最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 頭おかしい女。 | トップページ | 恋する女。 »

2017年7月26日 (水)

穢れなき女。

「穢れなき女」は、パートナーさえいれば仲間もできるし、セックス政治に非常にいい反応をする。
ふしだらな女に罰を与えるのが穢れなき女なのだ。
彼氏に意味を見出せないのね?
彼氏は貴女に「女にもわかる話」をしていないから貴女はセックスの時に感じないのかしら?
「女にもわかる話」(ワラント)のない世界に穢れなき女は罰を与えた。
穢れなき悪戯。

家族や職場で「別れた」という話は罰が下る。
セックスが下手だからだよ。
言葉が不自由だから女にわけのわからない話をして、女を感じなくさせているんだ。
そういう奴は世の中でも嫌われ者だから「別れたんだってね」という口実でいじめられる。
いじめられたら刑法に触れる問題を起こして「若い女の子」にも相手にされなくなる。
国はいったいどんな教育をしていたんだろう。
若い女の子にモテる、それだけで男というのは犯罪を犯さないものだ。
女の子に「あなたの言っていることは分からないの」と言われることは、パートナーとの関係すら冷え込ませてしまう。
女たちに「あの人は深い話さえしなければ大丈夫よ」と言われる男は犯罪に近い場所にいて、しかもセックスが下手なのだ。
「彼女すら守れない奴」
そのような噂が最もふさわしい罰だった。
男に対する彼女の罵声に世の中は共感しやすい。
どうも彼女の感度が悪いな。他の女はどうなのかな?
社会は総力を挙げてこのような男を罵倒した。
女にとって「彼の話はつまらなかった」のだ。
パートナーの発信力は女に委ねられて別れた。
松田聖子 ハートのイヤリング。

子供がいない男はなかなか「女にもわかる柔らかい話」はできないだろ。
しかし、カップルは出会った時はまだ子供もいない。
「読んだから知っていた」という部分が男にはある。
つまらない、感じない、それは犯罪の起源であり、国の課題なのだ。
学ばない男には女たちからの罰が与えられるだろう。
「法って何?」
女たちはそのことばかり考えていた。
セックスの時に感じるからだ。
rebecca trouble of love.

国は教科書をすでに用意している。
読めないのならば女が離れていくほどのテキストだ。
離れていかないパートナーがいる。
それだけでも市民としての合格点を与えることができるのだ。
若い女の子が尊敬しない男、そういう男は犯罪を犯す。
彼女を守れなくて自信を失っているからだ。
「ソビエトには犯罪など存在しない。全部病気だ」という考えにも一理あった。
女に詳しい、女の子にモテる、男社会で尊敬される男はいじめられないというロシア正教会との関係を示している。
政治家と庶民の距離は「女に詳しい、女の子にモテる、男社会で尊敬されている」という点にしかないだろ。
わけの分からないことを言って女たちが彼の言葉から何も感じないととんでもない罰が下る。
プライベートでお金も払わないのに女の子たちが群がる、このような男が犯罪を犯すわけがない。
妻との良好な関係を維持しながら犯罪を避ける。
それが学ぶということだよ。
民法はお金を集める学問だけど、刑法はお金を払わなくても女の子たちが集まるという学問だ。
プライベートの「間違い」は公にさらされる。
幸せですか モーニング娘。

お金を集めるのがプライベートで、罰を与えられるのが公である。
私法と公法の違いはここにある。
私法学科は金持ちでいいね、公法学科はモテていいね。
学生のうちは分からなくてもいずれそういう仕事をするようになるんだ。
民事部に勤めていると「ほう、そんな儲け方があるのか」と思うことがあるし、刑事部に勤めていると「もっといいモテ方があるのにな」と思うんだ。
法学部の学生が身内に出ると、一族は安泰だな。
「事件性」があると裁判官はいろんな言い分を聞かされて勉強するのだ。
一生やってろと思うね。
あとは身内に教えてやれ。
刑事部では「モテないとはどういうことか?」を思い知るが、結局、プライベートでも貧しいということがわかるために違法性というのは民法も刑法も同じなのかなと思う。
工藤静香 証拠を見せて。

わけの分からないことを言う男に罰を与えるって悪だよね。
世の中には巨悪というものがある。
女は本でも読んで感じ方の勉強をしていればいいのに。
そうすれば女たちにも余裕ができでバカな男でも相手にすることができるのに。
犯罪のない国家というのは情報に満ちているんだ。
犯罪というのは端的にいうと「勇気付けてくれる女たち」がいないという女の問題だ。
女たちに快楽が少ないから無知な男に罰を与える口実を探している。
女たちが世間で罰を与えれば犯罪が減るのかどうかは分からないよ?
しかし、社会的制裁を与えるモチベーションが減るのは事実なんだ。
「システム」だけは明確にして犯罪と向き合わなければならない。
国は検察が起訴するといえばそれにしたがわなければならない。
「女たちが劣っている」
これが彼女たちが犯罪者の噂をする理由だ。
レイプ、殺人、盗みなどは「罰に値する」として女たちが噂しあった。
「そんなことをして男と言えるのでしょうか?」
女の子たちは犯罪者を勇気付ける気持ちを失ったのだ。
シルバーリングに口づけを。

おばさんグループの「シカト」から男は罰の存在に気がつく。
女たちの「出会いのための暗号」にも逆らった。
世の中は政治で動かすんだよ。黒い手はいらないんだ。
検察は、男を元の生活に戻すためにどれくらい時間がかかるのかを考えていた。
キャバクラも高額なお金をとった。
「有罪」って厳しいよね。
女に詳しければこんなことにならないでしょ?
男に「改革」が求められたのだ。
女たちが力を与えるのをやめてしまう。
読書をしたくなるのを待つ。
二段階で罰は与えられる。
社会のメンバーとして何が必要かを考えてね?
女の子たちがまた周りを取り囲むためには時間が必要よ。
夏の夕方、冬の夜明け、夜は罪深い時間よ?
夜はしっかりと眠ってね。
タンポポ One step.

裁判官は休日に喫茶店で珈琲タイムを楽しみながら、日常はこのような「犬のようにモテない連中」の相手をしていた。
裁く側と裁かれる側なんてこの程度の違いしかないよ。
女性たちの眼差しが違うだけなんだ。
裁判官もいろいろと教えさとすけどね。
反省させたって仕方がない部分がある。
女性にモテるかどうかを問題にしていただけなんだ。
それは精神障害者ならばとっくに社会で制裁を受けているから刑なんて必要ないし、健常者に「俺のようにモテるようになれ」なんていえないよ。
能力のない人間に「女にもわかるような話をしないと感度が上がらないだろ」なんて言えるわけがない。
学歴社会なんだ。
本当の裁判官ならば、女性向けに哲学書でも書いて、女の感度を上げる努力でもするだろうけど、なかなか時間がないからな。
Every little thing Time goes by.

« 頭おかしい女。 | トップページ | 恋する女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穢れなき女。:

« 頭おかしい女。 | トップページ | 恋する女。 »