最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 頑張れ私女。 | トップページ | 行きずりの女。 »

2017年7月18日 (火)

いじめをなくす方法。

読む前に、お楽しみください。
「本当の女を知らないで」という願いが込められた曲です。
CoCo メロディー。

神は自分に似せて人間を作った。だから我々はアドニスのために泣ける。

いろいろと病気を見たけど、ご近所づきあいをしっかりやって、ご先祖様を敬っている人は病気にならないね。

フレデリッヒ・ダニエルは「頭のおかしい女に詳しければいじめられない」ということを悟った。
いじめをネタで撃退する男は神であったし、家族の前で威厳を保てる「最高善」たる男であった。
「俺たちは命を握られているのか」といじめる側は考えていじめをやめてしまったのだ。
三位一体(三人組の間で起きるいじめ)が宗教であるとするのならば、精神医学も宗教だった。
ダニエルはランツベルグ刑務所で、常にフランスのバスティーユ王室刑務所襲撃事件のことを考えていた。
「いじめられないために精神医学に詳しくなろう」
ドイツは宗教改革を終えていて、有名女がたくさんランツベルグにいた。
有名女がどれほどいかれているかに詳しければいじめるものはいなかった。
「言葉の起源は女の失恋ではないよ。いじめなんだよ」
子供たちの前で威厳を保つために父は必要性に駆られて言葉をシンプルにまとめ上げる技を磨いたんだ。
親としての自覚が言葉を磨き上げたんだ。
ランツベルグで子供たちの前で恥をかくわけにはいかないだろ。
親であることというのはいい精神論なんだ。
外国語を知っているのならばとにかく親になれ。
いろんな人間が外国の情報に顔面蒼白になる瞬間を楽しめよ。
音楽なんてものはいかれた女たちの「秘密の中の秘密」に満ち溢れているんだ。
すべてプラトンの焼き直しだよ。
統治機構の一部でしか「音楽を聴く耳」は共有されていないんだ。
「詩は男らしくあれとしか歌っていない。役人を育てたいんだろう」
「頭のいかれた女たちがどれほど役人を必要としていたのかを知るんだ」
しかし、「頭おかしい女」の話をする男なのだから見た目で女たちとぶつかり合うのは覚悟しような。
女たちが平気で罵倒できる見た目をした男の方が女の研究をやりやすいんだ。
このこと自体、多数派とは違うアートとなるのだ。
イケメンは絵画や音楽の世界だけにしてくれ。
お札のモデルにまともな見た目をしたやつがなっているか?
これがドイツロマン派のムーブメントであり、日本でも見た目を気にしない作家が多く生まれた。
日本人は骨の髄まで「研究者とはそういうものだ」という発想が根付いている。
あくまでも経験論ではなく「理論」を語る必要がある。
女二人が罵倒しながらも「理論」を奪い合っている、この図式が一番いい。
女を競争させるのではない。「理論」を奪い合っているのだ。
すべての人間に言えることは「理論」にしかなかった。
「なんでかな?」というような美女もたまに話しに来たからまともな見た目をしていないやつをお札にしたのだ。









みんな「何が女に局部を与えたのか」を語ったのだ。
譲れない夜も生まれただろう。
真理によって笑いをとる。これが学問だったのだ。
「言っちゃいけないでしょ?」
みんなが笑ったが、真理であるとして記憶された。
まわりは笑っているだけで国際政治が分かるんだからね。
王室刑務所バスティーユの記憶だけは国内の憲法では済まない記憶として残されていた。
刑務所の三人組の中で行われるいじめから、このような世界が生まれた。
「もっと面白い話を聞かせてよ」
男二人は何度も寄って来たよ。
まるでメシアを待ち伏せしているようだった。
ユダヤ教の戒律の世界がなぜキリスト教に発展したのか?
それが三位一体にあった。
カテキズムは「メシアの前で美しさを維持してはならない。相当露骨なことを言うやつだからな」という立場だ。
可愛い子にはこのことを説明する必要がある。
女たちはフリーセックスの世界に入っていった。
オックスフォードはフリーセックスさえ宿題にしておけば発展するのがわかったのだ。
三位一体のいじめの世界に神はいた。
女たちはフリーセックスだった。
しかし、家庭内には三位一体はなかった。
カトリックだ。
この「頭のおかしい女」の研究が発達した今となっては「家庭内ではカトリック」という側面がある。
女の子たちは「いじめのない家庭内」での神聖さをカトリック教会に祈ったのだ。
16世紀から17世紀にかけて、キリスト教は憎まれたよ。
十字軍というものもあった。
なんでそんなに頭のおかしい女に興味を持つんだ?長いものに巻かれておけよ、それが十字軍だった。

