最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« クローン女。 | トップページ | いじめをなくす方法。 »

2017年7月18日 (火)

頑張れ私女。

モンターニュは、哲学者だったが、エッセイだけは歴史に残った。
「セックスが生み出す俺たちの知らない世界」をエッセイにしたのだ。
モンターニュはブルジョアの生まれで、フランスのフランソワ1世のために父親はイタリアで戦った。
16世紀の話だ。
ボルドーの大学に進んだが、もっとも人間の見せる「瞬間」に満ちた大学だったのだろう。
法律を勉強したようだがどこまでやったかは明らかでない。
37歳で人生に疲れ果てた時に父親の城に帰ってきた。
彼の法律の探求の世界がどのようなものだったかは分からないが「モンターニュの言葉はメシアの言葉」と呼ばれ、カトリックもプロテスタントも注目した。
彼の言葉が、現在のアメリカのツイッターで140文字つぶやかれているのが現状だ。
19世紀に「ボルドーコピー」というのがまとめられた。
彼の言葉には「怠け心がなかった」「嘘がなかった」「ゆっくり話した」「子供を大事にした」ということが言える。
柔軟にアカデミズムの情報を取り入れていったのだ。
「人が動物より優れている」という衝撃を西洋社会に与えた。
言葉がグローバルスタンダードだったことも魅力だった。
キス、胸、セックスという基本を踏まえていたことも魅力だった。
詩や歴史書や哲学書の読書量も彼の言葉が物語っていた。
彼の法律家としての人生を彼は見つめ直したのだ。
「地球はまだ動物だったのか」という境地にもなった。
まだ空はあったし、おそらく神も天使も空にいたんだろう。
そう考えざるを得ないほどの修羅場を生き残ったとしか思えなかった。
いじめにも耐えていたことは明らかだった。
「忍耐力のない子供へのメッセージ」こそがコピーライトだと発言したこともあった。
やがてプライベートを充実させていくであろう子供達に宛てたものだった。
それほど大人になっても「社会に馴染めず、知識も満たされていない」人たちが多かったのだ。
非常に忍耐強く、そして権威を簡単には信じない、それがモンターニュの特徴だ。
メチャクチャな人生を生きた者がキリスト教に怒られる、この図式を描いた。
古典的でありながらか発明だったのだ。
「人間は定義のない人生を生きている」
目の前にいるパートナーとのセックスの可能性の探求でもあった。
「私には分からない」「おそらくこういうことだろう」「本当かよ!」これがコピーライトの基本であったのであり、イベントと絡まなければ真実は誰も分からなかった。
苦しい人生の中で何を見てきたの?みんなが錯乱している中でなぜあなただけが冷静なの?
モンターニュはアイドルに騙されなかった。
学園生活の思い出や、詩に浸った時期を常に頭においていた。
権威の「独善」よりも法律家としての経験の方が勝っていると確信していた。
「神がこんな空間を私に与えてくれる限り、私はエッセイを書くだろう」としていた。
このことを悟った時に、彼は法律家としての苦しい人生を捨てて父親の城に戻っていったのだ。
「マスメディアよりもマシなことが言える」
これが大事だった。
メデイアの人間のような浮ついたセックスよりも「重いもの」を知っていた。
法律家をやめた彼の言葉は非常に喜びに満ちていた。
聖書が描いた「歴史的瞬間」も法律家としてその意味を探っていた。
「男女の痴話喧嘩だよ」
多数派が信じている「幻」の中に自分のスペースを探し続けた。
「キリストはグローバルスタンダードだよ」
みんながそう考えていた。
「世界がどう見ているのかを彼に聞け」
女のからだ争いが男らしく語られているだけではないか?
女は自分よりもセクシーな女に吐き気を感じている。
それをただ「男言葉」に直しただけのことをメディアの権威が言っているに過ぎない。
モンターニュは、若い頃のデカルトにそのことを伝えた。
デカルトは法律家ではなかったが、このことから「言葉磨き」を始めている。
「女のからだ比べを男言葉で語っている」
これさえ分かれば、メディア論は終わってしまった。
モンターニュのキャッチコピーは次々にイベントで影響力を増していくだけだった。

« クローン女。 | トップページ | いじめをなくす方法。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ私女。:

« クローン女。 | トップページ | いじめをなくす方法。 »