最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« できない女。 | トップページ | アジアの女。 »

2017年7月10日 (月)

くよくよする女。

長生きした人に話を聞くと必ず「くよくよしないこと」と答えるだろう。
人生の先輩がこのように語る本当の意味は「失恋」にしか見当たらない。
長生きしたお婆さんは常に優位な恋愛経験をしてきたのだろう。
みんな長生きがしたい。
そのためには恋愛論に詳しくなければならない。
CoCo 優しさに帰れない。

1990年代はコンピューターに詳しくなければどの女もくよくよした。
2000年に入ってからは失業にくよくよした。
人生には「賢い選択」が必ずある。
なぜタバコを吸っても癌にならない人がいるのだろう?
上半身裸になってお日様に当たれば肺がんにならないことを知っている人はレストランでどんなご馳走を食べた人よりも幸福度が勝っている。
みんな「なんで私が?」と言ってくよくよしているのだ。
コンピューターと接する機会にせよ、失業してお金がないことにせよ、「知らないからくよくよする」としか言いようがない。
精神医学を当たり前のように知っている女子大生と、からだを売る女子大生の2通りがある。
このあたりに長生きした人の「くよくよしないこと」という言葉の秘密がありそうだ。
「情報が違ったのではないか?」
人生のトータルの富というものを考える上で、その「最大化」を行なった年寄りの言葉は重く受け止めなければならない。
「さよならよりは殺してほしかった」という音楽作品もある。
ribbon 亜熱帯ビーズ。

勉強や学問は常にギャンブルと隣り合わせだ。
「本当にゲームとして成立させなければやるものではない」ということが指摘できる。
ギャンブル性が高いうちはかなり寿命を縮めることになりかねないので、「分かること」をやった方がいい。
恋愛論などの学問も「環境に恵まれていなければ」やる意味がない。
他の友達の悩み相談に乗っているうちはまだその必要性が認められる。
しかし、当事者意識を常に持たなければ必要のないものだろう。
やりがいがなければセクション8(精神病院)行きなのが学問というものだ。
同じところが痛むのならばその人と話した方がいい。
酒井法子 aiiright.

お金に困らないという幸運がいちばん寿命を伸ばすのにいい。
生まれが貧しくても階段を登っていくという構図がどれほど恵まれているだろうか。
「値しない」ものを与えられることがどれほど寿命を縮めるだろうか。
常に「最大化」を頭に置いておかなければならない。
勉強で得た喜びはまだ現実の生活には生かされない。
男の子と女の子でも力の違いがある。
勉強を女の子の感受性に合わせていく努力は必要だろうね。
しかし、精神医学や恋愛論などの学問となると女は強さを見せるのだ。
フランクフルト学派が狙ったのはこのような女であった。
ガソリンスタンドに寄ってガソリンの値段が安いのを見ても「私のおかげ」と考えるのが女なのだ。
運転している男にリッター何キロまで語られるのはうんざりだけどね
失恋ソングは「社債」にもなるし、女の失恋というのは世の中では「男」という扱いだ。
一生懸命、農業をやって体が強くても「失恋」だけで壊れていった人を多く見てきたのだろう。
Qlair 秋の貝殻。

率直にいうと「丸腰のギャンブル」を避けることだよ。
時代の「誰も解釈できないこと」から逃げ続けることが大事だ。
「代わりはいくらでもいる」という生き方がどれほど恵まれているだろうか。
誰かが解釈を教えてくれるのだ。
テレビだけ見ていれば長生きできる。
花粉症やアレルギー性鼻炎は「責任が重たすぎる」という意味なのでそのことに注意した方がいい。
無茶な運転で命を失うような行為が人生にはあるのだ。
歳をとった後に、「ああいうのが危ないんだよ」と失恋のことを語っている。
女の話を聞いて人生の燃費を良くした男は暴走に気をつけなければならないのだ。
学問の裏付けがあるのならばギャンブルは楽しいよ。
でも、特攻隊みたいな奴が死んだのを目撃してきたのだ。
怖いから目すら閉じて運転していたよ。
丸腰だとそうなってしまうんだ。
お金目的でも割に合わないのがこのような時に失う命なんだ。
寒い気候でも洪水が起きても、なんらかの生き方はあったけど、丸腰の特攻隊だけはどうしょうもなかった。
障害者になっても「見せもの」になって生きていけるんだよ。
ギャンブル性の高さに気をつけろというのが「くよくよしない」という意味だったのだ。
瀬能あづさ もう泣かないで。

失恋というものは中立の立場に立つことも許されないし、大げさに騒ぐこともできないし、からかうこともできない。
セックスで儲けようと思った女の「くよくよした」姿なのだ。
優位に立っていたはずの女が「劣っている」とみなされる瞬間を歌っているものでもある。
長生きしたお婆さんは「対等」であり続けるために「くよくよするな」と言っていたのだ。
まるで「私の島を荒らすな」と叫んでいるようだった。
中立の立場に立って音楽作品を聞いている男は女を差別するだろう。
工藤静香 パッセージ。

しかし、誰が誰より不幸なのか?しか分からないよ、
この女はもう再起不能なんだろうな、と思って他を当たるだろうね。
男運もだんだん悪くなる。
だから年寄りのおばあちゃんは「くよくよしない」ことが長生きの秘訣だと言ったのだ。
庶民である以上、それ以上のことは分からないだろうね。
眠れなくても働かされて病気になってしまう女を大勢みたのだ。

« できない女。 | トップページ | アジアの女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くよくよする女。:

« できない女。 | トップページ | アジアの女。 »