最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 神の子。 | トップページ | 小網代の森〜女性の抑圧からの開放。 »

2017年2月 5日 (日)

三浦海岸の海開きを待て。

海でのナンパの心得としては「三度食事をおごらないと女性とは深い仲になれない」ということだ。
海の家から始まり、あと2回の食事は各自で考えよう。

2018年8月22日に三浦海岸で花火大会が行われた。
センターから黄金色で発信される様々な情報に対して、
色がごちゃまぜになった花火が「独裁への嫌悪感」を示し、それでも最後には、黄金色により「男性社会の絶対」を示した見事なものだった。
今年は、私も初めて三浦市と紛争を抱えるなどいろいろあったが、花火大会は世相を表現した素晴らしいものだった。

2017年8月9日に三浦海岸で花火大会が行われた。
一昨年の赤と緑色は男女の交わりを示し、昨年の黄金は男性的な色彩で女性ファンを魅了した。
しかし、今年あらたに登場したのが「愛から最も遠い色」である黄色と、「初体験の喜びは101回で終わる」ことを示す藍色である。
緑色は女としてではなく「痛みの色」の表現をするという具合に役割を変えた。
我々日本国は、中東の石油への依存をもはやしておらず「イスラエルについて語っていい」国となった。
そのような時に、三浦海岸で藍色という「二ヶ月ちょっとの偉大な恋」がテーマとなったのだ。
愛から最も遠い色である黄色と、初体験の喜びは101回で終わるという藍色が、痛みの色である緑色を背景に、情熱的な愛を示す赤一色に染まるカップルたちに人生の道案内をしたようであった。
インディゴブルーラブ。

女のセックスの感じ方、経験、そして意味の理解の仕方のすべてが海にある。
心が海のように大きいというよりは、開放感からセックスしやすく、その意味を理解するのにふさわしい場所という意味である。
魅せられて ジュディオング。

しかし、海には必ず男が必要であり、男の日常が必要なのである。
ノクターンセックスが存在する海においてはセックスだけを前面に押し出すのではなく、昼間の日常が非常に大事なものとなっている。
中森明菜 スローモーション。

夜の快楽の存在はみんな知っていた。
だからこそ男は女と真剣に向き合った。
神聖ローマ帝国以来の文化が形成されていたのだ。
ヒュームは「海に行った女は腰を抜かして帰ってくる」としたが、カントはその経験の大切さを主張していた。
ヒュームはイギリスに海岸線を作らせなかった経験論者だったが、カントは芸術の発展を願ったドイツ観念論哲学者だった。
「女は腰を抜かすかもしれないけど、昼間の芸術作品のセールスによって国は成り立つだろ」
国家の富と快楽の狭間でカントとヒュームは対立していた。
ショパン ノクターン。

日没前に女と肩を寄せ合って語り合ったよ。
これが芸術作品だった。
まるでセックスの気持ち良さの前に女から「嘘」を奪い取ってしまったかのようだった。
イメージや記憶、女のからだ、そして男のやる気だけが残ったため、海を強烈に推進することは男性中心的でもあった。
ヒュームは「女が言葉を失う」としてそれを批判したのだ。
ノクターンセックスは「男は皆同じ」という発想をもたらすため、ひたすら昼間を描いたのが芸術作品だった。
rebecca コットンタイム。

夜の海はもはや聖域であり、人々は語ってはならないこととされた。
セシルの海岸物語のように一晩で燃え尽きるのが海岸の愛の宿命だったのだ。
昼間の海こそが文化のすべてであるとも考えられた。
AKB48 真夏のSounds good.

男のやる気は昼間にも夜にもあった。
男たちはとてつもない快楽を女にもたらすことができるノクターンセックスがあったから女に多くは語らせなかった。
行為無価値論の秘密でもある。
日本国においては真夏の行楽客で賑わう昼間の海であるが、神聖ローマ帝国においては夜中に海岸で男女が静かに合体していることを「海の文化」であると考えていたのだ。
「それが分からなければ多くの芸術作品は核心部分を見失うことになる」
AKB48 ラブラドール・レトリバー。

見たいのは水着ではなかった。もっと「女が言葉を失うような快楽」が夜の海にはあった。
「国が態度を決めなければならないことなのだ」
ヒュームは「女に同情できなくなる危険性」を感じていた。
しかし、カントは「昼間はこんなにも健康的だ」とひたすら文化を発信した。
カントに太刀打ちできる力量を持っていたのは「日曜日の奇跡」を語ったヒュームだけだった。
「腰を抜かした女たちに鏡を与えよう」とヒュームは語った。
「胸を強調してみよう」とも言った。
誰に長話を聞いてもらって誰にお金をもらっているのかだけで日曜日のパートナーを当て「奇跡」「無神論者」と言われたヒュームがイギリスで期待されるのも当然だっただろう。
海岸線を国家レベルで作ってしまった日本国はこの議論に中立を保ったし、行為無価値論に立脚するカントと結果無価値論に立脚するヒュームの議論に対しては、最高裁がカントを支持し、アカデミズムがヒュームを支持している状態だ。
最高裁がノクターンセックスを容認していることから、国としては海岸セックスに警察は動けないことになってしまった。
「絵になる男になれ」という趣旨とも思われた。
新島の伝説。

