最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 物理学。 | トップページ | 神学。 »

2017年3月13日 (月)

彼女と私の事情。東京女子大。

奥山(2年)説:男がいると喧嘩の元なんじゃないでしょうか?
世界には色々な誘惑があります。私たちは部の団結を懐疑的に見ています。

仙台(4年)説:男という現実を受け止めなければならないのではないでしょうか?

小野(1年)説:バトミントンの真実を知って何か不都合なことがあるのか?男の独占につながるとお考えでしょうか?

澤原(4年)説:仙台さんの面白エピソードをみんなに話すのは中国の老荘思想に由来するものです。

石川(2年)説:男の話はしない方がいいよ。

喜多(2年)説:男の話の影響力を持つ仙台さんは恐れているけど、私はバトミントンの理論を小野さんから聞きたい。

矢加部(OG)説:私は制服を着て仕事をしている身分です。

今沢(3年)説:お金次第で仙台さんの男もコントロールできるはずよ。

永山(4年)説:国公立三連覇の私のことはみんな知っていると思う。

吉岡(4年)説:私たちは女社会です。

長屋(1年)説:男の問題は起こさない方がいいね。

彼女と私の事情 相川七瀬。

みんな、男のからだをエネルギーにして合宿に励んでいた。
多かれ少なかれキャンパスライフで男と関わっていた。
しかし、多数派工作の手法が異なっていたのだ。
男たちはバトミントンマガジンに小さく掲載されるレコードに「これは俺のおかげ」と言って回った。
それはまるで自分たちの肉体美を競い合っているようだった。
からだで負けたらもはや男がではいられなかったのだ。
スタイルがいいと感じ方も違うのが男だと他の女学生も考えていた。
お金をかけるといいからだになるのだ。
男は部の団結を損ねるだけだという奥山説と、男の話はしない方がいいという石川説の根拠はここにあった。
仙台説は「男というものを理解していた方がいい」というもので、この三つの立場は相互に関係するものだ。
最終的に「自分さえお金を掴めばいい」と三名は考えていたのだ。
「誰か私の助けを必要としていませんか?」
多数派工作には必ずこの考えがともなう。
この三名が傑出した感覚を持っていたことになる。
モテたいから毎日トレーニング体育館に向かっていたのは皆同じだった。
しかし、三名がボトムアップ的に通説を作りたがったのだ。
しかし、それは試合で証明するしかなかった。
男たちには日常があったし、部員はみんなの心の支えになることを目指していた。

他の学生を傷つけることもあった。
完全競争なのよ?
仙台は負けたら男のために泣いてみせた。
苦しまなければ仲間はできなかった。
「私の説は違うのかな?」という思いもあった。
コートの上では誰が最もエネルギッシュだったのかを部員は見ていた。
真実を知りたかったのだ。
人間というものに最も共感していたものが一番強かった。
「私の理論が正しければ将来が約束されるの」
この文法通りに世の中を動かしていくつもりなのよね。
食べることとユニフォームを身につけること、これ以外に共通点などない。
今さらキャラを変えようなんて誰も思っていなかった。
臆病風にだけは吹かれたくはない。
喜多は東京女子大への忠誠心を活用した。あるいは愛国心だったのか。

愛国心は男を排除する。喜多の仙台批判だった。

強ければ仲間なんていらないわ。これが小野説だ。
男にワーワー言われたかったのは事実なのよ。
でも、これがみんなの本音だったんだよね。
しかし、みんな色々な世界に好奇心があった。
どの男の影響を受けたのかも明確ではなかった。
男を巻き込みたい連中に排除される宿命にあった。
「あなたは必要な時だけ来てよね」
バトミントン理論しか語らない娘が普段必要かしら?
例外なき強さとスタイリッシュなことが求められた。

どの立場に立つにせよ「自分の理論が情報に満ちている」ことが必要だった。

アリストテレスが北極星に向かってナイル川を下った時に様々な理論がまとめられた。

新入生は最も納得できる理論と契約を結ぶだろう。
それがルネッサンスカトリックだったし、タルムードだったからだ。
社会の現状はみんなどっちつかずなんだよ。
男のエネルギーを吸収しやすい立場があるだけだ。
一度どれかの立場に立脚したら、その立場を否定したり放置プレイをすることは憎まれることを意味する。
みんな一生懸命泳いでいる少女だからね。
もちろん、最も学習しやすい立場はあるよ。
この世界に「おちんちん」なんていう言葉を発するバカはいなかったからね。
いいセックスとは何かを語れるほど人間ができてるやつも珍しいでしょう。
男に一番モテるのにね。
男の声援を力に変えているのにセックスを語れないからこの学問があるのかもね。
みんな音楽を聴いてスタイリッシュな体をしていたし、男女の関係を音楽は歌っていた。
どのようにこのような音楽作品ができたのかの理解度が異なるのだろう。
周りの男たちが求めていることへの理解度が違うということよ。
仲間の多い娘のモデルを示すことはできる。
みんなが注目する発言をする娘には特定のスタンスがある。
義務のある世界で発展するんだ。
男はもっと長い目で女を見ているよ。
優れた女とはセックスしている。
自分の立場を語れば論文になるのなら審判もいるでしょう。
どれも互角の勝負よ。
対極の立場から真ん中に向かって歩いているだけだ。
周囲の助けを必要としているのも皆同じなんだよ。
コートの上にあげられてしまうからね。
男に興味のない女ならば独り占めできると考える男もいるんだ。
男心は一人の男からでも学べるとどの男も考えていた。
敵が少ない女もそれを知っている。
約束の意味を知ってるわね?
ランチに誘ってみろよ。意味を教えてやるよ。
セックスは借金だと思うのならば正解だな。
二人の男を相手にすることの意味も知っている。
男の恨みは怖いからな。
バトミントンどころではなくなるわ。
男たちは好き勝手に女について語っていただけだよ。
いずれは仕事するんだろうな。
男たちは「俺たち」と名乗って脚光浴びるのを待っているだけだよ。
告白して振られたら最悪だからね。
日本はフリーセックスの国として認められていることぐらい知ってるでしょ。

澤原説:面白いネタをたくさん持ってくることを政治力とみなすの。
仲間作りの方法って複雑すぎるのよ。
これは、中国の老荘思想に由来するものだが、20世紀に世界に知られた。
1947年にルース・ベネディクトが国連に報告書を提出している。
「みんなが男を愛している」ことを巧みに利用していた。
いろんな立場があって分からないからよ。楽しいネタを投下したんだ。
グループの確信とは何かをよく考えてやったよ。
「私にはこの世界しかない」と考えているんだ。
まわりが議論をやめてしまうモーメントを狙った。
みんなのストーリーをひたすら読んだ。
「男を割り当てればいいんでしょう。女らしくないかもしれないけどさ」
奥山説(男は部の調和を乱す)という発想から愛想をつかされた。
「私はもう絶対を見失ったんだ」
孤独な女二人が「器」を狙うんだ。
果実を実らせたやつはこういうことはやらないよ。
「仲間にこだわりすぎなんだよな。真実ってものがある」と批判された。
「ムラの掟」にもこだわりすぎだ。
それは永山説(国公立三連覇)にも批判されるよ。
金と暴力に酔いすぎなんじゃないの?
しかし、こういうやり方って拡散していくんだよね。
女らしい連中が何を眺めているかを知っていたんだよ。
孤独な女二人の前に「器」を示してはダメなんだ。
寛大さを持てと言っても無理だからね。
何か果実を実らせたやつとは組まないからね。
文化によっては「到底容認し難い」と考えるだろうね。
アメリカもベネディクトの報告から半世紀経ってから調査を始めたんだ。
クセになってそれでいいと思うようになっていたんだ。
潰すやつとは同じ文化に浸っていたよ。
29の事例を調べたけれど17件は若い女の子の仕業だったよ。
女がこのようなやり方を認めるか?認めてしまうんだよ。仲間ってのはそれほど大事なんだ。
寛大さがないってのは男らしいよね。
女らしくないと言われたらファッション化するしかないでしょう。
孤独な二人を集団ミーティングに加えてやろうと考えた人もいた。
情報格差を利用しているのだからね。
ドナルド・デービットソンの結論だった。
男がいなくてよっぽど寂しかったんだろうと奥山説(男は部の調和を乱す)という説から語られた。


石川理論:男の話などしない方がいいのにな。ささやかに彼氏と暮らしたいな。
この理論は最も敵が少なかった。
しかし、コートの上では男たちと両思いだっただろう。
そのため、強くなれるかと言われればネガテイブな評価を受けざるを得ない。
男たちは口説き文句を聞きにきていたからだ。
男の話をしなかったんじゃないんだ。知らなかったんだよ。
一人の男だけを狙っていた。
私のささやかな予言に彼氏が失望することだけが怖かった。
男にした予言を実現できないのならば、男の話をしている連中はスタート地点にも立っていないね。
男を叱ることもできるようになるのに。
強さだけが弱者を導くとマクノートンは考えていた。
説明できないパワーってあるんだな。
私は彼氏に証明責任を負っている。
異常なパワーは間違っていると思うこともあった。
敵を作らないか心配していた。
何かを語らせなければならない。
強さを求めると分からないことが多い。
いい指導者になるんだろうな。
男とは何かがわからないままセックスしていた。
しかし、敵は作らないようにしていたわ。
強いのならば何かを語ってください、男を知っているのなら何かを語ってください。
すべてが前向きな言葉に聞こえた。
私のささやかな彼氏ってなんなのかなと思うこともあった。
仙台と小野に注意していた。
経験じゃ分かんないな。
「これはいいな」と自由に楽しめる位置にいた。
言葉を聞いていたんだ。
女らしくない側面はあるけれど楽しかったわ。


吉岡説:女社会の論理があるはずよ。
学問とセックスが女の仕事だよね?
世界は学問に満ちている。
虚しい世界を学問にしているんだ。
男の研究のことをサイエンスと呼ぶけどネイチャー(学問)もあるわよね。
サイエンスとネイチャーは神学の世界を豊かなものにした。
しかし、女社会はネイチャーの話でしょう。
女は決断を求められる生き物だ。
いろんな事例を知っておいた方がいい。
だんだん好きになっていくのが学問というものだ。
仙台の男の話とはライバル関係にあったよ。
ヘンタイの側面を語り合いたくないのよ。
独身女はキスの数を集めるものだ。
バトミントンで勝つことはいいことだったよ。
モテたいから練習に耐えるのは当然でしょう。
2対1のいじめに酔ったこともある。
でも、仲間を作るのに二人では足りないのよ。
いじめとバトミントンは違うものなんだ。
男と付き合える範囲内でいいの。
全日本選手権出場はやりすぎなんじゃないかしら?
強い人に憧れたけど世界までは見ていなかったね。
男をどのように得るかがわかる範囲内で良かった。
男子マネージャーを入れることには反対だった。
バトミントンの何かを省略してしまう。
試合は男を口説くためにどうしてもやらなければならないものだった。
そうしなければ口説けないんだから私は本当は弱いんだろう。
バトミントンは学問だよ。そうすれば男が付いてくる。

小野説:例外なき強さを、ひたすらスタイリッシュを。
仲間の多い娘は理論を知らないんだよね。
人間というものは環境に簡単に適応してしまうものよ。
「絶対」さえ大事にすればなんでも突破できる。
「貢献」も絶対に含まれていた。
自分の肉体や頭脳でできることを過小評価しないことよ。
続ければそのうち男もできるでしょう。
同じやり方をいろんなものに活用してみた。
「友達に嘘はつくな」という理論があるとすれば友達などいなかっただろうね。
金のあるなしも、孤独だったかどうかだし、能力は魔法のようには身につかない。
男のからだを見るのは好きだった。
お金の話でしょう。
有名な男のからだと無名な男のからだを明確に区別した。
私が孤独だったから目立たない男に敵意を感じた。
男の局部は青か赤か。

目立たない男はなんでも許されているのだと思う。
あの男はかっこいいという周囲の発言にも敏感だった。
煙は高く高く、自然にそうなる。私の文法なの。
複雑さをコントロールするだけだよ。
おまんこがある限りね。
こうやってやるのか。いろいろ試した。
孤独と有名男のからだ、そしておまんこから高く、より高く上っていく煙は「泥棒」とまで呼ばれた。
「絶対」とは金になるかならないかだったよ。
環境に適応はしたけど文句ばかり言っていた。
オタクとは関わりたくないな、と思いながら音楽を楽しんだ。
他のひとは「前例がない」ことを最も嫌っていたわ。
「私の男をバカにした」とも言っていた。
でも、一時的なものなんだよね。
就職しないで政治家を目指した理由も「有名男」目当てだ。
無理じゃないか?と陰口も叩かれたけれど今はテキストが揃っているね。
女らしい政治家像を持っていたからね。
問題は「男の声援はいつまでもあるものではない」ということかな?

奥山説は、部屋が賃貸ではなくオーナーであったことから出てくる議論だ。
ノクターンセックスでどれほど男に粘着されると思うの?
我が家の楊貴妃をどう思うの?
セックスの危険性を知らなければならない。
みんなセックスを良いものだと考えているだろうけど、私は部の方が大事なの。
「この境地は分かってくれないだろうね」
君たちにいつかいい男が現れることは私が一番よく知っているよ。
今はあそこを信じてバトミントンに励んでください。
バトミントンに精進していた時の小野が好きだった。
強くなって男を排除してください。
男からはいろいろなことがわかるよ。しかしセックスは危険だ。
奥山「男子マネージャーは必要かしら?」
小野「良いんじゃないでしょうか」
奥山「男子マネージャーは必要かしら?」
小野「いらないと思います」
強い人の支持を求めた。
あそこなんてものはない方がいいぐらいだわ。
人の感情をそのまま表現するからね。
男を知らない奴の方が別の知識を発展させる。
「肉を食べない人」
そういう基本から仲間ってのはできのよね。
賃貸に住んでいる連中をいかに仲間にするかを考えていた。
彼氏がいない人を可愛がったの。
大日本帝国憲法には「居住、移転、職業選択の自由」がなかったが、男を排除してしまうために急進的思想が跋扈しやすい。
自分なりの考え方があったし、実際の仲間もいたし、バトミントンの道もあった。
奥山の急進的思想が喜多と相性があったし、都民である阿部も石川もセックスの話は禁止というコンセンサスを作っていった。
急進的思想を嫌って部を去った関野もいた。
常識が奥山の味方をしたのだ。
奥山は後楽園での試合でも彼氏を部員に紹介しなかった。
「ソドムは間違っている」
これをフルに活用したのが奥山だった。

しかし、セックスを語らずして核兵器廃絶やアファーマティブアクション、福祉政策が実現できるであろうか?
部員の政治力を削いでしまうのではないか?
しかし、奥山の家庭にも楊貴妃がいた。
東女に入ったから彼氏ができたのだ。
男に邪魔して欲しくなかったんだよね。
セックスで男女のすべての目的が達成されるのは知っているけど、それでは何も成し遂げられないでしょう。
私が有名だから男が寄ってきたのは分かっているんだ。
「学生とはいえ、人間社会はなんでもありよ?」ニヒリストはそう批判した。
だったら結果を出すしかないわねというのが奥山の考えだった。
楊貴妃が生んだ悪魔を信じたくもなった。
楊貴妃の話を噂するのはもはや信仰でしかなかった。
「強いってどういう気分ですか?」
なんでもありと語る連中を黙らせるんだよ。
セックスなんてしないから強いのは当たり前だった。

ゼブラの男たちは女を「馬かライオンか」を語り合ったに過ぎない。
「日本にはお風呂というものがあるわね?」

なんでもありだよという連中に強さで対抗することで大体わかった。

道徳とは仲間づくりであったし、倫理とは楽しいことの探求であったし、善とはセックスであった。
しかし、ここで「道徳とは善であり倫理である」という定義がなされた。

矢加部説:制服を着ている社会人である以上、繁栄するとは何かを示さなければならないと思う。
部に入って良かったと思って欲しいのよ。
「治める」ということが重要なの。
どんな人間関係とどのような組織が好ましいのかを考えなければならない。
そういう私もモテたいから。
1958年にアンスコムがこのようなOGのモデルを作った。
フリーセックスの人間ももちろん理解しているよ。
私には友情もあれば家族もある。コミュニティもある。
意味のある仕事もしている。
いい体の作り方、男の経験による派閥の住み分け、男と関わらなければ何もわからないこと、男の共有を夢見る連中、いろんなものを見たから私はここにいる。
私がいるだけでみんなが議論をやめるんだよ。
「4年間やり遂げたからな」
男とに詳しいソクラテス、詩に詳しいプラトン、ナイル川を下るというバトミントン道を考えたアリストテレス、私の4年間にはすべてがあった。
戦争での勇気が一番大事だった。
男とセックスしているときは私のことをバカだと思うでしょう。
でも、それが私の刀になるの。
勇気を見せてよ。
口ばっかかよ。
実績とはそういうものなの。
部に顔を出すだけで私は金に困らないし、いろんなことを知るんだ。
コーチについた。
「ツーポイント見つけろ。第1ゲームにヒットしたスマッシュがあるわね?もう一つ見つければ相手はお手上げよ」
どう。セックスよりも楽しいでしょう。
分かってくれればいいの。日常を愛してください。
バトミントンは心を耕すよ。
結局、知恵と勇敢さ、寛大さ、そしてセックスを用いて治めているんだよ。
そのかわりあなたたちの恐怖は誰よりも近くで見ているの。
強さを愛しているのは当然でしょう。
「ねえ、彼氏が見てるわよ?」
若い連中を治めることが私の学問なんだよね。
続けるやつ、途中でやめるやつよりも悪人がいることも知ってるんだ。
いろんな物語を見ていると飽きないんだよね。
何も知らない学生が男を見つけていったよ。
学習の度合いを見ていたんだ。去る者は追わなかったよ。
どうせ私たち男が感じるだけだからね。

異性のからだにエネルギーをもらっているのは人間だけなんだ。
女の活動はそれで成り立っている。
これを知らない奴はみんな沈没していった。
小野もそうだったんだろう。
自己愛だけでは成り立たない世界だと知ってください。
「私たち」という発想を身につけないとどの世界でも苦労するだろうね。
群の教育はいずれオフィスでの仕事につながる。
美しいものを知り、判断し、セックスし、差別を知る、これが人間の群なんだ。
私たちは政治の学校だよ。
分かったと思ったらいつ卒業してくれてもいいよ。
「4年間やり遂げた矢加部はシチュエーションに弱い」という批判がなされた。
グローバルな世界でやめていった娘を顧みなかったのだ。
スタンレー・ミルグラムはそう語った。
やめていった奴の方がいいものを持っているとしたのだ。
男が群がったバトミントン部の「犠牲者」までは追跡していなかった。
ローカルしか見えていなかったことは認めざるを得ない。
完璧な義務とは自分に忠誠を尽くさせることではなかったはずよ。
矢加部の本当の知恵はこの辺りが試されるだろうね。


仙台説:人間のモチベーションについて考えて見てください。お金は善か悪かという議論に疑いの余地がないようにセックスは善なんです。
これは普遍的なものなの。
いいものはなんでも使いたかったという意味では私は弱かったね。
でも、女らしくなければ男は寄ってこないでしょう。
走るときは真面目に走った。
仲間が多ければ多いほど寄ってくる男が増えると思ったのよ。
でも、バトミントンは苦手だった。
シビアな現実が男の数を制約していたのよね。
澤原に面白いネタを提供し続けることが大事だったわ。
我々の共通の経験であるセックスを味方にしたのは事実だよ。
でも、バトミントン一筋に生きる小野が嫌いだった。
日常は複雑すぎた。
歌の意味を知らない娘だとも思った。
深刻さからは逃げ続けたけどね。
女の価値ってモテることだろうか?強いことだろうか?
正解は「勝つこと」なの。
失恋したことがありますか?これも勝ちなのよ。
人生でしょう。
力の源は男だと知っていたからね。
最後に記念写真を撮ったよ。
私は笑っていたわ。
これが勝ちということでいいんじゃないか?
真剣勝負に弱かったことすらみんながネタにしてくれた。
それが私のバトミントンなんだ。

永山説:国公立選手権三連覇、しかもデビュー戦でMVPに選ばれている。
批判や賞賛が全てという部分がある。
私が電話に出ないだけで批判される。
セックスの話なんてできるわけないよ。
みんなの前で歌も歌わない。
解釈を与えるのが仕事。
「小野の悪いところが全部出た」
小野のデビュー戦で語った。
賞賛と批判、それがテーマだった。
どのような法が部を支配するかを黙って見ていたの。
傑出した娘が出てきてくれれば、そう思った。
女に何が可能なのかを知りたかったし、それが神だった。
私は常に人間を超えていなければならなかった。
食事も後輩とは共にしなかった。
運命を信じていた。
勝ってきたからでしょうね。
メリットがなければ人と関わらないし、将来のあるやつは可愛がった。
小野のパートナーも務めた。
メソポタミアの宗教なのだ。
のちにいい後輩を残したいという思いだけがあった。
伸びる娘は運命に支配されている。
他にも人はいるとは思っていないよ。
バトミントンの実力を見抜く眼力はあった。
姿勢や感情で分かるんだ。
セックスの話をする奴を真っ先に外していった。
「仙台と仲悪いらしいわね」
澤原が巧みにこれを利用した。
仙台に怒りも感じていたのだ。
セックスは嫌いではなかったよ。
あそこのコントロールが問題なのだ。
女には何が必要なのかを知ってもらいたかった。
勝つということは日頃の行いの問題だからね。
渋谷で小野と出くわしたけど、プライベートは秘密だった。
神なんだよ。
ストローソンがこのようなリーダーを描いていた。

長屋説:仙台を見て「この人は損をしているな」と思った。
そういう話題が出ると緊張するのよね。
射精というものは世の中で口にしてはならないこと。
女同士でつるみにくくなる。
「男とやった」「失恋した」とにかく女らしくない側面なんだと思う。
私はまるで異国の人みたいにセックスを語らなかった。

セックスは女らしくない行為だよ。
心が自立しているものがこの立場をとる。
セックスの話を始めたらスタート地点にも立てないでしょう。
仙台の前では常に無口だった。
自立とスタート地点を問題にしているんだ。
私は男の噂すらいらないね。
男に左右されていると思われたくないから。
彼氏はいたけど、女にが物事を証明しなければならない。
「仙台は男で証明している」
バトミントンのスタート地点にも立っていないじゃないの。
私のは失恋したこともないよ。
証明責任を女が負うということもわからないのかな。
セックスは間違いではない。
しかし、話すと場が落ち着かないんのよ。
哲学者は知っているかもしれないけど、私は彼氏とは「信じている」関係だからね。
信じているのならば宗教の話だから言わない方がいい。
まあ、私はまだ完成されていないんだよ。
なぜ彼氏が私を選んだのかもわからない。
挑戦者としての欲望が長屋の基盤にあった。
射精は汚いな。女は射精すらしないんだよ。
そう演じるしかなかった。
わい談は弾圧されてしまえ。
しかし、長屋の立場は1936年にアヤラによって批判された。
「あなたと話していてもつまらないの」
「失恋したことがないのならば伝説のモンスターよね」


【完】

« 物理学。 | トップページ | 神学。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女と私の事情。東京女子大。:

« 物理学。 | トップページ | 神学。 »