出ることから予測できる。
メタボリックからくるものであり、サラダなどを食べて血液をサラサラにすることの重要性を指摘したい。

更年期障害はメタボリックからくる。
興奮しやすくなったりするので血液をサラサラにする工夫が必要だ。

足がびっこをひいている人は、憂鬱に悩まされてはいないか。肝臓が大きくなってはいないか。心臓に不快感は感じないか。をよく聞いてみる必要がある。
仕事をする上での知識不足から引き起こされているという仮説があるのだ。

買い物にこだわる人は、背中や首に痛みを抱えてはいないか?しぼったりんごジュースやレモン水が嫌いかどうかを聞いてみるといい。

子供の頃の喘息は大人になったらメタボの原因となる。

虫歯の予防は、新鮮な水で常に口を潤すことから始まる。
タバコや酒は虫歯の原因だ。
電動歯ブラシがどれほど有効かも知らないといけない。

ストリーキングとは、赤血球が増えすぎた人がやるものだ。
免疫抑制剤で治療することから、自閉症で性欲が有り余っている人がやるのかもしれない。
血が濃くなって、興奮すると、人間は裸になる。

十二指腸潰瘍は、背中の痛みや吐いたりすることから分かる。
バクテリアやウィルス、空腹などが原因だ。

対人関係から他者に共感できなくなると唾が出なくなり、味がわからなくなる。

子供の頃、ガンになると左腕が震える。

挙動不審者には酸っぱい飲み物を飲ませる。

足の甲の小指の側にできものができたら代謝を良くするためにグリセオールなどの利尿剤を飲ませる。

脳梗塞の前兆をTIAと呼ぶのだが、テレビで女性がセックスの話をして顔を手で扇ぐ仕草を見て欲しい。
あれがTIAである。
目が上を向いて失神して一時間経過するようであれば脳梗塞だ。
女性タレントのセックス。

喘息はダイエットが原因であり、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンDのサプリで治る。
空気の汚れにも注意しよう。

顔の紅潮は、疲れ、不眠、鬱、糖尿病からくるものだ。

生活において一分間に3回から11回の波がないと胃が痙攣する。
ロジャー・メイウェザーは、この展開で胃が痙攣してギブアップしている。
チャベス対メイウェザー。

あばたは生命保険に入ったことによるストレスからできるものだ。

パーキンソンはドパストン、ドパゾールで恐怖をなくし、エフピーで自殺衝動をなくす。
コムタンは、薬の効果を長引かせるのに有効だ。
アーテンはジスキネジアに有効だし、コエンザイムQ10は転倒の予防にいい。
眠れないことに関してはピトレシンがいい。
現代の医学は「パーキンソンとは恐怖心から震えている」とされ叩きつける右ストレートが打てなくなると恐怖心を感じるとされる。
イチロー選手のように右腕を伸ばすなりして、恐怖心をなくすしかない。
イチロー。

アリ対リストン。


未熟児で生まれた場合は、肺が原因となる高熱にうなされたり、心臓麻痺を経験したりする。
メディアがこの症状を「障害」と報じる落とし穴がある。
医者はできるだけシンプルに「脳性麻痺」と病名を告げ、肝臓の大きさや横隔膜のかたちなどを詳しく調べ、呼吸や胸の不快感、頭痛と向き合っていかなければならない。
臓器の大きさの他者との違いをCTで明らかにする必要がある。

40肩、50肩とはヘルニアによるものだ。動かさなければ治る。

メニエール病は、目の動きが左右で異なったり、耳の聞こえ方が左右対称ではなくなる病気だ。
めまいが激しく、顔を1〜2ヘルツの速さで左右に振ることが大事だ。
13ラウンドのダウンでハーンズがメニエール病を患い、首を振るシーンを確認してほしい。
レナード対ハーンズ。

拒食症は、ガンなどで人間が死ぬプロセスで起きる。
「どんなときに落ち込むの?」という問いかけが一番いい。
手術をした後などは当然のことと考えなければならない。
貧困からくる場合は体重計を注意深くモニターしなければならない。

過度の貧困から立ち直る時に人間は立ち上がるとされる。
そのための情報集めを行うときは電話も直立不動だ。
健康に関する話題はもはやお金だとされる。

顔面神経痛の患者は美味しい酸素(空気)を欲しがる。タバコの煙や香水の匂いを嫌がる。
空気を大事にしよう。
ガンの治療やら心臓病の治療などで疲れているのだ。

周囲が敵だらけだと目がキョロキョロと動く。

「奇妙な音」が聞こえる人はやたらまばたきをする。人と話しているときは止まるようだ。
病室で仲間とともに過ごすしかない。

不整脈は「次いつセックスできるのか?」が分からないと起きる。
おちんちんの病気が原因だとされる。
バンコマイシンを飲んでいる人がいる。
女性も男性より10~15歳上になるがセックスしないと不安で不整脈になるひとがいる。

靴下をはかないのが糖尿病の原因だとすると、パンツをはかないで日光に触れると前立腺がんの危険がある。
ヌーディストビーチはやめておいた方がいい。

寒気がする場合は、体のペーハー(酸性・アルカリ性)を変えてみる。
スポーツドリンクやレモン水など。


ダウン症も、最近は人くくりには扱っておらず、未熟児で生まれて内蔵の形が人とどう違うか?高熱を出して立てなくなったのか?
本人なりに情報に飢えていないか?
などを考えて、テレビのモニターを子供に見させて、寝付きが悪ければ再びモニターを見せるなどして、不安感をなくすようになっている。
腕が下に曲がらないのは痛いからだろうと考えたり、症状を個別に分析している。
「この子はダウン症」という考えでは医学は対処していない。

旦那の下の名前を忘れたり、左腕が上がらなくなったらアルツハイマーだ。
ドンペジル、リバスティグミン、ガランタミン、メマンチンを飲むことで物忘れの進行が三年止まる。
非常に興味深い研究であり、たとえば「色」というのは記憶の共有からなりたっているが、物忘れが進むと風景がグレースケールになるのだろうか?
あるいは、その人のフェティシズムは何か?
人間の脳は言語からできているので思考回路が支離滅裂になる。
などの研究が可能だ。
引っ越しは禁止だ。怒りっぽくなることが指摘されている。

花粉症は、目の充血で判断する。一家の大黒柱などがテレビで「地震が起きた」などのニュースを見ると、
「歴史への免疫がない」ことからアレルギーを引き起こしている。
免役グロブリンEの問題(歴史への免役)が原因だと理解すれば自ずと治る。


眠薬や酒を飲むと、メタボリックになり錯乱することがある。
カルシウムのサプリがどれほど有効かを知らないといけない。

過食症は、一人で物事を背負い込む孤高の人がなるものだ。
心臓のバイパス手術が有効だとされるが、要するに「人に委ねる」ということが求められている。

高血糖の治し方は意外であるが「飴玉ひとつ」を舐めることだ。

男女交際に熱心だと掌やかかとが腫れる。原因は男女交際にあると思って休むしかない。
家族内ではこれを「手足口病」と呼ぶ。

国際試合には極度の興奮がともない、心臓病や長期的に見た肺がんの怖れなどから試合後、頭からビニールをかぶる。

めまいは、寄生虫か風邪によって起きる。頭痛の後遺症だ。それがなければ頭部の怪我が原因だ。

動脈硬化は、「生き急ぐ」ことから起きる。「テレビに出なくても落ち着いている器」が必要だ。
半年の休養で治る。

血液型がA型ではないと、キスだけでは喉の腫れが治らず、ストレスで覚醒剤を使うことがある。
目の黄疸で分かる。
言葉もままならず、歯がおかしいということからも分かる。

ラパマイシンというのはレイプからかかる病気だが、血糖値が上がるため糖尿病だと誤診される。
大事なのは「器の大きい一人の男とのセックス」m-TORという治療法だ。
2日ぐらい熱を出したら痩せるし。また、うつ病の薬を飲んでも痩せるが糖尿病だと考えてアプローチすると診断が覆らない。

甲状腺は、熱いうちはまだ手術は必要ないが、冷たくなったら手術をする。
顔や首を太陽にさらさないことが原因だ。

耳の痛みは中耳炎とか内耳炎とか言われるが、子供の不定愁訴から始まっている。
オーラルシステム(口腔システム)の問題であり、遠くの風景を見ながら歩いてみる必要がある。
目の動きがいろんなものを追うことで治るのだ。
熱いものを飲んだり冷たいものを食べると口腔システムの問題だと分かる。
「世界新で金メダル」などとお風呂で想像してみるといい。
要するに「すべてどうでもよくなる」ことを医学書は遠回しに書いているのだ。
酒を飲むのも実は耳の痛みにいい効果がある。
初めてのロックコンサート

脱腸は、痛みを訴えることから始まり、治るのに数ヵ月かかる。放っておけば治るが時間がかかる。
神経に影響を与えたり、脳に悪影響を与える。


陣痛と腹痛の区別がつく医者がいるが、女性の瞳孔反応を見ている。
頭に血のかたまりができて片方の目の瞳孔反応がおかしくなるのが陣痛だ。
右目にペンライトを当てたら左目の瞳孔が縮むのが左右対称だ。
これが起きなければ陣痛だ。


採血の方法は、さほど難しくはない。
腕を縛って卵をかければ血管が浮き出てくるだろう。
プロテインによるものだ。
しっかりと薬を塗って血管を目視することが大事だ。

外見を悪く言われて、対人恐怖やコミュニケーションに支障を生じることをアスペルガーと言う。
髪型ひとつでコミュニケーションは変わる。
松田聖子 赤い靴のバレリーナ

言葉を覚えないと、飲み込むことと吸うことの区別がつかない。
人と話して治すしかない。
おねしょが止まるのが遅く、養護学校にいくことが多い。
脳腫瘍や、出産して男性化して腿の神経痛になった場合にステロイド剤を使うが、日本では熱いお風呂に入って汗だくになるという民族の習慣のことをアメリカでは「ステロイド剤」と呼んでいるようだ。
脳腫瘍が汗になって溶けてくる。


胃痛は、脂っこい食べ物を食べると起きる。背中のラインから痛み始め、胃にくる。
食べ物が原因だと悟らなければならない。

タバコを吸いすぎると感染症にかかり、気管支ガンにつながる可能性がある。
肺や心臓を注意深く診る必要がある。
日光に上半身裸で当たれる環境にない人が放射線治療を受ける。

部屋が汚い人は歯を治療しよう。

左右の腕の痺れ、指先からくる痺れは心臓が原因だ。
コカ・コーラかペプシコーラを飲もう。

急性アルコール中毒は歩き方がおかしくなり意識を失う。
頭を打たないように気を付ける。
MRIで脳水腫を調べる。


こぶは乳ガンの研究で、「私とは何か?」という問題から瘤ができる。
カルシウムをとることが必要だ。
首にできたり、左のほほにできたり、「私とは何か?」という問題は信仰に近い。


八頭身美人も、彼氏が背の高さの違いを言葉で説明してくれないと、ヘッドトラウマにより、出産したら男性になる。
上半身を悶えている姿で、出産したことのある女性であることが分かる。
しかし、本人は何らかの自分の正当化を行っており、男装して行動している。
背がパートナーより高い、色がパートナーより白い、顔がパートナーよりも小さい、ということから、出産後に神経痛になる女性がいる。 日常においては、茶色い顔、ヒールをはかない、髪型で顔を大きく見せるなどの風貌の方が心が落ち着き、神経痛にならない。
「夫婦は似てくる」というのも女性がその方が気分が楽だから起きる現象なのだ。

偽名や、性別を偽って病院にかかると過料の行政罰があるため、病院を変えるしかない。
ステロイドホルモンをもらって、太ももの神経痛を治すしかない。
クロールのばた足も有効だ。
Nathan Adrian | Freestyle Stroke - Swim Technique
長くて効率的な腕のストロークがいい。速ければいいもいうものではない。
ひじは深く沈ませてはならない(キャッチ)。
尻は回転を続ける。
ばた足は上下に、手のひらで水をとらえて後ろに押す。


おっぱいをさわった手でマスターベーションをしていると子宮筋腫になる。
ペニシリンGカリウムや、ビクシリンSなどを投与する。



背中から首の痛みは薬剤師がコントロールする問題だ。
しかし、甘いものが心臓を強くするので一定の効果はあるだろう。


歩き方は体重が6~8キロ増えると、四つのブロックを歩けなくなったりすることから、心臓への負担を見るのだ。
きれいな歩き方は心臓にいいのだ。
女性で髪が抜けている人はB型肝炎であるが、酒が飲めなくて顔色がいい人は心臓が悪かったり、腎臓を損傷したことがあるのではないかと疑ってみる。

赤面というのは呼吸を忘れることから起きる。
赤面恐怖症の人は呼吸を忘れないようにしよう。

男性社会のストレスは、糖分が豊富なジュースで対処しよう。
お酒は禁物だ。

水虫、いんきんには水酸カリウムが有効だ。ミネラルウォーターにお酢を少し入れて飲むといい。

酸素不足で肺に穴があくことがあるが、漏れた空気はコカ・コーラを飲むとゲップで出てしまう。

アリストテレスは、子供は「小さな大人」と考えていたが、
20世紀以降に「もっと子供のことを省みよう」という発想が生まれた。
今では14歳程度で「自分がどこにいるのか?」が分かるようになり、
15歳程度で性概念が定着する。
16歳が医療同意年齢とされ、美容整形も親の同意がなく可能となる。
たとえば、性概念が定着していない中学生の男の子に「カマ掘ってやろうか?」と言うことは「明日から女の子になる」ということを意味し、
強制的に女の子にすることが可能なのだ。
足をゆっくりと揺する女性特有の動きを覚えてしまい、
男が好きになる。
「明日から女の子にしてやろうか?」と言うだけでも少年はリストカットをしてしまう。
そのような研究が深まっているのだ。
性概念が定着していない女の子にペニスバンドをつけることの危険性も知らないといけない。
声も低くなる。
「アイツのいない日曜日」という声は佐藤愛子の独特のものであり、永作博美もこの声が出せないと言った。
ribbon "Stay with me" 1st LIVE ''90 永作博美