ドイツは、そのようにして男社会が出来上がったし、書面を重視する社会となったのだ。
書面で考えるという発想はもはや経験論とは異なるものだった。
女たちは「海で腰を抜かしたことがある」存在と位置付けられたのだ。
ロックミーアマデウス。

さて、若干暗い話から始まった海の物語だが、それを踏まえて「昼間の海を明るくしようよ」というのがカントの言いたかったことだった。
海岸の夜が罪深いからこそ、昼間の太陽の下は明るかった。
「男として必要か?社会で生きていけるのか?」
この議論が女性たちの間で高まるのを見た。
国の男の経験は引きこもり男の経験でもある、とヒュームは語った。
家で必要とされる男に海岸セックスなんてものはないはずだ、とも語った。
「民族の男概念に関わる議論だ、慎重にやってくれ」
海だラブホだ言っている人間が我が国王室の守護神にいるか?
しかし、カントは「男なんて熱のように熱いか雪のように冷たいかのどちらかだ。いじめなんてものは忘れた方がいい」として海の開放感を譲ろうとはしなかった。
「必要な男なんてものはやる気やエネルギーを与えれば自然に生まれるものだ」
エロい砂の上で歌ってんな。
アメリカ合衆国がこの効果を知ったのは1998年だぜ?
砂浜にいる女の見方が全く変わってしまったんだ。
女たちはまったく嘘をついていないだろ。
男の直感とやる気を狙ったんだよ。
砂浜で胸を隠すのが大事だったな。
ribbon deep breath.

昼間の海で男と話したことを思い出してごらん?
混じり気のない言葉がたくさんあるだろう。
いろんな人生の「公約」も語ってくれたはずだ。
女の胸に刻まれているんだ。
しかし「海での恋は儚いものだ」という共通認識がある。
このことをレコーディングしたこともあるのだ。
公約が守れないから恋は儚いのかな?
一時的な思い出として終わっていたのだ。
SPEED I remember.

時間の長さが都会とは異なることも感じていた。
砂浜のエロさだけではなく、恋の儚さをテーマにした芸術作品の存在は指摘していい。
また、都会でスポーツ中継の騒がしさなどの世界に戻っていくのだ。
海の記憶は思い出にしたいんだ、俺はどうかしてたんだろう、俺はやはり都会の人間なんだ、というあたりからこのような芸術作品が生まれている。
まあ、ポップカルチャーがお金になるからカントは海岸線というものを考えたんだよ。
「幻を見せたかったんだ」
あの男と海に行きたいわ。
20世紀の中頃かな?シュトローソンがこれを世界に広めたのは。
戦時中に海岸があったなんて思わない方がいい。
「海で知り合ったというカップルもいるけどね」
おニャン子クラブ 夏休みは終わらない。

女が肌を露出しても男が勃起しないというのが海の醍醐味だ。
このことから芸術作品は成立していたのだ。
女たちもその方が世界が広がった。
時間と空間に圧倒されたのは男だった。
それでいて男たちはやる気を出したのだ。
勉強をしようと思った。
おちんちんが原因で起きる出来事の勉強だ。
そして、他の男のおちんちんがあるからもっと世の中は複雑に動くことを知るのだ。
これだけ女が露出度を高めても勃起しない世界こそが学問の発信源だった。
夜の海の現実や、ローリングストーンズの奇妙な踊りはそこにはなかった。
ひたすら「世の中の事件とは何か?」を探求するのが学問だったのだ。
女たちは純粋に「学問とは何か?」をさらしていたし、男にそのためのエネルギーを与えていた。
カントが海を社交の場としようとしたのか、男の日常の「心の風景」を作ろうとしたのかは分からない。
しかし、女が「感じる」以上、メンバーの選び方次第ではいじめが生じることは知っておかなければならない。
男が海で全ての人生の面倒を忘れるのは事実だね。
CoCo EQUALロマンス。

カントは「夏に海で気持ちいいセックスができる」と考えただけでおのずから痩せるだろうとエステをより目的論的に考えていたようだ。
女がスタイルが良くなるだけでも税収が上がると考えていた。
私(小野光太郎)はウォークマンやiPodを聞くとダイエットにいいと考えているが、それは「海で水着になりたい」と考える人が各自で見つけるだろうとされた。
他の女と自分を常に比較しているのが女であり、「感度の良さ」を競い合っていたのだ。
目的的行為論とは「海に行くために痩せる」ことを言った。
女たちもそれをよく理解しながら仲間作りをしていた。
田原俊彦 NInjin娘。

セックスの気持ち良さとは男のものではなかった。
「女のくびれ次第」とも言われた。
当然、スタイルのいい女は男の欲望の対象になるだろう。
木村拓哉 CM.

