最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 核廃絶女。 | トップページ | お先に失礼女。 »

2017年7月 2日 (日)

スマホ依存女。

インターネットやスマホは今まで分からなかった人間の真実を明らかにした。
それでもなお、スマホ依存女はそのことから目を背けるのではなく、社会で生きていくための「やる気」をもらっている。
それも「自分の世界が広がるのは楽しい」というところから来ている。
現在、周りの連中が企んでいることへの「カン」が磨かれたりする。
マイクロプロセッサーは、今や車やエレベーター、電子レンジ、時計などにも用いられている。
スマホ依存女が楽しんでいる技術はこれらの安全を期すことから日々、磨かれているのだ。
「何か楽しいこと」を提供した者の序列が上にランクされたりして社会の序列が再編されるという効果もある。
スマホのある世界とない世界では何が違うだろうか?
速さ、近さ、明確さか?
買い物や、教育、政府に関してはそうだろうね。
このことだけでも確実に世界は広がるのだ。
しかし、選挙への活用をする政治家や、若い娘をナンパする共産主義者という二つの視点は忘れてはならない。
何がより「男らしいか」は別として、ワープロのコピーアンドペーストだけは自分の所属する組織よりも強烈な影響力を持つのは事実だ。
また、スマホ依存女が悩んでいることの解決法や答えが「ワンパターンになる」ということも指摘して良い。
複雑なはずの社会が「正解」の前に同調行動をとることも指摘できる。
スマートフォンは、スマホ依存女をただ待っているだけではない。
スマホ依存女をスクリプトによって動かそうとすらしている。
タンポポ 恋をしちゃいました。

スマホ依存女に価値を与える論客は常に3人いて、3通りの方法があるために女はスマホが手放せなくなっている。
一方で、スマホ依存女は常に自分に対する悪巧みに敏感になっている。
「悪巧みには技術的な対処が可能だ」と不満を漏らしながらスマホを使い続けるか手放すかしかないことも分かっているのだ。
そのようにして人間の本性や悪事が夜明けを迎えたように明らかになった。
音楽のあり方も変わった。テープレコーダーの頃から、音波を出して耳で感じることは分かっていたが、動きやスタイル、リズム、トーン、スケールが明らかにスマートフォンでは変わった。
このこともスマホ依存女を惹きつけた。
「女の声」といういまだ聞いたことのないような言葉も明らかになってきた。
女たちは自らの価値を高めたいために今まで話したことのないようなことも話した。
まさに「女心も夜明けを迎えた」と言っていい。
「女たちが今まで慣れていた作業に機能を合わせる」ことに成功したからスマホ依存女というのは生まれたのだ。
CoCo 優しさに帰れない。

若い連中はむしろ機能を使いこなすことの方が、世界を広げることよりも先行してしまうとされる。
「世界を一本のラインの上に乗せた男が勝つよ」
あとはムードを与えるだけだ。
スマホ依存女もそのような男を支持していた。
効果音などの音が大事になってくるね。
ギリシャの時代には、一方的に「されるがまま」になっていてお互いに面倒を見あっていた人々だったのに、スマホ依存女は「社会は特定の男が一本の線に乗せようと試みている」と考えるようになった。
しかも、若者を標的に「ムードと詩」によって行なっていると考えていたのだ。
買い物、教育、政府への距離が縮まり、人間の本性が技術によって明らかになった。
若さを無駄にしている連中の支持を集めたし、スマホ依存女は「私が考えていることに興味を持って欲しい」と思ったのだ。
彼氏とのセックスではなく日常がスマホにはあった。
スマホ依存女はもはや動物ではなかった。
仲間たちが技術の周りに集まって来たのだ。
ネガテイブな記憶はいくらでも消すことができた。
男の言葉があって、胸に刻まれることもあった。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

夢と現実のギャップをスマホ依存女はスマートフォンで埋めていた。
「過去は間違っていた」
そう思ったからこそスマホ依存女になっていたのだ。
人工知能みたいな男の言葉がたくさん聞けるのが楽しかった。
女の複雑性をシンプルにしてくれたのだ。
人工知能を作った男がいちばんの「電話の達人」だったのが良かった。
若い連中は女に興味があったからこそコミュニケーションが上達した。
自分にも「できる」ということと、電話の相手が女であるということから身体がほてるのが分かった。
非常に心地の良い者だったのだ。
憧れの女性がファーストフードのように身近に感じられた。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間。

この男たちの世界こそがスマホ依存女の世界を広げてくれたのだ。
セックスしない方が世界が広がった。
スマホ依存女は、自分の心の鍵を外してもらったような気がした。
肉眼で見るのとは異なる「望遠鏡で見る月」が見えた気がした。
自分の「美しさ」もスマホ依存女はネット上ではコントロールしていた。
ソニーのアイボは宗教的意味合いが強すぎる。
実際の男たちは「美しい女」を愛していた。
コミュニケーションの高度化だけでも国の税収は増えるのだ。
日常生活に必要なものをスマホ依存女はスマートフォンからすべて得ることができたし、コミュニケーションの高度化、つまりその女の心の鍵を外してくれる人工知能から女の世界は広がり、税収が増えたのだ。
テレビが双方向になったりcookieがあったりするのはお金の問題になりやすい。
女は自分の「ブラックホール」でそれをコントロールしている。
それ以外の問題がないからスマホ依存女は「スマホを使うと自分の価値が高まる」と考えるのだ。
女がセックスで果てるのは「男がやるものでありスマートフォンがやるものではない」とも考えていた、
ATMは、車椅子の障害者には使えないだろ。
障害者にスマートフォンは使えなくなっているのはPINのおかげなのだ。
アプリなどの仕組みのブラックボックスがPINであり、障害者には分からない。
ICTという機能を使ってコミュニケーション障害を持った男にも「女の価値を高める発言ができる」という指摘は可能だ。
いずれにせよ「若さ」というものは学習だよ。
サイバースペースがアンダーグラウンドであるというのはいまだ根強い考えだけど、有効に使えば確実に自分の可能性は広がるんだ。
インディゴブルーラブ。

« 核廃絶女。 | トップページ | お先に失礼女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ依存女。:

« 核廃絶女。 | トップページ | お先に失礼女。 »