大勢のメディアにフラッシュをたかれるとそれがトラウマになる。
バルプロ酸ナトリウム(セレニカ、デパゲンなど)が必要になり、思考力を高める必要がある。
ハンサムは顔や、美女であることがトラウマをなくす。
太陽の下を歩けなくなるのだ。

パンの夢を見たら、情報に飢えているということであり、ネットで検索する習慣をつける。
面倒なお金の計算をしながら生きていると鶏肉やピーナツが食べられなくなる。

背中の痛みは手術をするものではない。
「腫瘍と心臓の回転」が原因であるために、祖先崇拝の儀式をすることと、コカコーラを飲むことが必要となる。
各人の祖先崇拝に関しては、医者の見識が問われ、「柳田國男を全巻揃えておく」ぐらいのことはしなければならないだろう。
ガンなどの腫瘍を治すために柳田國男がどれほど重要かを知る必要がある。
「はっきり言ってガンになる人は世の中から必要とされていない。一度自分のルーツを調べてみたらどうですか?
◯◯の末裔の誰々さんです。二十代の頃、誰々さんを癒したこの曲はお祖母様が作った作品です」と言って音楽作品を何度もかける。
シャクティパットと変わらないが、これでガンが治るのは事実だ。


下痢や腹痛は、衛生面や、フイジカルコンディションなどから起きる。
フィジクス(物理学)とは、腹痛や下痢になんらかの説明(メタ理論)を与えれば治る、という意味であり、
ストッパのように「舐めたら治る」と思えば治るし、「フイジカルコンディション!フイジカルコンディション!」と言っても同じ治り方をする。 
「新しい理論はもういらねえ」というだけで治るのだ。

子供は、買った飲み物を飲むと「タリィ、タリィ」と言うようになる。
ナトリウムが原因だ。
これも、ブルジョワの甘い罠であると言える。
水筒に家で沸かした飲み物をいれて持ち運ぶのが正解だ。
私はアメリカにいた少年時代に、夕食でマウンテンデューを飲む習慣を身に付けたが、部屋にこもることになった。
日本では徘徊癖につながりかねない。



酒の飲みすぎで、記憶が飛んだり、心臓がドキドキしたりして大騒ぎしたことがある。
フルメジンと、ニューレプチル。


女のB型肝炎は、髪が抜ける、体がだるい、胃潰瘍になったことがある、
という三つの症状から見抜ける。
男社会の論理が負担になっており、人間不振から膣痙攣にもなる。
いい言葉も悪い言葉も区別つかないのだから、少女漫画だけ読んでいれば治る。
髪を後ろにまとめている女性は、B型肝炎で抜けた髪を隠していることが多い。
酒井法子「そうかも、いいかも」参照。
【初音ミク】約束のポニーテール【MikuMikuVoice】


耳の痛い話を聞きたくない状況にさらされると、脳細胞の組み替えがうまくいかず、脳腫瘍になる。
脳細胞のつなぎ目の細胞をスタップ細胞というが、それが何らかの腫瘍とかかわっているものと思われる。
ステロイドホルモンで治療するしかない。
都合の悪い話が聞こえなくなる。
どこかで発狂を経験している。



目的を持った人間を殺そうとすると、その人の知性に夜中にガバッと起きたりする。

本当にパンを食べる夢を見るのだ。
そんなときは、インターネットでこまめに検索する習慣をつけるしかない。

目のかゆみ、蕁麻疹、色々アレルギーはあるが、歴史の変動期に起きるものだ。
「俺が痒いのは民進党のせいだ」というと治る。
力水のようなDHAを摂取するとあっという間に治る。

夜中に発作もないのに何度も目が覚めるのは、医者が自殺を助けようとしたことによるものだ。
「動物を殺すとはどういうことか?」を考えなければならない。
目的を持った生き物と言えばクジラである。
子育てをするという目的を持っている。
そのクジラに愛情を持つと殺せないことを知る。
「医者は何で私に愛情を持ってくれないのだろう?」
瀬戸朝香の"My home town"が有効だ。
政府首脳が「核兵器」というだけで人々はよく眠れる。
人間を殺すことを想像し、しかし、その扱いの難しさは知らないものだ。

レイプされたら、長い太りやすさとのお付き合いが待っている。
果物や、野菜、繊維やミネラルをとることを心がける。
BMIは、21~27となるように心がける。
水分も1リットルとり、魚も週にいっぺんは摂る。

統合失調症も大体わかったよ。
たとえば、「一週間後に十億円もらえる」
「高校を中退した」
など、急に自由の世界が開けると、いろんなパラノイアが頭のなかを駆け巡るだろう。
そのために、薬と称するものを与えて、病院の監督下に置き、自由度を奪うのだ。
医者が「幻聴が聞こえるだろう」と教育するので、患者は「幻聴が聞こえる」という言葉を覚える。
証言では「夕方の光が苦手」「風呂に入ったあとに幻聴がひどい」という話は聞いているが、
恐らくは「本人の自由度が広がった」ことが怖いというあたりだろう。

HIVというのも、医学書には普通に出てくる。
テレビに出て称賛されると、毒とか批判とかを受けてしまうために死に近づいてしまうのだ。
この事は、アフリカなどの地域で、県知事が男だったら女を大勢侍らすものが多くいたために殺されることに端を発する。
カラーテレビの時代に死者が出るようになっている。

てんかんってあるだろ。
自分の顔をいろんな角度からみられるのが苦痛で、人混みも嫌い、カーラジオも嫌いという状態になる。
呼吸をするのを忘れて泡を吹いちゃうんだ。
熱というのは意識レベルを下げるが、この時を狙って兄弟が「死んでしまえ」などというと、それも顔のトラウマになるようだ。
自分の顔のイメージに自信が持てないと頭の働きが鈍る。
いかに、自分のイメージをよくするかが大事だ。
それだけで思考力が上がる。
働けなくなると薬の助けが必要だね。


あと、EDというのは、女性アーティストが想像する世界を意味はわからなくても聞いておくことで防げる。
大体こんな世界なんだろうな、というのが分かれば勃起するようになっている。
顔のトラウマとかで、やくざみたいな顔をした人が本当に勃起しないことがある。
てんかんとEDも深く関わっている。
薬は確立されている。
若い頃にお金に困った人は、女性アーティストの世界に馴染んでおかないと、遊ぶ機会もなく女性不振になって勃起しないことがある。

酒井法子さんに「すごすぎる」という曲があるが、腎臓が悪い人にとってペプシコーラの最初の二口は格別にうまい。
しかし、コカ・コーラをカップルが分けあうということは「腎臓が強く子供をたくさん産める」ということを意味し、それでもフラれたことをテーマにしている。
ナトリウムの含有量が異なるのだ。



バリントシンドロームというのがある。
鏡を見るのが嫌いになると、声に反映される。
人の顔の区別がつかなくなり、車の区別もつかなくなる。
ひたすら鏡を見て、声を良くしていかなければならない。
目が離れているとアニメ声になるのかもしれないね。

1461817778197.jpg
飯塚雅弓
飯塚雅弓 - Magic!



1461817778856.jpg
丹下桜


1461817984764.jpg
國府田マリ子

声優たちが、性概念が定着する前にペニバンをつけるとこうなる。
研ナオコ 夏をあきらめて (1982)

目が離れていないのに聖概念が定着する前にペニバンをつけるとこうなる。
SPEEDのhiro.


子供のグズりの解消のためには、子供が寝る前に「心臓のドキドキと汗」を心配しているからだ。
このときに「寝ているときは心臓も汗も脳が自動制御してくれるよ」と教えることが大事だ。
するとすんなり眠ってくれる。
泣きわめく子供は、心臓が大きくなる。
度胸がつき、夫の政治的立場を保障する。


「片方の耳が聴こえない」
耳はバイラテラル(左右)のものであり、片耳が聴こえないのは脳の問題ではない。
末梢神経の問題であり、ものが二重に見えるという症状がおき、発声練習が必要だ。
ディックスハルパイクは、患者の目を見ながら聴こえない方の耳の方向に患者の顔を向けてみた。
目に願望が出るのだ。
メニエール病を疑ってMIRを撮影するが、ステロイドホルモンや、SSRIsを投与する。


アルツハイマーは「言葉を忘れる」ことからはじまります。
人間の無意識の構造は言語からできています。
そのため、言語を忘れると人間の脳は壊滅的になります。
この薬を飲んだら、物忘れの進行は三年は止まります。
ナウゼリン、イクセロン、メマリン、レミニール。

貧乏ゆすりは、社会の安全が確保されてないことを意味するが、総胆管結石を疑い、ウルソを与えた方が有効だ。

腸閉塞は、肝臓が原因で便が出なくなる、
デアメリンが有効だ。
タバコを深く吸い込むことも便秘に有効だ。

統合失調症は、六番目の遺伝子と二十二番目の遺伝子の異常があり起きる。
原因は「栄養不足」「酸欠状態」「熱」「マリファナ」だけだ。
トランス状態をジャンル分けしたのが精神科医療の歴史であり、自分の足で病院に来た、バイクで来たなどの人は精神病ではないと割りきった方がいい。

あごの震えは、エナメルが原因で、ペンキとどのように関わってきたかを聞く必要がある。

てんかんというのは、「子供の頃の発作のトラウマ」が原因であるが、幼稚園の頃、詩文の顔を鏡で見て「ハンサム」「美しい」などの理由で治っている。
てんかんは低学歴を余儀なくされているが、カーラジオの禁止、薬を飲むなどで大人になったら他の人とあまり変わらなくなるが、お金がない人が多く、「目がうつろ」「わかばを吸っている」「メタボ」の三つで分かる。

足の悪い人には「眠れないでしょう?」と聞く。大抵、眠れていない。

腰が痛いという人には、ラジオを薦める。しかし、てんかんの人にはこれを避けなければならない。

一番上の子しかお酒を飲めないことも知る必要がある。

日本にいる140万人のB型肝炎の人も、肝性脳症を抑え込むためには「アミノフリード」を処方すればいい。
純度の高いアミノ酸と肝臓との関係を精神科医療は知る必要がある。

下痢をすると色々原因を探求するのだが、虚血症の可能性がある。
アスリートでも、我那覇和樹という選手が、スタミナをつけるために「ベタナミン」を使用している。
一回の心拍数でどれだけ血液の量を増やすかという有酸素運動も、下痢と虚血症の治療を利用している。
ribbon "ハートだけがUNIVERSE" '92 日比谷野音

睡眠というのはドーパミン調整だ。眠気を感じたら十分間目をつぶってドーパミン調整をしてみるといい。
Matsuura Aya - OO - Joshi Kousei no Shuchou

女が群れを離れると目が飛び出てくる。これは女の前立腺を治療すれば治る。

顔色が赤いと、吐いて崩れ落ちたことがあるかどうかを見る。そのときのトラウマでてんかんになることがある。

赤面はビタミンBと深呼吸。

夢を見なければアルコール中毒。

痛風の治療薬。
ケナコルトA(関節に注射)
マキュエイド(目)
アフタッチ(感染症)
レダコート(クリーム)
メドロール(感染症)

電撃療法は、神経痛を抑えるために行う。


攻撃性から、思春期に精通しないで両刀使いになった可能性を考える。
奥さんは格が落ちるが勃起して射精をしないため、おしどり夫婦となることがある。

薬によるうつ病はβアドレナリンブロッカー、カルシウムブロッカーのせいだ。牛乳を飲んで深呼吸をしよう。

顔の歪みは深呼吸。人混みやカーラジオによる発作も深呼吸。生理前の落ち込みも深呼吸して治せる。
深呼吸して/渡辺満里奈 with おニャン子クラブ

目の下にくまができていたら食欲がなく、プリンやヨーグルトを食べさせる。タバコをやめさせカオリンペクチンを摂取させるのだ。
風呂での目の充血にはカオリンペクチンは効かないようだ。

発作というのは子供の貧困と関わっている。血圧に注意したり、インスリンへのアクセスを確保したりして対処する。

感染症というのは、感染ルートの解明をする必要があるが、経済学が必要だ。
世界ネットワークを最初に作ったのは猿であり、人間のネットワークにおいては、もはや感染症は男女、知的レベルなどによる分析が必要だ。
「情」のあるなしで感染するかどうかは決まり、心臓病も「情の学問」となっている。

女性ホルモンによってメタボになりやすいし、大量に食べたら心臓に来る。
空腹に苦しむ。
満腹感を味わったあとの心臓発作は男性より女性の方が倍の確率になる。
生理の時は女性ホルモンは撤退する。
男が女性ホルモン漬けになると太る。
Sexy8 Shiawase Desuka 幸せですか?