「緑色をした正方形」が本来の女であったが、海で体をさらすという行為だけでここまで美しくなってしまうのだ。
甘美なる経験のために女たちは自然に痩せていった。
海では女たちが「夢の共演」を行うのだ。
女の「感度の良さ」を眺めているだけで男たちは飽きなかった。
「感じたい」それだけの理由で緑色をした正方形の物体はこんなにも美しくなってしまうのだ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

ポール・ガイヤーは、彼女たちと話をするときにこの「くびれがある女は感度がいい」ということを話してしまってもいいとした。
海の開放感がそのことを許していたのだ。
また、女たちはスタイルがいいだけで自分は世の中に通用すると考えることができた。
ギンズバーグは、海のことをよく理解していたから最高裁判事になれた。
女たちがくびれを世間にさらすことを「フリープレイ」と呼んだ。
ガイヤーは1979年から2008年まで海に通って、女たちと話した。
いろんな女とセックスもした。
未経験の女は何を考えているのか?
経験豊富な女は何を考えているのか?
そして、どんな新しい経験を海に期待しているのか?
を女たちから聞いたのだ。
すべての女が「男の肉体美を見に来た」と答えた。
「男らしいって何かしら?」
美しい経験はいい男としたいもの。
これが女たちの考えだった。
ギンズバーグは、彼女たちの絶大な支持を受けた。
一人の女でも仲間はずれにしてしまう男が醜いとされた。
パートナーができた女も仲間はずれにされた女のことをしきりに気にしていた。
上手く物事を成立させた男に才能を感じた。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。

カントは「音楽作品というものは女を学問にしている」として、やはりダイエット効果を認めていた。
お笑い番組や、お部屋の整理整頓に関する番組、バックグラウンドミュージックすら本来「緑色をしていて正方形」の女を美しくしていたのだ。
しかし、もっとも有効だったのは「詩を歌った音楽作品」であった。
「心を耕すんだよ」
挿入するためのルールがもっともよかった。
知性の輝きとは少し違うものではあったけどね。
彼や彼女たちがなぜ学問の対象になるのかはこのような「詩の天才」たちが作った世界観のおかげであった。
ニュートンは男女を明確に区別し、お互いに惹きつけあうという図式を作った時点で「その構図は天才が作るものではない」とされた。
男女のアイデンティティは明確になったかもしれないが、「性倒錯」「ヘンタイ」を生み出したのだ。
詩を信じて育ったものが驚いてしまうような性倒錯が存在した。
性倒錯は美しさの敵だった。
音楽作品を信じて育った女たちへの侮辱ですらあったのだ。
河合奈保子 夏のヒロイン。

数学的な音楽作品と、見ている人を驚かせる音楽作品の二種類があった。
女の子たちはこのような作品と接することで「彼氏が欲しい」という健全な感情を持った。
何かの力が下腹部からムラムラときたのだ。
エジプトのピラミッドも、ローマの「ペテロのバシリカ」もそれでできたんだよ。
悪いことではないだろ。
人間はそのことで支配と従属も知った。
美しい女のからだを愛せと教えていただろう。
その文化に溶け込めなければ敵だらけだよ。
想像できるだけでセックスできる男であることがわかる。
女の美しいからだにムラムラできるだけで男の子の将来を感じた。
多数派に属せないのならばやはり学問の基盤がないのだろうし、どこかが倒錯しているのだろう。
「文化のメインストリーム」に身を置くことが必要だった。
小泉今日子 素敵なラブリーボーイ。

女たちはこのような「良識をわきまえた」男たちを尊敬した。
人間の自然の摂理にしたがっていたし、射精する男には攻撃性がなかったのだ。
射精というものが男に「優しさ」をもたらしていた。
このような男女のモデルは詩から作られていた。
「イク」ことの意味を知っている男は優しかった。
すべては女の美しいからだにムラムラときた若い頃に文化のメインストリームにいたことから来るものだ。
学問の目的であり、ゴールですらあった。
あとは「木は育つためにメンテナンスが必要だ」ということが指摘できる。
メンテナンスの方法は人それぞれだが、看護師のように多くのおちんちんを見ていると、その男の知性や人柄が見抜けるようになるとされる。
ユーダイモニズム(皮オナニー)の存在を知らない看護師はおらず、小さいおちんちんはアンチモニーと呼ばれた。
デカい方が女たちに人気なのは事実だけど、おつむも女たちは見ているからね。
松田聖子 赤いスイートピー。

「海で女たちが腰を抜かす」ということから、ドイツの男は強い神となったし、英国国教会は彼らを「女の敵」と呼んでいた。
カントが登場するまでは神聖ローマ帝国はそのような状態を楽しんでいた。
「男たちよ、崇拝されたいのであれば女心を知れ」
ドイツルター派は、このことを強烈に推進した。
最初はカントも「男はマッチョであればいい」と考えて海に行っていたが、やがて「女のからだの評論」を覚えるようになっていた。
「うまく語ればポケットになぜかお金が貯まっていくんだ」
宇宙も語ったよ。
カントはペルシャのノクターンセックス男と敵対するようになっていた。
すべてのおちんちんが比較できなくなった、女の中にしか学問が頼れなくなった、発展に限界を感じたなどの理由があった。
「これでは女の胸がモノを言う世界になるだけだろ」
のちにウィルヘルム二世は、女性の胸の写真にまで検閲をかけてしまった。
このことは「無条件の条件」と呼ばれて、のちに胸を見せろと言う無条件降伏と用語がつながった。
男たちの決意のすべてを破壊する降伏だったのだ。
「どうだ、俺らのポケットに金が入っただろ」連合国側は嘲笑った。
私たちを守ってくれる男たちは「最高善」と呼ばれていた。
これが戦争だった。
おっぱいバレー。