イサク・ポルカーは、三位一体よりも「父と息子」の関係に言葉の起源を求めた。
「希望の使徒」「宇宙の否定」などでそのことを書いたのだ。
頭のおかしい女の話は父にはできなかった。
「モーゼ五書の戒律を覚えればいいんだ」と父は言った。
ユダヤ教は「もっと父親にあまえていいんじゃないか?」として、父親を越えようとするメシアに批判的だった。
出エジプト記第20章「私は主である」「イスラエルよ。主は我々の神であり、神は一つである」「主に形はない」などの記述があり、結局、キャンパスにおいては「いるもんだね、そんなスーパーマン」という具合に父と戦う息子を遠巻きに見ているのがユダヤ教だったのだ。
三位一体もユダヤ教の容認するところとならず、さらには「主の化身」となることも認めなかった。
なぜ、ヤーヴェに身を委ねないんだ?
ヤーヴェがすべての力を持っているとするだけで、我々凡人は父にあまえることが出来るのに。
「神、神、主よ」エルエロヒムヤーヴェ。
こういうあまったれた坊やはなぜかお金に困らなかった。
キリスト教における「息子」とは違ったのだ。
大学に行ったらあまやかされた坊やたちとファミリーになってこい。
五族協和などというお互いにあまえる世界が構築されるのを見た。
父と息子の関係が激しいものとなるから三位一体も生じるんだ。
いじめをやる奴は父親に絶対服従しているだろ。
イスラエルは、父親と戦い三位一体で戦う男を拒絶し、ひたすら「父から息子への富の移転と男同士のファミリー」を求めていた。
イスラエルに世界レベルの大学などなかっただろ。
「ホサナ!」などというバカ息子を親父は可愛がったのだ。
Prodigal son.

バカであることから仲間を作る連中がいる。
「それで女は気持ちいいのかい?」
女はただの動物ではないんだ。
チンパンジーほど人間の存在に劣等感を感じている生き物はないのだ。
しかし、チンパンジーみたいなバカな連中は「見世物小屋」を作って金儲けをしただろう。
インテリへの復讐だよ。
しかし、インテリも「いかなる動物よりも優れているチンパンジー」の研究をしなければ人間社会で生きていけなかったのだ。
「見れない聞けない、しかし二本の足で歩く」というチンパンジーの群れを研究しなければ中学校をなぜ逃げるように卒業したのかが分からなかった。
「知的な限界を抱えながら序列を作っている」
「人間をどう思う?」そう思いながら身体能力がモノを言う世界だった。
チンパンジーの世界で生き残るためには「対等である」ことを理解することだった。
チンパンジーとして生まれたことの意味をよく理解しないと仲間はできない。
チンパンジーの世界には尊敬もない、お金もない、ルールも守れない、からかわれながら子供を産むことしかできないのだ。
セミナーに出るほど頭も良くない。良いことが悪いことしか起きない。
なぜ人間社会に「多数派」が生まれるのかもわからない。
子供の世界の住人だから女にもモテない。
繁栄というものの「負の側面」があることを知らないといけないね。
誰もが「見たり聞いたり」できるわけではないからな。
こういう連中にこそ「お金がモノを言う」んだよ。
口説き文句を教えたって意味がない視覚聴覚障害者の存在を知った。
人間社会で起きていることを共有できないのだ。
ホモ・サピエンスとしての男らしさにすら興味がない。
自分を劣等遺伝子だと思っているから周囲にも痛みを要求してくる。
チンパンジーから利益を生み出そうと思うのならば、そのような視覚聴覚障害者の行動原理を研究することだよ。
他人を尊敬できないのは能力的な問題なのだ。
ひたすら「障害者の繁栄」を祈っていた。
しかし「夢を見ることが許されない人間」と位置付けられていたのだ。
処女とセックスできる男らしさもなければ、犯罪を犯さないという基本もわかっていない。
動物の研究をしないと視覚聴覚障害者のことは分からないでしょ。
チンパンジーとして生きなければならない不幸があるんだよ。
「俺も人間なんだ」
このように主張するしか仲間作りの方法はないよ。
人間社会の巨大組織には圧倒されていた。
特別支援学校出身というアイデンティティは大事にした。
「対等な」人間はそこにいたからね。
みんなセックスが下手だった。
洋服や食べ物に不自由したのが問題だったね。
「女にモテない」ことから様々な「人間らしい自己表現」をする連中だ。
辻井伸行 ラカンパネラ。



