最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« いじめをなくす方法。 | トップページ | 市民女。 »

2017年7月22日 (土)

行きずりの女。

もし、街ですれ違っただけの男女がカップルになるのならば、それはそれぞれの男女の今までの付き合いや、組織に影響を与える。
簡単に成立する効率的な男女の関係が、今までの「私の法」とどのような関係があるだろうか?
瀬能あづさ 土曜の夜にレインボー。

街でのナンパが一気に広まったのは1970年代のことだ。
「かわいいな」と思ってしまうという点では、法に嘘をつくのが街でのナンパだ。
アメリカ合衆国の民法が、そのようなカップルにも居場所を作り始めた。
宗教や社会の慣習が、このことをまちづくりの一つとして街を開放したのだ。
ドォーキンは、今まで属していた組織における長い付き合いから「プロポーズ」に至ると考えていたが、背景には「女のからだは皆同じ」という発想があったし、女が他の女のからだに吐き気を感じないための恋愛フォーラムが好ましいと考えていたということが指摘できる。
藤本美貴 銀色の永遠。

学校や会社の「ルール」ってなんだったのかなという思いもある。
モーゼ五書の戒律の伝統はどうなるのだろうとも思った。
「街に可愛い子ならばいっぱいいるじゃない?」という考えが学校や会社組織を強いものにしていた。
街とイエの「プライベートの違い」も理解しなければならない。
「女を連れ込む」という急進的思想がどれほど危険なものなのかをしっかり研究しなければ街は作れなかった。
【街でのナンパは難しくないか?】
これが議論の核心部分である。
男が使ってきたお金は今までの組織の女の方がはるかに多い。
女が男に求めるものが多いから組織というものを作ったのではなかったか?
女の快感の値段と、男の収入をしっかりと安定化させるためにも組織というものは必要だったのだ。
カップルというものは「男が稼いだお金の結論」だったのではなかったのか。
キスから胸に進み、セックスして結婚に至るという道のりが街でのナンパでは困難なのではないだろうか。
MajiでKoiする5秒前 広末涼子。

「お金は女のために使うものだ」という発想を忘れないで「街」に出なければならないね。
今までの交友関係のルールを「コモンロー」と呼ぶ。
その方が男は金を払うだろ。
しかし、街ですれ違った女の子をナンパしたら「お金がドッと出る」だろ。
お金を喫茶店などのアリーナに解放するためには女の子が必要なのだ。
パートナーを連れているのに、すれ違った女の子を見る男、それはもはや裁判の世界なのだ。
街というフォーラムを前向きに考えるか、コモンローを大事にするかの問題だ。
男は市民であり、時には政府の高官であることもある。
戸塚の「トンタン茶房」

女は「ナンパをされても振り向かない」という基本を理解している。
男を判断する材料に乏しいからだ。
企業が「効率性を求める」とは、街に可愛い女の子を歩かせることによって「自分の会社の女の子を可愛くする」という意味である。
1930年代から1940年代に起きたことが70年代から80年代にかけて再び引き起こされた。
国が今までの組織に大量にお金を流すというニューディール政策であり、女の子は街で男に振り向かなくなった。
これが法律の伝統だったのだ。

しかし、いまや国家のまちづくりとして、そして政治フォーラムとして、さらには今までの人間関係を大事にしつつも女の子と話せる場として喫茶店は利用されることになった。
ナンパの正当化の論陣は非常に強い。
政治家が喫茶店を「裁判所」とみなすようになったのだ。
社会経験を背景に影響力を高めるために「ちょっと喫茶店に行ってくる」と言われるようになった。
政府高官が普通にコーヒーを飲んでいる店、それだけでもよくなった。
政府高官は飛び交う言葉を黙って聞いていて色々考えたり新聞を読んだりしていた。
女性たちに囲まれたかったのだろう。
それが男の出世だったし、休息でもあった。
飛び交う女たちの言葉を聞いているだけで富のパレートが移動するのを感じるのだ。
家庭を持っている男が女性たちの話を聞くことができる。
それがコモンローの結論であり、悩みを抱えた女性たちが「政府高官という裁判官」に話を聞かれているのを知りながら集う場所となった。
男を勃起させるのが女たちの目的だったからだ。
「私たちの興味のある話題で男を勃起させるの」
喫茶店では「騙された話」ばかりしているのが女たちの本音だった。
仕事や家事、子育てがあるから「騙される」のだ。
その経験を政府高官に聞こえるように話した。
政府高官は「あの問題か」「いつか話さなければいけないかな」と思いながら新聞を読んでいた。
高橋由美子 コートダジュールで逢いましょう。