沿革としては、女の胸を隠す男(最高善)の存在はいまだにドイツに根強く残っている。
歴史を踏まえる必要のあることであり、日本は「ナチスに憧れていただけ」という指摘もなされている。
最高善とは男らしさのことであり神のことである。
海でのセックスがなければ、「胸が大事」と言う発想は生まれない。
しかし、日本国に海岸が広まったのは20世紀の中頃だったのだ。
骨の髄から戦争に負けたのはナチスドイツだったのだ。
男が信用を失えばコミュニティが崩壊する。
胸を隠すことの喜びと、最高善にそれを見せること、それはドイツルター派の信仰であった。
哲学の権威を傷つけあっていた。
世界史上、最後の「なんでもうまくいった男」を傷つけることは当然アメリカ合衆国も考えなければならないことだったのだ。
「神が崩壊すれば全てが崩壊する」
このような「社会ネットワークとしての宗教」はイスラムにも仏教にもヒンドウー教にもある。
しかし、カントのように「ノクターンセックスによる処女覚醒」(バージンバース)や、三位一体のいじめによる男運の悪さに関する議論は、アメリカ合衆国は手をつけていない。
世界がカントを恐れたのは事実だよ。
おっぱい見せて。


2016年8月9日花火大会。黄金という極めて男性的な色で花火師たちは女性ファンを魅了した。
宇宙と人間の本来あるべき関係を感じた。
二対一のいじめをやっていた連中もこの時だけはすべてを忘れたよ。
イエスの出身母体の三人組のいじめっ子よりもイエスは劣っていたが、あらゆる人間よりも優れていると思った。
老いた父も、子なるイエスも和解するというのは恐怖の宗教だ。
すべての男たちが金色の神聖なる存在に思えた。
日本語が話せる人にカントを、そして新カント派の学問をもたらそうと私は決めた。
女性が持っているお金は1850年代のチャンピオンだった。
800のお星さまが全く見えない新月の夜に海はクライマックスを迎えるのだ。
「昔のことを思い出す」というのは人間を変えてしまう最も基本的なことだ。
さまざまな男たちが詩とともに私の心を駆け巡った。
「偉大な男たちだ」
ローマ法王は、この時、人間たちをひとつにしようと考えたのだろう。
三浦海岸花火大会ダイジェスト。

女友達が彼氏を自慢したら奪ってしまうという考えは知的なものではなかった。
「スピリチュアルな自信が欲しい」
海岸クラブには多くの哲学者がいる。
ゲーテのような詩人もいる。
心の偉大なる裁判だった。
隣の男を信頼するとはこのようなものなのだ。
1845年の7月4日にアメリカはイギリスからの独立記念日として盛大な花火大会をやって、それ以来、世界に広まったものだった。
この感動を高いところから低いところに伝えよう。
ヴェーダ、ゼンダベストラ、聖書、ホメロス、ダンテ、シェークスピアも花火については語っていなかった。
16000もの部族がケンタッキー、テネシー、カロライナ、ジョージア、バージニアに住んでいた。
このような「チェロキーネイション」にも高い教育を受けてミシシッピー川を渡るものがあらわれた。
奴隷に何かを感じて欲しかったのだ。
河合その子 シャングリラの夏。


海では純粋な女たち。この女なら俺の世界を広げてくれそうだ。
女の心は海のように広い。なんでも教えてくれる。
話し合いのパートナーとなるだけで俺は出世ができるんだ。
アプリオリ(男女の会話)を磨くのにちょうどいい。
女であること、感受性が豊かであること、これから人生を共にしていくこと。
女の現実は海では見られなかったよ。
いい体をした女は男の経験が少ないんだ。
海で水着になってそのことをさらけ出しているんだ。
男の話を聞いてくれる女は執筆活動にも生かされるよ?


冨樫義博の書斎。



ヘミングウェイの書斎。

これが人間の経験のすべてなんだ。
男の重さのすべてを女は搾り取るだろう。
違う世代につながるというのは、女の「純粋な考え」の大勝利なんだ。
今は無限だし、起源は可能性に満ちているし、世代は続いていく。
すべて純粋さから始まっている。
仲間がいるよな。人間の学問から行動に移したな。
そのようにして海への道案内は始まるのだ。

カントは生涯にわたって数学者だった。
どの哲学者もカントのしかばねを超えていかなければならなかった。
カントはなぜ男女の間でイコールが生じるのかを考え続けていた。
トラペジウムという物質を考えたのだ。
台形には二本の補助線を引かなければ内接円は生まれない。
同調と嘘という二つの円が生まれた。
分かるものと直感とも表現できた。これが恋愛論の基本(パラダイム)と呼ばれた。
「男女は平行ではない」
これを知らなければならないのだ。
男女の間の「見えるトラック」は、平行ではない二つの線しかなかった。
トライアングルを作らなければ内接円はできないよ。
つねに三つの方向を必要とした。
三角形は男を作る。
この三角形に興味がないのならばいいというのが男女の世界だ。
似たような円ができないのならば興味を持てないだろうね。
平行ではない二つの線がそう考えていた。
およしになってねTeacher.

