最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 売春女。 | トップページ | 工場女。 »

2017年6月 2日 (金)

束縛女。

束縛女のおかげで周囲から人が離れて行った。
「許しって何?」
大野幹代 許して。

女の側が不幸だったのが原因だ。
そのため、束縛女から逃れるためには不幸の原因をなくすような医者、弁護士、哲学者でなければならない。
権力と結びいている見識が束縛女を遠ざけるし、許しにつながる。
男が仲間を取り戻すためにも必要なのが束縛であり、いじめの三位一体とは異なる役割を果たす。
問答無用で権力と結びついているならば、女は束縛によって男を孤立させようとは思わないものだ。
「国というのは壮大な仲間だね」
許しの基本は国全体に仲間が拡散していることを意味するのだろう。
「誰と作業を共にしているの?」
女は国を許していたのだ。
女は不幸が原因で散々、人に間違いを引き起こしていた。
しかも、そのことで許せなかったのは女の方だったのだ。
男は「全知全能」のふりをしていた。
でも、国とつながっているのならば話は別だった。
宇多田ヒカル 嵐の女神。

女がどんな日常を犠牲にして目の前に座っているのかをよく聞くのだ。
その上で「弁護士の役割を果たす」必要がある。
つまり、刑事訴訟法などの知識をしっかりと踏まえて交番で話をする。
それだけで女は男を許している。
「全知全能のふりをしたのが許せなくて孤立させようとしたのだ」
交番(生活安全課)でしっかり女の悩みを解説してやる、それだけで束縛はなくなる。
女の不幸が束縛女を作っているからだ。
束縛女は「交番はどこですか」と声をかけてくるよ。
許しの象徴は女にとって「交番」だったのだ。
あくまでも許すのは不幸な女の方であり、男の全知全能が間違いを引き起こしていた。
女の「負の感情」は、国との結びつきを必要としていた。
学生証でもなんでもいい。自信を持っておまわりさんに見せる必要がある。
刑事訴訟法を知らないと立ち位置を間違えて束縛女を作る。
彼女が家庭内の何に痛みを感じているのかは散々聞かされたはずだ。
しかも、男は全知全能として振る舞ったはずだ。
だったら「交番で堂々と悩みを解決してやる」必要がある。
女は不幸だったから「交番はどこですか?」と言ったんだよ。
2人の関係の第三者を警察組織にする必要がある。
政治活動をやっているとどうしても「過度に懐いてしまう束縛女」が生まれるのだ。
単純に「あなたのことをどう思っているのか知ってほしい」ということから懐いているが、第三者としての広い空間が必要だ。
これが警察の勉強を法学部でやる醍醐味でもある。
女は警察を前にした時、酔っているようだった。
この時からしつこく電話するのもやめた。
Trouble of love rebecca.

女が「何を変えたいのか」を理解する必要がある。
群れている女のからだをよく見るんだ。
俺は十分、苦しんだのだろうか?
みんながその女のからだに怒っていた。
周囲の怒りを鎮める痛み止めはどこにある?
周りの女たちは少女マンガを読んで作戦を練っているんだ。
2012年のサラゴサ、2013年のネルキン、2014年のブルステイン、2015年のワームケがこの問題と向き合った。
それほど「束縛女」の研究は立ち遅れていたのだ。
女にとってネガテイブなことはキリがないくらい起きるものだ。
その最大の原因のことはすでにあなたに話してあるでしょう?
あなたが全知全能だというから私は束縛したの。
サードパーティが警察になったのならば束縛はしないわよ。
ジョゼフ・バトラーは「そういう話は法律の世界でよく聞くね」と語った。
他人の間違いが鑑定人に転嫁されていて女にまとわりつかれていたのだ。
鑑定人も全知全能だと思われていたからだ。
その女は全知全能な男次第で罰を受けるから束縛女になっていた。
少女マンガでも「全知全能男へのリベンジ」をすでに教えていた。
「敵すら愛せるほど簡単なもの」と少女マンガは描いていたのだ。
交番の前で「私はただの友達ですが」と言って、束縛女がそれを認めれば簡単な話だった。
情にほだされて関係を持ってしまうのか致命傷だったのだ。
globe freedom.

