最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 被写体女。 | トップページ | ヤリマン女。 »

2017年6月12日 (月)

ロマンティック女。

18世紀後半のドイツにおいて、ルター派の連中がジェナに集まり、ロマンとは何かという研究を始めた。
「美と権力の関係」をシェークスピアから学んだ。
ジェナからベルリン、そしてウィーンへと研究の場が広がっていき、アテネのことがサンスクリット語でもっとも詳細に書かれていることを知った。
イオニアの天文台の研究は成功したよ。
カントのいう「大きすぎるもの」は女心に似てロマンティックだった。
中島美智代 天文台と海岸。

あとは失恋をテーマにしたり、夜の寂しさ、辛さをテーマにしたよ。
ゲーテやシラーの影響だ。
全部、ドレスデンギャラリーに展示した。
エジンバラのカデットや、ストックホルム、ペテルブルグなどに影響を与えたが、その全体像が明らかになったのは実に2016年のことだ。
瀬能あづさ 永遠に友達。

ロマンティックな音楽を聴くとエステに都合がいいとした小野光太郎がいなければその本当の意味は分からなかっただろう。
このロマンティックムーブメントのシステム化が必要だったのは事実だよ。




昔も今も「女の真実」は変わらないのに、現代は何が変わったのだろうか?
やはりツイッターでフォロワーを増やしたり、権力を持ったりする理由が「女」にあることを悟ったのが現代だね。
「悟り」と言うけれど、死後の世界の否定や、死んだあとの扉は閉じているとしたことから、ロマンティックムーブメントは始まっているんだ。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

創作意欲をそそったのは女であり、男のアーティストも女を「愛の対象」にしたという意味では同じだった。
このようなロマンティックムーブメントが「女の美しいからだ」というビジュアルアートにつながったのだ。
女が800人いれば神は800人いる。
それほど女たちが美しくなった。
ヤオロズの神とは女が美しくなることを意味した。
女たちは音楽作品にしたがった「知的な直感」で男を選んでいた。
美しいからだをした女に好きなアーティストを聞いてみればわかる。
音楽作品は決して「ただ生きているだけ」のいじめっ子をパートナーとしては望んでいなかったはずだ。
夢を語っていただろう。
「ただ生きているだけ」の人間すら夢は否定しなかったほどだ。
ロマンティックアートも「三位一体の否定」「男運の上昇」を目指していたのだ。
音楽作品が常に「男らしさ」を磨くために用いられたことから、音楽作品に親しんでいれば「いじめっ子」のみっともなさが分かるのだ。
三位一体が永遠の真理であるのならば、頑張っているいじめられっ子(聖霊)を狙えと音楽作品は女たちに教えていたし、いじめっ子(父)の中には「俺も頑張ってみようかな」という「子なるイエス」も現れた。
聖霊のパワー次第では磔にされる思いをするのが子なるイエスだった。
イエスの人生なんて鬱と恨み言しかないよ。
ロマンティック女が「いじめられている頑張り屋さんの方がいい」と考えたことから、聖霊の真似をするイエスが現れたのだ。
頑張り屋さんのことを「ロマンティックスピリット」と呼んだ。
その方が女にモテるという文化のことだ。
CoCo 夢だけ見てる。

「ただ生きているいじめっ子が彼氏」「男運が悪い」という女はあまり芸術と接していないのだろう。
ただ続いていく日常を愛する男なんだ。
セックスだけが人生ではないと考える男の重要性を知るのだ。
「みんなから総スカンを食うようないじめられっ子に思いを寄せる」というモデルは三位一体への重要な挑戦だった。
「いじめられるというのはあなたが知っていることよりも多くのことを知っているのよ?」
鏡を見て「俺みたいなやつ」と思っている男がなぜかモテる、これがロマンティック女の核心部分だった。
うしろゆびさされ組。

敵をも愛することができる簡単な「多数派工作」はいじめられっ子が展開するものだった。
絵画を言葉にして語り、ブルーだけの風景を描きたいのならば本当に男を愛したことはないではないか?などということを勉強していた。
「あの人と話したいね」女たちが噂しあった。
「私のキスの歴史すら破壊するほどの頑張り屋さん」だった。
そういう人が必要な時期というのは確実にあるのだ。
「ただ生きているだけ」のいじめっ子が修羅場で泣きを入れるのを見てしまったから。
「いじめられっ子を愛する」
これは女の子たちの恋の道案内としては最高の教えだった。
いじめられっ子は女の子に愛されるだけで嫌なことは全部忘れたよ。
西野カナ ダーリン。

女心は作るものだね。ジェナやベルリンでそのような研究をしたんだよ。
しっかりと三位一体という古典を踏まえて教える必要がある。
「夜明けのミステリアスな光にも似た意外性のある恋を描いた」
三位一体は動物でも観察することが可能だ。
しかし、人間は動物ではなくなる瞬間があるのだ。
トーン、リズム、音楽、ダンスに乗せてそのことを歌ったのだ。
東京パフォーマンスドール 十代に罪はない。

ここで、三位一体という永遠の真理から「女の男運をよくする」というロマン派の新たな「言葉の起源」が明らかになった。
女の失恋を救済するというのが本来の言葉の起源とされていたのだが、それとは別の起源をドイツロマン主義は明らかにしたのだ。
カール・フィリップ・モリスは、そのような男にタバコを与えた。
生き生きとした議論だったよ。
我々は動物ではなく人間であると思えたからね。
「ただ生きているだけ」の人間が医者や弁護士に泣きつくのを見た。
いじめっ子にはただ「執行猶予」があるだけで絵にならないのだ。
人間は詩を作る生き物だからね。
この「動物の永遠」である三位一体に対してどのように向き合うべきかを詩にするのは非常に知的な営みだった。
赤いスイートピー。