【本題】
御本人の口から語られることはないであろうが、私が直にお目にかかった時に、美智子皇后の「顔色が茶色い」ということが気にかかった。
これは「農場で育った娘」特有の症状であり、情報を急激に与えられた女の顔色だった。
美智子皇后は、正田家の娘ではなく、農場の娘であり、東京大学の女史として知られた女だったのではないか?
と私は疑った。
人混みに出ると感染症にかかりやすい田舎娘であり、抗生物質の大量摂取からも顔色が茶色くなっているのだろう。
良家の子女はみんな顔色が茶色くなる。
知識の発展段階で睡眠薬などの薬に頼ると顔が茶色くなるとも言われる。
教育が健康に悪影響を与えるのは事実だ。
酒を飲むために顔が茶色くなっているのも間違いない。
性病にかかった時のペニシリンも肌に悪影響を与えている。
おそらくクラミジアだろう。
肝臓が悪い人が「もう働けない」と言って皇室に集まってくる。
ハーブティーの重要性を知らないといけないね。
王室というのは「南国の持病」なんだよ。
オリビアを聴きながら。
妊娠中のインフルエンザワクチンがなかった時代は、肌に致命的な悪影響を与える。
徳仁親王は、美智子のヘルペスに感染して生まれた。
小柄な男だ。
徳仁親王は、眼に黄疸があり、肝臓に問題を生じさせていた。
言葉が不自由で、歯の治療も繰り返していたのだ。
肝臓とはそのようなものだった。
美智子は「孤独に耐えられない」ということも指摘していい。
美智子さまご成婚秘話。
徳仁親王は、おちんちんのヘルペスにかかった。
ヘルペスとは「痛み」のことであり、これは首や腰に伝わる。
母が子供の頃、さすったことから母の手は「神」となっている。
このことを「ピアノを弾く」と呼ぶ。
下痢というものは口で「根性の歌」を歌わない限り治らないね。
山崎康晃。
美智子は英語を好む。
つまり、日本と英国、アメリカに責任を負っているということを意味する。
たとえ、その国の看護師になれる程度の語学力しかなくても、語学ができるということはその国に責任を負うことを意味するのだ。
おそらく「その国の小児科と関わることができるから」だろうとされている。
また、アメリカや英国の学問だけがこの深刻な病気に太刀打ちできるのだろうと言われるほどの先端医学を英語圏がすでに知っていることからも、責任を負いたがる理由は見つかる。
英語圏の手術台における医者のチームワークを評価しているのだ。
飛行機が怖くないのは「医学を信用しているから」だとされる。
外国語がわかる人は「自分への投資」をエスカレートさせていくとされる。
これも「病状の説明を長々とやらなければならないから」だとされる。
どの国の医者も「その道一筋」の人は似たような質素な暮らしをしている。
このことから清貧を愛するという発想も生まれる。
患者を助けるためには「医学の発展を待つ」という長い目が求められるために、人を育てる根気が養われる。
美智子はカラオケを私と歌った時に「ブラボー、アンコール」と言った。
医者の血筋と言われるように、外国語を学んだ人ほど家柄にこだわる。
2003年にヒトゲノム解析が終わり、2009年のインフルエンザの脅威を押さえ込んだ時に、アメリカ人も「家柄」を持ち出すようになった。
この時ほど「遺伝」というものを人々が考えたことはなかったのだ。
「可愛いだけの女の子」の時代は2009年に終わっていたのだ。
これ以降、「お父さん」を語れない女の子は夢が見れなくなったが、まだ日本人は気がついていない。
美智子はおそらく戦争の影響だろう。人の命があまりにも軽く扱われたため、家庭内に「命の軽さ」が持ち込まれ、とにかく「馴れ合い家族」となっている。
「まごころ」はこのようにして育まれたのだ。
【これが医学が社会に与えた影響だ】
そう思った。
「体調が悪ければ肝臓のせい、負ければ心臓のせいにする」
男社会は大変だ。
秋篠宮佳子。
地方に行くと地方特有の病気があることがわかった。
しかし、「気候変動で世界にすでに拡散している」と考えて、アメリカやイギリスを振り向いた。
「だって田舎にもいろんな家電製品はあったでしょう?」
密度の低い髪は耳に向かって生えている。密度の濃い髪は耳とは反対側に生えている。
イヤホンを聞いて髪が増えるという事実がある。
耳と髪の関係も知っておいていい。
一方で、ヘッドホンで大音響を楽しむ人は「小さな音が聞こえない」という理由からイヤホンではなくヘッドホンを使っている。
目の動きが左右で異なるなどのメニエール病を疑わなければならない。
寒さや、夜の頭痛から頭が痒くなる人がいる。
他人のヘアブラシを嫌がる人の理由は知っておいていい。
子供の頃、瞬発力が必要な運動をした人は、のちの人生でカルシウムを必要とし、カルシウムをとらないと他人をいじめなければ細胞が膨れてきて死んでしまうという病気になる。
人に人生を否定されることからいじめというのは生じている。
キャラメルが好きな人にいじめっ子はいないよ。
カルシウムをとらないと耐えられないだろうね。
梅毒というのは「人々から注目されなくなった」人がかかるものだ。