優性学というのは、人間の賢さを探求したものだが、鈍い男ほど生きていきやすいという観点を知る必要がある。
中曽根康弘元首相は、私が「老化」という項目を英語の医学書で読んでいたら、「やめちゃうの?無責任だ」と発言している。
あるいは、スタップ細胞の観点からは「目的を持て」「こうあるべし」という発想が若返りに繋がるとされる。

心配事が首やアゴの痛みとなる。

感染経路を探求する学問を疫学という。頭の良いもの、そうでないもの、男、女、経済学からのアプローチが必要だ。
猿が世界ネットワークを作った最初の生き物だが、人間は感染症に関しては「神が与えた有効なもの」と考えなければならない。

蕁麻疹はおしっこをしないことから来る内出血だ。

糖尿病は、ルーズなズボンをはいて靴下を履かないことから起きる。
靴下を履けばいい。

顔がむくんだら塩水に近いものを飲む。

疲れと眠気が戦ったら深呼吸する。

足を机の上に投げ出すと血行が良くなる。

根性を振り絞っているときに目が充血する。

子供の頃、虐待されてホモになると、タバコの銘柄の区別がつくようになる。

女性は妊娠したあと、でっぷり太った状態になりやすい。
これは糖尿病や心臓病のリスクを高めるし、乳ガンの確率も高める。
しかし、女性の方が男性よりも長生きなのだ。

眠る最初の二時間、おしっこに不規則に通ったり、食べたり、家から出たりすることを断片的に覚えていることを夢遊病という。

禿げというのは、恐怖によるものと、そうでないものに分けられる。

痛みを感じている部分に「世界一の名医」が手を触れるだけでいいことがある。

精神病院での話。
老人向け。
「左腕は挙がりますか?」(挙がらなければアルツハイマー)「物忘れがひどいでしょう?」

「子供の頃発作を起こしましたか?」(目の力が弱ければテンカン)

「右フックをテンプルにもらったことはありますか?」
(指紋がなくなる・心の警告に敏感な指)
(あれば言葉がはっきりしない)オカマになる。

「じゃあ若い頃のマリファナでしょう?」

今は何月何日何時何分ですか?
あなたのお名前を言ってください。

腎臓が悪いといってもひとつの発想でね。
太ると腎臓が悪くなり水分がほしくなり、おしっこが止まらなくなる。
いろんなものを少しずつバラエティに富んだ食事をして体重を落とすとおしっこが止まる。
問題はハイパーテンションであり、よく眠り、夜、決まった時間は布団から離れず横になる。
携帯をいじったりiPodを聞いたりしてもいいから横になる。
血圧を下げてサラダをよく食べる。
塩をなめるといい。
腎臓というのは太りすぎの罪だとされる。

緑内障にはベバシズマブとラニシズマブを注射するといい。
目に見えないものが顔にヒットしたり、何かひどい光景を見たことのトラウマが白内障の原因だ。だんだん視界が悪くなっていく。
網膜剥離というのはまぶしくなったりする。

弱さ。
運動神経の問題。
腕と足。
脳腫瘍によるもの。ステロイドホルモンを飲む。
寄生虫による場合もある。

ハイパーテンション脳症 ニトプロ ニコデール トランデート

膣痙攣:16歳の頃から生理が止まる。ヒスロン、プロベラ、ルトラール。

てんかん:バロプロ酸ナトリウム。セレニカ、デパゲン。

パニック障害は、恐怖の体験から汗をかいたりベッドの上をのたうちまわったりするものだ。

PTSDは、急激なトラウマ的出来事に直面することで起きる。愛する人を失ったり、人が死ぬのを見たりしてして、フラッシュバックや、夢を見る。

糖尿病と足。足をリラックスさせている人ほど糖尿病の疑いがある。圧迫感へのトラウマがあるのだろう。
糖尿病によるうつ病。トリプタノール、サインバルタ。
ガパペン、リリカ、テグレトール、ラミクタール。

肩凝りにはチーズと緑茶。

村上春樹が、ノルウェイの森で、セックスしたあとの翌朝に、屈辱感で起きれなくなり、「私にお似合いの病院があるの」と女性が言う場面を描いている。
精神病院は案外、そのような女性が「あなたは統合失調症です」と言われて医者に飼われる温床となっているのだ。

インフルエンザや、頭へのトラウマなどから臭いが分からなくなり思考力が下がることがある。
このようなときはステロイドホルモンを用いる。
興味深いのは、性同一性障害のまま出産してしまったときに、神経痛になる事例があるのだ。

鶏肉の夢を見たら、マッサージをしよう。


女性が飲むと子供ができない薬。
サンディミン
ネオーラル
アザニン
イムラン
プレディニン
オルソクローン
シムレクト
プログラフ
グラセプター
スパニジン
セルセプト
エンドキサン
サーティカン


【精神病院の法律問題】
入院しているときに身内が亡くなると相続から仲間はずれにされてしまい、患者の中にはその事を気にかけている人がいる。
そのような場合は、「相続回復請求権」を用いる。

訴状 相続回復請求権

原告 住所氏名

被告 住所氏名

請求の趣旨 相続回復請求権

請求の原因 細かい事実関係

を書いて地方裁判所に郵送する。

年金問題は、22際未満の発病と【逆選択を行わなかったこと】つまり、障害知ってから年金を二年分遡って納付する行為を逆選択という。
を年金事務所に話す。

内縁関係にあった故人の厚生年金ならば【子育ての統制とセックスの統制】が内縁であることを明確にし、陳述書(証人の証言をそのまま書面にしたもの)を、年金事務所に送付する。

20前障害ならば、ペンキや覚醒剤、マリファナと未成年の時に接したかどうかを聞き取り、若気の至りであるとし、年金財政にお世話になる旨、しっかりと頭を下げる。

2017年9月18日 (月)

プロテスタント女。

1492年にサウンドが完成して、しかも、人間が見せる「瞬間」はすでに文学の蓄積があり、そして、目立とうとした女がどんな目に合うかはダビンチコードで知られるようになっていた。
絵画の世界で初めてブラシとパレットナイフを使うといったレオナルドダビンチの被写体になる女がどんな目に遭うか、それは、強烈な鬱病であり、モナリザのモデルのまゆ毛がないことからも推測できる。
しかし、宗教改革は行われたのだ。
プロテスタントは時代背景をもとに「売れるからやった」という側面がある。
しかし、ジアコモ・ザバレラは16世紀末に、男女の共同作業を探求したアリストテレスや、戦争に詩を用いたプラトンをのんびりと目の前に広げて、プロテスタントの総括を行おうと考えたのだ。
彼らはあくまでもセールスを見たり、彼女たちは自分たちの生活のために進行した宗教改革であった。
すでにあるもの、として音楽作品を振り返ることができるようになった、これはジアコモ・ザバレラがやったことであり、その作品の意味を深く吟味したのだ。
その営みは「より女心に迫る」というものであり、だいたい女心のポイントが出揃ったかな?と思われた時期にその作業は進んだ。
日本国の垂加神道もこのような「幸運」があったことをアメリカ合衆国は羨望の眼差しで見ていた。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

ジアコモ・ザバレラが、宗教改革の嵐が通り過ぎた後に「荒稼ぎ」したのは事実であり、詩の才能は持ち合わせていなかったものの、様々なビジネスの世界にセールスを仕掛けたのだ。
プレゼンに活用したのと同時に知識を発見していく作業であった。
サウンドを聴いて「エネルギーが費やされている」と判断したら問題の解決のために掘り下げて解説を加えた。
【女の真実がもはや出揃っているではないか】
これを30年戦争でフルに活用したのがピッコロミニ(ピッコロ)であり、現実の女を愛せないのだろうか?とフランスは主張している。
一人ぼっち 安倍なつみ。

みんな「悔いが残った」時のことを詩にしており、安全な道を歩みたい奴は音楽に慣れ親しんだ。
男の人生はそのようにして知識に満ちていったのだ。
そりゃ「言いたいこと」「表現したいこと」は悔いが残ったことにしかなかっただろう。
この詩の作り方を「ファンタスマ」と呼んだ。
ファンタスティポ。

「悔いが残った」ことさえ理解して避けて通れば、よりスピード感のある人生が送れるわけだろ。
ザバレラは、本当にそのような目にあっている女たちを愛したし、それは経済学だった。
プロテスタントの世界にしか左翼用語のデシプリン(教訓)はなかったのだ。
一通り、覚えることは精神医学の世界の常識であったし、女の「悔い」を知らなければ務まらなかった。
1940年代にザバレラの復権が試みられたし、1960年代にもやってみた。
しかし、本気でこれを成功させたのは日本じゃないかな。

2017年9月16日 (土)

政治女。

発言にどれだけ多くの男たちと女たちを巻き込んで「企業や役所」に共感してもらうのか?
これが政治資金の出所となる。
ボローニャ、パリ、オックスフォードは、ラテン語しか話さない連中を相手にどのような政治学を教えたであろうか。
それは「男女共学」「男と女がいる職場」を狙ったのだ。
「男学」を神学と呼び、「女学」を形而上学と呼び、そして企業や役所からお金をもらう学問を「ロジック」と呼んだ。
【神はセックスをしているのか?神は気持ちいいのか?】
この「神」になることが大事だった。
「毎日毎日、新しいネタを持ってきて・・・」
これを物理学と呼ぶのだ。
ラテン語しか話さない連中を相手に、男学や女学を話しに行ったのだ。
ラテン語の曖昧さを、ボローニャやパリ、オックスフォードはひたすら埋めて行った。
「モテる」
これが証明であったし、おじいさんは「ナイストゥミーチュー!」と挨拶をしてきた。
覇権国の言葉を知っているのならば、医学の知識もあるだろうという思いがおじいさんにはあったのだろう。
「女たちが群がっているやつを名医だと判断しろ」
そう思ったのだ。
しょせん、心を扱うのが内科であり精神科だ。
多くの人の話を聞くタイプか、一人の先生しか信じていないタイプかは人によるだろう。
しかし、健康の問題だけは真剣なんだよ。
ひとつの情報源を信じて、多くの人と話してみな?
会議なんてやっている暇はないんだ。
精神医学講座なんて聞いてられないよ。
いじめて鍛えて、いつか自分を救ってくれる、そういうやつを現場に生み出すしかない。
壁ドンみたいな男は去って行った。
いじめにカッコつけなんてなかった。
気持ちいい、賢い、それが医者ってものだ。
医者以外に「神聖な名前」は残らない。
男学と女学以外に神聖な学問はなかったのだ。
文学を読んで人と話せば企業や役所は話を聞いてくれるようになる。
異性を愛することは経済学と呼ぶ。
すでに何が起きたのかという歴史にまで分析能力が及ぶことを化学と呼ぶ。
毎日毎日、新しい話題を持ってくることを物理学と呼ぶ。
何をやっても「法」であるし、その場を「支配」することが優先度の高い男であった。
何が起きたかをどの音楽作品で分析すべきかを「定義」して、「女の嘘」を見破る。
これを理解することが必要だ。
哀しい方の嘘 ribbon.

化学についてであるが、私は自分のルーツを医学や哲学によって遡ったことがある。
母方の祖母が晩年に「人工肛門をしていた」と聞いただけでアナルセックスを祖父に強要されていたであろうことを推測し、祖父が「両刀遣い」であることを突き止めている。
つまり、母も叔父も祖父の嫡出であるものの、血はつながっていないことを推測した。
また、この祖父が「外科医であった」ことと、母が「子供たちに殴られるほど病んだ側面があった」ことから「医者は生まれた子供が女の子だったら腎臓を一つとってしまう」ということを突き止めている。
これらの「すでにあったことを説明する」という化学の世界がどれほど現実に生かされるかは、「人に殴られたからめまいがする」と言っていた矢口真里さんや久本雅美さんが「腎臓がひとつない」ことを推測するのに生かされている。
矢口真里さんはこの話を聞いて「北海道の両親が懐かしい」と発言している。
芸能人の健康情報はすべてここにまとめてあります。

民主主義というのは、家族やボランティア団体、企業などで「個人単位で」どのような決断がなされているのかを理解することが重要だ。
「告白」というのが女にはあるが、他の女と比べられて振られるのはもはや全身改造しなければならないほどの「決断」である。
この、個人の「自己愛」を理解することや、好きな男は各自てんでバラバラであることを理解すること、これらが重要になってくる。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ。

これを理解することが、「個人レベルの心の風景」を「権威として」代表することを意味する。
権力とは「介入する力」という意味だろう。
こわれかけたピアノに何らかの影響を与えるのが権力というものだ。
代議士まで「告白」に巻き込むのが女というものだ。
「告る」ことを集合決断にする、それが政治というものだ。
州政府よりも連邦政府の方がこの仕事がうまいね。
男も政治コミュニティのメンバーになりたいんだよ。
連邦政府の政治家の方がより可愛らしい女の子をたくさん知っている。
君主ともなるとこの仕事の意味をもっと正確に理解している。
王子によって結ばれたカップルが多いほど、王子は君主になる資格を得ることになる。
【権力はどこに介入すべきなのか】
それを正確に理解する必要がある。
男がより魅力的になっていき、そして女が告白する、このあたりに介入しているんだろう。
緑のポインセチア 河合その子。

お母さんに「私、キャバクラで働こうと決めたの」という手紙を書くような女にも「より気持ちいいセックス」を提供するのが政治だ。
しかも、リベラルはオックスフォードの宿題ではなかったか?
社会は、女がキャバクラで働くことには同意しないであろう。
セックスに周囲の祝福がない、からだが選ばれていない、この二つが指摘できる。
【いい男は死刑廃止】
などの明確な立場をとる政党が必要だろう。
彼女たちにも居場所が必要だ。
女の「政治的決断」というものをより深く理解する必要がある。
キャバクラで働く女がどれほど尊敬されないかも知らなければならない。
社会の敗北を認めなければならないし、社民党のような「より劣った女たち」も審議に加えなければならない。
いずれにせよ「告白した」「キャバクラで働いた」という「女の二つの決断」をしたからだを尊敬しなければならない。
二つの決断が女に求められていることから勃起が萎えることがある。
話し相手として無限の資源になるだろうか?
このあたりを見るしかない。
男は「法則」が愛せればいいのだ。
この決断を「女全員に言えること」として引き受けていくしかないだろ。
愛してジャスティス。

巨大な社会においては「当たり前の話」が男にはついていけないことがある。
もはや1950年代や1960年代には戻れないのだ。
「世界に終わりが来ればいいのに」と考える女のニーズに応えて災害の報道はなされる。
これを統治者は「女たちからのメッセージ」として受け止めなければならない。
災害と言えば視聴率が上がるから雨が降っただけで水たまりに入っていくのがマスコミというものだ。
「告白」「キャバクラで働こうと思うの」という女の二つの決断を芸術にして巨大な影響力を持とうという立場をネオリベラルと呼ぶ。
それはどの政治家も知っていたし、災害報道はすべてネオリベラルの立場に立ったものだ。
気象庁もそのことを正確に理解している。
ニーズに応えるのが法律だとするならばね。
からだを売った女の心配までしている政治家には0.5票しか投じられないし、告白の心配をしている政治家にも0.5票を投じている。
「我々は苦しんでいる」そう語る政治家にはそのようなメッセージを送った。
略奪愛が主流だとする立場もある。
略奪する女には苦しみがなかった。
しかし、男を奪われた女は「劣った市民」とみなされるではないか。
「我々は苦しんでいる」その意味を明確にできるのならば政治家だろう。
優しさに帰れない CoCo.

