最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 美人女。 | トップページ | 共謀罪女。 »

2017年6月17日 (土)

百恵女。

「守る」ということの意味と「治める」ということのありがたみを知っている女が百恵女だ。
松田聖子がのちにMSRPプログラムの優等生となっているが、山口百恵はVEリサーチプログラムの優等生だと言える。
女が「守る」「治める」という二つの柱を用いて生きていけることを証明したのだ。
山口百恵 ひと夏の経験。

「守る」というのは男の感じ方を高めるし、男が知的になるし、より混乱が少なくなる。
このようなことが明らかになったのは1994年のマクドウェルであったり、2001年のグレコであったりが明らかにしたもので、知識や男社会で生きている証拠、挿入、妻や彼女への義務をあらゆる言葉を用いてアピールしたのだ。
日本国のVEリサーチプログラムにアメリカが反応したのはそれほど遅かった。
「守る」ことと「治める」ことを女が知っていてくれたならば、という経験は王室がなければ生まれない発想だったのだ。
女が「守れば」男が「治めてくれる」ことが分かった。
山口百恵 美サイレント。

思い起こせばキルケゴールも若さを無駄にする連中にこのことを語っていたし、ヒュームも「お金をもらって長話を聞いてもらう」だけではセックスしない女の存在は語っていた。
イスラムなどは世界のキャンパスでこのような「女が守り」「男が治める」という現象を確認していた。
1987年にはレイプ撮影を禁止したローラインコードなどがこのことに重大な関心を寄せた。
女が「守る」というメッセージを出しても税収は増えたのだ。
恋愛、セックスの気持ち良さ、そして「女が守る」この三つに税収の根拠が見出せた。
美しい女が「守る」というメッセージを明らかにすることの意味を悟らなければならない。
AKB総選挙2017.

女が「守れば」本当に物事は「治る」のだろうか?
この基本から議論を始めなければならない。
男は金融を理解し、勇気を身につけるとも言われる。
女運次第では知的な繁栄が見られるのも事実だ。
AKBがテレビで「守る」ことを明らかにしてもギャンブル性が高いとも言われる。
しかし、彼女たちは山口百恵に大きく影響されてそのような「ゲティアーの問題」を提起しているのだ。
セックスシーンを大事にする女か、日常を大事にする女かの違いがある。
山口百恵 プレイバックパート2.

VEリサーチプログラムは、各家庭の男たちを感化した。
「他に代わりの女はいるんだ」という意味ではみんなが山口百恵を尊敬していたが経済政策は明らかに変わっていた。
「なぜこれが経済政策だということを知らないのか?」
経済学部でAKB総選挙に興味がないという学生は非難されなければならないだろう。
みんな山口百恵の真似をしてトリプルAの評価を求めているのだ。
男たちは本当に下位の女を狙っていた。
落とせた男は幸運なのか、それとも知性があったのか?
「一緒に一つの問題を解いただけだよ」
幸運でもあったし知性があったとも言える。
夫がAKB総選挙を見ている、と妻が思うだろう。
「ゲティアーの問題」を見物していたのであり、税収の問題を見ていたのだ。
山口百恵 いい日旅立ち。

長時間、黙って開票を見守っていられる女は体も痛くなく、本当に「守って」いるなどのトリプルAを見ていたのだ。
父は息子と国中を旅して見識を広げるだろう。
男社会の話しか伝えないよ。
父は息子に「女を見る目」は伝えないんだ。
自分で見識を養うしかない。
そのために大学の学費を払っているんだろ。
カーターもジャービスもルービンも、AKB総選挙を家庭内に持ち込むことの楽しみを知っていた。
「大学の話じゃないか」
女たちはクレジット(信用)を競い合っていた。
2009年の危機を忘れるなよ。
その女に過度に頼りすぎるとそんなことになるからな。
クレジットクライシスの反省を受けて「代わりの女」をこれだけ用意したんだよ。
トータル100の信用が成立したのを見てテレビを消せばいいんだ。
山口百恵なんて一人で100を引き受けてたんだよ。
みんながマンガのモデルにしたんだ。
コンテク派は毎日、論点を潰しまくっているんだ。
それでマンハッタンのビルに住んでいる。
AKBはいい勉強になるから新聞まで出しているだろ。
「女の子の率直な悩みを読んで見な?」
山口百恵 秋桜。

女の子の率直な悩みを、大学で勉強したことでツイートするだけで、女の子はランキングよりも男を選ぶものなんだ。
「守る」ことと「治める」ことの関係ってそんなものなんだよ。
もはや高等学校の学生さんと踊り子の関係ってそのようなものになっている。
クレジットクライシスをうまく回避しながら、男の知性を育てている。
だいたいそのような世界が2014年にプリチャードによって作られた。
深い税収の学問は下位の方にあるのだ。
上位に行ったところで独裁者を潰すために利用されるだけなんだよ。
「人間は限られた時間で何を知ることができるのかしら?」
それが大学にはあったのだ。個人の能力を超えたものがあった。
治める力を発達させすぎて潰されないでね?
先生を疑っているうちは伸びないね。
大学で先生を疑ったことはなかった。
先生の言うとおりにしたらすべてがうまくいくという経験が大事なんだ。
メディナは「女のクレジットを適切にコントロールしなければならない」とした。
クレジットばかりは男の知識の向こう側にあったからね。
伊豆の踊子 山口百恵。


« 美人女。 | トップページ | 共謀罪女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70888739

この記事へのトラックバック一覧です: 百恵女。:

« 美人女。 | トップページ | 共謀罪女。 »