最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 恋する女。 | トップページ | 医学の女。 »

2017年7月27日 (木)

死にたい女。

死にたい女は、死にたい死にたいと言っていると周囲から人がいなくなり、セックスも気持ちよくなくなる。
そのような女は、自分の身辺整理を始めて、精神安定剤を飲み、苦痛の少ない死によって、最後の人生の輝きを死に求めるようになる。
ヒトラーは自殺したが、ソクラテスやイエスは自殺していない。
人のことを思いやる、それさえあれば死に追い詰められることはない。
死ぬ前にもっと周りのことが見えていれば。そんなことばかりだよ。
小林麻央。

警察官は市民に自殺を求めないよ。
間違ったものを信じ、間違ったものに追い詰められていく人間が死ぬんだよ。
「何を信じているのか?」をうまくコントロールしなければならない。
男も「女が胸に秘めているもの」を信じていると死に追い詰められるぞ。
特に「自分の病気は治らない」と信じている女は周りの男を死に誘惑するぞ。
同情を誘うために死にたいという女は、周囲の男を死に引き込もうとしている。
戦場では仲間の兵士を死に陥れるのは簡単なんだよ。
だからみんな戦場では紳士になろうとした。
このような「戦場で仲間の兵士に殺される」ようなことを第3分野と呼んで保険まで作られている。
第3分野の保険。

不貞を働き批判され裁判を避けるため、そして身内を守るために切腹をすることはむしろ国の税収につながる。
スパイは少数派の狭い視野しかもっていない。
自分で自分を「必要ない」と思うことがあるために毒薬だけ持たせておけばいい。
松居一代。

ソクラテスは「ファエド」において、自殺の研究を素晴らしいテーマであるとして西洋という概念を作った。
視野の広さという観点から東洋と区別しようとしたのだ。
「我々の学問を知っていながら死にたいとは何事か?」
人間には臆病風というものがあるんだ。国のために死ねるかよ。
お金儲けの方法からして西洋は違うんだよな。
バカで惨めな東洋人を見て笑っているんだよ。
神風特攻隊。

キリスト教が自殺を禁じた理由が分かるだろ?
「我々は惨めな東洋人ではない」ということなんだ。
自分が可愛くない奴は学習しないし、才能もない。
他人を助けてやる力量もない。
キリスト教が目指すものが何かは明らかだった。
カップルは信じている。社会は知っている。社会は何を知っているんだよ。
いじめは無くならないよ?
でも、頭おかしい女のことを知っていればいじめっ子は逃げ出すだろ。
ロシア正教会はそのように教えたし、プロテスタントもカルヴァン派は、死と直面した男にはなぜかアイドルが寄ってくる仕組みに気がついていた。
Qlair 秋の貝殻。

キリスト教社会は「罪の告白」というものを行い、なぜ浮気をしたのかという理由まで事細かに牧師さんに話させたのだ。
「妻が壊れていくのが怖かった」
要するに磔とは何かを牧師さんは詳細に聞くことができた。
これがどれほど医学を発展させたであろうか。
「富める時も病める時も」
これは医学の発展を願った言葉であり、牧師さんは医学って何だろうな?と考えたし、医学の側もそれに応えようとした。
医学こそが神の計画を知るのにもっともいい学問となったのだ。
自殺なんてもったいないよ。歳を取るまで生きて医学に貢献してよ。
死ぬより辛いことがあるのは分かるけど、すべて告白してよ。
黒の舟唄。

恋人たちは信じている、社会は知っている。
自殺なんてのは「信じているもの」から生まれている。
社会はもっと広いはずだ。
周囲が死にたい女を孤立させているのに、周囲が自殺を止めることはできるのか?
国は民間の「村八分」により生じる自殺を犯罪化できるのか?
ときに「ご立派な自死」はあるのだろうか?
「命は神聖である」しかし「勝ち方を知らない」
この世界に自殺は存在する。
西洋の知識に負け続けた東洋で本当に自殺が生じたんだよ。
英語を学ばせる年齢はしっかり考えないとね。
本気で自殺を考える中学生はいるのだ。
神の計画を知っているものに死んでほしくはないね。
ためらい傷ぐらい作るだろ?
みんな「贈り物」が惜しいんだよ。
三人組のいじめや、他の女から男を奪うこと、すべてが神の計画であり、神の財産だ。
隣人の「妻」を盗めば、これらの神の財産を失うことになりかねない。
ロシア正教会のように「いじめられることを楽しむ」こともできなくなるし、カルヴァン派のようにアイドルが寄ってくることもなくなる。
不幸は「盗み」から始まっている。
「女心を知らない社会との契約」を盗むことによって迫られるのだ。
死ぬためのお金を盗んでいるようなものだな。
奥様方に「シカト」されたら「夜中まで起きてはいないか?盗んではいないか?」を省みなければならない。
家族や友達が大混乱に陥るんだ。
村八分 ぶっつぶせ。

他人のセックスにだけは介入してはならない。
周囲に追い詰められて「楽に死なせてやりなよ」と言われて政治的には自殺させられるんだ。
家族は離散するし、本人は周囲が安楽死を望むし、夜更かしや盗みにはいいことはない。
ソクラテスやイエスはこのことを語ったのであり、死んだのではない。
女のからだが何を望んでいるのか、ぐらい知らないといけない。
夜更かししたり盗んだりしたら儲かるだろ。
しかし、それは「死ぬためのお金」なんだよ。
鬱病患者がこのような生活をしている人は普通の人の20倍にもなる。
知性を求める上で誰もが通る道が4当5落だろうけどいずれ分かるようになる。
周囲は夜更かしを応援したい時期があるだろうけどしっかりこのことを教えなければならないのが宗教であるし、いくら人生に意味を与えたいと言っても村八分になってまで意味を与え続けられるのかはしっかりと考えなければならない。
ribbon 愛してジャスティス。

« 恋する女。 | トップページ | 医学の女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死にたい女。:

« 恋する女。 | トップページ | 医学の女。 »