オックスフォード辞書には「許し」と「失礼」について触れてある。
女の無知に対して「失礼」だから束縛しているのだ。
「鑑定人なんてなるものではない」という法律の世界は、全知全能として振る舞った男が家庭崩壊させられていることを言うのだ。
まず「争い」を理解していることが最初の段階だ。
そして、それが女の罰につながった憎しみがある。
女は世の中の知性の限界を憎んだのだ。
個人的なサークルに加わるからこのようなことが起きるのだ。
簡単に交番に行って「友達です」と言って「判決」をもらえば済む問題だ。
あなたを称賛したからあなたを呪った。
岩崎宏美 すみれ色の涙。

カフェーの女給の歓心を買おうと思って「明日、ブランド物のバッグを買ってやる」と言うのも背景には全知全能として振る舞ったことがある。
この男を有罪だと思うでしょうか?許せるでしょうか?
答えのすべてが「交番」にあったから、女は「交番はどこにありますか」と言って男を誘っていたのだ。
中には「医学、法学、哲学の三発かまして追っ払ってやったよ」というツワモノもいた。
「ことの発端は小さなケガなんだよな」
問題は「一旦引き受けた」ことにあるんだよな。
鑑定人になるのならば理解しておいたほうがいい。
女によっては「あなたとならば世界に終わりが来ても怖くない」と言い出すほど燃え上がる女もいるのだ。
瀬能あづさ 愛になりたい。

そのために作られたのが教会ネットワークだったほどだ。
2人の間には何もなかったということを告白して許してもらうための組織だ。
「神は2人を許すのだろうか?」
日本においてはその権威は不十分なものだと言わざるを得ない。
制服を着た巡査がいる交番を「教会」と呼ぶしかない。
政治家の事務所の役割もこれに類似している。
「この政治家がバックなのね」
ビル・クリントンはこのことから政治家としての役割を果たせなくなるのではないか?と指摘された。
日米同盟もフツ族ツチ族の関係も、世界が破滅するまで愛し合わなければならないものとなっている。
国際社会にはもはや「交番」はないことを悟るんだ。
このことは医学を学ぶものに知っておいてもらいたい。
医者仲間はこれを知ることで自然に増えていくよ。
「適当な医者」というのもここから生まれている。
人望のある医者が名医だとは限らないのだ。
侮辱されることに耐えられる男が人望があるんだ。
名声をまったく傷つけたくないのならばもろい医者になるだろう。
ニーチェは、ルサンチマンによって弱さを憎んだだろう。
人望のある医者よりも名医になって欲しかったのだ。
すっとろい医者に迷惑するのは男の方だった。
どれほど女に人気のある医者であろうがだ。
人望のある医者はいい生活ができる。
しかし、ニーチェは確実に寿命を縮めていた。
男にこそ「慈悲」が必要だった。
完璧を目指したのならば女と世界を破滅に導くことになりかねないから適当でいいよ、という慈悲が男の患者には必要だったのだ。
「適当な医者」に対して、その家族は「家庭を守ってくれてありがとう」という反応をするだろう。
蒼いうさぎ 酒井法子。

女の取り巻きがいて嬉しくないのか?
関係を持たなければいいだけじゃないか、という指摘がなされた。
「知っていることを全部吐き出せばなんとかなるよ」という見解だ。
「交番がなければかなりのチャレンジになるね」と語られた。
「男女の違いを悟って女はまとわりつかなくなるだろう」
本当の深刻な痛みとは女にとってはセックスであり、あとはどうでもよかったのだ。
「常に隣にいて欲しいだけじゃないの?」と女たちも思っていた。
男も自尊心を増すし、何か困ることはあるのかと言われた。
しかし、確実に「束縛女」が存在する男は孤立するね。
近代には警察もしっかり存在するんだ。
何を恐れているんだ?

« 売春女。 | トップページ | 工場女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70745571

この記事へのトラックバック一覧です: 束縛女。:

« 売春女。 | トップページ | 工場女。 »