最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« GDP女。 | トップページ | 友情女。 »

2017年8月16日 (水)

宣伝女。

パブリシティ(宣伝)とは常に「プライベートや秘密」と関わっている。
プライベートや秘密がどれほど政治や経済の研究に役に立つ人物なのかが問われる。
ウィリアム王子が国王になるためにどのようなプライベートを送っているのかなど、遊んでいては務まらない人物は常にプライベートを宣伝に利用しているのだ。
特に「セックスをどう思っているのか。」という問題はその人物の政治感覚を知るために宣伝に利用される。
独裁が嫌いなのが庶民というものであり、権力を得る上でのトライアスロンとはどのようなものなのかを明らかにしなければ権力は得られなかったのだ。
そのうえで「表舞台でどのような活動をしているのか?」も当然、宣伝に用いられる。
豊田真由子。

家庭内のルールがすべて宣伝目的であるのであれば、「世の中、お金がすべてさ」という発想は間違っていることになる。
非常に家庭というものに詳しい人物像が必要なのであり、お金のやり取りのない世界が家庭である。
「人情」
それはもはやプライベートで表現されるものだ。
プライベートで「美人がいる」というのも非常に意味のあることだ。
「処女すら憧れる人物像」
それが表での活動をどれほど助けるだろうか。
お食事を三回共にしたい、それがプライベートでの人物像なのだ。
食事の時に女性が笑顔になる、これを繰り返すことが入閣につながる。
人と話すことによって政策というものも練れてくるのだ。
自分の知識だけでなく、相手のことも見抜ける知識が養われる。
「情け「面白い話」「セックス」が政治家のプライベートにはあるのだ。
表では許されないこともプライベートにはある。
プライベートでは政治家は鬱だよ。
音楽作品の研究をしているんだろう。
女の子と食事でどんな音楽作品の話をしているのだろう。
一部の権力者しか悟っていないことを政治家は知っている。
限られた政治資金を、女性たちと食事をすることでどれほど膨れあがらせているのだろうか。
女の子たちをどれほど多く「結婚の世界」に導いたであろうか。
表では気取っていても「あの記事を書いた人でしょ?」と語られるようになる。
プライベートの音楽作品をよく吟味し、一部の人しか知らない解釈を与える人だというだけでも、表を「ただ歩いていればいい」人になる。
あの人と私たちは何が違うの?
「音楽への耳が違うんだ」
プライベートは音楽作品とは違う世界だろ。しかし、表ではこのように表現するんだ。
複雑な仲間の世界をシンプルに覚えているのだ。
分からない世界に法則を見出しているんだよ。
生きていくエネルギーをプライベートでは語り合っているのだ。
プライベートで見つけた法則を「秘密の中の秘密」と呼び、人々はそれを知りたがった。
家庭内ではそれほどセックスはなかった。
しかし、音楽作品でその世界観を磨いているのだ。
それはもはや国際法とも言えた。
女性たちの支持がなければ男社会でも弱かった。
縄張りなんてそれで決まっているんだ。
縄張りが侵害されたら組めるかどうかは女性たちの支持で判断した。
カントは「女性たちは無限の資源」と呼んだだろ。
これさえ理解すれば、支持のない男は居心地が悪くなるだけだよ。
酒井法子 男のコになりたい

「秘密の中の秘密」はプライベートで学んだことだったが、公にも発信した。
分かったら人と話すのは楽しかったよ。
人間だから起きること、これを知ることは自分の限界を知ることでもあった。
限界を知るからこと女の子たちと話をしたのだ。
プライベートといえばセックスだろ。
どのような考えを持っているのかを語らなければならない。
日本国は「情報自由化体制」を採用している。
音楽作品ほどプライベートを紳士的に語ったものはなかったし、「秘密の中の秘密」をねじ込んだものはなかったのだ。
「秘密の中の秘密」さえ公で語れれば、あとのことはみんな興味なかったんじゃないかな。
犯罪を少なくするために、日本人女をブルームバーグに売り込んで円安に誘導したなどの話は非常に好感度が高い。
結局、有名人と話すことは契約の勉強だったし、どんなことを話す人なのかな?という無知のベールはその人物の腐敗をなくす。
結局、「音楽への耳」とは読書量だったんだよね。
情報自由化体制においては政府も民間人の見識と人と話した経験談を聞きたがっている。
警察だって知りたがったんだ。
さらに、日本国では「オープンバロット」と言って、選挙妨害に対して極めて厳しい対応がなされている。
警察もこれを支持しているからだ。
一票というのは候補者が「女にモテるようになる」という小さな悪だったが、何万票ともなると大雑把にその人の見識が数字で出るようになっている。
テレビは「その日の夜の王様は誰がやってもいい」ものだったが、選挙は「秘密の中の秘密」が支持を集めた半代表制だった。
そのため、選挙をやるたびに人々は人生を知ったのだ。
権力者が投票結果をコントロールしてしまう「シークレットバロット」では人々の心は議会に届かなかっただろう。
ロビー団体というのは権力者からの「締め出し」を食らっている連中が作るものだ。
シークレットバロットの存在はいまだに指摘しなければならない。
むしろ「締め出し」はロビー団体を強力なものにした。
酒井法子 ノレないティーンエイジ。

