最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 宗教団体の考え方の違い。 | トップページ | 好調女。 »

2017年8月26日 (土)

時をかける女。

【時間は、流れる、壊れる、過ぎるのどれかだ】
友達より遠い人。

ヘラクリトゥスは、時は流れる、諸行無常、同じ川は二度と渡れない。時は子供、常にゲームに逆らい続ける、と語った。
三年過ぎた頃には 高橋由美子。

道があるとする。標識が山ほどあってすべてがつながっている。終わりなどあるわけがない。パルメニデスはこう語った。
松浦亜弥 めっちゃホリデー。

時は壊れる、流れる、過ぎる、この三つを理解することが近代物理学の基本となった。
過去、現在、未来の時の流れに「恋愛論」を混ぜ込んだのはアインシュタインだった。
野球はブラックホールのように時を吸い込むし、最終回には「ポイントゼロ」が用意されている。



青が「現在」であり、過去、未来がある。
未来に「ポイントゼロ」を設定して「成立」させて、それを「永遠」にする。
「現在」というのは3次元空間だが、ビジネスの全体像はそのようにはなっていない。
過去の「方向性」を見る風見鶏もいる。
「ポイントゼロ」に向かってブロックが作られていくというのがニュートンの時間という概念である。
ダウ平均は常に「未体験ゾーン」にある。
女に関する学問が発展する限り常に未体験ゾーンで上がったり下がったりしているのだ。
ダウ平均に「ポイントゼロ」というゲームセットはない。
孤立して去っていく人がいるだけだ。
だから「女学」は進歩し続ける。

ニュートンは「ゲームセット」と永遠についても考えたし、終わりのない現実社会も考えていた。
終わりのない世界に衝撃を与えることは「ポイントゼロ」が存在するゲームで行うことも可能だ。
インドで「ポイントゼロ」が作られて、多くのスポーツがヨーロッパで考えられた。
スポーツを活用しない王位継承はなかった。
「Aシリーズ」と「Bシリーズ」が激突し合う以上、ゼロの発見は必要なものだった。
「雨が降った」「ラッキーセブン」以外に、それぞれのシリーズにサプライズを与える要素はなかった。
横浜は今日は風が強いらしいと言うのならば「いつ」を教えてくれ。
敵味方は同じ場所にいるのだから。
攻撃権にも運不運があるのだ。
こっちの「シリーズ」にこれだけのお金が集まっていたのか!と思うこともあるが「風」そのものがお金だった。
観客の熱気なども見なければならない。
ニュートン物理学とはスポーツのことであり、アインシュタインは「次のゲームに残るようなトラウマを与えてやれ」と考えたに過ぎない。
アインシュタインの立場に立って「神がかった男の無様な姿をさらしてやれ」と思う連中もいた。
すべては「ポイントゼロ」があったからだった。
このような世界史は牛には分からないだろうな。
権力者は、ナイル川の緑に群がる牛(好景気)を見ながらため息をついた。
勝ちたいからタイムを計ったし、速度を計ったんだろ。

注:ランナー一塁での投手のクイックはモーションから1.5秒以内に捕球したい。
ダブルプレーは打球音から4.5秒以内に野手が取らないと成立しない。
先発ピッチャーの速くて正確なストレートを初回に確かめたい。

ニュートンはフロントの「エッチな話」と選手の「スピード」をつなげてしまったのだ。
1980年代からプロスポーツはこのようなをたどった。

他球場の途中経過もゲームに衝撃を与える(特殊相対性理論)。
ゲームが終わる瞬間の速度は「光の速さよりもやや遅い」とされ、他球場とは異なる。
この瞬間をどれほど多くのオプザーバーに観てもらうかが大事だった。
山崎康晃。

【時間は、流れる、壊れる、過ぎる】
この恋愛論と、ポイントゼロがどのように関わるかは明らかではない。



アンドロメダの恋愛論と、地球上のスポーツはこのように影響しあっているとしか分からない。
昼間はアンドロメダの世界で仕事をして、夜は地球でないとゲームを楽しむ、そのようにグレーゾーンと白黒は成り立っていた。
グレーゾーンの世界の仕事が白黒つくのを男女共に楽しんだよ。
昼間に異性からやる気をもらっていた生活が、白黒つけられるのだ。
他球場の途中経過がきになるのは当然だろう。
今日の俺たち私たちの生活が、各球場に流れ込んでいるんだ。



運命があると思うか?
恋愛論から疎外された人間を少なくすることだよ。
みんなを含めた理論家が球場に勝利をもたらすんだ。
おちんちん(O)は常にセンターだから、男は引きこもっていても野球は楽しめるけど、女には「居場所」が必要なんだ。
ましてや、出産(D)というのはみんなが「どのように居場所を作るか」を見失いやすい。
予定日前後の三日間は男も女も野球を見ない。
この一週間、男女はまさにアンドロメダにいるし、自分たちの恋愛論を語り合っているのだ。
一般相対性理論とは、恋愛論を語り合っている二人がテレビで野球をつけることなのだろう。
それで「ダイヤモンド」は成り立っているんだ。
高橋由美子 Will you marry me.

« 宗教団体の考え方の違い。 | トップページ | 好調女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける女。:

« 宗教団体の考え方の違い。 | トップページ | 好調女。 »