結核や興奮しやすくなる病気(ハイパーテンション)などによって別の意味で人々に注目されるようにならないと治らないだろう。
激しい運動をした後にがっかりした時には痙攣を起こすね。
子供は孤立した環境で痙攣を起こす。自分の家がすべてだからだろう。
ママ友とかがいないと厳しいね。
感染症に抗生物質は本来必要ない。
お風呂で体を洗う(0.005%ブリーチ)さえやっておけば性病にもならない。
先生が明確ではないアスリートは水虫やいんきんになる。
多くの日本人のいんきんを治したアインシュタイン。
アインシュタイン。
麻生太郎は咳が止まらずに、大騒ぎして、他の重大な症状を医者が見落としている。
たとえば背骨の肥大化であったり、心臓であったりが「咳で大騒ぎした」ことから医者に嫌われて、見落とされている。
筋肉の腫瘍の痛みも組織のメンバーとして「咳で大騒ぎした」ことから痛みを見落とされている。
「咳はたいした問題ではない」と医者が言って家に返さないからこのような重大な病気にかかるのだ。
嫌われ者は医者との付き合いにおいて非常に不利な立場に立たされる。
これが、咳で大騒ぎをするという意味である。
肝不全で死ぬとはこのような人のことだ。
ジャージのパンツの下にシャツを入れている日常を見ると肺癌だろう。
麻生太郎。
体の横が痛いとバスや電車の「奥」に進めなくなる。
ヘルニアだよ。
美智子はギャンブルをやる。
このことは前頭葉の病気を意味し、甘い食べ物で簡単に釣れる。
ネットのフィッシングをやったり、浮気をしたり、常識がなかったりするのが前頭葉の病気だ。
いずれにせよ「有名になりたい」という人は常識がないわな。
ビタミンB12をとらなければ治らないだろ。
美智子は絵も描いた。
骨や肉を描く人物画を描くということは「心の病」に興味を持つということだ。
「人間の痛みに興味がある」という側面は否定できない。
ドリカムの吉田美和は、パートナーの中村がステージで見せるハイソサエティの顔と、日常生活の最下層の顔のギャップに日常生活で声を失っているね。
中村の輝きを見てステージで声を取り戻すのならば問題はないだろ。
病名はジフテリアだが、お風呂で体をゴシゴシこする習慣が声を良くする。
ホットミルクも有効だ。
ドリカム 何度でも。
矢口真里が、タオルをかぶってうつむいているのを私は目撃した。
めまいとは頭を打ったか風邪をひいたかによって起きるものだ。
矢口真里は、息子に殴られていた。
なぜだろう。
「病気だな」
ミニモニ ジャンケンぴょん。
父が医者で、医者としての経験を積みたいと言って娘の腎臓を一つとる因習が日本にはある。
矢口真里は、医者の家に女の子として生まれ、里子に出されている。
腎臓を一つとると人間はどうなるか?
「心臓が25%弱くなる」とされる。
家庭内の修羅場で臆病風に吹かされるのだ。
このために息子に「その弱さが憎まれる」ために殴られている。
女が臆病風に吹かれたらどうなるだろうか?
とにかく「ヒステリックに叫ぶ」のだ。
おしっこの流れが片方しかないとどうなるだろうか?
おしっこするたびに「ショック」を受けてトイレから出てくるのだ。
匂いフェチというが、実際は気が小さいために「救世主」だと思った人の匂いを必死で嗅ぐ癖がある。
てんかんである。
同調率90%という感情になったら、毎日、会いにくるだろう。
久本雅美は、矢口真里と同様に腎臓が一つない医者の娘であるが、本当に心臓病になり歯茎が腐っている。
この両者の違いは、歯磨きの時の出血すら怖いという久本の気の弱さからきている。
たとえば久本雅美が外国出身で、日本語で「歯の磨き方」を教わらなかったという可能性も指摘できる。
腎臓が一つない女性はおしっこする時のノイズが大きいとされ、それもショックの原因なんだろう。
8歳になるまでの栄養状態が極めて悪かったことも彼女の出生の謎として歯に表現されている。
久本雅美。
いじめっ子を演じるなどしてHIVの陽性になると、歯医者が治療を嫌うことから「このままの歯で過ごすしかない」という状態になる。
「若い頃、人生に意味が見出せなかった」ということは指摘していい。
HIVの陽性反応が出ると、母の「傲慢さ」が1%の確率でウィルスのように息子に伝わる。
ベニスが痛いとういう子供ができただけで「エイズがうつった」と人々が大騒ぎするため、HIV陽性の女はセックスさえ避けてしまう。
発展途上国では「HIVウィルス神話」が根強いために、母乳で育てるなという指導がなされ、子供たちはアイスクリームすら食べられなくなる。
神田沙也加は、家族の歴史、つまり父方の家族に興味を失ったために表情がない。
国生さゆりは肝臓が悪いために首にタオルを巻いている。
なにかおかしいと感じるだけの肝臓も、裕福な人は尿を調べたり血液検査をやったり、ありとあらゆる手を尽くす。
その上で「肝機能が悪い」と言われるのだが、実際の治療につながるのかはあまり分かっていない。
医者は患者との関係を「簡単にしたい」と考えているし、間違った診断を恐れているために「カンゾー先生」などと呼ばれる医者もいた。