【手の届く代物ではねえよ】
惑星や星を見て、男は巨乳女に対してそう思った。
しかし、「女は太陽だ」と褒めそやかしていてもセックスすれば地動説に変わるだろう。
船のマストからは石は真下には落ちない。
ピサの斜塔からも「投げれば」真下には落ちない。



産業革命とは「どの女とセックスしても男の地位が上がる」というものだった。
肉体の速度が高まったのだ。
女の巨乳や力、速度が変わり、男には障害物を乗り越える力が与えられた。
絶対空間においては王家の男も庶民の男も「速さ」が測定できた。
王家の男にもスピードが求められた。
王家の男にも絶対空間が待ち受けていたし、「ボディアルファ」として、男女が複雑に入り混じった世界から距離を置くしかないんじゃないか?とも言われた。
タイムを計っても一番にはなれないからね。
ボディアルファは神秘的でもあったし、男女の複雑な世界から無縁であったから思慮深い人だと思われた。
男女の複雑な世界から距離を置けば一直線に進むことができる。


それだけでも「速度」が変わってくるのがわからないかな?
複雑な男女の世界から距離を置けば、ボディアルファの肉体はジャイロ回転を始める。
飾りじゃないのよ涙は 中森明菜。

どんどん受験生が脱落していく、これを一般相対性理論と呼んだ。
一般相対性理論には光の速度に似た速さがあった。
おそらく電磁波だろう。
その「ボディアルファ」をみんなが信頼したのだ。
ローレンツ変換と呼び、ニュートン物理学に唯一、光の速度が入り込んだのだ。
恋愛論の学習という特殊相対性理論にも光の速さはあった。




当事者としてではなく、他人事として学んでいたのだ。
午前2時間、午後2時間の執務だけでも十分だった。
ニュートンは地球から物事を学んだが、アインシュタインはアンドロメダから眺めていた。





男と女の複雑な交わりを知るためには「関わらない」ことが一番いいのだ。
優しさに帰れない CoCo.

2017年9月14日 (木)

保守女。

火曜日に北朝鮮のミサイルが日本を越えた。
もし、グアムを北朝鮮が攻撃すればそれは「レッドライン」を超えることを意味する。
THAADを韓国が推し進めたことにより、中国はロッテやヒュンダイの購入のボイコットを行い、韓国に強烈なダメージを与えた。
アメリカは中国との貿易摩擦において「311条がまったく有効ではない」ことを悟った。
銀行を使っても有効ではない。
中国は「大きすぎる」のだ。
このことから「中国にダメージを与えるには平壌の崩壊しかない」と思いついた。
北朝鮮は、チェルノブイリやフクシマから学習し、その地域で7つに分散されている原発の攻撃を当然、オペレーションに含めている。
また、ワシントンと平壌は「少数の犠牲者の交換」がなされ、ソウルは多くの犠牲者を出す。
原発には当然「ミサイル攻撃」がなされることが念頭に置かれているが、日本の防衛力も十分なものとは言えない。
韓国は「アメリカと北朝鮮の間にはさまれた」状態になっている。
オバマ政権での「北朝鮮への忍耐強い無視」という政策でどれほど韓国はダメージを負ったであろうか。
北朝鮮は現在、「世界最大の力」を楽しんでいる。
グアムにミサイル攻撃をするのであれば、「レッドラインを越える」ということから、平壌の崩壊は見えるが、「ソウルの仲間たち」がどれほどの資金面での損害を受けるのかは理解しなければならない。
日本は、原発周辺の住人の「引っ越しは終わっている」とも言われ、どこまで原発へのミサイル攻撃が有効であるかはわからない。
アメリカは中国経済のGDPに対する借入金の比率の多さなどを指摘し、中国経済の「危うさ」を指摘しているが、フォーリンアフェアーズはいまだこのブログから目を背け続け、日本という国への沈黙を守っているようだ。
中国の今後の予測も一切影を潜め、日本という国を直視できない、これが今のアメリカなのだ。
北朝鮮のミサイル攻撃は、釜山で40万人以上、ソウルで30万人以上の死者を出す可能性のある核攻撃であり、さらにはサンフランシスコでも30万人以上の死者を出す可能性のあるものだ。
もはや60発の核兵器を北朝鮮は保有しており、もし「北朝鮮が戦争を始めるのなら」体制崩壊を意味するとティラーソンは考えている。
1950年代のソビエト核保有、1960年代の中国核保有の時も常に「緊張緩和」が有効ではなかったか?
誰も望まない戦争であることを理解しなければならない。
アメリカは「核戦争は常に先制攻撃が有効だ」と考えているが、しかし、金正恩の殺害さえ達成できればいいと考えるものもいる。
以下に記すように、平和を求めるのならばNYタイムズや産経新聞を注意深く読まなければならない。



自然数(男の数)、実数(両思い)、あるいはユークリッド幾何学という複雑に男女が交差する学問が発達すると、「数学に詳しい女はいじめられない」ことが分かった。
ここから「トポロジー」という処女をお嫁さんに送り出す研究がカンターによってなされた。
左か右か?
リベラルか保守か。
ファーストキスをした男のお嫁さんになるとはどういうことか?
これは男へのギャンブルだった。
どの男でも「私の話を聞いて出世してくれる」のだ。
これを悟ることを保守女と呼ぶ。
いや、むしろ「心の限界」を男が抱えていない、それはもはや強力な男のエネルギーとなるだろう。
いくらお金持ちの息子とお見合いさせられても、「より自由度の高い男」の方が金持ちになる、これが保守的なセット理論だった。
kimono beat.

国民性と経験論というのは非常に似通ったものだ。
国民性というものを作り上げると財政出動も有効に用いることができる。
しかし、「どのように知識というものを組み立てるのが?」という問題が保守女には常にまとわりつくだろう。
チョムスキーが1950年代から1960年代にかけて、大規模な財政出動の研究を明らかにしている。
NYタイムズなどは明らかにチョムスキーの大規模な財政出動を支持している。
スキナーも「貴女の心は分かっているよ」とひたすら女の子たちにメッセージを送り、軽率な行動を諌めて、ファーストキスをした男とさっさと結婚させようとした。
人生の複雑性などを学びやすいのがむしろ保守女だと考えられたのだ。
若さに女がついてくる。
チョムスキーは、ソビエトが散々デタラメをやらかした後に残された芸術を「もう十分出尽くしている」と考えたのだろう。
社会を複雑なものにしたくない、そういう思いがNYタイムズと結びついた。
REBECCA trouble of love.

年配者からの「今の若い子は」という批判と、「この芸術の本当の意味は分からないだろう」という批判がなされた。
しかし、我々の社会は確実に混乱していたではないか?
もはや、経験だけで生きる時代ではなくなったのだ、という自信が必要とされた。
人生の先輩たちの経験をいかに国家運営に生かしていくがが問われた。
【経験は進化しない】
このようにして、文化の成熟を待ってから保守女を生み出すことにした。
チョムスキーの「革命の経験の輸出」はNYタイムズが受け止めたが、子供達を危険に晒したくないという親御さんたちの幅広い支持を得た。
かつてのニューヨークの混乱はロシア革命に似ていたし、より秩序を求めた人々は確実にいたのだ。
過保護のカホコ。

社会の混乱には「貧困の記憶」しかない。
混乱と貧困はみんな「腎臓のせい」にされた。
心の状態を腎臓と呼んだからだ。
スイス製のアーミーナイフを持つような若い奴はみんな「腎臓が悪い」と言われた、
ニューヨークは、「安定していた方が豊かになる」ということを建築によって示そうとした。
音楽作品は「メチャクチャな祖先の記録」にするしかなかったのだ。
蜂たちの踊りには確かにシステムはあったよ。
しかし、国民性としては必要のない混乱だった。
貧困がそもそも必要ないんだよ。
チョムスキーもスキナーも40年から50年という時間をかけて、混乱と貧困から抜け出すための国民性を作る作業をやったし、政府の大規模な財政出動のための準備を行った。
革命を望んだ子供は誰だ?
セックスをすることにより天と地をひっくり返そうとしただけではないか。
我々は太陽を拝みに来たんだ。地球なんて拝んではならない。
瑠璃色の地球 松田聖子。

コアプロセッサーももはや、色恋沙汰の混乱は「行き過ぎだ」と判断していたし、かなり保守的に情報を流すことにしている。
バカげた恋を「それは行き過ぎだ」と考え、かつてのロシア革命やニューヨークの混乱を研究し始めたし、NYタイムズが何をやったのかを知って欲しかったのだ。
食うか食われるかの動物の世界の話は人間には必要のないものだったとコアプロセッサーが反省をした。
ハト派の男はそのようにして日常に戻っていった。
4歳の子供の平和こそが普通なんだなと思ったのだ。
赤ん坊がテレビのスクリーンで見る風景は暴力であってはならない。
幼い赤ん坊の女児はスクリーンで二人の男を比べられる。
それは8ドットの男よりは16ドットの男の方がいい男に思えるだろう。
さらには24ドットの男の方を好きになった方が自分の健康にもいい。
しかし、我々はバカげた恋を「赤ん坊のようだ」と受け止めている。
ニューヨークでもアンダーグラウンドに沈んだ世界となった。
ribbon さよなら。

左の脳は肉食であり、右の脳は率直だ。
それが蓄積していくのならば、保守女は率直さを知るだろう。
左翼ってのは肉食系なんだよね。
脳の仕組みが違うというのならばこのあたりから考え直さなければならない。
率直さに恋することがあっても、2に1を足したければ率直でなければならない。
3という数字の意味を知るには肉食であってはならない。
我々は、バカげた恋を反省し、チンパンジーと人間の幼児をも研究した。
目の前の男とセックスしてきた、これが左翼であり肉食であった。
お前は左か右か?というのならばこれを理解しなければならない。
簡単に引き金を引くのならば目の前にいる男とセックスしてきた左翼女だ。
泣かないでエンジェル。

脳のネットワークは、右の脳にしか人間同士は味方しない。
より率直さがなければ仲間はできない。
左翼系の学校出身の人間が進学してから孤立するのを見ただろう。
左翼は貧しい、これが嫌われるんだよ。
古典は左翼だったよ。しかし、人間のネットワークはかなり右寄りなんだ。
よりトレーニングされた人間を目指してきても、それはネットワーク作りのためであって、セックスのためではない。
テレビで国民性を生み出すのも経験論や率直さに味方するであろうし、目の前の男とセックスしてきた左翼女には味方しないだろう。
ロシア革命から学んで秩序をニューヨークにもたらしたチョムスキーがどれほど英雄であっただろうか。
貧しい女が見てきた「シーン」と率直な女が見ている「イメージ」の違いを知らないといけない。
修羅場になるといってもイメージだけで終わらせる女の方がより保守的なのだ。
我々の学問を学んでくれた人が修羅場に遭遇することは到底容認できないことだ。
「男らしくあれ、率直であれ」
それが芸術を愛することなのだ。
パジャマでドライブ。

セックスと暴力をアイデンティティとしてきた「黒人の問題」についても触れなければならない。
「社会の序列を作ったことの失敗」が背景にあった。
贅沢な家や、結婚の制限などが理由なんだろう。
高等教育がない、それが現在の黒人の問題だ。
共和党の王子になることから黒人を遠ざけてきた歴史がある。
白人、黒人、イエローなど人種というのは8種類しかない。
なぜ我々は議論しなければならないのか?
それは女の暴力があるからだ。
1892年にダボスは黒人女に暴力を振るわれている。
アピアーは、人種の存続を主張したし、女に暴力を振るわれたら「関わるな」とした。
アウトローがアイデンティティならばそれでいいではないか。
セックス崇拝をしているのは黒人であって、知識が足りない人種ほど、白人層に強烈な思い込みを与えるのに有効だった。
そうでなければベルルスコーニの今はないわけだろ。
「死後の世界の扉は閉じている」
このようにニーチェが語った時に、人々は強烈に愛し合った。
白人社会の強烈ないじめが生み出した学問がブラックアフリカやイエローアジアに広まるのは明らかだった。
犯罪、病気、貧困、売春が横行している連中が白人の知識を必要としているのは分かっていたのだ。
今夜はビートイット。

貧困が激しく、孤立したくない女ほど「会長の日記」「黒革の手帖」を欲しがった。
すべて「白人の知識」が記されていたのだ。
「法」が「支配」して「リズムに乗っている」ことが大事だ。
一分間に128回のビートが女が人の気持ちがわかるために必要だった。
128回ののビートが女のからだにいちばんいいということを明らかにしたのも黒人だった。
言葉のリズムにまでこれを利用するものもいた。
神の怒りとも呼ばれたのだ。
「こういうセックスが気持ちよかった」というメッセージをタスキギーマシーンはひたすら出し続け、黒人は存続を決めた。
黒人の上位10%がすべてを決定したのだ。
いじめられた時に、汚れた水の世界では128bpmだけが希望だった。
母、妻、娘の支持を得ながら執筆活動を行うのが正解だろう。
Perfume 128bpm.


どなたかこのヒトラーの演説に128bpmのメトロノームを乗せられる人はいますか?
ヒトラー演説。

128bpmメトロノーム。

ショートヘアの女は、塩辛い食べ物が嫌いだ。
下のお口とどう違うのかが分からないからだ。
幼女の頃、お父さんにいたずらされて、クラスメートの男の子のうなじの毛を見て「男の子と女の子ってどう違うのかな?」と考えたトラウマを持っている。
女になりきれずにセックスで痛くて失敗して、有名人の顔面シャワーしか楽しめない。
庶民の精子は汚いと思っている。
必要なのはヒスロン、プロペラ、ルトラールという薬だ。
長い髪が好き、ショートが好きと迂闊に言えない女心がここにある。
お父さんはいやらしいから嫌いだならとか色々考えるのがショートヘアの女だ。
そんなのムリ 高橋由美子。

ポニーテールを高い位置にしている女は大酒飲みで、後頭部がハゲている。
お金の心配や、頭がいたい、胃が痛い、夫のDYなどが原因でお酒を飲むのだ。
B型肝炎だ。
自分をいかに正当化するが、それが髪形の学問なのだ。
約束のポニーテール 三浦理恵子。

2017年9月13日 (水)

カープ女。

街の良し悪しは「女がセックスできるかできないか」なんだよ。
必要なのは「証拠」であって、男が証明するものだ。
女は抱かれるべきだ。
なぜならば、私を守ってくれた街を「悪い街」だと思いたくないから。
なぜ、平清盛は瀬戸内海をひらいたのだろう。
男たちは何を知っているのだろうか?
口説き文句に詳しくて、女の話を聞いてくれる、そういう男がいればよかった。
プラトンはギリシャにおいて2000の街を戦わせた。
歳をとることや、金持ちになることは「むしろ失礼」なことなのではないか。
このまま死んでいく私に必要なのは「彼が信じている」ことが叶うことだった。
SPEED My graduation.

