最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 直感。 | トップページ | 実存主義・再論。 »

2017年5月15日 (月)

スター気取りの女。

セックスできる可能性のない女の研究が深められた。
選挙のために彼女たちは男たちの好みを演じ、貧富の格差を解消した。
普通の女はキスから胸、そしてセックスへと進む(ABC)が、彼女たちは胸を強調したり(BCA)、強烈なセックスアピールをする(CAB)。
常に「代わりはいくらでもいる」という問題と直面しているのだ。
本当はキスをするパートナーがいると思わせることが投票行動につながっている。
AKB48 MV.

社会の秩序を無視しているのは事実であるし、男たちの好みはコントロールできないことがわかるし、女がセックスアピールをする分には独裁者はいない。
このような男女が社会を構成しているのだが、女を幻にすることから投票行動が生じている。
アマトヤ・センは1986年にすでにおニャン子クラブでこれを理解していた。
乙女心の自由形。

人々の意思による政府というものもこのようにして幻からできているが、「詩だけは本物」であるとされている。
射精、女の子、喜びでx.y.zは終わるが、男たちは1...n回これを楽しんでいる。
女が公のオフィスを獲得するとはそのような意味である。
女は男たちが好むものを熟知しているから「代わりの女」よりも上にランクされるのだ。
射精と女の子の間に「男の器」が介入する。
男の器=Rも、R1....Rnまであり、それが得票総数となる。
男たちの好みの違いは結果として現れるだろ。
男たちも「器」が試されるから長いものに巻かれたがっているね。
男たちの好き嫌いは変わっても「何が変わらないか?」はどの女も分かっている。
「これが世の中の女の序列なのよ」
AKB48 PV.

男たちがマスターベーションをしてお金を払っているのでしょう?という思いはどの女にもある。
それを「女たちの序列」にしていいのだろうか。
しかし、その女を愛している男たちの「器」というものを考えなければならなかった。
「手の届かない女なんだぜ?」
それは男たちの家のルールなどがあるんだろう。
あとは噂を丹念に洗い続けるだけだった。
要するに男たちにとって「セックスの方がキスより大事」だったのだ。
上位に残った女たちは、権力者の「落とし穴」として用いられることもあった。
お金の分配のことを「仕事」と呼んでいるのは認めるわ?
男たちからお金を集めて、権力者の落とし穴として利用される。
これは社会の秩序であり、男たちは何のために投票したのかもわからない。
スタート地点って何だった?
レア物まで遡って男たちは考えた。
俺たちが欲しかったのはそんなものではなかったはずだ。
「独裁者なんか嫌いだ」
他の政治的ライバルの落とし穴としてそのような女を利用していた現状があった。
イアン・マクリーンは「投票した後に死ぬ男」の存在を指摘している。
マクリーンは2003年にそう語ったが、いまだ日本に興味があったんだろう。
男の器ってのはセックスの回数だろう。
軽い男に支持されてはいないだろうか?
しかし、女たちにとってはそれが「私」だったのだ。
AKB48 pv.

子供ができることの暖かさというものがある。
それが独身権力者の落とし穴の原因だ。
独身男は気をつけなよ?



その女の子供のことを考えたらハートも穏やかになってしまうのだ。
落とし穴に落ちたら仲間づくりのことを考えないとね。
いろんな「独裁者」がいることがわかるだろ。
手越祐也。

人間には「その目で見たもの」がある。
脳が反応し、健康を害する。
治らない薬で金を取り、閉じ込めて金を取る錬金術の黎明だ。
ギリシャのクロトンにすでにそのような施設はあった。
アルケミオンは、その施設においては医者ではなく哲学者として育っている。
クロトンは世界の頂点と位置付けられたのだ。
「人間の心を知るのにちょうどいい」
クロトンでは女たちは夢の続きが見られるのだろうか(ピタゴラスの定理)。
ピタゴラスとその妻はクロトンに乗り込んだ。
12世紀までギリシャではクロトンの研究がなされた。
アリストテレスはもっと健康的な男女交際を探求したので錬金術とは距離を置いていた。
夢の続きを見たがったのは女たちだったのだ。
アルケミオンは、そのような女たちと「デート」を繰り返した。
アレキサンダーが、有名希望の女たちについて語らなかった理由は、彼が男であったことと、もっと健全な男女交際をキャリアの推進力にしたかったからだ。
女たちは「夢の続きが見たい」と思っていたのだ。
そのために、有名だった男たちとも一緒に作業まで行った。
AKB48 pv.

神は「女たちがどこまで感じることができるのか?」を求めたはずだ。
しかし、クロトンではそれはもはや肉体ではなかった。
男も見た目ではなく言葉を語っていたのだ。
「私たちはもう動物ではないの」
アルケミオンは、彼女たちがいまだ持っている聞く、見る、匂いを感じる能力を最大限に利用した。
彼女たちは、もはや「脳」しか信じていなかったからだ。
お風呂に入ったりタバコに火をつける日常は、脳でひたすら感じた。
私は三人組でのけ者にされてここに来た。
三位一体を信じないものはもはやクロトンにはいなかった。
一対一では異常に強かったからだ。
男を奪い合って争いごとも起こした。
最初は「栄養不足が起こす病気だろう」と考えられていた。
しかし、みんな「眠れなくなる」という共通点を持っていたことをどう思うのか?
アリストテレスは「女たちはみな対等だと思っているからだよ」と答えた。
「王朝は夢を語っただろ。それが原因だ」
死んだように血の気が引くような経験をさせられただろ。
「子供を作るためだけに精子と卵子はあるのではない」
この考えが病気のことの発端だったのだ。
「胚」として命を宿したものの行き着く先だったのだろう。
幼児体験を宇宙論から遡って調べなければならない問題だった。
AKB48 pv.

小学校の頃、東から西へと進む天文の理解が早くなかったか?
イオニアが何を考えているのかを知るのが早かったんだろうね。
努力を努力とも思わない発想の出発点なんだよ。
健康の次に大事なものは宇宙論を知ることから求められているんだ。
イオニア(天文台)の理解度によって、永遠の男の探求を女の子たちは始めていたんだよ。
ヒポクラテスも「神聖な病気」と呼んでいた。

« 直感。 | トップページ | 実存主義・再論。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/70567531

この記事へのトラックバック一覧です: スター気取りの女。:

« 直感。 | トップページ | 実存主義・再論。 »