最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 環境女。 | トップページ | 愛犬家女。 »

2017年6月22日 (木)

レイプ女。

アメリカ合衆国においては18.3%の女性が人生においてレイプを経験したとされ、42.2%が、それは18歳未満の時だと語っている。
彼女たちが重い口を開いたのはここ20年ほどの話だ。
昨年、女性一人が経験したレイプと認定される性行為は2.9回とも言われ、「子供の女を大人として扱うことの危険性」も指摘されている。
公園の暗がりから男が飛び出てきて武器を女に突きつけたというレイプよりも「顔見知りの男」によるものがはるかに事例は多い。
デートする仲だったり、親戚だったり、友達だったり、上司だったり、夫であることが多いのだ。
レイプされた女性のうち51.1%は「パートナーにやられた」と言っており、40.8%は撮影されていた。
エロい場面を撮影したらむしろ罰を逃れていた。
84%のレイプマンは無罪を勝ち取っている。
女は男の所有物という発想があって、女が純粋さを主張するとレイプされてしまうようだ。
松田聖子 ハートのイヤリング。

レイプされた妻はその後、女中のように扱われ価値を低めていたことも分かった。
被害にあった女性がそれを周囲に告白する事例は16%から36%に増えたが、5%の女性がそのことによって孤立していた。
「証明できないことなんだよ」という問題が常につきまとい、レイプ危機センターやホットラインが設けられるようになった。
「レイプマンは男らしい人が多い」ということから、レイプの告白は非常にリスクが大きいのだ。
「男らしさは家族の柱だったのではないか?」とも言われた。
人種の優劣や植民地支配の正当化のためにも弱い立場の女はレイプされていた。
ノーマルセックスを許さないのが男女の優劣というものだった。
日本人女性への質問。

口やアナルへのペニスの挿入や指やものの挿入では病気にならず、膣へのペニスの挿入のことをレイプと呼ぶ。
病気と関わる問題だったからだ。
女性が激しく抵抗するのは膣へのペニスの挿入にかぎられ、それ以外は抵抗していない。
同意が求められるのもこれに限られるのだ。
勃起した男を拒んでいるのであって、ディルドーには女はイエスと言っていた。
イエスとノーが食い違うのは勃起した男の感情を見ているからなのだ。
性的親密さがディルドーにはなく、YouTubeでも公表できる。
ディルドー。

「メンズレア」とは罪悪感のことであり、男の罪悪感がそのまま女を病気にしていた。
しかし、ディルドーを女は拒まないということを知っている男は敵を作るだろう。
女が信じているのは「ペニスの挿入」だったのだ。
「女が世の中と約束を結べないセックスがある」というあたりがレイプの問題だと明らかにされた。
男が本当に「容赦ない」のは射精につながる行為だった。
だからこそおちんちんがあるのにディルドーを所持している男を女たちは憎んだのだ。
ストーカー、暴力、レイプは女たちに憎まれる。
ディルドーを女は拒まないと言ってもこのどれかとつながるだろう。
ディルドーを紹介する女。

いちばんいいのはポルノ動画の真似をしたセックスだ。
それ以外は「ラフセックス」と呼ばれる。
「分かっている力は暴力ではない」
女であること、女の役割を否定すること、これがレイプである。
女は男の肉体に従属することを嫌がっているのであり、どのようなリアクションをすればいいのか分からない女の子特有の出来事をレイプと呼ぶのだ。
一昔前は「脳が呪いか祝福にアクセスしていればレイプではない」とされていたが、現在は、セックスは力で行うものであることからリアクションの方法が分からないセックスをレイプと呼ぶようになった。
しかも、「男が大勝利をおさめ、女が屈辱的敗北をする」ものを言う。
家の「父の力」は女たちも歓迎していた。
力のピラミッドの中を女たちは生きることに決めていたのだ。
「この段階の男があなたを愛している」ということが明確な方が良かった。
男に階層があるからイエスとノーのモデルが出来上がったのだ。
ノーと言われだ場合は女の沈黙と抵抗がないことをしっかり見極めなければならない。
歳を取っても出世しない男にはエイズの疑いもある。
ダメよダメダメ。

男は自分の配置が明確ではないと女に対して主導権が取れない。
修正13条によって奴隷は禁止されたが、女の子が自分は奴隷だと感じると神を信じられなくなる。
女が「もう神は信じていません」と証言するのもレイプの存在を確認する方法だ。
冬の微粒子。