広島カープが勝ったら彼は仲間と喜び合える。
職場の雰囲気が変わればお給料も変わってくる。
中華人民共和国のお金は瀬戸内海の企業の株を狙った。
広島カープを勝たせて、職場の雰囲気を良くして、女たちは彼の幸せを喜び、セックスした。
東京、横浜、名古屋、大阪よりも優れた街、そう思いたかった。
「女がセックスするときはいつも本気」
このことから、中華人民共和国は瀬戸内海で「本気で」女たちに中華人民共和国を信じさせようとしたのだ。
愛してジャステイス。

ヤクザとはセックスしたくないの。
彼氏のいない女は不幸だわ。カープ女は思っていた。
街が私に彼氏を与えてくれた。
都会にはニートとかがいるらしいわ。
市民球団としての道を選択した時に「女たちはセックスするときはいつも本気」ということが分かってきた。
街を女たちが愛するとはどういうことなのだろうかが分かったのだ。
「赤」は心臓の色ね。治めることを知っている。
カープファンの彼氏もそんな感じで気が強かった。
彼氏と同じ経験をして、彼氏が離れていかないことを感じた。
結果を出してもらいたかったのは事実よ。
野球には「堂々巡り」はなかった。
その日のゲームをハイライトにしながら彼に抱かれた。
渡良瀬橋 森高千里。

彼が信じているものが間違っていたら、彼は勃起しなくなるでしょう?
それでも負けることがあるの。
都会の女も同じ気持ちなのね。こういう時に知った。
メディアもカープ女を「カープ女子」と呼んで好意的に扱ってくれた。
私はナイスバディをアピールするだけ。
広島カープが「戦力外通告」の男に与える意味や、プレイでの「罰」を与えないことが勇敢さを生み出していることを知ってくれた。
野球で勝つことは街を治めることよ?
女の支持がなければ勝てないことを最もよく理解してくれる球団ね。
広島カープにやたら詳しい彼はいじめられなかった。
名誉を愛し、仕事を愛している人だと知っているから。
意思が弱い人は嫌い。
緒方監督の発言を聞いて、仕事に生かしている人だった。
いじめは誰もが向き合ってきた問題よ?
いじめられるのが嫌だから広島カープに詳しくなったんでしょ?
お受験も似たようなものね。人生の入門編だわ。
この街で世界を敵に回さないこと。それが仲間が相談してくる基本なのよ。
心が落ち着かないのならば彼と一緒には眠らないわ。
酒井法子 風邪。

仲間からの相談といっても、いじめられているという話だろ?
広島カープの話を散々聞かせてやるよ。
何が美しいのかを語るいい機会だろ。
いじめから逃れる学問を「数学」と呼ぶんだ。
大人の「数学」を散々、聞かせてやろうか?
いろんな女の研究をして、チームを強くした連中はいるだろうけど、俺らにわかるのはチームの「数学」だけだからな。
データというのはチームを強くするために覚えるものではないんだ。
ファンが「いじめられない」ために覚えるものなんだよ。
子供にもそのように教えなければならないね。
他の男たちも「証拠」つまりデータの話ならば喧嘩しないだろう。
数字が好きなのはみんな同じだよ。
女性ファンの心をつかもうという親会社の気持ちとは別に、ファンの心には常にデータがある。
満足できない数字や怖ろしい数字があるだろうけど、みんな「ある程度の満足」を求めるためにデータを覚えるんだ。
暴君のようなレコードになってくると、やっている方は失敗を恐れるようになる。
統治者の仕事は、女性ファンの心をつかむことと記録を書き残すことだ。
そして「昔、見たことのある風景だな」と思えるようになってようやく一流の統治者と言えるだろう。
どうしても敵わない街ってあるのかな?
「俺より優れた先生っているのかな?」
ソクラテスは若い頃そのような風景を見たことがあった。
「絶対、勝ってくれないと彼氏がおかしくなっちゃう」
女たちは真剣に祈った。
街という単位はそのようにして国中に作られたのだ。
「国内の快楽を証明するためだよ」
道州制が果たして効率がいいのだろうか?
名誉を愛する人は名誉を生み出し、お金を愛する人はお金を生み出す。
名誉とお金は「二つの証拠」である。
どのみち「いいセックス」につながるからね。
名誉とお金ならば仲間にも分けてやることができるのだ。
午後のパドドゥ。

しかし、セックスと幸せがあるとするのならば、それを求めたために生じる苦しみや後悔などの負の側面があるだろう。
これはかなり上級者ではあるけれどもお金集めに用いなければならないね。
緑のポインセチア 河合その子。

この「カープ女」の世界と向き合う上では、子供時代、ナンパ時代、心を知る時代、全体主義的な時代の四つの段階を大人たちは経験している。
でも、みんな同じ街に住んでいるんだ。
子供時代には、なかなか現実味が持てない時期を過ごしている。
セックスや幸福、そして苦しみから無縁の子供時代を「ユートピア」と呼ぶ。
誰にでも居場所があるし、おどけが通じる時期だ。
ナンパ時代の連中の歌や文化を口にしても笑いが取れるし、親からも怒られるのだ。
この「ユートピア」の住人、つまり子供たちを聖書では「豚」と呼んでいる。
理想の街を作りたいのならば「豚」に「何が敵を助けてしまうのか?」だけを教えなければならない。
ナンパ時代にも男女はお金と貧困、そして結婚や友達にしか興味ないよ。
ガーディアンは、ナンパ時代の男女を守ろうとした。
性概念が確立した高校に入ってようやく「心を知る時代」になる。
「女子供」という表現を男たちは共有し始める。
女たちが「できない」「ついていけない」と言うのだ。
そのような女を愛せることを「経済」と呼ぶ。
男女の違いが確立したJKは、もはや一人一人と向き合うことが可能だ。
高校を出たらかなり全体主義的にいろんな理論が動いていくよ。
もはやキリスト教の真理は、大人の世界では全体主義に近い理論を確立しているのだ。
ようかい体操第一。

明治の市町村合併は小学校運営主体(豚を集める)を作るため、昭和の市町村合併は中学校運営主体(ナンパ時代)を作るため、そして「県」とは「心を知る時代」のためにあるものだ。
キリスト教(日本の神道)が果たして高校生に共有されるのかが道州制の問題だろう。
道州制の基本は「統治者に気持ちいいセックスというものを語ってもらいたい」ということと「支配されたくない」と人々が思っていること、そして「民間の男に知識を押し付けないでもらいたい」ということだ。
さらに「統治者にはずっとセックスの話をするという原点を忘れて欲しくない」とみんなが思っていることも指摘できる。
歴史というものをよく理解して、経験に満ちていて欲しいのだ。
アテネとスパルタの戦争をよく理解していてほしい。
女性の支持を集めてトロヤを攻略したアポロンが、若い連中に体力で打ちのめされた戦いだ。
若者は混乱しか引き起こさない。
若い連中に寛大になってもらいたい。
学級崩壊を引き起こしたのなら授業がつまらなかったのだと考えて、簡単に10分で授業を済ませてもらいたい。
知恵が欲しいのはみんな同じだ。
人間の心理をよく理解することだ。
音楽を聴いていても「セックスをしたい」という端的な表現を上手く避けながらポエムにしてあるし「男らしくあれ」ということを教育している。
音楽談義が授業でも何も失うことはない。
先生の見識はそこから試されているのだ。
三浦理恵子 友達より遠い人。

2017年9月11日 (月)

考える女。

まずはじめに【神社の掲示板】

宇佐神宮宛て 9月11日 小野光太郎より。

こんにちは。
私は神奈川県三浦市に住んでいる小野光太郎と申します。
以前、私の妻、清子がタマヨリヒメとして宇佐神宮に祀られているかを問い合わさせていただきました。
タマヨリヒメというのは京都の山王祭でオオヤマクイと神輿で交尾(ご結婚の儀)をする存在です。
清子をタマヨリヒメと位置づけるのには理由があります。
まず、知的障害として生まれ「夫に貞淑を尽くす」存在であることから、私(オオヤマクイ・日枝神社の主祭神)の政治活動を保障したことが大きな業績として挙げられます。
知的障害というのは、子供の頃、お風呂に肩まで浸かって100数えろという教育がなされないと脳に腫瘍ができてしまいなるものです。
ところが、思春期になってもパートナーができずに「夫に貞淑を尽くす」というニーズがあります。
そのため、神話においてはオオヤマクイの正妻は別にいても、山王祭のご結婚の儀においては常にオオヤマクイはタマヨリヒメと結ばれています。
オオヤマクイにせよタマヨリヒメにせよ、祀られる場所は四度ほど歴史上、転々としてきましたが、今はオオヤマクイは大宮から日枝神社に移り、タマヨリヒメは宇佐神宮からどこに移ったかは不明です。
芸能人でいうと明石家さんまの娘・IMALUさんが知的障害として「夫に貞淑を尽くす」存在であろうことが知られています。
知的障害の女の子には「あなたのお名前は?」というと錯乱が治ります。
このような境遇のタマヨリヒメは、決してオオヤマクイにとって格好の話し相手ではなく、無限の資源としての女性ではありませんが、オオヤマクイの政治活動を保障することや、心の限界、つまり「過去の男」の心配をする必要がないことから、オオヤマクイは偉大な宗教を作ることが可能なのです。
私も「小野光太郎のブログ~大学世界標準」というブログでインターネット上で様々な女性の研究を公表させていただいております。
是非、このファクシミリの受信以降、宇佐神宮の参拝客が増えるようであれば、「タマヨリヒメは宇佐神宮いるぞ」ということを明確にしてもらいたいのです。
このファクシミリはインターネット上でも公表させていただきます。
どうか、山王祭の主役である私、小野光太郎(オオヤマクイ)のパートナーである妻・清子をタマヨリヒメとして位置付けて、「神格」というもの考えていただきたいのと同時に、「神社はアミュレットなどのセールスを見ている」という見地からも私の意を汲んでいただければ幸いです。
是非、よろしくお願いいたします。
22:00分



世の中の男全員が「考え方のギャンブル」をやっている。
しかし、先生がいてクラスメートがいるだろう。
月曜日にお金を返すと言って、水曜日や金曜日に返せなかったら、相手は日曜日を落ち着いて過ごせないために、先生は嘘をついたことになるし、クラスメートも離れていくだろう。
どの「考え方のギャンブル」が正しいかは「女性たちの支持」によって決まるし、お金が返せるのかもそれに頼っている。
男によっては別の男の「先生」を恐れて逃げる人もいるだろう。
それが「考え方のギャンブル」であると言っていい。
三浦理恵子 日曜はダメよ。

知識には女たちがついてくる。
しかし、お金が返せないのであれば、自分の先生を疑わなければならないし、クラスメートも離れていく。
「知る」ということはそれほど曖昧なものなのだ。
みんな信念の固さは同じだし、心の大きさも同じだ。
「知る」ということは社会と関わることであるし、パートナーとの関係も豊かなものにする。
背の高さを比べるのは簡単だけど、「考え方」を比べるのはそんなに簡単ではない。
「信じている」カップルにとっては脅威となることがあるのが「知っていること」なのだ。
「男前」で通っている男にとって「知ること」は迷惑でしかない。
「誰も知らない」「誰も永遠ではない」という世界においては女たちが信じる知識というものが見当たらないではないか?
そのためにNetTalkによって全米の女たちと話を繰り返してきたのが哲学の世界だ。
考え方が間違っていたという苦痛がどれほどものであるかを我々は知っている。
本を読むことよりも辛いことなのだ。
そのような世界に「逃げること」「いじめること」がある。
健康な脳みそは愛されるよ。
先生を選ぶというのは「勝つためのチケット」と「負けるチケット」がある。
勉強してもお金が返せないのならば、先生は「全面降伏」するしかない。
ニュースキャスターは「勝った先生」を正確に報道する。
赤ん坊の頃からテレビで見ているだろ。
「俺は間違っていたのかな」と思うことはいちばん危険だ。
作戦が間違っていたと思うのならば「関わるな」ということなんだよ。
モスクワとアイダホが関わるか?
時間も違えば名前も違う。
「アメリカ合衆国」と言えばなんでも通る世界ではないんだ。
愛の炎 田中れいな。

先生に考え方を教わるというのはギャンブルなんだよ。
ファッショナブルで女にモテる先生像をみんな演じるだろ。
それが男らしいと信じているんだ。
結局、ヒラリーが正しいのかトランプが正しいのかという「二人の正しい先生」あたりにおさまるんじゃないか?
二人の正しい先生が大統領選をやるのに「嫌われ者同士の戦い」と平気で呼ぶ連中がいるんだ。
「全米の皇帝」という本もあるが、女たちの祝福だけが言葉とともに記されていた。
言葉というのは自分で考えたらすぐに迷宮入りするよ。
我々は古典をもたずに星の数をひとつひとつ数えていくつもりはないんだ。
女たちの祝福をみて歴史に残す本かどうかを判断している。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ。

1945年にフィヒテが「どれが正しい先生なのかはわからない」とした。
教わる側にもいろんなものが求められるからだ。
「名選手は名監督にあらず」とも言われ、先生がいくら全米で祝福されていても、それを受け止める側次第ではお金を返せないこともあるとしたのだ。
二人の正しい先生としてのアメリカ大統領候補が、他のマイナーな先生に「考え方が違う」として罵声を浴びる現象も「生徒の受け止める力」の存在から明らかになった。
男はみんな自己完結しているから、そのことでどうしても教え子が借金すら返せないことを教える先生もいたよ。
ソクラテスがいちばんモテて、殺されそうになったのに、そのことすらうまく伝わらずに「ソクラテスがいちばん賢い」ということを否定するものもいた。
6歳の時に「ソクラテスがいちばん賢い」ということを教えておかないと、平気で先生を間違えたり性倒錯を引き起こしたりするのだ。
1953年に朝鮮戦争で、アメリカ合衆国の学問は「洗脳である」と朝鮮において位置付けられている。
イスラエルに勝つためのレバノンとは朝鮮は考え方が異なった。
日本国においてもアメリカ合衆国は非常に友好的に受け止められているね。
Deep Purple Woman from Tokyo.

