最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 計算女。 | トップページ | 束縛女。 »

2017年6月 1日 (木)

売春女。

1950年代に、アメリカで「教育の機会の平等」が広まった。
キーワードは「女らしいって何?」だった。
42・6%の黒人が貧困家庭のための高校に通っているのに対して、白人は7・6%だ。
このような貧困家庭のための高校で教えることは「女らしさ」しかなかった。
女らしさの議論の現状。

まず、「できない」ということを教える。
男子にも参加させる。
デトロイトの学区の境界線を渡ると、差別があった。
しかし、「可愛い子がいるらしい」という噂が学区の向こうへの憧れを引き起こした。
全米50の州でもこのための予算の使い方は異なっていた。
高橋愛。福井県。

2001年には、その25年前よりも30%はこの予算の必要性が高まっていた。
高井麻巳子。福井県。

出身地を女性に聞くのはこのお金が背景にあるという側面がある。
お金に困っている州と、そうでない州があり、女らしさは異なるのだ。
ココリコミラクルタイプ メイドカフェ。

女マーケットに女を出すのが貧国家庭のための高校の目的であり、男子の進学など頭にないのが現状だ。
男子は金持ちにはなれないが、繁栄とは何かを知るだろう。
「できない」ことの可能性は女子にしかない。
本と接する機会を持つというのはそういう意味だったのだ。
入学試験の難易度や、一生懸命勉強する習慣、先生の質がおのずと異なっている。
しかし、自由恋愛だけは外国にも通用するものだった。
うしろゆびさされ組 猫舌ごころも恋のうち。

大学入試で「出身校」という人種差別があるのは事実だ。
学校外でどのような習慣があるのかが異なるからだろう。
高校を出たら「女」というものは出来上がる。
そこで差別はいったん解消しているのである。
ブラウン対ボードオブエデュケーションは、貧国高校の差別を国立大学においては内申書の上では行わないことにした。
国立大学においてだけは貧困の解消と機会の平等は保障されたのだ。
結局、働くことができない男を楽にする、というのが教育の目標なんだろう。
裕福な家庭においては、働きたくないお坊ちゃんが私立大学に行くのだからね。
おのずと職業も決まってくるのだ。
金持ちと貧しいものに同じ可能性を与えるのが学費の問題だ。
ロールズの正義は「エリートからは金を取らない」というものだった。
ジュリスト1500円。

男の自尊心だけをギャンブルにかけた行為だった。
才能と富はこのへんで妥協するしかないんじゃないか?
働きたい奴は国立大学に行くし、働きたくない奴は私立大学に行く。
女らしさは高校を出れば十分に身につく。
満足のいかない生活はその学校のトップ1%の人の責任だ。
組織に参加するとはそういう意味なのだ。
入試が無理だと思うのならば逃げるのが普通だろ。
みんな、結局「楽して生きていける」仕組みなんだよ。
自分なりの女は見つかると思うね。
女マーケットは激戦区だけど、女に恵まれるのは低学歴だよ。
アカデミズムへの貢献はやる気がなければ出来ないね。
84%の大卒は高卒と能力が変わらないんだよ。
あとは女の問題だろ。
可愛い子に学歴なんかないよ。
広末涼子。中学。

宗教的多数派、女学的多数派、仲間の多数派があるだけだ。
みんな「国の仕組み」を尊敬しているんだ。
ショボい神でも正当化してしまうよな。
それほど、国は低学歴男のために何もしていないんだ。
「学校のファイナンス能力」を見なければならないね。
大事なのは「適切な分配」だ。いい女が安く手に入るという点を見ている。
高校までは公立は私立の10%だし、大学は30%のお金しか取られない。
東大にはマスプロしか待っていないよ。
マスプロは常に「家庭との対話」を行なっている。
いろんな意味で「別の人間関係の親密さ」を構築してもらいたいのだ。
「できない女」を取り込んでいける年齢になればいろんなことがわかる。
神名乗り。

貧しい人間の方が金持ちよりもタバコを吸いやすい。
それでやる気が出るんなら吸ったらいいじゃないか。
それ以外に不平等なんてないよ。
高学歴のものを出すという営みを個人レベルで見るのか、グループレベルで見るのかという問題がある。
グループレベルで見たら「私にもチャンスがあった」と思うものが出てくる。
タバコを吸うか、いい女で満足するかした方がいいんじゃないか?
どの哲学者も学歴の扱いには注目しているんだ。
売春女・大村真由美。

まあ、いずれにせよカント以降、人生のすべてがうまく行く奴がいなくなったわけだよ。
こんな社会と契約を結びたいか?
アレキサンダー・ハミルトンは、このようなアメリカの連邦制に「ノー」と言っただろ。
おしゃべりな妻の話を聞いて出世につなげようというアメリカ合衆国の精神にね。
美しければ女なら誰でもいいだろと考えたアメリカに異議を唱えたのだ。
「低学歴の俺だけど法律を作りてえな」
権力の序列が嫌なんだよな。
「俺を認めない社会が悪い」というよりは「参加」したいんだよな。
アリエル・ルービンシュタインもナンシー・カートライトも「たまらない夜の寂しさ」を指摘していた。
21世紀になってからだ。
化学の周期表(女一覧表)を見るものと見ないものがいた。
社会と契約を結ぼうという人もいれば、社会を作ってやろうという人もいた。
答えは「仲間」にあった。
「男らしさ」にもあった。
カフカは夜のたまらない寂しさを詩にした。
どの女も同じだと考える「無知のヴェール」にしたがってダウ平均で女を買った。
男とセックスした後の女の長電話も聞いた。
セックス政治ポピュリズムに俺は飲み込まれるのだろうか。
若い女のからだをガン見することから始めなければならない。
何が権力者を権力者にしたのかがそれだけでわかるからだ。
男社会で生きているのか、女の学問をやっているのかの違いは各自存在するだろう。
「お兄さん、お兄さん」と声をかけてくる売春女もいた。
「これが法律だ」
俺が不遇をかこっている理由は女をガン見しないからだ。
夜の売春女たちのサービス精神だった。
女の研究をせずにいい取り巻きが出来るとは思わないでね?
新大久保の売春女。

ソクラテスは女に詳しい、そこから人間たちが馬車馬のように動き始めたのに、あなたは女を知らないのね。
アメリカ合衆国独立のジェファーソンの精神はモンローが認めたことで終わっているの。
ソクラテスをアメリカも受け入れている。
フレミングも「お前は男に勃起したのか?女に勃起したのか?」という第1原則をたて、女ならば勉強しろよと言った。
学歴なんて関係ないわ。「あなたと私」しかいないでしょ?
「私のバックを教えてあげましょうか?あなたもいずれ分かるわよ」
これがあなたが契約を結んでいる社会の現状よ。
あなたと私がいるだけでどのような物語を作ろうが勝手じゃないの。
それを教えて女は3000円を持って行った。
1959年にトーマス・シェリングが考えた売春が2014年にはジョン・スラシャーによってこのように役割を変えていた。
セックスが政治の源なのよ、ということを教えていたのであり、金を払うやつも払わないやつもいた。
国が教えて回っているんだよ。
松田聖子 マラケッシュ。

「あなたと世の中がいつか相思相愛になれますように」
「あの王子はもっと寂しそうに歩いていたわ」

« 計算女。 | トップページ | 束縛女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70736047

この記事へのトラックバック一覧です: 売春女。:

« 計算女。 | トップページ | 束縛女。 »