似たような円が窓から外を覗いているんだよ。
思い切りぶっ飛んだ補助線を描いて見せた男なのかね。
なんでこの男がこんな女を?
女の直感だね。
海がぶっ飛んでいたんだよ。
海には「胸のお誘い」があったんだ。
五体満足、七体満足。
直感を生かすってそういうものだよ。
嘘と同調がピッタリ合う瞬間って純粋になる時しかないよ。
綺麗な円を二つ描いてごらん。
時間と空間に男女を解き放つしか答えはないんだよ。
女の嘘の世界に立ち入ってはいけない。あまりにも固いからね。
男の三つ目の足なんてものはどっかから来るだけなんだ。
時間と空間に解き放たれて勃つ奴はいないよ。
人間はあまりにも小さい。
細かい人間関係も忘れるよな。
窓からみてるPTA おニャン子クラブ。

ピュアな女の体。
電話だと別の男からも電話がかかってくる可能性がある。
プロポーズを電話でしてはいけない理由はここにある。
「電話してくるだけでは私を抱けませんよ?」
私の感じやすい部分と、電話の向こうの男が感じている重力と速度を考えた。
電話だと裸になるのも自由だし、電話はキスと同じだった。
HD 酒井法子 シャワールームに電話 野音 9・21 (Natural color)

自然に脱げる海が好き。
女の真実をごく自然な形で表現できる。
女が一人水着になれば、男が二人マークして落とせなくなる。
女が経験で喜びを感じることに対して、男が配置につく。
松浦亜弥 - Yeah!めっちゃホリディ [PV]

「裸で電話、自然に脱ぎたい」二大ピュア。
この二つに女は男が別の男を想像することを知っているのだ。
裸で電話は数学の基礎になり、自然に脱げるは海の研究の基礎になった。
胸の誘惑とおちんちんから複雑な計算が生まれる。
男女の数学の世界。

女にどれだけ詳しいかを確かめたい。

女には分からない世界に男を誘惑するの。
電話しているときだけは彼と時間を共にしている。
男社会の話をまくしたてないでね。
私が語る出来事をよく聞いて、でも、嫌いというのは好きという意味だとかの嘘は見抜いてね。
7+5=12の意味をご存じかしら。電話は7で、私の指は五本。それがお風呂。
私の言葉を分析してほしいの。
そして沈黙を大事にして?
男女のラインは平行ではなく台形にできている2次元だし、空間においては3次元で表現されるしかないものだ。
台形に内接円を書くためには二本の補助線が必要で、それを見つけたら電話を切るイメージ。出来事か嘘かを見抜いてほしいの。使い分けね。
何がどうでもよくて、何が真剣かも二本のラインを引いて欲しい。
いいお勉強よ?
これを知るだけで分析できる。

私には男社会の話をしないで、でも、男社会で行きている証拠を見せて。

男社会の証拠をもっている人が女心を知っているのならば、三人の女を意識しながら歩いているのでしょうね。

お風呂での7+5=12という純粋数学はこれで終わり。

「すべてに属する男」に海に誘ってもらいたいの。7というのはそういう意味。想像力と理解力が男にはある

この「スキーム主義」に立ってくれれば男女は平等なの。
女が純粋さを維持できるから。
男が7で、女が5という理論に多くの哲学者がコメントを残した。
「男は無限ではなかったのか?」
男はビッグイニングを作ることがあるからね。

女が店番をしていて男が入ってきた。「5ドルです」と言った。
そのあと男が二人入ってきて、女は「1ドルです」「10ドルです」と言った。
男が「私のことを好きと言ってくれた」それだけで値段を変えてしまう。
これもピュアの探求として明らかになった。
「何もないところからは何も来ない」とも言われ、女を愛するだけで物事が変わるのだ。

浄土(ピュアランド)とは何か。

【写真撮影コード】
女は嘘をつく。撮影されるのが嫌だというのも嘘である。
挿入と感じ方をイメージさせる写真である。
教えと楽しいことは異なる。
「トラクタタス」
女をどう思っているの?
子供は男が作る撮影のルールにしたがう。
七つのルール。
1.世界は膣である。
2.子供のことを考えよう。
3.挿入への感じ方がある。
4.挿入に感じる女だとしっかり理解すること。
5.彼女を祝福すること。
6.人々がその写真を噂しないこと。
7.秘密を絶対に守ること。

写真撮影とは「集中する瞬間」であり、男は単純すぎるのだ。
男たちは被写体に対して団結しており、それはマスターベーションと関わる。
その対象になることには女は男とは別の考えをもっている。
写真は祝福であり、被写体の女も男を祝福したいのだ。
被写体はマスターベーションの対象になることを知っており、見る男はまるでプロポーズするがごとき行為をする。
プロポーズは言葉でしてほしいし、女も男に対してかなり遠回しにそれを要求しているが、最後に写真はちんちんで崩壊する。
「プロポーズの言葉の良し悪しは私が判断するからね?」
プロポーズの言葉は子供だけに伝えるのよ。
写真が噂になってほしくない理由ね。
これで子供に延々と哲学の講義ができるわ。
本には限界があるから写真にしたの。
どう?写真はマスターベーションではなく言葉だと分かったでしょ?
でも、写真映りだけで私も賢くなれるのよね。