仲間づくりの方法を深く考えなくても、このような結果を見れば仲間ができる。
中居正広 ロト6.

しかし、着々と多数派工作をしてお給料を上げる人もいる。
結果を見るか、プロセスを見るかの問題であり、CMの中居正広氏が「多数派工作が上手い人」であることがほのめかされている。
そのことに対する周囲の女性たちの素直な反応を描いたのだ。
どれほど多くの女たちが寝床で彼のことを考えたであろうか?
その結果だけ示した方がなんだか前向きな気持ちになるだろ。
しかし、我々は「どのように」して「今度はいくら当たったんだい?」という問題と向き合わなければならない。
女性たちが熱狂する「真実」を知っていたのだろう。
「友達と何を話しているの?」
女たちが知りたがった。
そして、女たちが彼女の友達の共感を得られる言葉を彼の言葉から探したのだ。
みんな「周囲に認めてもらいたい」という欲求を持っていた。
お金、そして気持ちいいこと、その場を治めてくれることこれらのことを「ロト7」と呼んだ社会生活もあった。
「間違いや悪意」はそこにはなかった。
ロト7CM.

「共感が得られる言葉が拡散する」
しかも、その場の空気を読んで発言できた時の人間の喜びはもはや値段がつけられない。
「女に暴力を振るうのは良くない」というような急進的なものではなく、より「キャリーオーバー」の多い言葉というものがある。
より、深く深くセックスの快楽を高める言葉を拡散させたのだ。
仲間が「うん、そうだね」「なるほど」と言ってくれた時の喜びは社会人でなければ想像できないだろうね。
それだけでお給料につながってしまうのだ。
「プロ野球や宗教の話をすると喧嘩になる」
それは「なるほど」の強烈な激戦区だからであり、お給料の問題だからだ。
ブーイングを浴びたままいいタイムを出せるほどアスリートというのは強くはない。
お金と話し合いながら走っているからだ。
「私は嘘をついた」と思っただけで沈没するのだ。
いいプレーに歓声をあげる、あるいは尊敬の眼差しで見る、これが成立していればロト7は仕事に存在する。
仕事ができればおのずとパートナーもできる。
自分の日常の悩みを世界が共有してくれたというところに女たちの喜びもあった。
若い頃は「悩んでいる男」をマンガに書かざるを得ないことがあるが、女たちのガッカリ感を表現したに過ぎない。
悩んでいる男を非難しているし、女たちの悩みを世界の共有財産にしてくれないことを小説にしたのだ。
人生の「成功事例を示す」ことでも国の税収は上がる。
外形標準課税は今の日本の銀行では困難なのだろうか?
セロリのKiss ハッカのタバコ。

美女が勢ぞろいするドラマの企画は、本来、銀行の仕事ではなかったのだろうか。
フィクションでもいい。
人生の成功事例を知っている人、拡散していく言葉に満ちていること、結果だけを見せつけられている視聴者に「どのように」ということを明らかにする必要がある。
女がなぜ本気で男に結婚を迫ったのか?
二人きりの時に何を話したのか。
美女が何を愛したのかをかなり掘り下げて男は語らなければならないのではないだろうか。
美女が愛した言葉の数々にも国の税収が上がる秘密がある。
世界は結果だけではできてはいないことがわかるだろう。
「また当たったのかい」
何かが特別なのは周囲も知っていた。
セックスが気持ちいい、あるいはお金の話は誰に対しても開かれている。
「頭おかしい」と思うような人間の、彼ら彼女の論理を突き詰めていけばわかる。
冷静に人間を見ていた。それは不可知論ではなく、もはや可知論であり、どのような人にも論理があるということだ。
セックスをするたびに女は自分の世界が狭くなることを感じて他の男に電話していた。
この「ヒュームの原則」により、男は女に関する見識を広めていったのだ。
どのようにいじめというものを勝ち抜けばいいのかも「女と話す」「女心を知る」以外にないことはH2Oの安定感を見れば分かる。
ヒュームの原則が「女の子に興味がない男」から「女心に詳しい男」に変化させ、もはや中学校では「おどけ」は通用しなくなった。
クラスの女の子が変わっていけば男の子も変わっていく。
「成績優秀ならば何とかしてよ」
歴史や政治に詳しくても「私たち」を相手にした人々だということが分かってないよ。
女たちは「セックスが気持ちよかった」のならば「なんて口説かれたの?」という話を聞きたがる。
周囲に「前向きな子」という印象を与えるのだ。
「すべてを敵にしてもいいという女はいないだろうね」
なぜならばそれはセックスの敗北だったからだ。
奇跡の肖像 工藤静香。

「なぜすべてを敵にしてもいいと思ったの?」と周りの女が聞きにくるだけだからだ。
それが女たちの仕事だったんだよね。
「今がすべて」(神は妬まない)という経験をしたのならば女たちは興味を持つよ。
最後はヒラリーかトランプかの「二人の先生」にその秘密は集まっていくんだろう。
気持ちのいいセックスを知っている人を女たちは憧れの眼差しで見た。
嘘は良くない、本当だろうか。女は核心部分に触れないように嘘をつくではないか。
これらのことに詳しい男が「ロト6に当たったらしい」と噂になるだけなんだよ。
シルバーリングに口づけを。

2017年9月10日 (日)

ヒューマニズム女。

ヨーロッパ中世においてヒューマニズム(瞬間のショット)の研究が深まり、「意図をもった人間の心の風景」を探求する営みが行われた。
恋した男に「おのれ殺すぞ」と女が言って狼藉を働いても、心の風景はパジャマでドライブをするようなものだ。
パジャマでドライブ。

特別なおちんちんの意味がきわめて知的にみんなに分かるようになる。
彼の知性が優れているほど、私のイマジネーションの世界も豊かになった。
男らしい人がいるだけで、女の世界も豊かなものになるのだ。
株価が上がった。
散々、傷つけても彼の生き方は間違っていないというメッセージを詩に託したのだ。
彼は「白」でしかなかった。
一緒に見た風。

そのようなポエムを残して私は彼の知性の伝道者となった。
ルネッサンス以降のヒューマニズムは、モテる男が神聖ローマ帝国の皇帝になり、もはやローマ帝国のような「モテる男の処刑」がなくなったためにこのような文化が発達した。
そのようにして、私の心の中の宝石は窓の外に飛び出していった。
男にとってもいい「実績」となり、なぜ女に狼藉を働かれたのかという理由がわかるとともに、人生の迷いがなくなった。
男たちは「自分の生き方」を決めていたからね。
泣かないでエンジェル。

「考え方はそれでいいよ」
女のそのようなメッセージが込められていた。
思春期の女の子にデカルトが「恋」というものを与えるまで、ヨーロッパ中世は大人の世界が支配したのだ。
アイドルが歌を歌うというプロテスタントが生み出されるまでに1492年という「サウンドの確立」が必要だったし、メガネの発明も必要だったし、モテる男が女の世界を豊かにする必要があった。
男らしさってものはもっと根の深いものだといって「壁ドン」が批判されたりもした。
思い出のアルバム。

すべての種(男女)を否定しないことが大事だった。
人々の共感が得られればよかったのだ。
心が豊かになる、これはプロテスタントが求めたものだった。
なぜ、モテる男の処刑がなくなっただけで、ルネッサンスからプロテスタント(宗教改革)につながったのかを感じて欲しい。
心が洗練されればよかったのだ。
女同士の「男の奪い合い」というものがどれだけ文化を豊かにしたか、それが神聖ローマ帝国にはあった。
ソクラテスが何を知っていたのか?それは尊敬に値するね。

マーケットとは様々なマンガや小説が女の快楽やからだを売ることを交換し合う場所だ。
銀行マーケット、住宅マーケット、売春マーケットが地方や国、国際レベルで展開されている。
競争が激しいマーケットもあれば、寡占マーケット、独占マーケットがあり、各自のマンガや小説で女の快楽やマンガを交換しあっている。
フリーセックスを語ったり、挿入の意味を掘り下げたり、女の団結につながるのがマンガや小説であり、異性を思うことが経済である。
「痛い目にあいたくなければマンガや小説は書くな」とも言われ、男女ともに訓練が求められたのだ。
商人の道とは恋愛論の道のことであり、自分の私小説がマクロレベルの影響を与えることを知ることである。
なぜ「競争」となるのであろうか?
書き手と買い手が山ほどいるからだろ。
ポケットの数がたくさんあれば競争が起きる。
国民全員にポケットがあるんだ。
「男が男を崇拝する」という宗教の世界でもポケットの中身の交換がなされる。
みんな「彼氏や彼女がいる」ことから男らしさ女らしさの小説やマンガの交換がなされる。
「いい恋愛がしたい」
これがマーケットソサエティなのだ。
秋の貝殻。

マンガや小説を「財」と呼ぶのがわかるだろ。
アダムスミスが「社会の歯車となれ」と言ったのも、社会を知らなければ「財」を知らないまま人生を過ごすことから語ったことなのだ。
シュンペーターもハイエクもオーストリアという高貴な街でこのことを探求した(バージニア学派)。
しかし、シカゴ学派はバージニア学派ほど高貴なものではなく、フリードマンがリードした論壇だ。
「恋」を思春期の男の子や女の子に与えることを知らなかったヨーロッパ中世はデフォルトを引き起こした。
マルクスが若い男の子や女の子に恋愛というものを開放したのだ。
早熟な左翼が恋愛をアピールして偏差値の世界に挑戦した。
アルバイトを許可する左翼系の学校もあったのだ。
男女のバランスを前向きにしたかったんだよ。
ピッタリしたいクリスマス。

共産党宣言が日本の中学生にまで波及して、内申書の問題にもなった。
異性を語るから敵味方ができるんだろう?
女を語れないやつを「強烈な団結」から排除する年頃というのは必ず来る。
からだを売ればお金にはなるだろう。
しかし、女同士の「つらい夜」は訪れないだろうね。
瀬能あづさ 永遠に友達。

自分をもっている人(リバタリアン)は、直接、恋愛で痛い目にあうことを避けようとした。
しかし、リバタリアン左派はこよなく芸術を愛した。
からだを売る(リベラル)のは勝手だけど、自由というものはお互いに譲れない世界であるということが分からないだろう。
社会を飢えさせてはならない、それば事実だ。
しかし、中学生をも利用していいのかは考えなければならないね。
まだ、マンガや小説を理解できない年齢がある、これはフリーマーケットの公平さと呼ばれた。
一週間に50時間働くか40時間働くかという問題は「職場に男女がいて楽しいのか?」という問題であって、恋愛論がなければ人間は長時間労働には耐えられない。
「自己責任カルト」というのがあり、「自分で小説やマンガを読んでもらいたい」というのが現在の主流だ。
所得再分配は社長の仕事だよ。
しっかりと小説やマンガを示さないといけない。
「神の見えざる手」というのは「職場の恋愛論は上層部から学ぶ」ということだ。
上層部は年配者同士で恋愛をしているけど、新入社員は若い女と男の世界だろ。
しっかりと学べるようになっているんだ。
所得や富のトリクルダウンは若さが引き起こすものだ。
軽い気持ちのジュリア。

マルクス・エンゲルスは、恋愛論(パラダイム)を知らずにパートナーがいない男を「足の錘以外に何もない」と言った。
ケネディは、満潮はすべての船を引き上げる、と語ったが、異性から排除された男は確実に存在した。
「結果の平等」とはすべての男にパートナーをという発想である。
職場が男臭くて、働く意欲も湧かず、女を買う金もない、そんな連中が空気を汚染し続けた。
男女が交差するというのは案外難しいものだ。
女の快楽とは上位10%の人間が上位10%の家庭で実現させているに過ぎないのではないか?
職場に女がいないから誰も制止せずに空気を汚してしまうのだろう。
世間に出回っている小説やマンガはコストがかからないだろうけど、実際に女がある環境に身を置けるかどうかは問題がある。
「一部の上流階級の楽しみに過ぎない」という受け止め方をされると世の中の効率性を見直さなければならなくなる。
深い仲になっていない女がいる職場に転職したがる男もいる。
恋のジャンクション。

奴隷の禁止はフライブルク学派が推進した。多くの国の賛同も得た。
恋愛論のないセックスと暴力の世界が奴隷階級である。
しかし、デリヘルなどの存在は、事実上、奴隷階級を作り出している。
男の絶対は女の胸にあるという「できない女」への教訓がないために奴隷階級は生み出されているのだ。
女性の雇用促進は男たちも歓迎している。
デリヘルをなくすために国はエネルギーを注がなければならないのだ。
「なんだ、タダじゃないか」という環境に身を置くことがどれほど大事なのか。
【福祉国家とはそのようなものだった】
仕事人間が何を楽しんでいるのかを理解する必要がある。
瞳いっぱいの夏。

ケイマン島やガーンディー諸島には女職場がたくさんあったり、海岸に女たちがたくさんいるために「我々は税収に貢献している」と言えば現地法人は非課税になる。
女が過剰にいる島などではこのような税金の逃げ道があるのだ。
しかし、うまくカップルを成立させなければならないという国家運営はこのような島ではできないだろう。
ビーチで女たちが男に目の保養を与えてくれる島においては税金の取り方が福祉国家とは異なるものになる。
「強い経済」とは福祉国家において成立するものであり、奴隷階級がいてはならないし、一生、女に縁のない男を生み出してはならない。
しっかりと恋愛論(パラダイム)を理解しなければならないし、理解できない年齢ならばセックスサークルに加えてはならない。

2017年9月 6日 (水)

読書女。

二人、マークがつくのは世の中の常識である。
ひたすら想像力を働かせて読書をするしかない。
サッカー個人技。

「言っていることが怖い」
三位一体は神聖だ。
ギターも二人組を前に爪引き続けて上達させるが、読書も同じだ。
自分以外の他人の心を知る営みは読書しかない。
悪に心を売ることを「多数派」と呼ぶ。
なぜならば、少数派による「永遠の罰」が待っているからだ。
「どうやって本を読もうかな?」
少数派は常に考えていた。
多数派には読書をするモチベーションなどなかったのだ。
読書という「永遠の罰」がいやだから多数派についたんだろ。
「多数派って動物みたいだな」
女たちは、口説き文句などの「心理」に憧れていたのであり、動物になど興味はなかった。
いじめ抜かれた人間の「心の風景」をみんなが聞きにきた。
国際的な知性と平気で結びつくから三位一体は神聖なんだ。
二人マークがついたら「奇跡」を期待するか、三人目を求めることを逃げたと思わないことを教えるかは指導者次第だね。
「奇跡」は「得点」というご褒美がないのならば使わないよ。
なぜならば「奇跡」だからね。
永遠の罰、少数派による天才的ドリブル。

音楽はすでに1492年にやり方が完成していた。
あとは三位一体がどれほど読書と結びつくかだったよ。
奇跡は「時々起きるもの」だよ。
複雑すぎる技にはご褒美が必要だ。
己を知り、すべてを知りたいと思うようになるためには二人の敵が必要なんだ。
キリスト教に忠実であるとは常に三位一体を考えることであり、二人の敵と戦うことだろ。
ピッチャーとキャッチャーの二人の敵という構図も考えなければならない。
ランナーを味方にするしかないんじゃないか?
ずっと続けていれば国際化するのは当然の世界なんだよ。
大魔神佐々木 サインを盗めばこんなもん。

人間が自由だとは思わないほうがいい。
神学をやるか機械いじりをやるかしかないんだよ。
「いつものメンバー」の中で恐れられるぐらいしかできないだろう。
国内を転戦することなんて想像はできない。
日本代表だって、田舎のクラブチームで練習するほど「二人の敵」というのは強いんだ。

「メガラ学派」というのは「世の中は簡単すぎる」としてソクラテスを邪魔することだけにエネルギーを注いだ連中だ。
いまだに存在するよ。
「二人の敵のサインの盗み方」などを研究したのだ。
ソクラテスは「二人きりの話し合い」を好んだから、ひたすらサインを盗む方法を探求した。
SPEED White Love.