シュレーゲルはサンスクリット語からこのことを学んだのであり、ヨーガやダルマなどの言葉と同時に、いじめられっ子の可能性を愛するという詩をドイツに持ち込んだのだ。
まあ、翻訳をするという根性自体がいじめの対象になったこともあるのだろう。
「この人、外国の知識を話している」と思われたのだ。
翻訳をした上で、シェークスピアの「美と権力の関係」を思い出していた。
女のからだをガン見して権力者となるのが政治だった。
みんながこの文化を受け入れていくのは楽しかったね。
三位一体という動物的な永遠の真理の向こうで他の男たちがあれこれ言うのを描きたかったんだ。
いじめっ子で歴史に残った人間は2人だけだという歴史学や哲学を踏まえてやったことだった。
ヨーロッパは「ドイツの永遠」に喝采を送った。
ドイツロマン主義とは「失恋」と「いいパートナー選び」の二つに集約された。
渚のハイカラ人魚 小泉今日子。

一方で、いじめというのを「狭い空間で起きるもの」とし、神と学問とイエスという三位一体を考えたものもいる。
空間を広く使うと、神と学問とイエスという男の理論が出来上がり、「いじめっ子といじめられっ子のどっちが好き?」と聞いても「どちらでもありません」という返事が返ってくる。
ただ、女にとっては「学んだね」という意味でしかない。
神と学問とイエスというのは空間的に濃縮されていながら、広い空間で女と接していることから起きる問題だ。
ゆっくりと場所を決めて、決まったサークルとおちんちんや女について語り合うと、そこには「いじめっ子といじめられっ子」という図式は無くなっていた。
「神はどこにでもありどこにもない」というのは空間の広さを使って女と話し、空間の狭さを使って学問に励むことを言う。
無限の神と男しか向き合わない世界が広い空間と狭い空間にはあるのだ。
「ゴッドマン」
それはかなり自由な環境で勉強しなければ生まれないものだった。
牢屋の中を学びながら「学んだ無知」を巧みに利用していた。
女たちのいるサークルには属していたが、他の男たちのいじめを巧みに回避していたのだ。
浪漫〜my dear boy モーニング娘。

高校という「牢屋」で学んだ無知というものがキャンパスにはあった。
すべてのおちんちんに神は宿る。
しかし、もはや自由な空間だけがあった。
大勢の他人がいて、男は神の言葉を語り続けたのだ。
他者との適切な距離が必要であり、牢屋では機能しない発想だ。
「本来、人間は牢屋にいるべきものではないだろ」
そんなことを言ってくれるのはローマ法王だけだった。
大人としての他人とひたすら刺激的な話を楽しんだのだ。
神と学問とイエスの周りには人が集まるという単純なモデルだった。
分かる学問には縦はなく横だけがあった。
学問には縦がなく横だけがあるという境地になるといろんな人が話しにくる。
「絶対」がすべての人の表情にあることを見たほうがいい。
その「絶対」には触れてはならない。
しかし、「測定」しなければならない。
いろんなしがらみがおちんちんにはある。
自由度がなければそれが「絶対」だろう。
絶対があるということは「決意」があるということだ。
「知ることの限界」も絶対から来ている。
しっかりと「絶対」を測定して学問の「横」の話をするのだ。
それが人間の心というものだ。
牢屋のことは「知っているけどもう忘れた」というあたりがキャンパスの魅力だ。
絶対にしばられた神が目の前にいるだろ。
「俺の絶対を理解してくれる人は神々しいよ」
そうやって現代は開かれた絶対主義のもとに哲学がある。
男が「どうしても譲れないもの」に神はすでに気がついている。
牢屋にいた頃の自分を思い出してごらん?そのための高校だ。
rebecca コットンタイム。

神は無限かもしれないけど、人間は「絶対」がある限り限界があるんだ。
「女を寝取られたらぶっ飛ばす」という絶対がある。
それがある限り俺は神ではないと誓うよ。
時にはすがるような目で人を見たこともある。
絶対は「失うものが多い」ことも意味している。
他人を大人として見れないことも絶対に含まれる。
「私はあなたのお母さんではありません!」というセリフも夫婦間で自由がないから交わされる会話だ。
神と学問と男の世界で「子供のように甘える」異性がいるんだよ。
女は落とし穴だし、神は無限でも男は有限だよ。
無限の天使って童貞なんじゃないか?
男同士で向き合ってみな?絶対の大きさが違うだろ。
「俺が神だから議論に応じたんだ」と男は言うだろう。
セックス崇拝をしている1人の神としてね。
思い出話を始めたら別れが近いと思えよ。
一念発起したら別れたと思えよ。
お前は天使だよ。いろんなことを知っているならよ。
天使と俺は左右対称ではないんだ。
絶対がないから学んだのか?左右非対称が一番怖いんだ。
哲学者みたいな話し方をするからな。
神聖ローマ帝国の皇帝みたいな野郎だ。
松田聖子 ハートをrock.

« 被写体女。 | トップページ | ヤリマン女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70835886

この記事へのトラックバック一覧です: ロマンティック女。:

« 被写体女。 | トップページ | ヤリマン女。 »