最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 愛犬家女。 | トップページ | AKB女。 »

2017年6月25日 (日)

デタラメ女。

安全保障や貿易を考える上で「日本人女の言っていることすらわからないのに外国人女の言っていることはなおさらわからない」という観点は指摘していい。
この安全保障や貿易の腕を磨くのにちょうどいいのが日本の「デタラメ女」である。
国は安全保障や貿易の問題から、外国の「デタラメ女」を手懐けたら国家レベルの問題とみなすだろう。
彼女たちはもはや国際レベルで正統性を持っていて、「デタラメ女」の言葉の感覚を理解することはもはや国際法であり、セックスの国境を越えることである。
チェコスロバキアは、これを理解できない男たちによって国を割ったし、ナチスドイツとソビエトはポーランドを分割した。
「デタラメ女」の言葉の感覚を理解することは外国語の能力を磨く上でも必要なことだったのだ。
これはもはや国際法でもあり、本国の承認もなく外国の「デタラメ女」と話をすると罰すら与えられる。
領土の割譲とも関わる問題なのだ。
外国のデタラメ女が言っていることを本当に理解した日本人はおらず、本当に手懐けたらそれは大規模な暴力に匹敵する。
ノルウェーは、1905年にスウェーデンから独立している。
カナダからのケベック独立も同じ意味だった。
独立するためのお金はデタラメ女と話ができる男が引き出していたのだ。
デタラメ女は「国にわかってもらえない怒り」を持っていた。
セックス目当てで男と関わり40歳も過ぎたら言うことは全部ウソとなっていたし、普通の人には理解困難な論理を展開するようになっていた。
「もはやこのような女を行政需要として拾いきれない」
ここに資金の秘密があったのだ。
ケベックはその潤沢な資金でカナダ最高裁に独立を認めさせている。
カナダはケベックが離れていったおかげで緊縮財政を免れている。
デタラメ女が懐いている。
これがケベックのリーダーの姿だった。
ribbon Be my diamond.

石をパンに変える。それは女に関する書物を読むことだった。
そこには金も暴力もあったのだ。
結婚したらこの政治手法を取るのは難しいかもしれないね。
しかし、デタラメ女といかにセックスをしないかが大事なんだ。
デタラメ女を参考に書き記したものはそのまま自分の領土となるだろう。
ミロシェビッチが本当はこれがうまかったんだ。
コソボを破壊する力を持っていた。
国際法においては神はいなかった。
女に関する知識において国同士は非対称的だったのだ。
すべてのグループが「デタラメ女をしたがえることができるリーダー」を探していた。
富の生み出し方も国ごとに非対称的だった。
金さえ生み出せば、知らない連中は虐殺の対象となったのだ。
国際社会の正統性さえ理解すれば、あとは国境線の画定の問題となった。
これを恐れたアメリカ合衆国は、日本国の大学から学生を追い出してしまった。
三浦理恵子 日曜はダメよ。

どの女も社会で同じように発言したかったのだ。
政治というよりも「政」であった。
政が分かっている男はグループEに配置され、死のグループと呼ばれた。
ワールドカップからとっくに分離独立していたのがグループEだった。
トレーニングが違うのだろう。
カナダ、ベルギー、スイス、アメリカ合衆国においては「デタラメ女」が多かったね。
これらの国は「ケベックの発信力」に注目していたのだ。
「ゆっくりな女」もそれを興味本位で読んでいた。
デタラメ女から聞いたことを発信する男の言葉を読んで、女たちはパートナーとのセックスを楽しんだ。
「なんで国境線は動くんだろう?」
答えは戦争にはなかった。
デタラメ女をいかに理解するかだったのだ。
正統性を領土におよぼそう。
そうでなければ国際社会においては生き残れないのだ。
デタラメ女の話を自分たちの言語で楽しむことが必要だった。
ribbon 佐藤愛子。

デタラメ女を利用して国境線の向こう側を「飼う」というアプローチは、19世紀のナショナリストであるマチーニによって考えられていた。
「我々の論理が国境線の向こう側に通じる」というのは自信でもあった。
国によっては見失っているものがあるのだ。
ヨーロッパにおいては「性の経験の多様性」は危険なものだった。
そうでなければ「政治参加」が成立しなかったのだ。
ヨーロッパでは存在することが許されなかった「デタラメ女」が日本では許されたのだ。
しかし「国の個性」というものがより共産主義的になっていた。
ヨーロッパ各国においては、なかなか革命的なことは起きなかったが、文化を描くと「救済マネー」が得られた。
安倍なつみ 一人ぼっち。

国境線まで決めてしまう「デタラメ女」の存在が戦争法に用いられないわけがなかった。
出征兵士の残された妻が厳しい監視下に置かれたりした。
デタラメ女と国境線の問題を理解しなければ生まれない発想だった。
ヨーロッパ各国が植民地においてデタラメ女の存在を許したのは「支配」するためだった。
グループGにはそのような植民地を置いた。
荻野目洋子 恋してカリビアン。

« 愛犬家女。 | トップページ | AKB女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デタラメ女。:

« 愛犬家女。 | トップページ | AKB女。 »