家庭を持った男は女の話を聞く機会が減る。
それが法律というものだった。
そのために街に可愛い女の子をたくさん歩かせた。
あるいは仕事をしていたり家庭を持っている女性たちに街を開放したのだ。
家庭内では話したくない、外で話したいと言っていろんな善後策をコーヒーを飲みながら話した。
まるで「何かを守りたい」かのようだった。
社会経験に満ちた喫茶店はまるで私たちの悩みの答えを知っているようだった。
想像で男は勃起する側面がある。
想像力を磨くためにはコーヒー代は、コンビニに比べて安いぐらいだった。
裁判では悩んでいる人を誰もバカにはしないだろ。
政府高官も表情を変えなかった。
ヘンリー二世が街を開放的にしたのだ。
法律事務所よりも解決能力があるようだった。
男はみんな喫茶店では「男らしく」振舞っていたからだ。
女の子を街でナンパして喫茶店に誘うのも、店がこのような文化を持っているからだ。
「私たちの出会いに無関心ではない人たちがいる」
中には恋愛作家も喫茶店にいた。
宇田川光代。

「みんな家庭を守りたいんだよ」
客の男がそう言っているように思えた。
カリフォルニア州最高裁は、喫茶店の椅子を「女王の椅子」とまで表現した。
私たちの話し合いは一面トップに来るのかしら。
そのために新聞というものは置いてあった。
女たちは「セックス」を語り合っていたが、言葉にはしなかった。
プラベートを楽しむとはそういうものだったのだ。
うまく言葉にはできなかったので話は長くなった。
安倍なつみ 男友達。

ナンパして「お茶しない?」というのはみんなが通ってきた道だった。
今まで属していた人間関係より優れた経験というのはこれほど成熟した喫茶店というものがなければ成り立たなかった。
「お茶の作法」とはこのような政治フォーラムをいうのだ。
千利休は、信長様を理解していない。秀吉はそれを知って激怒した。
法律学というものは非常に混乱しているんだよね。
必要なのは「やる気」だけなんだ。
女たちの議論が聞きたい。それだけだよ。
どんな仲間がいて、どんな宗教を信じていて、何を強制されているのかな?
男は口出しできないので黙って聞いていた。
喫茶店という文化を作っただけで国の税収は増えたのだ。
家庭というものがあり、税金というものがあり、うわさ話というものがある。
文化ではあるけれども政治の側が「計算した」ものでもあった。
すべてが無駄には用いられないことが分かっていたのだ。
話し合った悩みは社会の共有財産になる。
松浦亜弥 S君。

家庭を守るために語り合うことは敵を作らない。
いろんな人が話題に共感しているのだ。
自分が一番大事だということを巧みに用いている。
政治家は「喫茶店で世論を拾った方が安上がりなんだよ」と言った。
「女のルール」を知ることもできる。
人と向き合わなければ罰が与えられてしまうのが世の中なんだ。
まず「空気に馴染む」こと、そして「自分の方向性を決める」こと、「役割を明確にする」こと、これができなければ「罰が待っている」こと。
引きこもるぐらいならば喫茶店に行った方がいい。
政府というのはそれほど複雑なんだ。
人と会わない奴とは政府も話したくない。
それが「罰」だと思った方がいい。
ハートは「法律っていうのは要するにいろんな組織と話ができるということだろ」と言った。
法律は守ればいいと思うだろ?
その通りだよ。でも「罰」を避けるために人と話せということなんだ。
ひとりの女はあまくはないんだ。
いろんな仲間がいる。
痛みを感じていたり病んだりしている女と話すとあっという間に広まるよ。
健康的で可愛らしい女を街でナンパすると「悪い男」だと思われるよ。
でも、健康的な女なんていないんだよね。
家庭を守ろうと思っている他の客はどう思うか?
「私たちに馴染めればいい」と思っているよ。
女が肉ではなく豆腐をレストランで注文したら、安いし健康にいい、そのこと自体、感受性が強く病んでいるのだ。
「守らなければならないことがあるんだろう」
食べることにすらリベートを求めているのだろうか?
お金と健康を求めること自体、誰かと話したがっていることを意味する。
罰を受けるよりは税金を払いたいんだ。
引きこもりなんて犯罪的だと思っている。
そのおかげで引きこもりの人のまわりの空気は汚れているからね。
「政府と話をするために法律を学んでいる」という意味を知ってくれ。
政策を作る人もできるだけ多くの人と話した人物の話を聞きたがっている。
罰を受けた人の通報なんて聞いてはいないよ。
攻撃側が正しいと思うだけだ。
松浦亜弥 絶対解ける問題。