患者の「体調の悪さ」を数値でわかりやすく説明しやすいから血液検査が医者に好まれているに過ぎない。
治療というものはお金を払ってやってもらうものだ。
コストに見合う対応しか医者は行わない。
すべての「体調の悪さ」を肝臓のせいにはできるが、もっと研究を深めなければならない世界が肝臓なのだ。
特定の患者にエネルギーを使い過ぎずに、適当に診察して適当に生きていくという発想が求められる。
医者はどうしても「証拠」を欲しがる。
そのために用いられたのがコンピューターだった。
それでも今までのメディカルレコードを集めることしかできない。
その人の病歴すべてを集めてアプローチするしかないのだ。
体調が悪い人と付き合ってみて、本人が「退院したい」と言い出すのを医者も待っている。
胸の不快感を訴える人には「肝臓ってどれほど大きいか知ってますか?」と言うしかないのが現状だ。
太った人の体調の悪さ、あるいは体調が悪くなくても何でも肝臓のせいにするのは良くないね。
ニトログリセリンを飲めば体調は良くなるかもしれないが、細かいことまではわからないよ。
こうなると「医学の失敗」は全部、肝臓のせいになるよ。
モルヒネ、メペリジン、ニフェジピンなどを適当に使うしかないだろ。
本当に死にそうになって初めて真剣に取り組まないと割に合わないし、どうせその時は死ぬだろ。
はしかというのは2ミリから3ミリの斑点が出る病気だが、三週間寝込んでしまう。
妊娠中にはしかになって髪形を変えてしまう女性もいる。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間。
小林麻央が亡くなられたが、「ご先祖様に興味がない」ということから癌になるのだ。
ご先祖様の記録を集めるということはもっともいいがんの予防になる。
ご先祖様を捨てて名家に嫁いだらこうなる。
小林麻央の訃報に接した芸能人。
渡辺満里奈はハンチントン病だ。
吐き気がするために両足のバランスを取るために踊っているのだ。
目も横の動きは追えても縦の動きは目で追うことはできない。
バカ一代の人にハンチントン病は多いね。
その場の床(ゆか)の数を数えているのであって、男の数を数えているのではない。
男役を演じなければならないほどの強さを求められて、本当に遺伝子が突然変異を引き起こしているんだよ。
男性ホルモンが一気に体に流れ込んできて吐き気がするんだ。
レイプされた経験は当然、大きなものがあるだろうね。
自分がサラダを食べたりいろんな意味で「女らしい生活を送る」というものを見失っているんだ。
渡辺満里奈。
タモリは、子供の頃、父親に殴られたために左目が見えない。
朝日新聞の岩井記者もそうだけどね。
人間の目は、光を見る時に右目の方が左目よりも輝いて見える。
左目が見えないと「人に同情できなくなる」とされる。
タモリだ。
人に同情できなくなると味がわからなくなるため、タモリなどは食事で人の気持ちを知ろうとしている。
片目の人はパチンコをやらないが、タモリは「スロットが好きだった」と言っている。
すごい発明だね。パチスロは。
目をつぶれと言って、冷たい金属(フォークなど)とお湯に浸した金属を肩にあてて、「異なる感情」を目覚めさせてやるしか方法はない。
床屋で足に128ヘルツのマッサージ器を装着するが、それだけで「目が見えないのかどうか」が分かる。
気持ち良さそうなリアクションを片目の人は行わないのだ。
施術とはそういうものなのだろう。
rebecca チェリシャッフル。
ビートたけしは、眠れないために編集部長をやっている。
作家と話す作業は眠るのにちょうどいい。
外科手術が原因だ、
たけしさんは、労働組合の窓口をやり、「みんながワーワーいうからおかしくなった」と証言しているが、実際は陰湿ないじめによるHIV感染者が出たことにより、各自の身内で毒殺者が大量に出たことへの恐怖心をこのように表現しているのだろう。
たけし自身が、ココナッツサブレーをバリバリ食べていることから、彼も毒の入った水を飲んでいたことがわかる。
たけしさんは風邪をひいたことによって肝臓にダメージを受けたためにタオルを首にぶら下げている。
本人が快適ならばそれでいいだろう。
人が書いている文章をコピーしているうちは子供がいない証拠だ。
たけしさんにもその節が見られる。
フライデー事件とはなんだったのか。昭和の謎というしかない。
また、取材旅行を好むあたりは兄、勝あたりの子供が助けを求めるのかもしれない。
脳にダメージを負うと人の真似をする。しかも、うまくいった人の真似をする。
私もたけしさんに新聞ネタを真似されたが、悪口を言う能力は損なわれない。
稲垣吾郎は腰痛に悩まされている。
世界を旅したことからマラリアにでもかかったのだろう。
抗うつ剤や鎮痛剤で対処するしかないだろうね。
鎮痛剤は痛い部分に注射してしまってもいいし、サロンパスなどの「熱による対処」も可能だ。
軽い運動だけではなく、スプリントのような急激な運動も腰痛には有効だということを知らないといけない。