本意ではない「力」が女に加えられたこと。
しかも、どのレベルから出てきた力かが分からないこと。
そこから「神を見失う」女がいるのだ。
レイプはセックスではなく暴力である。
しかも「情熱から出たもの」なのだ。
女たちからは「怒りや支配の欲望からくるもの」に見える。
男にとっては「セックスしたい、同意を得たい、しかし得られなかった」という側面がある。
セックスではなく暴力であるというのは女から見た考えとも言える。
「女として尊敬されていないな」という女の視点は尊重しなければならないだろう。
自分に価値がなく、鈍くなり、しかも死んでしまったような気がするのだ。
「演じていた女の姿を一方的に破壊された」という側面もある。
もう誰とも人としての距離を測れない、そんな状態になる。
「快楽を感じなくなった」「名誉を失った」さまざまな影響をもたらす。
御朱印ガール。

「快楽を感じなくなった」「名誉を失った」女はそれを取り戻しに何度も同じ場所を訪れることが確認されている。
また、レイプにともなう殴打などの暴力の危険性は指摘していい。
そこには家族も警察もいないのだ。
「失った」というトラウマがこのような女の行動をもたらしていた。
トラウマが日常の行動を決め、過剰なまでに「私は生きている」ということを感じようとする女がいるのだ。
レイプの被害者の91%は女であり、加害者の99%は男である。
「一度きり」では済まない問題となってしまっている。
レイプの有害性は、これらの「あとの問題」からも認められのだ。
男の「より強い態度」がエスカレートしていくのが分かっているからだ。
女がどんどん弱っていくのがわかるのだ。
レイプは過剰でもないし、性倒錯でもないし、偶発的なものでもないし、過ちでもない。
文化が定義するものであって「ノーマルなものではない」とし、男の支配力を見せつけるために、動画を見てむしろやる気を出す男もいる。
このような「レイプカルチャー」が存在する以上、女の側としてはレイプをヘイトカルチャーと呼ぶほかはない。
少年が犯された場合はその少年は「女らしく振る舞う」という研究もある。
いずれにせよ、レイプされた女の子には「誰とどこに行こうとしていたのか?」「お酒は飲んでいたのか?」などが質問されるためにレイプされていない女の子よりも「悪い子」というレッテルが押されやすい。
「書かれてはいない女の子の日常」が明るみに出てしまうのだ。
自分を守ろうという行動をとらなかったら自分を責めることにもつながる。
男女の「フェアなゲーム」が期待される。
ノーブルレッドの瞬間。

黒人奴隷の女は奴隷の子孫を残すために白人のおもちゃにされてきた。
しかし、セックスにおいては黒人男の方が白人男よりも危険性が高く、1930年代まで黒人男へのリンチが当たり前のように行われていた。
黒人男のロッドによがる白人女性という映像の普及にすべてを委ねるしかなかった。
人種差別をポップカルチャーで解消しようとしたのだ。
黒人女の攻撃性をテーマにした「ジャゼベル」というジャンルもあった。
マスメディアが黒人女性を「ビッチ」と呼んだ罪は大きかった。
胸や尻をそのような目で見られる羽目になったのだ。
黒人女たちは階級闘争のために黒人男によるレイプをもみ消した。
ネイティヴアメリカンも女を寝取られたら殺す慣習があったので危険だった。
それによってインディアン女は白人から守られていたという側面があるのだ。
一対一ならば男と女はディルドーについて語っても女は嫌がらないというのはレイプの研究から明らかになったものであるが、殺しの原因になることは知っておかなければならない。
ribbon 愛してジャスティス。

日本軍は第二次世界大戦において韓国女や中国女に性的サービスを行わせたし、シエラレオネの暴動の際には、女たちが反乱軍に多く誘拐され「ブッシュワイフ」と呼ばれた。
戦争による秩序の崩壊はそのまま「どのようなリアクションをしていいのかわからない」女たちを生み出し、レイプと認定された。
マッキノンは、家庭の妻を夫や兄弟に協力させて犯す、あるいは娘たちの目の前で母を犯すというオペレーションを明らかにしていた。
社会の「象徴的女」であるほど都合が良かった。
娘たちは二度と家には帰ってこなかったとされる。
セルビアは、モスリムやクロアチア人をレイプしていることを大々的にキャンペーンしモスリムもクロアチア人女もセルビア人の子供を宿すとしていた。
実際にボスニアには「小さなセルビア人」が多く生まれた。
社会が「酔っ払ってしまう」ことが一番危険なのだ。
「もうインディアンでいたくない」という感情を狙っていた。
爆裂お父さん AKB.

« 環境女。 | トップページ | 愛犬家女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイプ女。:

« 環境女。 | トップページ | 愛犬家女。 »