女の子を街でナンパするのはいいことだよ。
引きこもって一方的に罰を与えられるやつよりははるかにいい。
ラスコーリニコフは一回の罪から300人と話しただろ。
家庭を守るという気持ちが世の中で一番大事なんだ。
「守る」という言葉のすべてが家庭にはある。
家庭内では何度「これならオーケーだ」と言ったことだろう。
喫茶店で「ナンパした女の子」が笑ったのならば周囲は微笑ましく思うだろうね。
所詮、家庭を守るって「笑う」しかないことばかりなのよね。
何度も「イコール」を成立させていくしかないし、きりがないものだ。
男であり続けるために男は多くの人と接するしかないのだ。
いろんな物事が計算できる人は素敵ね。
面と向かって人と接した男しか家庭内にいて欲しくない。
自分のグループをコントロールした男ならば政府も話をしたがるよ。
コントロールと言っても「人を元気にさせた」というだけだろうけどね。
H.L.A.ハートは「他人を元気にさせてやる気を出させる」ことだけを教えるために「心のふるまい」という本を書いている。
「官僚自体、毎日くよくよしていることを知ってくれよ」
なぜ官僚は優秀だという漫画を信じているんだ?
まわりには女の職員がいないじゃないか。
政府高官は、ラフな格好をして喫茶店にいた。
瓦全房。

官僚や裁判官は「周囲に認めてもらう」ために裁く。
そのため、喫茶店でも女性たちに声をかけるというよりは「頭の体操」をして終えればいいのだ。
街でナンパして入ってきただけの男女も当然、風景の中に含まれている。
二人の男女が緊張しているのを見ればわかる。
まるで自分の住所も教えないゲレンデの恋みたいだ。
それぞれが「守るべきもの」を持っている。
1975年にランズとポスナーが喫茶店でこの研究を行った。
「男のセールスポイントが一通り、語られるのを見た」
一生、言い続けるんだろうな。
外ではいつもそう自己紹介しているのか。
最後に男がお金を払った。
2001年にカプローとシャベルがこの世界をもっと深めた。
日経平均に見合わない金額だとセックスまで至らないのが喫茶店の価格設定だったのだ。
喫茶店でご馳走して「お持ち帰り」など誰もできないことがわかったのだ。
男の「階級」だけ確かめて女は帰っていくのだ。
2とランクされたら、次は4でさらに次は16だ。
3とランクされたら、次は9でさらに次は29だ。
29まで行くのならば「セックスOK」というシグナルが出される。
喫茶店で男の点数は2か3しかないのになぜ緊張しているのだろうか。
政府高官は眺めていた。
4か9まで区別がついている男女ならば盛り上がり方が違うだろう。
16か29ならばお会計まで女の子が付いてくるかどうかで分かるだろう。
セックスOKならば、その後も女の子は話の続きをするだろう。
ナンパした女の子とはそのようなものだ。
喫茶店というものはそのような「物語」まで提供するものでなければビジネスとしては成り立たない。
価格設定とセックスの関係を理解しなければならないのだ。
カプローとシャベルは「お茶しない?」というナンパの意味を21世紀になってから明らかにしていた。
女の子は常に「からだは売るものだ」という発想を持っていることを忘れてはならない。
しかも、男が喜んでお金を払ってくれたというところを見ている。
男の値踏みというよりは「女としての自信」を喫茶店で見ていたのかもしれない。
「この人とならば女として生きていける」というぐらい金払いよく、しかも機嫌よくお金を払わなければならない。
三度目のデートでようやく結論が出るために、何らかの方法でふたたび会わなければならないだろうが、そのあたりはめぐり合わせだろうね。
さだまさし 雨宿り。

« いじめをなくす方法。 | トップページ | 市民女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行きずりの女。:

« いじめをなくす方法。 | トップページ | 市民女。 »