最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 聖子女。 | トップページ | 百恵女。 »

2017年6月16日 (金)

美人女。

今日では、精子や卵子の売買がなされる時代である。
しかし、「妻への義務とお金」だけは変わらないのだ。
他人の精子や卵子から生まれた子供であることと「母の純潔を信じないと子供が伸びない」ことはどのように関係するのだろうか。
どのように親は自分たちがやったことを「解釈」すべきなのだろうか。
受精卵の売買をやると「子供が自分のルーツに興味を持つ時期が来る」ということは長い目で見ておかなければならない。
どのような発想で精子と卵子をマッチングさせたのかにも興味を持つだろう。
産む目的で売買された受精卵には「子供の辛い人生」がまとわりつくことだけは忘れてはならない。
キスもペッティングもなく生まれた子供であることから「愛されてるのかな?」と心配になることもある。
母と娘のデュエットソング。

精子や卵子の提供者はお金をもらっている以上、「私は親ではない」と振る舞う義務があるとされる。
子供がルーツに興味を持てばたどり着く人物ではある。
女が「できちゃった」という偶然の妊娠がどれほど子供の利益になるかを悟らなければならない。
キリスト教の伝統はセックス政治ではなかったのか?
しかし、社会は「生物学的な親」とは異なる親の存在を認めたのだ。
精子や卵子の提供者にも親がいるだろう。
つまり、生まれてきた子供のおじいちゃんおばあちゃんまでルーツを辿るのは複雑すぎるのだ。
そのため、さまざまな事例で「もらい子」と呼んでそれ以上の探求は行なっていない。
精子や卵子の提供者は子供を愛するための自分なりの解釈は行うだろう。
しかし、「親子の親密さ」にまでは立ち入らないものだ。
しかも、子供のその子孫までをも「自分の子孫」とは呼ばないだろう。
子供の「恋愛リスク」まで責任を取らないだろうし、暮らしぶりにも介入しない。
このような生殖技術を用いたのならば「25歳までに子供を作れなければ子孫を残す可能性はない」とも言われるが、それはもはや社会的タブーとして語られている。
それもしかし「人との親密さが作れない」ということから来るのかもしれない。
モーニング娘。 ふるさと。

しかし、精子と卵子の提供者が「子どもの心をもてあそぶ」ことはやってはならない。
「自分に関する情報を集約しなければならない時期がある」
生物学的なつながりは自分に関する重大な情報であり、これが混乱するだけで子供は周囲を敵に回してしまうのだ。
匿名性をたもつ精子と卵子の提供者というのはこのことから生まれている。
人生で「集約」しなければならない時期は注意が必要だ。
一方で、精子と卵子の提供者の医学情報がどうしても必要になる時があるだろう。
しかし、そのような情報は成人病に関するものであることが多く、匿名性をたもっても支障はないとされている。
むしろ「血がつながっていない」という緊張感に注意しなければならない。
家族の血の団結は「愛されていないのは血がつながっていないからだ」と考える子供が出てきてしまうことを恐れている。
国連は「子どものお小遣いの問題」と考えているようだ。
貧困や人間不信から「25歳までに子供ができないと子孫を残すことは困難」と言われているのであり、生殖技術の問題ではない。
匿名性をたもたないと、いつ何時「私が本当の親だ」と言い出すかわからず、社会が「あれが本当の親らしい」という烙印を押してしまうという問題は指摘されている。
【どのように精子と卵子の提供者を選んだのか?】
それは美しかったからだろう。
いろんな意味で民族の優れた部分を持ち合わせていたからだとされる。
HIVでないのならば陰湿な人間ではないだろうし、B型肝炎でなければ大酒飲みではなく妊娠中に酒も飲まない。
「どのように子供をデザインするか?」は、遺伝子操作でやっているのではなく、精子や卵子の提供者のいろんな特徴を見ているのだ。
このことだけでも「親が子供をデザインしている」と指摘され、自由恋愛とは異なる側面があるのだ。
「顕微鏡で子供をデザインしているのではない」ということは知っておいたほうがいい。
「自分は結局、選ばれていなかったのか」という気持ちが一番危険だ。
代理母になるような女はフリーセックスに慣れているという問題は指摘していい。
これも病気や障害の原因となる。
ウルフルズ かわいいひと。

交際を経て「この人の子供なら産める」と考えたわけではないことは危険ではないか?
何かの問題や障害を一緒に乗り越えてきたカップルではないのだ。
このこと自体、「子どもの障害に対応できない」とされ、遺伝とは別の話とされている。
また、人種にも優劣が存在する現状を理解しなければならない。
家族を作る上でのアイデンティティとなるものが人種なのだ。
「精子バンク」は、自然に作られた家庭環境に適応しきれない子供を残す可能性がある。
親が無理をしてもいけないし、子供が人生の中で「集約」しなければならない時期があることも知らなければならない。
「才能ってどこから来るの?」
よく考えなければならないね。
子供は環境に適応しやすい。
いかに「シンプル」な環境を提供するかが大事だ。
また、精子の提供者にお金を払うような男であれば「卵子がビックリしてしまう」という病気の存在は指摘できる。
お金を払うことの危険性は日本でも知られている。
木村拓哉ソロ。

そもそも「妊娠するためにお金を払った」ということが子供のお小遣いにどのような影響を与えるのかもわからない。
やたらと娘の性に縛りをかけたり、彼女を作ることに抵抗を感じたりするものだ。
英国では「卵子の共有」というものが行われている。
750ポンドで卵子を提供し、論点をクリアーするための数千ポンドを節約しているのだ。
卵子は限られている。
しかし、それを共有しようという動機はなんだろう。
「自分に敵が少ないという動機から卵子を提供していたのだ」
美人女だけがその動機を持っていた。
そうでなければま自分で子供を産むよ。
民族の団結以外に限られた卵子を提供する動機はないのだ。
島崎遥香。

« 聖子女。 | トップページ | 百恵女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70880301

この記事へのトラックバック一覧です: 美人女。:

« 聖子女。 | トップページ | 百恵女。 »