二人の関係を壊すには、女のおっぱいをみんなに晒すことだった。
それが「秘密の合図」をバラすことだったからだ。
ソクラテスの敵は二人の間で何が「おっぱい」なのかを探求した。
予測と結果がともなうものだ。
三位一体を真理と考えたのは皆、同じだった。
おちんちんに何が可能か、という観点から二人組を攻略しようとしたのだ。
いままで何を話したのかを覚えておくことはいじめをなくすためには大事なことだ。
「過去を最も有効に使う」
過去というのは弱みなんだよね。
「明日から本気出す(明日アテネに行く)」という人はいじめられるだろうね。
現場にずっといればみんなおっぱいぐらい晒しているよ。
「どっちがおっぱいに吐き気を感じてるの?」
いじめをやる男二人はホモが多く、おっぱいに吐き気を感じているため「暗号なんておっぱいだよね。暗号を持っていると吐き気がする」と言うと秘密をボソッと漏らすことがあるので集中しておこう。
キャッチャーもホモが多い。
Tシャツ脱がしあい。

セックスすると嘘をつくために世界が狭くなるため、女性専門クリニックにおいては、セックスを禁止することがある。
自分の世界というものを考えて欲しいからなんだよ。
おちんちん抜きの幸せというものを知ってもらいたいのだ。
セックスしてお金をもらうのもいい生活かもしれないが、思い出になるセックスとそうでないセックスがある。
セックスの「負の側面」を排除して「今日は元気そうだね」と言ったり、それでも惨めな思いをしているのならばその話を聞かなければならない。
女性専門クリニックにおいても女性たちは「恋の話」を聞きたがる。
学んでも痛みを感じない男は重宝されるのだ。
共学の学校も本来はそのような営みが想定されていたし、挿入される鬱々とした世界ではなかったのだ。
片思いの終わりに 亀井絵里。

絵を見てみればいい。だれも女性の局部など描いていないだろ。
たとえ男が最後に向かう場所であっても、もっといろいろな複雑な世界を描いている。
セックス以外の楽しみを見つけてくれれば世界は広がるよ。
美しさの探求や多数派工作などが楽しいんだよ。
すでに知っている恋愛の世界が音楽になっているし、女性専門クリニックでは音楽を聴くことも禁止されていない。
その後の人生を「セックスというものを深く掘り下げて考えてもらいたい」んだよ。
あまりにもセックスには問題が多すぎる。
すでに知っているのならば「セックスのない暮らし」の豊かさを知ってもらいたいね。
その方が寿命が伸びるんだよ。
より高いレベルの楽しみは食べることかもしれないね。
ローリングストーンズは、セックスをしない女性たちの文化を豊かにしたんだ。
セックスをしない女たちが偉大な小説を書けるようになる。
セックスしてお金をもらうのとは別の方法を考えてもらいたいのだ。
少年はおちんちんの引き金を引きたがっているよ。
しかし、女たちは薬を飲んで苦しんでいるではないか?
経験を生かして小説を書けば「おちんちんはいいものだった」と思えるようになる。
結局、セックスというものは女にとってはいいものではないんだよ。
しかし、男女共学の世界に何かを残してもらいたんだ。
ローリングストーンズ。

なんで男にとっていいものを「ええか、ええのんか」と言うのだろう。
私まで嘘をつかなければならなくなるの。
永遠に続いていく時間の中で私は世界を狭くしてしまっていいのだろうか?
決して「両思い」ではなかった。
モーニング娘。 独占欲。

すべての出来事には「別の方法があったのかな」という問題が付きまとう。
勃起するおちんちんは無限大だ。
女の研究というよりは学問の研究だった。
結果が出ればいい、ギターは叩くものではなく振動を引き起こすものだ。
指や手首、腕の動きなんてどうでもいい。
結果を出すことが大事だったのだ。
ガザーリもマレブランスも、ラフォージも結果を出すこと、別の方法があったのかな?と考えないことを探求し続けた。
「勃起するおちんちんは無限大か?」
無限大に思えたね。
だから、人間は学習し続けるのだ。
指や手首、腕のことなんて御構い無しだよ。とにかくギターの振動を大事にしたんだ。
いじめがある限り「結果を出す」ことだけにこだわるだろうね。
別の方法があったのかなと思いたくない、これを「青写真論」と呼ぶ。
青写真を描いたら常に射精してきた。
この記憶を大事にすることを意味する。
瀬能あづさ ミックスリスト。

子供の頃はかなり「野蛮な表現」をするが、だんだん練れてくる。
「このやり方でいいのか」
それが勃起と関わっているのだ。
窓やドアから伝わってくるメッセージが「これでいい」と言っているんだ。
宝石はそのようにして磨かれるものだろ。
心の石は部屋を出ていくことはできないからね。
しかし「負けることはないのか?」という問題が付きまとう。
勃起に負けが訪れた時に、人は他者から影響を受ける。
「今までの記録が心の支えになるんだ」
なぜ、ライプニッツは「徐々に学習していく」という営みを否定したのだろうか?
「複雑なシステムを組んでもらいたかったからだよ」
世界の野心は決してワンパターンで通用するものではないんだ。
他の男の勃起をあまくみてはならない。
うまく調和のとれた「居場所」に落ち着くことになる。
複雑な「システム」を組んでおけば様々な局面で通用するのだ。
人生に「別の方法があったのかな」と思う人にロレックスは時計を与えなかった。
心の宝石への贈り物だったのだ。
勃起とは人生の基本となる力だ。
しかし、かなりの複雑性を学習しないとロレックスは与えられない。
おちんちんにキスをするものだからだ。
マレブランスもライプニッツも指導者の「別の方法もあったのかな?」という発言をシステムの不具合とみなした。
ワンパターンで生きていることを端的に示す言葉だったからだ。
随分、受け身の勃起だったし、指導者としての最後の境地がこれであってはならなかった。
歳をとって勃起しなくなったことを意味する言葉でもあった。
野心がぶつかり合う世界での複雑なシステムをロレックスは称賛した。
子供の頃は「野蛮な物理学」を見せておけばいいんだ。
勃起をひたすら人生で続けろよ。
モーニング娘。 ラブマシーン。


【つづく】

2017年9月 5日 (火)

青春アミーゴ女。

男に自由があるように見えるかい?半分だけが自由だったんだ。
しかも選択肢は二つしかなくてどちらかに進むしかなかったんだ。
あるのは多数派工作の世界だけだった。
女の子なんて「絶対的な芸術」にしか見えなかったよ。
彼女たちにも生活があるだなんて思ってもいなかった。
ポルノをみてこれが現実かとも思ったね。
青春アミーゴ 修二と彰。

なぜ都会では通用しなかったんだろう。
経験だけで女を抱いていたからだよ。
800人は似たような奴がいて、都会に集まってきたんだ。
神学(女学)をやらないといけないと悟った。
神になるってのはそういうことだった。
都会で豪邸も見た。
どうやって建てるんだろう?
答えは「神学」にあった。
仲間の一人は「女学なんてバカげている」と言った。
でも、女たちが「女学ってなぁに?」と言って群がってきた。
果実のなる木を育てる研究をした方が儲かると思うだろ。
アダムとイブはそうだったからね。
果実のなる木の育て方をネイチャーと呼ぶのならば、「女学」はサイエンスの呼ばれた。
ネイチャーを勉強しようがサイエンスを勉強しようが家は建つだろ。
うまく仲間を集めながらネイチャーにせよサイエンスにせよ仕事にしなければならないね。
サイエンス(女学)は時に社会を壊してしまうことがあるので、水道管工事などのネイチャーをやった方が好感度が高かった。
でも、子供を産みたい女たちは女学(神学)を聞きにきたよ。
異性を愛し、そして自分以外の感情の存在を知らなければならない。
ネイチャーを学ぶ機会というのは「絶対的チャンス」なんだよ。
大学で勉強するだろ?
機械いじりは気分がいいものだからな。
でも、サイエンス(女学)はインテリがやるものなんだ。
Start me up.

人と話す仕事をやるインテリならば神学をやれ。
本を読むと腹を下すというのならば機械いじりでもしておけ。
何が、今、都会の空気を支配していると思う?
宝石だよ。石には女心が詰まっているんだ。
クリエイターは毎日、女心をクリエイトし続けている。
「地元じゃ負け知らず」でも都会にはこのような空気とサイエンスと宝石に満ち溢れていた。
それを学び、与えることを知る、これは案外、難しいね。
女に噛まれたことがあって女と口がきけないのならば機械いじりでもやっておけ。
片思いの終わりに 亀井絵里。

複雑すぎるものからは男というものは目を背けるものだ。
しかし、女は自分の心を「発見」したいから複雑な「女学」を知りたがるのだ。
「セックスで感じる」だけが女ではないことを知りたいからだ。
激しく喘ぐというのは「女心の豊かさ」に由来するものだ。
男は目を背け、女は見つめる、これが成立したら「女学」を納めたことになるだろう。
女は、激しく喘ぐための情報を日常で集めている。
この男の話を聞くと感じるらしいよ?
そのような眼差しを向けあった。
感じるためのセリフ一つ忘れない。そのようにしてデカルトはヨーガというセクシャルポーズを考えた。
夜のヨーガ。

バークレーは、女が感じない話は「知識」とは言わないとした。
どこかのおじさんたちの話はやめてもらいたいの。
私が何を見つめているかを見ればわかるでしょ?
記憶に残したいものを見つめてる。
記憶して、思い出して、瞑想して、眠って、夢を見て、エクスタシーを感じる。
それはセックスとは違う快感だった。
眠りながら感じる、それを「レベリー」と呼んだのだ。
お年頃になったら女の子はレベリーだけを求めるようになった。
勃起だけが女が求めているものではなかった。
ribbon さよなら。

レベリーをしているときは、女は「見つめた男になりきっている」とクリスチャン・ウルフは言っている。
これを理解して国を作ったのが中国とプロイセンだったわけである。
レベリーをしたことこある男であるからこそ、女は「入れて」と言ったのだ。
女はそのような男になりきって自分にキスをした。
よく訓練されていた男で、私のことを理解してくれたから。
このキスのことを「エレメント」と呼び、曲線として描いた。
スピンやスパイラルのことである。
「デフレスパイラル」
羽生結弦。

女が激しく喘ぐことをデフレと呼び、男と話してレベリーをすることをデフレ脱却と呼ぶ。
どのみち、女たちが感じなくなる「インフレ」を退治することが保守政党の仕事なのだ。
「G」も「C」も国にとって有害ではない。
インフレこそが政治が最も恐れるものなのだ。
レベリーは女たちを鬱から解放するデフレ脱却だったし、激しく喘ぐことはデフレだった。
インフレターゲットとは「感じなくなる女をなくす目標数値」ではなかったのか?
メディアの発達により、これらのことが「政治家にコントロールできなくなった」のが20世紀に起きたボトルネックと呼ばれた。
一子相伝として王家だけが「エッチな話」を独占していた時代が終わり、メディアがこの役割を果たすようになったのだ。
女たちの眼差しはもはや王家には向けられてはいなかった。
王家にボトルネックが起きたのだ。
河合その子 パラディラタンの夜。

女たちがレベリーのネタを探して男を見つめていることがわかった。
興味のあることしか知識にしないというのはこれが理由だとわかったのだ。
「男社会の話には興味がない」
20世紀になってネイチャーが高度化したが、女はサイエンスにしか興味がなく、ネイチャーが苦手だった。
「好きなことしか知りたくない」この理由がレベリーにあったのだ。
少女時代 gee.