メルブルクでナトロップは「女心の壮大な世界」の集大成を作ろうとした。
もはやイケメンの時代は終わったのだ。
女心の向こうに神があると考えたカントに対して、「女心こそが神である」としたのが新カント派だった。
ドイツ観念論哲学が「女心」を標的にしたことから急激に学問は発達したのだ。
「知識の意味ってなんだろうな」
学問を男のものであるとしたし、男が何をいうのかを女は黙って聞いていればよかった。
こんなユニークな人が私だけのものなのかしら?
それをひたすら探求した。
退屈さがどれほど「法」の探求に役立つかを知らないといけない。
学問は男がやるものであり、女が楽しむものだ。
本当の知識というのは妻がいてこそ成り立つものであった。
そして、イケメンが女とともに歩くのではなく、妻のいる知的な男を女たちが追いかけるという図式をドイツ観念論哲学は考えていたのだ。
どうしても「知識の最大化」を行いたかったのだ。
「女が追いかける」これがなければ学問は発達しない。
Melody 世界中の微笑みを集めてもかなわない。

立ち上がったら置いていかれる世界だったので、ナトロップは秘密のプロジェクトを進行させていたのだ。
惑星の位置は男が研究し、女が聞いている。
「学問は男のもの」ということにどれだけ女が満足するかが問われた。
モテる男とのセックスを妻は喜んでいた。
このような男の活動を「仕事」と呼んだのだ。
勃たない男にはできないね。
セックスをノクターンでもラメラでもなく、より「女の直感」に向けて構築したのがナトロップだった。
男はモテればいいと割り切っていたのだ。
「まだ経験したことのない射精」と、「まだ完成していない射精」の二つがあった。
男は社会で基盤を作り、女はその男に喜びを感じるというモデルができた。
この仕組みを作っただけでもドイツにロゴスが誕生した。
学問は男から女への一方通行となったが、イケメンの時代は終わったのだ。
ドイツ観念論哲学の登場によって、女たちが若返ったとも言われている。
Melody 運命95.


主観とは女の心であり、少女マンガの世界である。
客観とは男の心である。
意思や欲望が女にはある。
世界で行動したいから神・男を求めるのだ。
それはもはや彼女たちにとって権威である。
マンガを読むことすらやめてしまう。
仲間も必要ないと思ってしまうのだ。
なにかこの世界に法則はあるのか?
体とはなにか?
何が彼女たちに価値を与えてくれるのか?
したがうこと、情報、信じている人。
すべてが終わりを告げる。

マンガの世界が、彼女を誰に導くのだろう?

彼女が、マンガの世界から、現実の男に向かうべきことを悟ったときに体がついてくる。

結局、マンガの世界の「固有」ってなんだろう?女たちは語り合った。

少女マンガってそれほど物事がうまくいくのよ?

でも、マンガで読んだ台詞を本当に彼が言うことがあるの。

これが、女のカンの正体だと彼は知っているのかしら?

「自分で火をつけなければタバコって吸えないんだぜ?」

「ジンとトニックを混ぜようとしたら、トニックがガソリンだ!と言って彼が止めてくれた」

「発狂男が目の前のボタンを知らずに押したら世界的な核戦争が起きた」

「虐待を批判した」「子供思い」いろいろある。

「ソナタを引き続けただけで孤独が歴史になった」

「無敵の人に挑戦した」

「女目当てじゃなく何をやっているの?」

このボールの見極めか、出来事の記録を女はやっている。

「あの人の孤独に関する議論」
歴史上の人物も孤独だったのかな?
今のニュースをどう思っているのかな?
彼もいずれはニュースになるのかな?
でもそれが教科書に載るのかな?
すべて孤独から生まれるのかな?

「彼の孤独が知りたくて海に行った」
私にはサンドイッチを我慢することしかできなかった。

「大学の講義って何?」
いつか教授をやっつけてね。
そのための孤独なのでしょう。

パン屋のケニーは、彼のためにパンを焼いたけど、マリー・アントワネットのために巨体なケーキも焼かなければならない。

女の体に必要なもの、そして十分なもの。
ケニーは、歴史と凡人について考えたし、歴史を止めなければならなかった。


政治家にせよ、バカをやらかしてニュースになるやつにせよ、パンが必要だし、それで十分だろ。


「学会への旅」
教授が旅に出る。
女の体が目当てだし、仕事もある。
キャサリンとの終わりが必要だった。
しかし、彼女が受け入れるとは思えなかった。
学会というのは女との関係を終わらせるのにいいものだよ。
知性が満たされるのかな?
この薬は痛みを消す。別の薬は高いだろう。
新しい薬はあるのか?
女の痛みも消えるんだろう。


「私の体」
私の体は私にとって特別なもの。
それを彼が拒んだら、意味を考えてしまいます。
アラスカが海にいくよりも高くても構わないと思い、飛行機に乗るのです。
タンポポ 私の顔

彼のいう通りにあえいだらいいの?
そして私の体は特別なもの。
彼の孤独がテーマです。
「汚ならしい」
それをツールにしてしまうのが私。
終わった時に私は崩壊してしまう。
でも歴史でしょう?
部屋の明かりをつけるのでしょ。
それが、いつものソナタ。
これを知ることが会議に出る条件よ。
学校ではワクチンさえやっておけば病気にならなかったけど、これからはそうはいかないわ。
私の崩壊と、あなたが電気をつけることのどっちが大事かしら?