腰痛により欠場するという野球選手は、一塁へのダッシュがむしろ有効だということを知らないと選手生命が終わるだろう。
マラリアだよ。
エジプトと暑い夜は先進国が向き合わなければならない復讐だね。
稲垣吾郎。
栗山英樹はエアコンを好む。
虫が怖い、感染症が怖い、などの心臓の弱さからくるものだ。
医者を転々として「話にならねえ」と思ったことがあるのだろう。
C型肝炎で臓器移植を受けた人のための感染症予防のためにエアコンというものは作られたのだ。
肝臓が健康ならばエアコンは使わないだろ。
臓器移植だけはしっかりエアコンディショニングして感染症を防がなければならないね。
栗山英樹。
中居正広は、女の子として生を授かったが、おじいさんが男の子を望んでいて、男の子にさせられている。
それを秘密にしているため、医者もホルモンバランスの崩れに有効な対処法を見出せないでいるのだ。
中居正広の上半身の神経痛は出産を経験したことからくるものであることなどを見抜かないと、医者も女性ホルモンを投与しようとは思わないだろう。
中居正広。
草彅剛は、赤血球が多くなった時期に裸で外に出たね。
体の赤くなった部分が気になって気になって人に見てもらいたいんだよ。
草彅剛。
三田寛子がレミオロメンの「3月9日」をそのまま真似して歌っていたが、これも「子供がいない」ということを意味する。
この曲の本当の意味は「春は女がおかしい」というところにあり、「私は子孫が残せないのかな?私は動物なのかな?」ということからもおかしいことがわかる。
言っていることは「実在する人物になりすます」というもので、別の女の顔で出てくる物語だ。
最後には失意のもとに救済を得て平穏に至るという妄想をしていると思われる。
三田寛子はお酒を飲まないために、お金の心配もなく、頭痛もなく、胃痛もない。
言っていることは健康的な話なのでいいんじゃないか?
嘘というのを英語で「lie」と書くだろ。
検索すると「裁判官」「信じる」「家族」などの意味が含まれていることがわかる。
彼女が「裁判官の父親がいてプロフェッショナルのチームプレーに憧れていた」ことが推測できる。
子供の頃、大病を患い、両親がジェット機まで使って、医療チームを組ませ、本人はチカチカした光しか見えなかったところあたりから、彼女には忍耐力がついたのだとされる。
「嘘をつく」というのは周囲に高度な学習をさせる。
三田寛子は、「とにかく情報に満たされたい」と考えているが、役に立つ知識がなかなかなく、とにかく「情報のコントロール」をやることを覚えているのだ。
会った人の顔をイラストにしたり、時系列を記したり、時には録音したりしながら生きているのだろう。
「患者は医者に嘘をつく」
このことは精神医学の永遠のテーマだね。
三田寛子に限らず、芸能人は「鼻の病気」になる人が多い。
あれは「昼夜逆転」によって光のエネルギーが乏しくなることから生じる。
目で見るものは法律の教科書しかないし、耳で聞くものもない。
目や耳でから得るもののエネルギーに気をつけなければならない。
小説を読んだのならば「劇場版」は必ず見に行かなければならない。
頭脳だけで生きていこうと考えることの危険性を知らなければならない。
頭とからだは六つの神経でつながっているのだ。
芥川龍之介の「鼻」の治療法の答えは、頭を左に向けて30秒、右に向けて30秒、正面を向いてうつむいて30秒という運動を繰り返すことだった。
伊藤真の司法試験塾の伊藤は子供が生まれてからブロックカードが書けるようになったのだろうね。
伊藤真は港南台高校から東大法学部に入っていて、彼の虚言もとんでもないけどね。
不衛生な水から感染症を引き起こしていて「女のタバコの息が耐えられない」んだよ。
レミオロメン 3月9日。
藤原紀香が離婚した理由は「夫のED」以外に理由がない。
夫が「女にもわかる話ができない」ことから女に「会話になってないよ?」と突き放されて勃起しなくなったのだろう。
男はセックスに失敗するから勃起しなくなるのではない。
ワラント(女にもわかる話)を知らないのだ。
ひたすら「女にもわかる話」のできる男を求めていて、男を傷つけている。
今の夫とももめているんじゃないの?
男は「セックスの失敗」だと考えがちだよね。
藤原紀香。
独特の歩き方をする人がいるが、あれも脳に損傷を受けているために人の真似をしている。
たけしさんはそこまでひどくはないようだ。
左の脳に歩き方のコツは記憶されている。
松本人志が、「歩き方を学習していない女性」の真似をしている。
松本人志は、おそらく「ペンのキャップを外して逆さにはめて、そのペンで文字を書く」という作業ができないんじゃないかな。
また、肉などのタンパク質を摂取しないとトイレでおしっこをした時に倒れてしまう。
肉を食べても尿にタンパクは出ないだろ。このプラズマコントロールが発作と関わっているようだ。
「クリープのないコーヒーなんて」という人は深刻なてんかんの悩みを抱えている。