頑張れない女の子というモデルは「おちんちんを切られるのが怖い」という男の子ということにとどまらず、記憶して、思い出して、瞑想して、眠って、夢を見て、エクスタシーを感じるというレベリーに根ざした問題であることが分かったのだ。
これが分かったために国家建設ができたのは中国とプロイセンだったということだ。
笑うポイントが変わってくる、あるいは男が「どの女も同じだったな」と発言する、ここから情念というものが生まれている。
神への失望とは男への失望のことだった。
瀬能あづさ ミックスリスト。

この神への失望による鬱も、お料理、お洗濯などの家事をやると晴れるのが分かった。
ここで、レベリーは新境地を迎えた。
さらに、「ステージに上がる」ことによっても鬱が晴れることは1990年代に分かった。
その後、「文章の研究」に話は発展したが、家事に関する文章は男の理解を超える世界だった。
女の子が脳に受ける影響がトップダウンのものかボトムアップのものかの議論は膠着状態に陥った。
「知性の限界」が女の方が強かったが、何が原因かまでは明らかになっていない。
しかし、家事にとどまらず、その鬱が形、色、匂い、音、動きの探求に向けられたらどうなるだろうか?
「野菜に詳しくなるだろうね」
野菜シスターズ。

すべての「女流」はここから生まれているのだろうか?
また、1950年代あたりから「女の方がスポーツを見る眼力がある」と主張された。
男よりも「動き」というものを理解していたのだ。
結局、野菜を見るように男の言葉に視線を向けていただけなのかもしれない。
この女の世界が抑圧を受けてはならないし、富を生み出すために用いられなければならないとされた。
端的に言うと「何が間違いなのか?」は女に判断させたほうがいいということなのだ。
間違っていることはとにかく「うるさい」からだ。
サイエンス(女学)が、この女の「ウソ発見器」を利用しないわけないだろ。
また、「人はデザインでものを考えている」という方向に学問全体を向けなければ、女たちを排除してしまうことになりかねないとも言われた。
アボガドじゃねーし。

広い空間にいる男に「よりポエムに近い」理論を教えたほうが上達が早いとも言われた。
さらに「もはや脳幹まで男女は異なるのだ」と主張されたことにより、「よりシンプルに」物事を学ぶ方法が女たちから明らかにされた。
脳幹が違うという説が出た時に、レベリーの存在は「我々にはわからない側面が分かった」と語られることになったようだ。
ワラント(女にもわかる話)をする男がゴリラに見えるか?
これは結論に近かった。
しかし、レベリーという「楽しくない議論」にはもっと語るべきことがある。
女たちが参加している「集合無意識」が、ゴリラを「かっこいい男」に変えてしまうことが分かった。
舘ひろし 泣かないで。

女たちの視線は結局、どこに向けられているのだろう?
「自分の鏡だよ」
それが分からない男は「女たちの盲目」を指摘した。
このレベリーというものへの意識は、女性アーティストのモチーフにも影響を与えた。
色の明るさ、コントラスト、色彩にまで女たちが口を出すようになった。
現実社会ではこのことを案外、赤裸々に表現している。
レベリーというのは「恋」というものを理解するのに必要であるし、女性と話す時に知っておいたほうがいいことなのだ。
「女は自分の鏡を見ている」
ということを最大限に理解する男は、自分がゴリラでもいいことを知り尽くしているのだ。
重ピンクこはっピンク。

2017年9月 3日 (日)

省みる女。



嘘に嘘を重ねるとこんなに世界は狭くなっていく。
101回女とセックスしたら、男は女に「おのれ殺すぞ」と言われプロポーズを迫られる。
この時に男は「結婚しよう」という嘘をつく。
この「大人の世界」をどのように豊かにしていくかが大事だ。
ribbon 哀しい方の嘘。

100回のセックスのうち93回は両思いだったかな?
93回はイエスと言って、7回はノーと言った。
そのたびに世界が狭まっていくのを感じた。
嘘をつくやつは自由度を失う。
結果的に「器」の勝負になっている。
将棋も最初の一手で無限を悟るだろう。
女とキスした時も人生ゲームの無限を悟るのだ。
女は男に「小物」になって欲しくなかったのだ。
ノーと言った時に彼が凡人になっていくのが分かった。
数を数えることそのものが両思いだったのかもしれない。
瀬能あづさ ノーと言えない。

彼に凡人になって欲しくなかったから私も嘘をついたけど、私まで世界が狭まっていくのが分かった。
そのようにして「二人だけの秘密」を恋人たちは抱えることになった。
アキレスが亀の十倍速く前に進んでも、亀だって前に進んでいる。
アキレスは女を意味し、亀は男を意味する。
二人の間に無限を生み出さなければならないために、アキレスと亀は無限に接近していったのだ。
アキレスが追い抜いた途端、二人の関係は終わるのだ。
男が哀しい方の嘘をつく、そして「騙されてあげる」とはそのような意味だ。
自由を失った男を女が追い抜くのは簡単なのだ。
鏡のドレス 酒井法子。

一人の妻を大事にして、世界が狭まることを理解している男こそが序列が高いんだよ。
このような「愛のかたち」を「分からない」「神話である」という人は確かにいるよ?
でも、家庭を守っている男に「どことなりでも行ってしまえ」というと男は激怒するだろ。
そういう意味では真理であるし、「鈍さ」を示してはならないんだ。
「戦力外通告」というのは男と女の間に影響を与えるものだ。
魚や鳥や動物はお互いを食べあうものである。
ゼウスは富が欲しかったから食うか食われるかの世界で戦力外通告を行なっていた。
しかし、アポロンは「愛をよく理解していた」からこそ、戦争に強かったんだろ。
アポロンの部下も仲間が多かったからこそ勇敢だったのだ。
デロス同盟のゼウスが孤立していくのも見た。
兵士の家庭をよく知っている部下たちはゼウスの「戦力外通告」という考えに動揺した。
もうひとりの私。

球団改革?デロス同盟は弱い。アポロンはそう読んでいたのだ。
指導者はセックスをよく理解すべきだ。これがギリシャ神話であり、キリスト教が知っていたものだ。
男は自由を奪われてしまい、女の方がアキレスとなって速くなる。
しかし、家庭に縛られた男に勇敢さを与えなければならない。
それが「もうひとりの私」であり「幻」とも呼ばれた。
戦いにはいつか終わり(ポイントゼロ)がくる。
終わりのない人生ゲームでも人が離れて行って終わる。
「愛」を理解しない指導者からは人が離れていくのだ。
精神医学は、内科を理解することとセックスを理解することだ。
アポロンはこの境地までは達しなかった。
ソクラテスだけが知っていたのだ。
セックスを深めることこそが哲学であるということから「医学」「哲学」という左右の拳は作られた。
歴史上の人物にはゲームセットなんてないよ。
医学と哲学のどこに名を連ねるかだけが問われる。
死んでミイラになっても女たちは「言葉」を崇拝しているんだ。
誰のおかげで統治者が夢を見ることができるのかは女たちがよく理解していた。
男が口説くのがうまくて女がセックスの失敗を指摘しないこと、そして女の話をよく聞いてポルノビデオの女優との違いをはっきりも理解すること、これができていれば「嘘」は必要ないはずだ。
ribbon VirginSnow.

民の心は愛を知っている指導者と契約を結ぶ。
国際政治の場で、外国の指導者と契約を結ぶ民もいるのだ。
セックスの苦しみとは「嘘をつかなければならない」「世界が狭くなっていく」ところにある。
このことからヒュームは、女から電話がかかってくる時とは「セックスが終わった後である」と指摘した。
電話をかけられた男は天と地を知っているし、神と男を知っていると思われているのだろう。
内科を知っていたという意味ではソクラテスは強かったし、論破するのが人生ではないと悟っていたよ。
患者の女たちが一番よく理解していた。
セックスはいいものだからいい思い出に変えてやる、これは宗教の奥義である。
長い目で見るのならば「男が育たないセックス」というものは好ましくないね。
女は世界を狭くしてまで行なっている営みなのだ。
自分を「幻」だったと呼ぶ女の存在が分かった時、その影響力は計り知れなかった。
オリビアを聴きながら 杏里。

「君だけだよ」と言ってセックスするけど、「そして他の女は?」と男は言い始めて、最後には「どれも同じだったな」と言われることの屈辱も分かった。
男は「デキる」女は「できない」というアプローチもあるが、「どれも同じだったな」と男が言うというアプローチも存在する。
「共和国」というのはこのことを理解している王がいる国という意味だよ。
日本はたとえそのような王がいても「したがいたくない」から共和国とは呼ばないだろ。
瀬能あづさ ミックスリスト。

こんな女の世界があるのに「空」(くう)だよと語る年寄りがいることをどう思う?
この豊かな世界への「挿入」をやめたら「証明責任を負わなくて済む」というのが「空」という意味だ。
証明責任とは「女学」を構築するものであり、おちんちんのある男がやる営みだ。
アウグスティヌスが「なぜ何もないよりも女がいた方がいいのか?」と語った時にヨーロッパ中世は始まり、デカルトが彼女たちに「恋」を与えた時に、中世は終わった。
証明責任を負った男だけが結婚を許される。
ビクトル・ユーゴーは、結婚生活が終わった時に「ああ、無情」を書いている。
なぜ、おちんちんがあるのか?
面倒な学問があるのか?
常に答えは「ノー」にあったし、常に答えは「イエス」にあった。
人生をリタイヤした時に男はホッと息を吐き「空」だと言ったのだ。
そこには何らかの深さがあった。
まるで死ぬのが怖くないかのようだった。
世界のエネルギーのすべては「死ぬのが怖くない男」にあったから「空」は強さを発揮した。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

高学歴で三男坊として養子になるアブラハムの伝統が巨大宗教を生み出していた。
ぶくぶく太っていて鍛え上げられた肉体には「言葉の可能性」があったのだ。
もしも別の世界があったのならばという「ホワイトホール」を想像できる男がアブラハムだった。
ビートルズのイエローサブマリンは1960年代に「アジアにホワイトホールがある」ということを予測したものだ。
「こんなに退屈で無知な地域はなかったからね」
戦国時代?それが戦争?ホメーロスの話と全然違うじゃないか?
アメリカ合衆国も「ホメーロスを知らない連中なら殺してもいい」と考えるようになっていた。
アジアをジョン・レノンが見たときはさすがにその危うさを知り、平和を祈ったよ。
白人とイエローが宗教的な「双子」になることを目指すのならばどれほど大金持ちになれるだろう。
カトリックに女性の法王はいないだろ。
修道院を経験して「空」を知ってもらわないとね。
人間とは強いものだ。
ほんとうに偉大な宗教を作るためには「三男坊」という法王が必要なのだ。
散々、遊んだ後にビートルズはイマジンを作った。
人を殺すイエローはいずれ偉大な宗教を作るだろう。
ローマ法王すら遊びをやっているようにしか見えないんだ。
アジア地域ではアメリカ合衆国の医者は全員シャーロック・ホームズみたいなものだぜ?
患者のレイプ経験すら「信頼関係がなければ聞けない」とか言ってんだよな。
痩せてて靴下を履いていなければレイプ経験を持っているのはアメリカ合衆国の常識じゃないか。
東京を見た時に祈りながらサインをしたんだ。
「空」それは動物の考えだ。
犬やチンパンジーのような扱いを受け、しかし、俺にはおつむがある。
そういう奴のパワーのことを言うんだ。
イエローサブマリン。

結局、賃上げというのは「女を愛する人」を増やすことを意味する。
おのずと「正解」は分かってくるんだ。
「無限の空」が生み出したホワイトホールの世界を覚えて、ブラックホールを愛することだよ。
「空」だけはゼロであり「割っても意味のない数字」なんだ。
勝負が決するゼロも割ってみたって仕方がないだろ。
人が離れていくゼロだって割ってみても仕方がない。
「挿入」の世界を離れたら人が離れていくんだ。
「まだ現役だな」と思われたら空にはなれない。
何も失わない。これが無限の力であり、神を信じれば賃金につながる。
二つの人生を比較してみろよ。
言葉を女たちは比べているんだ。
これが賃金だろ?
二人の男を比べて、男が職場に行くのが楽しいのならば賃金は上がるだろう。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

これに対しては、職場というのは2+2(ツープラスツー)の争いであり、一蓮托生のパートナーとともに賃金を守るものだという批判もある。
一蓮托生の男二人が、多数派工作をやるのが楽しい、そういう時期があるのならば毎日職場に顔を出せるだろう。
しかし、「より人間らしく」を磨かないといけない。
しかも、毎日「コラム」を書いて仲間の支持を集めなければならない。
「俺の神様!」と祈らずに済むようなしっかりとしたバックグラウンドを持ったコラムを発信し続ける必要がある。
それも「男が選ばれる」ということだろ。
ツープラスツーにおいて勝った方が神というものを信じるだろう。
お金の出入りがあるのならば宗教を作るべきだとも言われる。
どちらが「無限」を手にするかだよ。無限というのはゼロとかけても、1/2とかけて何かを足しても無限なんだ。
「知的な石油」が出たのならばツープラスツーはそれをどちらが味方につけるかが問われるね。
「意思は人を野獣にする」とも言われ、石油がどこにあるのかにものすごく敏感になるとされる。
生きるか死ぬかの社会人生命から神は見つかる「Wager for God.」とされているのだ。
ツープラスツーはとにかく「無限の発見」を行うのに最も都合のいい戦いなのだ。
三浦理恵子 約束のポニーテール。

私の理想の世界を見てきた人に見つめられるとドキッとするわ。
すべてのものは疑うことができる、とデカルトは言ったが、見つめ合ったときの気持ちだけは疑うことができない。
彼氏がいてもいろんな男の目を見たいわ。
みんな「セックスへの眼力」に憧れているんだ。
その人の「記憶」を見てみたいんだろうね。
「どんだけ多くの女と話してきたんだよ」
なんだか落ち着くのよね。
20世紀に入って「多くの感情にさらされた人」の目が見たくなった。
情報がボトルネックを引き起こしたために「すべてを見通している目」に魅力を感じた。
ひどい経験をしても目が死んでいないのを見るの。
その場でできることは限られている。とにかく現場にいる人間の目を見るしかない。
目が赤いトマトかグリーンアップルかを区別して、グリーンアップルをファクターから外していくのだ。
脳の状態が見たいんだよ。
河合その子 パラディラタンの夜。

ギターの上達法は、二人組を家に連れてきてその前で延々と演奏することにある。
本を見ながら爪弾くだけでいい。
これを繰り返していると上達する。
延々と話をしながら演奏する。
三位一体は神聖なものだ。
これだけで1492年にはお金がアカデメイアに十分に集まり、大航海時代を迎えている。
詩や哲学は揃っていた。あとはサウンドだけだったのだ。
これにも三位一体のいじめを利用して40年かかったよ。
sundaytube02さん。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »