最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 道徳〜東大ボクシング部1990。 | トップページ | 性転換手術について。 »

2017年2月26日 (日)

日本倫理体系。

街づくりをしてルールを作ったものを神と呼び、その人物がどのような人であったかを言い伝えにした。
そのことによって兄弟もできたし、それが楽しかった。
父親殺しは男の本能であるが、お父さんが羊を盗んだ(娘を犯した)ことを喜んで役人に通報するような息子を人の道に反すると教えた。
娘とお風呂。
羊を盗んだ王子の息子はどんな人生を歩むのだろう?
それは「道」である。
王子は息子に包茎手術もさせないだろう。
論語とは「知恵と勇気」に満ち溢れた書物だ。
知恵と勇気を「仁」と呼ぶ。
そして、もっとまともな方法で父をやっつけようとして身に付けるものを「理」と呼ぶ。
仁のないものは理を身につけられない。
中川翔子 Ray of Light。

王子が羊を盗んだその息子の人生を描いたものが儒教であり、その深刻な表情をした息子が最もシンプルに感情を表現するのが「理」である。
「文」とは理を詩にしたものだ。
裁断的とは理であり、裁量的とは文である。
王子が娘に「学校で何か言われたのか?」と尋ねるほど文化によって全く異なる反応が見られるのが羊を盗む行為だ。
「手」とはそのような息子への理解力のことを言う。論語は人格をぶった切り、削り、磨く書物であることから「手」が重視された。
孔子の人生は、世界に拡散されるほど影響力を持った。
「理」系とは、黙々と仲間作りの方法を探求する世界だったし、「文」系とは人々と語らう社交性を持ったものが探求する世界だった。
仁(知恵と勇気)は、理と強く結びついたのであり、文とは距離を置いていた。
理はふさわしい人間のダンスだった。
法も罰もなく恥だけがあるため、文系には向かなかった。
舜は、父に「俺は結婚する」と言うと反対されることを知っていたために、多数派工作をして本来あった家庭を否定したのだ。
結婚するためだけに多数派工作しなければならなかった。
それが羊を盗んだ王子の息子の人生だった。
儒教は、「年寄りは健康にしか興味がないものだよ」として医学部を理系に含めた。
食べ物や酒を周囲に振る舞うだけでも多数派工作はできるだろうとも考えた。
政治の起源とはこのようなものだった。
そして、親が死んだ後の和解の儀式へと議論は進んだ。
親の死を追悼する儀式(法事)すら多数派工作に利用した。
家族に恥をもたらしても、巨大組織を形成するのに貢献したのが親ではなかったか?
そのようにして王というものが生まれたのだ。
マルタのサックス。

孟子は、牛の代わりに羊を生贄に捧げた時、牛は無実の罪が救われたような目をしていたと舜が語ったのを聞いて、あなたは人の心がよくわかる人だとした。
プライベートライアン。
牛は運良く生き残る人で、羊は銃弾が当たる人だ。
この心理から「儀式」というものは生まれている。
他の赤ん坊が泣いているのを見ることから人間は幼い頃にこれを学習している。
この心理からも「理」系に進む人はいるではないか?
多数派工作のもう一つの根拠を孟子が見つけたのだ。
太陽と水、豊かな土壌を親や妻、子供に与えようという心をもたらすからだ。
絶たれた血筋があったんだよ。
細かいことはどうでもいいではないか?
この自分の活動の生い立ちを「端」と呼ぶ。
兄の息子も愛せれば、近所の赤ん坊も愛せるものなんだ。
どの子供も違いはないんだよ。
先生になる理由もここにあった。
孟子は舜に「あなたのお父さんがあなたを殺そうとしたのならば、お父さんの後妻(娘)が彼を殺すだろう。兄と弟で仲良くしなさい」と語った。
恥を知っているからだ。
普通の恋愛ではないからね。
「明日に道を聞く」とはこのことだろうと孟子は考えていた。

荀子は、人間は孟子が思うような善人ではないとして「方位」つまり舜は親元から離れて長い目で人生を見て働くべきだったとした。
あとの自分の才能は天を信じてみろよ、とも言った。
社会のクリエイティブさは人間に才能をもたらすんだ。
人間は案外適応能力があるものだと考えていた。
木村拓哉CM 家で起こっていること何も知らない。


朱子は、宇宙の研究でもしろよと言ったし、中国の哲学とは「いかに舜の心を救済するか?」というものだということは指摘していい。

墨子は「法」の起源をここに求めた。伝説の王だぜ?
墨子は「姉妹が家庭の中心になる」ことを指摘した。
王子の息子は親の三回忌でいろんなことを知るだろうとされた。
姉妹から「法」を聞かされるからだ。
親の「幽霊」を舜は見たのだ。
それは「天」の意志だった。
荀子は親が生きている間は家庭で孤立するから舜は旅に出るべきだとしていたのだ。
法事をみんなが楽しみにした。

道教においては、このシーンで「男優先の無為」を見出している。
親が生きている間は家庭内の商売繁盛を願ったハードスタイル(硬派)が貫かれ、親が死んだらソフトスタイル(軟派)に舜は変わった。
ソフトスタイルの方が様々な紛争を解決する能力がある。
このことを「鳩が飛ぶ」と呼んだ。
鳩はより高いレベルの生き物だったのだ。
楊貴妃の権力も親が生きている間だけだね。
楊貴妃と料理人たちは牛を殺すことだけを考えていたからね。
ピンクレディ UFO。
「知らないということは善意だった」
荘子は妻を失ったら宇宙の探求に帰っていった。

法家の韓非子は、人間とは楽な方向に生きて生きたがるとして褒美と罰を考えた。
政府の誕生だ。
中国がグローバル化したのは法家によるものであり、良きサマリア人として世界に知られた。
儒教は「良きサマリア人は二度と舜を生み出さないだろう」と言って怒ってしまったけどね。
韓非子は家庭内の風水の観点から政府による統制が好ましいと考えたのだ。

仏教の側は「奢れる舜は久しからず」というシナリオを作って経典にした。

プリンセスエリザベスも、牛乳風呂で家庭内での影響力をましたが、思春期に女の子たちが恋をしていくのをどのように見ていたのだろうか?
海ではセックスが横行していた。
「映画に奢るものよ、薬を飲め」
神聖な陛下にお仕えするためだった。
おニャン子クラブ お先に失礼。

女がボロボロとこぼれ落ちていくほど私の局部の価値が高まるのがわかった。
理想の男のハードルも上がっていった。
「舜はいつの時代にもいるものよ」
医学、人間のメカニズム、仲間作りという観点から自然に出会いが生まれていた。
王室刑務所で必ずプリンセスと陛下の出会いがあるというのは最高の原理だった。
唯一の「主権」だと思うね。
子供への信仰は舜にしかなかった。
舜が薬を飲んで生きているうちに「主権」にいいアイデアが浮かんだ。
学問を楽しんでいるうちにこんな人生になっちゃったよ。
「知識を求める世界における私の計画には一切の間違いもない」とデカルトは語った。
舜は常に最高のテキストを選んで生きた。
哲学は常に「いい仲介役」を果たしてきただろう。
大島優子。

プリンセスエリザベスは、孤独と恐怖と薬の中でひたすら「男の値段」をつり上げていた。
なぜなら彼女には仲間がいたし、仲間の中に敵がいたから純潔を守った。
最高の男を求めるのならば、そいつは包茎だよ。
集中しすぎたんだろ。
パートナーが見つかれば、それが幸せなんじゃないか?
プリンセスエリザベスが幸せだったと思うだろうか?
舜と結婚したいかどうかは女が決めているんだ。
包茎だけならいいが、恐怖で禿げてるんじゃないか?
どの男とのセックスも気持ちいいものだよ。
よくできた世界だな。
高橋由美子 思い出の銀の矢たち。

プリンセスエリザベスは、からだとお金を交換しただけだ。
土地を持っている人と結ばれた。
舜も歳を重ねるごとに知識を増していったのだ。
口説き文句を知っている人に落とされたんだ。
彼女は間違いではなかったよ。
舜の根性には参ったね。
愛と憎しみ、欲望と喜び、哀しみを知っていたんだ。
彼女は悪いセックスを嫌ってからだを最大限に活用した。
楊貴妃ではなかったけどね。
いいセックスへの情熱があったのだろう。
力のない精子が嫌いだった。
舜は、十分知恵をつけてから女と結ばれたかったのだ。
仲間を作ることだった。
AKB48。

女の子が神様を信じるかどうかも「羊を盗む」行為にあるとされ、ライプニッツがまとめ上げた。
冬の微粒子 CoCo。

幼い頃の退屈な時間。
そして、学校に入ってからの勉強。
いつか理想の人が迎えにきてくれるという気持ち。
このことを「サンタクロースを信じる」と言っている。
女子たちは「まだ誰もやっていないこと」を競い合っていた。
「あれ」をやらないと神が生まれない。
無限なまでにセックスへの期待が高まってしまう。
このことを自分のからだの中に抱え込んでしまうのだ。
神・完全さとは男社会そのもののことだった。
学問って女が作っているのよ?
男の長電話なんてないよ。女に詳しい奴が相手なら1分もしないうちに切るよ。
仲間が多くて怖いからね。
松任谷由実 やさしさに包まれたのなら。

愛は知恵に導かれている。
若い頃は音楽を聴いたり、絵を眺めていればいい。
ハードスタイル(硬派)には分からないのが絵画や音楽なのだ。
ただひたすら神の存在を信じていればいい。
もし、美しさを愛したのならば努力もするだろうね。
男社会の序列(サンタクロース)が気になって仕方がないだろう。
他の男が簡単に女とセックスしたために作られた複雑な人間関係の幾何学模様も知らないだろうね。
ライプニッツは、フランス、ドイツ、イギリス、オランダの区別をしたグロティウスは尊敬していたよ。
それぞれの国の神様が強さを増したからね。
愛が止まらない Wink。

アメリカ人は「ベトコンが殺されたからフリーセックスになった」と言ったけど、国はヨーロッパほどまとまらなかっただろう。
王子は恋人たちが別れが近いと思い出話に浸ることも知らないんだよ。
それで戦争が終わらせられるのかね。
誰も傷つけるな。男を認めろ。自信を持って生きろというローマ法のジャサティニアンは教えた。
正確に理解すれば外国国家は戦争をするお金がなくなるんだ。
国内の男の存在意義をなくしてはならない。
お金と男らしさは同じ意味なんだ。
神・男は世界の支配者だ。最大限に活用しろ。
うまく国内の調和を取るんだ。
なにしろセックスの数だけ罰を与えられているのが男だからね。
調和のためだけにひたすら学んだ。学んだやつにはどの男も寛大だったよ。
それがなければ神の統治権が疑われるね。
男女の戦争の終わらせ方だけは知っておいてくれ。
私たちの愛に興味がなかったのかと思われるからね。
渡辺満里奈 秋服のボートに乗れば。

妥協しあったし、兄と妹の関係でもなかっただろう。
三角関係もあった。
人間とは忘れやすい生き物だ。しかし、恋人たちは違う。
快楽のある、美しいからだをした女のいる国が一番いいに決まっているだろ。
しかし、おちんちんは相変わらず毒を放ち続ける。
それを踏まえた上で「愛し愛される」男になるんだ。
ミスチル シーソーゲーム。

《余談》
1980年代に成熟経済を迎えた日本国は、バブル経済を経たのちに、1991年に国連平和維持軍を作ることに失敗している。
公明党がこの時に「中道」としての立場を明らかにし、賛成に回っている。
アメリカではタイムズスクエアで、性のコントロールをする力をニューヨーク市長は持っているが、渋谷、新宿、池袋などでこのようなコントロールをするという発想は当時なかったようだ。
天皇の大嘗祭にも自由民主党、社会党の一部などしか参加しておらず、「性への寛大さ」が問われたのが今の憲法であろう。
他には環境の問題が憲法において指摘されているが、この記事の後の方でゆっくりと加筆していきたい。
環境の問題とは「女は人間以外を愛していた」という問題である。
酒井法子 碧いうさぎ。

三浦海岸の海開きを待て。

小網代の森〜女性の抑圧からの開放。

城ヶ島。

岩堂山。

ソレイユの丘〜優しさだけで解ける恋のパズル。

横須賀美術館〜マホロバから。

男は仕事をしてお父さんに認められるものであるが、それを外の人間に表現するのは良くなかった。
コンサートも楽しんだ。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

抱かれるのと抱かれないのはどちらがいいのだろうか?
プラトンの答えは「抱かれる」だったし、詩もそのように作った。
好ましい死も迎えられるし、抱かれる女は価値が高まる。
人間の幸福がそこにあった。
抱かれた方がいいとしたことから一気に学問が発展した。
道徳〜東大ボクシング部1990。

セックスがある街の方がセックスのない街よりも幸せだった。
街の落第生は勉強すればいいだけだ。
これがソクラテスの戦術だった。

「精子ってなんだと思う?」
このことから女のからだも男の根性も女の好き嫌いも生まれている。
河合その子 恋のカレッジリング。

精子には、快楽という意味では皆同じという側面と、シャンパンにして飲みたいという側面の二つある。
女のからだと好き嫌いは、シャンパンの側面から作られている。
女のからだが最も重要で男の根性と女の好き嫌いはあまり重要ではない。
女のからだ、そして男の根性、女の好き嫌いの順番に物事を配置していく。
女の怒りはからだ、男の根性、女の好き嫌いの順番にできているからだ。
女のからだは知恵を愛さない。しかし、周囲に男の根性をもたらす。男の根性を周囲にもたらせば知恵も生まれる。
女の好き嫌いなんて後回しだよ。
ソクラテスの家づくり街づくりはのちに秦の始皇帝も参考にしている。
この風水の観点からはセックスしない方がいいし、男も賢く勇敢な男になる。
男らしさはこのように育まれている。
法を学ぶためにはこのような「部屋の風」を読むのだ。
女の好き嫌いもやがて男の勇敢さを愛するようになる。
シャンパンのような精子はこのように生み出す。
セックスを否定する世界が風水なのだ。
敵を作らず女も助ける。
友人も助ける、
セックスをしない方がいい風が吹くことは哲学者だけが知っていた。
女の美しさに対しては、男の「傑出した」があった。
太陽が照らし、線で作られた部屋が一番、女にとって理想だった。
しかし、男はすべてを治める力を持っていた。
男が育つのならばそれが一番いい風水だったのだ。
マスターベーションとセックスは明確に区別しなければならない。
読み物に恵まれている街という観点も重要だった。
若い頃は女の体を憎みながら読むこともある。
心の調和がとれていることが必要だ。

それでは、なぜ街にセックスがあった方が良かったのだろうか?
神を証明したかったからだよ。
小さな人間(女のからだ)、ライオン(男の根性)、複数の頭を持つ野獣(女の好き嫌い)を外で証明して家に持ち帰る必要があった。
心の健康が家庭にもたらされるのだ。
外には「男を知らない女」がゴロゴロいた。
若い男は自然に恋をしたくなったよ。
男を知らない女たちも漫画のような恋に憧れていた。
暴君に「もはやお前は若者ではない」ことを教える必要があった。
複数の頭を持つ野獣とは暴君を愛さない女の好き嫌いのことだった。
ライオン(男の根性)の心は暴君のものではなく、若い娘にもモテる。
若い娘をお金で買ってみな?
学費に使ってしまうよ。
暴君には楽しめなきの世界を作る必要があったのだ。
ソクラテスは男女を問わず、哲学者を好きになって欲しかったのだ。
男女の関心事の違いから、国というのは一つではないこともわかる。
快楽をみんなが求めると、世代や男女でバラバラになることを暴君に知って欲しかった。
結果的には「お金」だったのだけど知っておいて欲しかったのだ。
快楽を得るためには痛みがともなう。
しかし、快楽のない痛みもある。
痛みのない快楽が実は人々が求めていることなのだ。
童貞を守った暴君に悟ってもらいたい。
王政を守るためにも街にはセックスが必要だった。

それを踏まえた上で「セックス政治フォーラム」を学んでもらいたいのだ。
ソクラテスは理想的なセックス政治フォーラムを4つ見つけた。
包茎主義、女の共有、女性主義、全体主義だ。
「いろんな街に真似された」ことから考えたのだ。

包茎主義は、戦争の準備ができていた「豚の街」と、女たちが浮かれて男が哲学者ではなかった「熱の街」そして「贅沢の街」の三つがあった。
人々は特に「贅沢の街」に酔っていた。
ソクラテスが豚を嫌ったのは有名だろう。
カウチもテーブルもサラダもない家で金を戦争に使いたがったからだ。
指導者はいい人でも国家運営のやり方が異なった。
指導者のポテンシャルに影響を与えるのが「いかに包茎に寛大であるか?」であった。
非常に調和のとれた街だったから真似されたのは事実だよ。

次に共産主義(女の共有)が真似された。
家族を否定し、財産を制約し、周囲の街を敵にしていた連中がいた。
上流階級が喜んだので支配者はやりたいことができた。
指導者は「俺のものはみんなのものだ」言い放った。
プラトンは「多くの貧困者、家庭のない貧しきものを出した」と批判したが、真似した連中がいたので今日に至るまで論争の的になっているのだ。

次に、女性主義だが、女を知ることで社会に女をどんどん送り出そうと考える街が真似された。
男は短髪で女は長髪というモデルはソクラテスがこの街で作った。
同じ教育を与えたかったから髪で区別したのだ。
家族とはどのようなものかをみんな考えたが、髪の長い人が差別されたのは事実だ。
髪を伸ばしていたのはお金が欲しかったからだとのちにわかった。
髪を伸ばしたら生き方も制限された。
しかし、多くの街が真似した。
高橋由美子 そんなのムリ。

最後に全体主義だ。
頭のいい指導者がとにかくサプライズを好んだ。
国はお節介だったし、他の街に対してもお節介だった。
哲学者が突出するとこのような街ができたのだ。
人々は指導者にしたがうしかないという「高貴な嘘」をついていた。
セックスすることは良いことだとしたからこのような街が生まれ、真似された。
プラトンは「自由に表現できない」としてこれも批判している。
コントロールされることは良いことなのかを考えなければならないだろうね。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間。

庶民はセックスをする。治めたくないからだ。
統治者になろうとするが名声と金のためだろう。
でも、庶民は好き嫌いで統治者を選んでいるよ。
「セックスしないだ?」
腐っていたら報じられるよ。
庶民の心の調和が取れる統治者を選ぶのも風水なんだ。
統治者が好き嫌いを言ってはいけないね。
一人の男が統治者になると女に左右されやすい。アテネもスパルタもこれは避けている。
政治家も統治に参加していたのだ。
政治の世界の「風」というのはそんなもんだ。
人々は「哲学者のように生きたい」と願っている。
知らないのならいいエキスパートがいて欲しいのだ。
男は自分の精子をシャンパンにしたかっただけだし、どのように生きるべきかという問題で参考になる人がいればよかった。
単純にマンガにして覚えているんだ。
何度、離婚したかなども含めて「理想の街」を作りたいだけなのだ。
愛は長続きしない、これは社会のトラウマだ。
賢くなりたい。
これも風水だ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

さて、環境について語ろう。
百姓が農地を焼き払ったり、生き物を燃やして葬ったりすることは敵を作るだろうか?
道徳の観点からは問題がない。
しかし、人間以外のもの、たとえばスヌーピーを愛するものから見れば楽しくないという倫理の問題と直面する。
スヌーピーがおちんちんについて語ったことがあったであろうか?
コウモリのような感覚を持った女にとってはサバイバルでしかない。
ちんちんと女の局部しかなければ世界は豊かにならないのだ。
中川翔子ブログ。

環境は薬であったし美しさであった。
ロゴスは男だけのものだった。女はどのように守られるのか?
1970年代からこの問題が騒がしくなったのだ。
人間中心だと女がはじき飛ばされることになりかねない。
人口爆発は何をもたらしたのか?
食料不足から男の「学問競争」を激化させ、女の逃げ道を絶った。
聖書においても創世記1:27-8において、神は自分に似せて男を作った、女たちも男の仲間に加えた、魚と海があり空気がある、それが地球を形作った。
とあることからすでにユダヤキリストの世界においても知られていたことだった。
1968年のクリスマスに女の癒しについてアメリカは語り合ったし、1970年9月に「サイエンスのアメリカ」を標榜したし、1972年には人間が宇宙に行った。
MITのデニス・メドウがとうとうスヌーピーなどの女の癒しの必要性を悟った。
女たちの局部が世界の学問の標的にされているとした。
アメリカ、オーストラリア、ノルウエーにおいて「学問に満ちていて、ワイルドで自由」な世界が探求された。
実は、女たちはスヌーピーを愛していたのではなく「学問に満ちた男」を愛していたのだ。
どのコミュニティも競争だった。
癒しが必要とされた。
リチャード・ローティは、このことを「西洋的な考え」とし、あとは盲目的忠誠心からスヌーピーなどを女は愛していると言った。
どの男が「最後の一人」になるつもりだ?
人間らしさを見失いそうだったのが西洋社会だった。
そのようにして「自分の土地を愛す」人が生まれた。
ウォルト・ディズニーは、ミネラルキングバレーを購入していた。
このことを見通していたのだろう。
セクォア国立公園やシエラクラブなどを「自分の国のために」購入したのだ。
シエラクラブ購入の問題はアメリカ連邦最高裁まで争われ、ダグラス、ブラックマン、ブレナンが「これをビジネスにしていい」とした。
ミッキーマウスのために木や森や川を改造してもいいのかという争点であった。

スカンジナビアのディープエコロジーは「そもそも競争をやめろ」というムーブメントであり、ヒマラヤの理想郷を夢見たのだ。
木や狼や熊や川や森との共存を目指したものだ。
しかし、この世界も「常にぬるい方向に生きる」スピリチュアルな世界ではなかった。
自然との戦いを経て自分が膨張していくのを楽しんだんだよ。
ロッキー4 トレーニング。

サイエンティフィックアメリカを標榜した1970年代にウーマンリブ(ウーマンズリベレーション)のムーブメントが起きた。
性差別、人種差別、動物虐待などの問題に女の抑圧の立場から有色人種に共感を覚えるというムーブメントがだった。
人間中心と言っても内部にはいろんなものを抱えていることに目をつけたのだ。
男と女、男らしさと女らしさ、女のからだと感情、自由と必要性、行動的であるととと受け身であること、心とからだ、純粋であることと成熟していること、白人と有色人種、文明と未開、大きいこととひらめき、人間と動物、文化と学問などすべてが二極化していた。
男は前者で女は後者だった。
しかも、前者が優越していたのは言葉(ロゴス)の完成によるものだった。
そこから「差別の解消」へと向かったのがウーマンリブだった。
男が学問を消費するのならば「呪術信仰」に向かった女もいた。
男たちがシャーマンに怯えるのが分かったのだ。
動物、植物を儀式で用いたのは女のサディズムだったのだ。
学問を尊敬している女がシャーマンになった。
「結局、女はおちんちん目当てなんだ」
セックスはいいものだと考えていた。
捕鯨も、象牙のために象を殺すことも呪術信仰の妨げになった。
はらいごと。

男という概念はもはや出尽くしていた。
産業化は人口を倍にして、消費を三倍にしていたのだ。
地球全体へのメッセージに変えるために「地球温暖化」の問題にするしかないんじゃないのか?
女たちが考えたことなんだ。
男の団結を崩壊させるためにやっているんだよ。
生娘のために男たちが争うだろ。
持続的な発展が重要なんだ。

検索エンジンと女のプライバシーの問題がある。
個人と専門の違いってどんなものだろう?ということは分かるが、リサーチ倫理委員会がさまざまな問題点をまとめあげている。
特定の女のメールアドレスまでわかったら大変だ。
女の日常まで特定できないようにしたことがインターネットをメジャーにした。
これがなければ情報ツールとして使えなかっただろうね。
テキストベースで調べるか人間ベースで調べるのかは明確に区別がなされている。
サードパーティを作ったことがフェイスブックやGoogle+をメジャーにした。
ツイッターのタイムラインはユニークな情報源だね。
プライバシーの同意を得た上で情報が流れている。
リサーチアクティビストがいることを踏まえた上で、フェイスブックはニュースフィードの実験をした。
携帯で簡単に情報発信できるようになったのはそのおかげだ。
閉鎖空間をサーチエンジンから排除したのだ。
人々にできないことを作るのが一番良かった。
1947年のニュルンベルクコードにその起源を持ち、1972年にアメリカヘルスサービスが健康に関する情報を公開することにした。
女を検索の対象から守るのがテーマだった。
アメリカ、オーストラリア、カナダの仕組みに日本もしたがっている。
個人の特定はサーチエンジンにとって致命傷とされた。
女が「今日あった出来事」を公にされることはなくなっていたのだ。
どんなリサーチアクティビストにもこれは不可能なのだ。
女のプライバシーではない情報は情報集めの起源だ。
個人を危険に晒してはならない。
もし、自分の情報を晒すなら危険と利益の双方と向き合わなければならない。
1996年にストーム・キングがこの問題の研究を始めていた。
女がインターネットの世界に巻き込まれていったからだ。
1997年には情報遮断された生活という論文も公表された。
1999年にはリサーチリスクの問題が提起された。
ワールドワイドでの情報閲覧に危機感を感じていたのだ。
健康に関する情報や、消費者対消費者というネットの構図が主流になっていった。
科学問題委員会は、学問をもっと知ってほしいと考えていた。
口頭で伝わる歴史とはどういうものかも分かるようになっていた。
ブログはまるで公園のようだった。
プライバシーを晒すことは敵を作ることを意味した。
何を語ったかはサーチエンジンではわからない。
SNSの登場だ。
フェイスブック、ツイッター、ブログもメール記録も拡散するときは匿名だ。
しかし、女の名前、住所、セキュリティナンバーが匿名制を維持するのが難しくなった。
IPアドレスがあったからだ。
どのように観察されているのかがわからないのだ。
オンラインチャットルームの宿命であろうか?
個人情報は晒さないというのが常識になった。
スモールサークルとの違いを理解する必要がある。
女性が2ちゃんねるをやる際には、サーバのログやクッキーの追跡、ソーシャルメディアのプロフィール、フィード、サービスプロバイダのログからの特定を意識していないことが多い。
情報があまりにも多いからだ。
しかし、2ちゃんねるは「あまりにも公な」場所なのだ。
フェイスブック、マイスペース、ツイッターはあまりにも簡単にダウンロードできる。
しかも、2ちゃんねると連携することで個人の特定が可能だ。
アマゾンに加入するということは女性が年齢を知られるということだ。
電話スクリプトや、メール文書、ファックス、ビデオなど限られた趣味からいろんなものが特定できることに「同意」している。
ポータルサイトだけでこれだけのことができるんだからビックリだよね。
同意のチェックボックスも乱暴に扱われている。
しかし、同意を求めるということは、パスワードなどがファイルでロックされていますということを意味しているので、パスワードなどが盗まれることはない。
しかし、相手企業がビジネスを続ける限りにおいてだね。
デンマークのオーケーキューピッドのように7万人の情報を漏らしてしまった事例もある。
年齢を特定するソフトぐらいは普通に流通していると思った方がいい。
クラウドに情報をためてクラウドコンピューティングをするぶんには情報に関して誰も興味がないようだ。
有名なコンテンツを公表すると、誰にフィルターをかけたかが分かるし、サードパーティにも見られている。
フェイスブックのプロフィールや、ツイッターのタイムラインの情報からの特定が可能だということは注意した方がいい。
有名なコンテンツを出すということはそういうことだ。
宇多田ヒカル 忘却。

王陽明は、道教の修行者に「3日間、竹やぶで竹の特徴を観察していたら病気になった」と聞き、竹やぶの特徴を観察して見たら七日間で病気になった。
このことから、自分のおちんちんを外に向けてみようと考えたのだ。
ペーパーばかり見ている役人を批判し、軍や行政のトップをまかされた。
肉体を鍛えることに舜の救いを見出した初めての人だったのだ。
竹やぶのパターンを見抜くことは世界を見ることであり、体力を必要とした。
人の体を見て「これならば怖くない」とも思うだろう。
体調の悪いものも見抜けた。
寛大さ、お金、知恵と不動産を手に入れるためには体力が必要だった。
ドカベン。

王陽明のトレーニング。
まず、ファッションを整えることから入る。
家族の同意をえる。
このことを「賜物」と呼んだ。
賜物は常におちんちんと向き合うだろう。
お金のことを考える。
目と足を常に意識する。
きれいなシーンを愛する。
セックス、食べ物、富が動機だと知る。
汚らしい場面を見ないようにする。
美しいシーンにだけ誘われてトレーニングする。
臭い匂いを避けるだけで強くなれるというものだ。
大魔神佐々木。

心:子供が井戸に落ちそうになる場面に反応すること。
技:ヨセミテ国立公園の壊れたものは見たくないと思うこと。
体:女が賞賛する自分の進化。

アフリカは、舜の救いはナイスガイであるべきことにあったのではないかと考えていた。
家庭はあまりにも多様であったため、兄弟を大事にして外では家庭内のことは口にしなかったのだ。
ナイル川をもっていたエジプトでは当然、道徳の話をしているのだろうと考えていた。
浮かない顔をしていたら人が逃げてくだろう。
サブサハランではこのような発想が浸透していた。
酒井法子 all right.

アフリカでも舜の人生は宗教であり、彼のような男は街を作って歩いた。
ガーナとアカンはそれでできた国なんだ。
イグボ語でもヨルバ語でもショーナ語でもいろんな男が街を作った。
ナイスガイだったからね。みんなが受け入れたんだよ。
イグボ語では「パパ」とはいい人という意味だったし、ボーンとは悪という意味だった。
ヨルバ語では「イワ」とは性格のことを意味した。
一緒に街づくりをする上で、道徳は民間伝承にまで浸透していた。
ヨルバの海の言い伝えではナイスガイであることはすべての要塞だとされていた。
イフェヤニ・メンキティは、幼い頃の経験が人間性を磨いたのだろうとした。
アカン語では人間のことを「オニパ」と呼び、ずる賢くわがままで無慈悲な人間という意味だったのだ。
ナイスガイがこれほど得をする地域はなかった。
ヨルバ語では人間のことを「エニヤン」と呼び、ろくでなしという意味だった。
よく怒らねえなと思う人のことを「オイェオニパパ」と呼んでリーダーとみなした。
シナイ山。

神はすべての人間を善人として作った。
この宗教が浸透していたからこそ、ワルぶっている人間は排除された。
海はそんなに胡散臭くはなかったのだ。
「ティボア」とは自分に厳しいという意味で、そのままお金持ちのことを意味した。
みんなその人のリアクションでお金を判断していたのだ。
極道は貧乏人としか思われなかった。
それほどまでに宗教感情が根付いていたのだ。
イスラムにせよキリストにせよ裏切りに満ち溢れていた。
裏切らない男の存在はスピリチュアルメッセージと呼ばれた。
アカンからの神ともパンテオンとも呼ばれたのだ。
神に近づくためには裏切らない、慈悲深い、ずる賢くない人の話を聞けばいいと思っているのだ。
中国の舜とはこのような人だろうとアフリカ人は考え、尊敬した。
仁義なき戦い。

「オンヤメ」というのはアカンの神だった。
寛大さ、正直さ、誠実さ、真理の探究、情熱、おもてなしいろんな意味で争いを止めてくれる人がいなかったのだ。
女たちが金を求めて体を売っているうちは争いが治まるはずがなかったのだ。
バンツー信仰とはこのようなものだ。
「勉強は楽しいな」という人を信仰したのだ。
お金を得るためにはそれしかなかったからね。
仕事をする上では人間に境界線(ノハノア)はないとも言われた。
しかし、白人と黒人の壁は越えられなかったね。
おもてなしとはバンツーランドの言葉ではないか。
人間が助け合ったときは「人間は黄金よりも素晴らしいものだ」と思えた。
他人が自分の縄張りを横切るときはもはや命が問われたためにそのような発想となった。
本当に土地から金が出たからね。
ニャホニャホタマクロー。

セックスに関してはアフリカ人は「ワニには一つの胃袋しかない」と考えていた。
西洋のフリーセックスだって最後には結婚で落ち着いているだろうという自負があった。
ここにも命が問われる理由があったのだ。
ワニが身近にいたからだろう。
人間は天から降りてきたときから社会的動物だった、という言葉が心に響いた。
舜は仲間を作ればよかったという発想がアフリカで根付いたのもこのような環境があったからだろう。
浜崎あゆみ SEASONS.

率直さがいかなる「戦術」に勝ったときの衝撃がわかるだろうか。
フロネシスとはそのような学問だ。
「いいセックスとは何か?」という話には率直であったのだ。
これを語れずに何かを欲しがっている愚か者を見ればわかるよ。
「お金になるおちんちん」を語ることが大事だった。
包茎マスターベーション(ユーダイモニズム)や、女が漫画をコマ送りにしてオーガズムに達する方法はある。
目標にしている異性でマスターベーションをする方法も指摘されている。
可愛い、かっこいいという理由でマスターベーションをすることが最後に指摘された。
BABYMETAL.

マスターベーションをして、外で紳士淑女を演じる人がいちばん敵が少なかった。
舜は、マスターベーションの探求をしたのだ。
1960年代から1970年代がひどかったね。
「15歳の母」などの存在が噂になって「やるよりもいろ」という発想のもとでマスターベーションが発展した。
石野真子。

その後、お金をもらって後腐れのない女という研究がなされた。
「我々は罪を犯している」という雰囲気が秘密を守った。
友だちの家に寄るかわりに病院を訪れたという設定で看護婦のコスプレをした女が流行った。
看護婦関連で流出している映像はすべてコスプレだ。
このあたりは職業人としてのエゴがあるね。
失恋をせずにシチュエーションを作るビジネスがあったのだ。
ここ35年ぐらいの間で、病院で本当にいやらしいことが行われているという噂を背景にマスターベーションする人が多く出た。
ドラマやマンガの影響だった。
病院にとっても都合が良かったのだ。
コスプレ資料映像。

会社では社員もセックスの消費者だった。
セックスとテクニックの向上を目指していたのだ。
これをマネージメントすることは可能なのだろうか?
プロとしてこれをうまくコードにしなければならない。
最終目的は「利益を出す」ということだったからだ。
「コストコは雇用をうまく守っている」
「BPはメキシコ湾を汚染した」
などのニュースは社員のセックスと関わる話だ。
セックスによるトラブルで世間を敵に回したという意味であり、決して、石油で海を汚しているわけではない。
外部の人間をこのサークルに入れないシェアホルダー論がある。
これに対してここ30年ぐらいでフリーマンが外部の人間も含めていこうというステークホルダー論を唱えた。
債権者や政府、競業者まで含めてしまった。
相対性理論 (恋は)百年戦争。

社内だけでセックスを消費している限り、クライアントに命をかけるものはなく、ぼったくりが横行したのだ。
「雇用は真剣勝負」の理由はセックスサークルに誰を含めるのかという問題だったからだ。

最も人気のあるフレームワークは「社内恋愛は契約コストに転嫁される」として社内恋愛を禁止してしまうことだ。
カントはしかし「海に解き放ってしまえ」と言った。
職場に魅力的な異性がいないという「マーケットの失敗」を企業に良い影響を与える。
若い娘が職場にいることは良いことなのかを考え直さなければならない。
結局、どの職場もセックスを売っているのだ。
しかし、セックスを「より安全な形で」提供している。
製品の安全も食の安全もそうだ。
より小さなセックスライフのために物を売っているのだ。
広告も当然、「性」をアピールしている。
1980年代にはビーチナッツが「100%アップルジュース」という広告を考えたし、カルバンクラインは「愛と狂気の狭間のとらわれ」という広告を売った。
ジレットは「最高の男ならば奪える」と言った。
みんなセックスライフのために物を売っていたのだ。
性に頼りすぎるようになったのが今のビジネスだ。
男の香水まで考えられた。
セールスの心配などしないで大雑把に企画したものを、現場は「嘘をつかない」「安全性をアピールする」「質問には丁寧に対応する」「去る者は追わない」などの方法でセールスを伸ばしている。
「女性が何を知りたいのか?」を練っているのだ。
車を売るなどの「ビッグチケット」にはどうしても大げさな表現が含まれてしまう。
しかし、広告は交渉ではない。
あくまでもセールスマンがセールスを伸ばしている。
プリッツのコマーシャル。

価格なんてすべて「射精に手頃な値段」で決まっているんだよ。
人種を守ろうとしたからブランドも生まれた。
差別を残そうとしたんだ。
2005年のハリケーンカトリーナの時に水やガソリンがどれほど安く手に入るのかを思い知ったよ。
女が体を売って作り出した商品なんだ。

ウォルマートが白人の採用を拒むのはおかしいだろ。
しかし、ホベイプレイヤーが白人の採用を拒むのは問題がない。
白人のウエイトレスをテーマにしたライジンインザ・サンを作っていたからだ。
誰と一緒に食事がしたいのかが問われた。
客は必要なものにお金を払う。
仕事の「文學」に反したら解雇される。
より純粋な挿入が雇用のテーマとなる。
給料に関しても「雇用者は嘘をつく」ということを知っておく必要がある。
そのために「約束を大事にする」「貢献を大事にする」という二つの考えがある。
スウィートショップも場所を選ばないと良い報酬は得られないね。
アダム・スミスは流れ作業を「意味のないもの」にして効率性を高めてしまった。
すると、みんなが「セックスが仕事だったのか」と悟ったのだ。
意味のない仕事もそのようにして生まれている。
内部告発という仕事もあるけど、2009年のデジョージは、セックスが仕事だと悟れなかっただけだと位置付けられている。
世界を敵にしないことが一番いい。

企業の社会的責任(CSR)についても1970年代にドイツのメルクが「肝炎は見えない」ことを利用して一気に成長を遂げたことから議論された。
「人々の無知につけこむな」ということなのだ。
あとは政治フォーラムに企業の悪事は開放したよ。


娘とお風呂。
舜の人生ばかり書いたが、姉である楊貴妃の人生はどのようなものだっただろうか。
幼い頃の孤独感、プライベートを隠す必要性を感じたこと、男らしい知性や意思、男社会、そして男は戦争と死を考えていることを悟った。
女は平和と喜びの人生を歩むべきだと思った。
男たちが私のからだを見ていることは知っていた。
このようにして「男に従属する性」は生まれた。
仲間づくりの方法も男とは全く異なるものだった。
必要なのはナルシシズムだったのよね。
男の子と同じ教育を与えてみればいい。耐えられないのがわかるから。
カンニングや虚しさ、まだ未成熟であること、なんでも仲間づくりに利用した。
不良少女と呼ばれて。

中産階級からこのような女が生まれているのだ。
教育についていけない男たちとつるむのは当然だった。
いい奥さんになるんだけどね。
「強烈な教育」がこのような男女を生み出していた。
複雑な方法で「あぶなさ」を表現していたのだ。
女たちは仲間からキリストのような死者が出ることを望んでいた。
私たちのファミリーがひとつになることを感じた。
多数派工作の学問は家庭にしかなかったから。
勉強ができない男はより動物らしさを増していた。
女は共産主義だった。
男の子はちんちんがあるからお母さんから離れていくが、女の子はお母さんから離れなかった。
しつけの時期を失った連中はいきなり法律や日の丸に飛びついたのだ。
その発想のまま社会に出てったよ。
教育がないから中絶も経験した。
ヤンママ愚連隊。

競争社会での仲間の作り方に苦労していたのは男の方だった。
男が助けを必要としているから女が加わった。
つかの間の青春だね。
子供ができたら結婚もしたけど、結婚に必要なものは何かも悟っていた。
「机に向かった時に必要なのは学問だろ」という批判がなされた。
しかし、ヤンママは汚らしいクライアントについて考えていた。
すべてを持って行ってしまう知的な連中だった。
ユダヤ虐殺をした連中だと思っていたのだ。
私はこの人間社会の序列の中ではもっと素直に生きていた。
子育てをすることは人間を愛することよ?
ファミリーを増やすためにお祭りもやった。
人間の力は対等ではない。
この私と契約するのならば覚悟してよね。
幼児を殺そうと妄想したことがあるかしら。
恐怖よね。
私が社会の負け組に見えるの?
世の中はそうはできていないわよ。
ヤンママ愚連隊。


職場の人間関係は父と息子、母と娘の関係に似ていた。
しかし、私は職場の母であればよかった。
みんな母の子でしょう。
女は20%安い給料に甘んじながら体を売り始めた。
給料の安い女は過激だな。
うしろゆびさされ組 SEKILALA.

日本ではこのような学問が儒学と呼ばれ、儒教と呼ばれ、先皇学、聖学、生理学、心学と呼ばれ、井上哲次郎が東京帝国大学で教えたのだ。

女のことをよく知らない舜に心を寄せる女もいたのだ。
社会システムを知っていて、彼の将来を予測できる女がいたのだ。
女にライバルはいなかったけれど、政治や法律、彼の周囲が私を認めるかしら。
彼はもっと若い娘こそが女だと信じていないかしら。
彼の周囲が認めない恋愛理論には大勝利がなかった。
松田聖子 マラケッシュ。

彼の周囲には恋愛という文化がなかったから敵が多かった。
拳銃で撃たれて1ポイント失うのは決まっているの。
女のパレートは、束縛されるか主人になるかしかなかった。


彼とは確実に結ばれるけど、周囲の出方まで探らなければならないから面倒だわ。
しかも、彼は集団主義教育を嫌っていて、常識を知らない部分があるからね。
カップルとしての発信力が弱いのが100%の恋人だった。
お見合いの席を設けるしかないわね。
彼は自分が持っている資産を有効に使いたがっていた。
酒井法子 100%の恋人。

彼と釣り合いが取れる女でなければお見合いすら成立しなかった。
舜との「単独ゲーム」は危険なものよ?
女を知らないため「処女じゃなければいやだ」などと言い出すからね。


「舜の論理」を拒む女が多かった。
できるだけ舜の負担を少なくした上でお見合いをしたほうがいい。
お金は持っているし、真面目に働いているんだ。
できるだけ「男らしい側面」を探してやるのだ。
CoCo メロディー。

堪え性のない男で非行に走るようなやつならさっさと「契約」を結んだ方がいい。
堪え性がないほど契約が簡単だというところに矛盾があるね。
女のゲームはそのように動いていて、インテリほどオタクカルチャーに染まりやすいのだ。





さて、オタクとなった舜が「愛の倫理社会」に陥りやすいのは、このようにして男女ともに「告白しても得るものがない」ことから生まれる。
舜は実はオタクの温床であり、大人になっても困難を強いられていたのだ。
おニャン子クラブ 愛はお静かに。

美少女にとってオタクのおっさんとの恋愛がどんなに簡単なゲームになるかは以下の図で明らかだ。




« 道徳〜東大ボクシング部1990。 | トップページ | 性転換手術について。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本倫理体系。:

« 道徳〜東大ボクシング部1990。 | トップページ | 性転換手術について。 »