血圧の低い日は久本雅美に「姉さん、ドライブに行きませんか」と誘っていたが、その日の気分で言っているだけだ。
本当に約束を守らせるためにはやはり肉などのタンパク質が必要だ。
怒らせたら必ず「焼肉に行こう」という必要がある。
焼肉を食べる約束ならば必ず守るだろう。
たくさん食べたりお酒を飲んだらした日の翌日に血圧が低く、一緒に飲んだ日の翌日になぜか待ち伏せしていて「偶然のように」出くわすことがある。
低血糖の時に「俺はもうメシが食えないのかな?」というトラウマや頭を打った時の記憶がよみがえり、救世主だと思って待ち伏せしているのだろう。
矢口真里もこれで何人の男を追いかけたことか。
「人の可能性」に敏感なのは事実だろうね。
明石家さんまも「なんかあるんやろな」とよくテレビで発言している。
強制されてもいないのに坊主頭にしたらそれはもう「健康に対する警告」だよね。
松本人志プラベート。
彼の独特な目つきを見て欲しい。論者によっては「薬をやっている目だ」という人もいるが、答えは「ひたすら目で人の病気を見ている」のだ。
あるいは「有名人を多く見たために目つきが変わる」のは脳腫瘍からくるものであり、彼が歩き方を忘れた理由でもある。
目は「俺の病気を知ってくれ」と人々にアピールするために鋭くなる人もいる。
レントゲンをとってやっただけで目つきは柔らかくなるものだ。
あるいは、目の前で手をふって「二つの標的」を作ってやる必要がある。
目つきが悪いのを気にしてサングラスをしてしまう人もいる。
人間の「光」にせよ太陽にせよとにかく敏感なんだ。
目が鋭くなる分、耳が聞こえなくなるとめまいがして大騒ぎする。
浜田雅功はゲイである。
しかも、松本人志と「次男の会」として知り合っていて、松本人志がノンケであるためにカマを掘られて「ごっつええ感じ」という言葉を生み出している。
松本人志にとって浜田雅功のリアクションすらモノマネの対象だった。
今となっては、心臓の病気から吐いて失神したため赤ら顔だ。
しかも心を病んだことから浜田雅功はスキンヘッドにしている。
ゲイであることからくる攻撃性や、次男であることから「人の心に敏感」「酒が飲めない」ことは指摘していい。
次の動画は「仏像とは何か?」を語る上で有意義だ。
「政治犯収容所で人が近づかないようにするためにはどうしたらいいのか?」「仏敵ぶっ倒せ」を物語っているからだ。
つまり「暴力的であること」を浜田雅功は精神病院の閉鎖病棟で学んでいる。
人気のある頃はこれで通用したのだ。
今となってはアナルセックスと自信喪失(祖先崇拝喪失)が原因で人工肛門をつけている。
松本人志は常に浜田雅功のモノマネをしている。
子供などは偉い先生の前で目がキョドッたり泳いだりした後におしっこをしてしまう。
おしっこを漏らす子供が他の子よりも「遅れている」のは事実だろうね。
田代まさしは「低いコストで人の病気を見る」つまりおしっこが好きなのであって、パンチラを見るというのもそのような理屈だろう。
田代まさし。
吉田沙保里はレスリングという「減量が必要なスポーツ」をやっていたため「敵がダイエットの失敗を祈る」という経験から常に食べたり飲んだりしていなければ落ち着かないという病気になっている。
夜、おしっこに行くことを禁止された経験がある人も水分を取らなければ顔が真っ赤になるね。
シンドロームという名のつくものはすべて水分で治るんだ。
肺病のトラウマから人はタバコを吸うが、肺に穴が開いたのならばコーラ、喘息ならば栄養ドリンクで済ます人もいる。
人間は太ったら恐怖に強くなるし、痩せたら弱気になる。
糖尿病は、恐怖のコントロールがうまくできない人がかかる病気で、のんびりと暮らしていればかからないものだ。
ミネラル麦茶を大量にとるということは「骨の問題」を抱えていて、年に一回の血液検査が必要だ。
遠回しに言っているが覚せい剤の使用に注意を払わなければならないということだろう。
吉田沙保里は、言葉を失った。犬に噛まれたからだ。
彼女に必要なのは「泣く」ことだね。
加護亜依。
和田アキ子さんは唇による男の誘惑と、むかし覚えた嘘泣きで、ギャグが冷めた後に興奮状態に陥って周囲をパニックにさせていると思う。
これがゴッド姉ちゃんの正体だ。
みんなが笑ったあとに必ずフォローが必要なのだ。
アッコにおまかせ。
みんなが冷めたら極度に興奮するのだ。
天皇明仁は、「男の先生の朗読」を聞いて口が開く(下唇が垂れる)という症状を見せている。
男の方がより威厳があるからだとされ、口での呼吸や体温の因果関係が指摘されている。
瀬能あづささんもそうだった。
歩くのが遅いということは栄養不足を意味し、だいたい「老い先が短い」ことが分かる。
ストレスに耐えられないんだよ。
飲み物を大量に飲むというのも栄養不足を意味するし、トイレの禁止をしないことが大事だ。
栄養不足の人は汗をかきやすいというのはもはや人生に根ざしたものであり、食べればすぐ治るというものではない。
汗をかきやすい人が下痢をしたり吐いたりするのを見ているのだ。
痩せていなければ成立しない職業というのは確実に存在する。