「私は負けてはならないの」
私にあえがせるのならば、私はなにかを伝えたいの。
「あえぐ」「肉体美」「弱さ」
歴史になりたいから私をあえがせるのでしょ?
そのためには肉体美が必要よ?
でも、あなたの弱さがそうさせるのね。
あえいでいるときの私の孤独を知っている?
でも、肉体は歴史なのよ。
私を抱いて歴史になった気がする?
それは小さな歴史と孤独しか残らないとさとった。

「私が果てるのは危険なものよ?」
田中 れいな - 愛の炎

パンをサンドイッチに変えたいだけなのに、あなたは別のことを言うわ?
そのために私は私を消したの。
あなたの肉体の強さと、心の弱さ。
「本当に教授を倒してね?」

あなたがつけた灯りに、何かの希望が見えた。
だから、ケニーは、マリー・アントワネットのために巨体なケーキを作っていたのだ。
プロキャスティン教授と旅に出て、私のこの痛みを止めてくれる薬を、探してくるしかないでしょうね。
「なんのために彼に崩壊させられたのかしら?」

歯医者さんは、歯が虫歯になれば抜くけど、私の体は彼に拒絶されたら旅に出るしかないじゃない。
成績が優秀ならば彼を受け入れられるというものではないのよ?
いつかわかり会えるときが来るかしら。 
優秀な人は私の体にこだわるのよ。 
彼は孤独を知っているということを私も理解してあげなきゃ。
偉いからって私を慰めものにしないでね?
女の体ってみんな大して変わらないのよ。
彼は私をぶつのよね。
彼はまるで私にモデルさんになれと思っているみたい。
成績が良くても口説き文句も知らないじゃない。 
頭が良くても口説き文句を知らなければ第三次世界大戦でも起こすんじゃない?
私は核兵器のために男の孤独を尊敬しているんじゃないのよ?

私があえいでる瞬間、私が孤独を感じているか、歴史を感じているかは人それぞれだと思う。
でも、将来を何となく感じているのは事実なのよ。
晴れの日に洗濯物が乾くとか、いろんなことを知っているのが私。
子供がこんなことをしないことも知ってる。
彼が私という他人に射精したら、また私のところに来るのも知ってる。
一緒にお庭に水をやりましょうか?
私への射精ってそういう意味なのよ。
他人への射精って、お庭に水を撒くことにしかつながらないのかしら?
あなたの世界の広さが、私に満足してくれるかも大事よ。

あなたの射精で私は虐待されたのよ?
ましてや、撮影していたら、私はそれを見た人にどんな姿で満足を与えたのかは考えたくない。 
人々の噂まで心配しなければならないじゃない。 
私が歴史に残ると思ったら大間違いよ。
孤独になるだけじゃない。
ちょっとしたお菓子が報酬なんでしょう?

強い男と結ばれたいと思う気持ちは確かにあるわ。
でも、チョコレートにしかならないの。
強い男とチョコレートは同じなのかもね。 
そんなときの私のあえぎは孤独なの。
なにかを信じながらあえぐこともあるわ?
そんなときは、人々の噂ではなく、なにかを予感しているの。
二人だけの世界でないのなら歴史ではないわ。
なんとなんぼんやりと予感しているだけ。

私が綺麗だから私を抱いて、満足したといってくれる男もいるわ。
でも、みんなに自慢したいだけでしょう? 
貴方が今までの女の手紙をすべて焼いてくれるのなら、私は本気よ。 
貴方が私によって幸せになるのを直感で感じるから。

セックスの時に叩くかどうか、子供に興味を持ってくれるかどうかは、私の体次第なんでしょう?
あなたの暴力と満足はそのように見えるの。
「体を見ないで射精する人がいる」
それは弱い人でしょう?
強靭な肉体をもった人は私の体を見ているの。
「ヒールの高さ」

SPEED Final Dome Tour - Confusion

体ではなく、私が信じているものが目的なのかしら?
体が朽ちていくと、いろんなものを信じるようになる。
それに向かって射精させるのです。
私が果てたあとにそれを口にするとケンカになるので、それを「クラシア」と呼んだ。
クラシアとは、彼女のボスだよ。彼はそれを殺そうとするんだ。
だって、果てるというのは私が崩壊することでしょう?
信じているものを壊されるの。
セックスは、暴力と満足でしょう?
説明を変えていかないとね。


「騎乗位の話し合いのパターン」

二人だけの話し合いで、歴史上の人物を演じる。
挿入が歴史だと位置付ける。
私は歴史になりたいの、歴史になるのよ、そして孤独へ。
このシーン、撮影しているんでしょう?
私の美しい体を見て?
金曜日の買い物を木曜日に変えろよ?
俺は自転車乗りから、パイロットになるからよ?
これがもっとも強い。
Joe Hisaishi - Nausicaa 久石譲『風の谷のナウシカ』

歴史上の人物に挿入によってなれるよ?
というのが中くらい。
私は体に自信がなくなったわ。
私を野球につれてって?
俺のいうことを聞いて平日も買い物に行けよ?