「熟慮」とは人々が話し合いをすることで作られるものだ。
政治家との喫茶店での人生相談や世間話などだ。
4年ごとにこれを繰り返していけばいい。
「あいつら俺らの秘密の中の秘密を知ってるのかな?」という思いだけがあった。
国政報告もそれだけを念頭に耳を傾けた。
「人と会っていると分かってくるものだなあ」と政治家を育成する者もいた。
「知的な専制」を怖れてシークレットバロットを使うのが権力者だった。
「私たちのセックスを祝福してくれる」
これが知的な専制であったが、権力者がこれについていけるわけがなかった。
そのかわりに大規模予算を組んでいるんだよ。
「必要なものは与えているはずだ」
セックスを祝福してくれない政府、これが政治不信の源なのだ。
女もベールを被らずに外に出るだろ。
「秘密の中の秘密」を理解している人、仲間とそれを共有している人、その議論が安定している人、そのあたりで当落予想を出すしかないだろうね。
女はベールを被らずに外に出る。
これが可能でないのならば政治不信は起きるよね。
セックスの祝福が基本にあるんだ。
まあ、他の女と被らないファッションがある限り外には出れるよ。
「他人と違う」
これが女が外に出るための条件だった。
他の女と区別がつかないのであればセックスが想像できないからだ。
セックスを祝福するとは、他の女との違いを明らかにすることであり、話をよく聞くことであった。
そして、男は徹夜をしてはならなかった。
「市民」とはこのようなことを知っている人たちのことを言い、街を歩いているだけでも市民だったのだ。
酒井法子 おとぎの国のバースデー。

世の中の「どうしようもない問題」とは「いつプロポーズするか」ということなんだよ。
「女が俺に死ねというんだ」
恋じゃなくなる日 Bz.

その時、俺は嘘をついた。
「結婚しよう」
女は「できない」し、男は「できる」このどうしようもない問題がプロポーズに表現されている。
イスラエルは、オバマに「1967年の停戦ラインと領土の適切な交換」をパレスチナとの間に締結することを求められ、「どうしようもない」と言ってパレスチナと結婚のようなことをさせられ、パレスチナ問題は永遠に残ることになった。
女は「できない」男は「できる」この共存の意味を知ってもらいたい。
中森明菜 禁区。

間違いが本当になり、本当が間違いになる。
他には誰もいなかった。
二人だけの世界で言ったのだ。
「結婚しよう」
テトスへの手紙1:12「世界の多くの中で、一人の預言者がいるとする。周りに野獣たちがいる限り、預言者は嘘をつくだろう」
クレタ島は、女たちに快楽を与えた。
どの男も同じね。
どの男も同じならばこのような問題は生じないのだ。
しかし、パウロは「口説き文句」を考え、女たちの快楽が男次第で変わってきたのだ。
女も最初は「意識」するだけだったが、やがて「絶対」に変わっていき、最後には「あなたには私を抱く資格がない」という具合に変わっていく。
男が付き合っている間に浮気したら女は一気に攻撃に出た。
「誓うわね?誓うわね!」
鈴木亜美 ねがいごと。

プラトンはソクラテスが嘘をつかなかったことに衝撃を受けて、詩では「嘘」をつきつづけた。
ソクラテスは「殺すと言ったって俺が川に飛び込めばいいんだろう」
1132年にベルシャムのアダムが「これは芸術になる」と喝采を送った。
みんなソクラテスほど頭が良くなかったから「イエスかノー」の問題にしていたのだ。
ソクラテスは裁判官や聴衆に囲まれて毒をあおった。
そう表現されて後の世に伝わった。
男として間違いを犯す。それがプロポーズだった。
「神が名誉を守ったぞ!」
「これで言葉はバラバラになるぞ」
男がついた嘘を秘密にしたかったから言葉はそれぞれ暗号化される形でバラバラになった。
「嘘を知らない男の子と大人の区別がつくぞ」
「ソクラテス(政治家という職業)の永遠が決まったぞ」
「どうしようもない世界に刃物のような議論が作られたぞ」
そして14世紀に文学が発展した。
ラルフ・ストロードは、「これが分かったから何でも書けたよ」と語り、預言者の限界を描き、次々に哲学を投げ込んで行った。
男が愛を囁くんだよ。
電話でね。

男にとっての真実とは「預言者であること」だった。
ソクラテスは女が本気になるたびに川に飛び込んでいた。
しかし、大人は嘘を覚えた。
ウィリアム・ヘイテツベリーも「世の中のどうしようもない問題をすべてこの論点で切ってみな?」と語った。
ソクラテスもいくらナンパしてもいつか限界が来ることを悟り「2+2=4は真理である」としている。
グレゴリーのリミニも「ネガテイブな言葉はすべてここから生まれているんだ」と言った。
子供たちの中には、弱音を吐くことを知らない子もいたのだ。
真実に向かうために弱音を吐くことを覚える子もいた。
人間なんてお尻のようなものだから神はいるだろ、と論証してみせた。
「なんであいつ預言者なのかね。女を知らないんじゃないか?」という男もいた。

« GDP女。 | トップページ | 友情女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝女。:

« GDP女。 | トップページ | 友情女。 »