瀬能あづさ もう泣かないで。
「読み聞かせ」よりもより臨場感のある授業が必要となる。
天皇明仁は、心臓が悪いが、先進国で「心臓が原因の死」は17.9%で、発展途上国で10.1%である。
サブサバラン(エジプト)ではわずか2.6%となっている。
1991年から1994年にかけてロシアでは心臓が原因の死は倍になっている。
国の発展、そして命の値段が高まると人は自分の心臓に興味を持つのだ。
世界の貧困は減ってきても、医者の心臓との向き合い方に関する考えは技術的には1950年代から進歩していない。
いまだにペニシリンを用いて手術している以上、仕方がないだろう。
しかし、国が発展したのならばよりクオリティの高い心臓に関する医療施設を作らなければならないだろう。
自分の命が惜しくなったんだ、医学なんて金儲けだろ。
HIVの陽性反応出たぐらいで、死ぬのが怖くなって大騒ぎするのが心臓病みたいなものだ。
1960年代に白人の間で心臓病が流行ってね、命に無頓着な人種には関係がなかったんだ。
心臓を邪魔するものがなければ血圧が下がるよ。何か自分の「最も落ち着いた状態なのか」をしっかり理解しないと心臓の問題で大騒ぎするんだ。
誰も心臓発作を起こさない横浜スタジアム。
学問が実らない、結果が出ない、自分のベストコンディションとは何か?を問い続けるとなんでも心臓のせいになる。
男社会は「最高の男と最低の男」が常に心臓病をめぐって落とし合いをしていると思った方がいい。
どうしても落ち着きがわからないやつにはフェニトインやセオフイリンを与えるしかない。
てんかんの発作ばかり起こしているとそんな境地にもなるんだろう。
1997年から2012年の間に、このことを理解しないで心臓病で死ぬ女性がどれほど増えたことだろうか?
女にも「男社会の優劣」が波及したのだ。
天皇陛下。
松浦亜弥は、常に顔がにやけているが、かつて「犬を見る表情」が「車の大量保有」によって固まっている。
孤独感がぬぐえない人は自分で自分の名前を連呼する。
松浦亜弥 ね〜え。
宮前真樹は、セックスによって熱を出していたため、セックスの時の出血に悩んだ。
生理の前におっぱいが柔らかくなることを知り、自分で自分のこと「セクシーダイナマイト」と呼んでいる。
また、生理前に食事を大量に摂取する癖があったために「顔が丸い人」と呼ばれていた。
子宮内膜症は、黒人やヒスパニックの方がアジア・コーカサス人よりも罹患しにくい。
「どうやって大人になったのか?」という理解が足りない時期にセックスしていて、妊娠と生理の区別もつかなかったんだろう。
膣の成熟が足りなかったんだよ。
「女って何?」
それを問い続けていた。
便秘をしているときは特に「女」について考えた。
生理が始まったかどうかという時の性交が彼女の人生に影響を与えている。
クリトリスの感度が異常に発達するため、セックスは愛せなくなった。
女性ホルモン治療を行う必要があっただろう。
塩辛いものを食べると「下の口と区別がつかない」と考えてしまうため、塩分を嫌うようだ。
クリトリスバキュームとの出会いも時間の問題だった。
子供の頃、男の子のヘアースタイルをしていたであろうことは想像に難くない。
髪の生え際が男のように不明確だったからだ。
どの女の子もそうであるが「これが理由で男の子との違いがわからなくなる」女の子がいるのだ。
女性ホルモンの問題なんだ。
なぜ胸の柔らかさが「セクシーダイナマイト」かわかるでしょ。
宮前真樹 夢へのポジション。
雅子さまは、喘息であることを私は確認した。
肺水腫につながる可能性があり、子宮からくるものだ。
出産が原因なんだろう。
肺や心臓の精密検査が必要なのに放置してあるから、意味不明な病名を自分で出してくるのだろう。
放置すると肺水腫になる。
心臓も10分間は心電図で検査しなければならないし、30秒から60秒の「T-Wave」の深さを見なければいつ心臓発作が起きてもおかしくない。
おそらくすでに何度も心臓発作を起こしていて恐怖でパニック障害にはなっているだろうね。
ウェーブの見方次第ではペースメーカー細胞になんらなの処置が必要だ。
ペースメーカー細胞に刺激と回復の機能を与えるのであり、機械を入れるというものではない。
刺激と回復の機能は、量と方向をコントロールするために皮膚の表面に装着するのだ。
脈拍を測るときは「トッ、ドッ、ド、トッ、ト」という5度の反復を何度も聞く。
4回目の「トッ」の深さを感じることができれば「T-Wave」が理解できる。
自分の心臓なんてこれで分かるんだ。
雅子さま。
秋篠宮は、酒、タバコを愛し、もっと文化を豊かにする必要があったが、わがままさが災いし、「シートベルトをしないまま交通事故を起こした」ために急激に痩せている。
交通事故や喫煙歴などのメディカルレコードが残されていない限り医者には治療は難しいだろうね。
終末期医療の対象に何らかの理由でさせられると「家族への約束」を破ったり、搬送の途中で死亡したりする。
彼も敵が多いことに気がつかないという善良さを持っていたのだろう。
安楽死が合法的なオレゴン州ではとっくに殺されていただろうが、彼は権力とはもはやかけ離れているという「生命の軽さ」を感じている。
交通事故を起こすたびに「痛い痛い」と大騒ぎして終末期医療の対象にされていたという点も彼の特徴だ。
「痛み」というのは測定できないから騒げば騒ぐほど損をするのだ。
「死にたいか?よし分かった」という国ではなくてよかったね。
「どうせ俺は死ぬんだろ!」と言って食べるのをやめてしまったのだ。
こんな情けない男への家族の落胆は大きく、わざと「ゼーゼー」と死にそうな息をしていたのもみんな分かっていた。
秋篠宮殿下。
家族にすら「殺しちゃおっか?」と言われた。
ナースコールを押しまくったのも彼には不利に働いた。
「死ぬってのは寝てるということとどう違うんだ?」という発想が、彼をこのような行動に駆り立てた。
「昔、お葬式ではみんな寝ていただろ」
どこまで甘やかされていたのだろうか。
高円宮妃久子は、アルコール中毒であるが「酒さえなければ防ぐことができる死がある」ということを指摘しておきたい。
「痩せる、運動する、シートベルトをする」などの生きるための基本を酒で忘れるのだ。
もっと教育が必要だっただろうね。肌の色の白さは驚異的で、何も学んでいないことがわかる。
ヘルメットを被らないでバイクに乗ったり、自転車に乗ったりすることも危険だ。
大学で酒を飲むことを覚える人がいるが、「酒に興味をなくすため」に高等教育は存在すると言っても過言ではない。
酒を飲んだりハーブをやったりするのは「心の闇」を抱えているからであり、心理カウンセラーを用意する必要がある。
体重を考えると女性の方が男性よりもアルコールに弱く、また、消化機能も弱い。
高円宮妃久子は「夢も見ない」と発言している。
心の闇と言っても「夫のDV、胃痛、頭痛、摂食障害」であるという現実的な解釈が可能だ。
「太っていることをバカにされた」などの些細なことが案外、トラウマになるものだ。
教育のある女性は「酔っ払っている私」をみっともないと考えていることからも、いずれにせよ教育の問題であると言える。
酔っ払っている私をみっともないと考えてしまい、精神安定剤を飲む女性もいる。
久子は「酒を飲むといいダイエットになる」と考えている節もある。
「心配、うつ、不眠」などがともなう世界であり、彼女の文化は極めて暗い。
常に「痛風を避ける」ということを念頭に置かなければならないし、みんな胃潰瘍になったという経験を共有している。
案外、「暗い連中が群れている」のが飲み会だということも知らなければならない。
肝臓の左側、心臓の右側という極めて面倒な箇所への腫瘍にも気をつけなければならない。
「心の闇」を持っているという現実を理解しなければならず、この暗い世界を愛するのがアルコール治療であるとも言える。
高円宮妃久子スピーチ。
生活保護や金の話ばかりなどの世界だ。
この世界と向き合わなければ「戦争に勝てる国」にはならないだろうね。

本当の女を知らないで。
CoCo メロディー。

最後に、このような研究は医学の観点からなされるものであり、ハリソンの医学書を参考にしている。
メディカルチャンピオンの座を日本国も手にするためには避けては通れないものだ。

« 頑張れ私女。 | トップページ | 行きずりの女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/71176327

この記事へのトラックバック一覧です: いじめをなくす方法。:

« 頑張れ私女。 | トップページ | 行きずりの女。 »