やっぱりお前はダメだな。
というのが一番弱い。
体が貧弱になった人の場合。
私はもう挿入の孤独が怖いの。
なにか無茶苦茶な予言をして?

騎乗位での話し合いのパターンだ。


そういう旦那様がいる。
それが女の体が老いていくことと、社会での存在感につながるだろうね。
男も、老いた女性を愛せるんだ。

「セックスする前に私の話をしっかり聞いてね?」

「孤独の中ですべてを振り返ったときに女は昇天するのをご存じ?」

男の肉体、私の肉体美、そして、私の価値。すべてを振り返っているのよ?

「彼と対等でなければならないことをこのとき悟った」

キスと胸が真実ならば喜びは本物よ?

ルイス・キャロルは、亀はこれを受け入れるのだろうか?というパラドックスを考えた。
私をどこまで理解しているのかしら?
「彼を信じる。簡単なこと」

正解と間違いの探求を女は望んでいるのではないか?
「もう、台無し」
私の体は知らない方がいいのよ?
「だって、私は間違ったものを信じているもの」

女の世界を知らない人の方が賢いことを私は知っているよ?

意思と女の世界の探求は違うんだ。
女に興味がないやつの方がBMWに乗る、それが男だろ。
BMW誕生の秘密だ。


ヘルマン・ロッツェは、海で彼女さえできればすべての学問が発展すると考えた。
ヘーゲルは顔にこだわりすぎだ。
我々は悟りではなく、ロマンティックなものを求めていた。
大事なのは「話すこと」だった。
心を知るためには話さなければならない。
「人種の問題をどう思うか?」
同じような人体の仕組みを持っていながら、異なる人種の間のセックスは気持ちいいだろ。
違う空気、異なる環境で育ったもの同士だ。
黒人はチンパンジーなのに頭がいい。
このような発想もアップデートする必要があったほど気持ちが良かった。
人種というのは神からの素晴らしい贈り物だね。
ドイツのどの哲学者もこのことを語っている。
アゴンというのは「純血主義」を意味する。
人種が異なる連中に怒りを感じる者がいたからだ。
気持ちがいいわりには問題が多すぎるな。
しかし、ロッツェの議論は1848年にヨーロッパ大陸のみならず、英国、アメリカにまで鳴り響いた。
プロテスタントとも意気投合した。
1960年代まで「異なる人種間のセックスの気持ち良さ」は噂になっていた。
ロッツェは、このことを生物学にまで遡って探求したのだ。
階級と目的を知る必要があった。
女のからだが何を求めているのか?
ロッツェも新カント派に名を連ねたのだ。
ペ・ヨンジュン。

ロッツェの「女が子供を産みたいという感情を持っている」ことを利用したサービスだったのだろう。
このことは、人種が同化しない決定的な一撃となっている。
劣等人種が生き生きとした力を持っている、これが楽しかったのだ。
決して関係は持たないけどお兄ちゃんみたいな人だね。
気持ちのいい神なんてものはよその国にいたほうがいい。
女たちもその方が自分の世界が広がると思っていた。
すでに知っていることなら必要ない。
コントロールできない外国国家なのよ。
せめて世界を温めるために使いましょう。
本当に安定した状態で世界は止まっているの。
人間は生きているからね。
1850年代から1860年代にかけては「女の奪い合い」が政治コミュニティで起きたために新カント派が復権したのだ。
カントは「女の心は大きすぎる」としていたが、それを政治の側が引き受ける形となった。
言葉で口説かれて感じているのに彼は外国語を話すのよ。
男が使う形容詞と動詞を聞いていた。
私の知らない外国語で男女が話しているのを聞くのは動物的シンパシーだった。
彼と彼女の恋愛は大きな石を削って形を作って行く作業にしか見えなかった。
ヨンという名前が世界に知られた時についていこうと決めたの。
ペ・ヨンジュン。

勃起したペニスと小さなおちんちんは純粋さが違った。
女との関係にもとづいて勃起するのがペニスだ。
他の男もいるのにな、という発想がなくなるだけ勃起したペニスの方が純粋だった。
妻とは両思いであったし、世間の女たちとは片思いの関係にあった。
これが妻のおちんちんへの感じ方だった。
純粋ではないおちんちんとは世間の女に向けられるものだった。
勃っているペニスはもはやお兄ちゃんのものではなかった。
プロポーズですらあった。女はコミュニケーションの成立を喜んでいたのだ。
「これ以上、話し合う必要はないのね」
そして女は孤独の時に戻ることを知った。
男が勃たないうちはいろんな女が関わってくるのだ。
女は自分の局部の意味と子供について考える。
そして、自分の男より劣った人生が男の学問によって生かされたことを感じるのだ。
これが自然の摂理だったし、神が与えてくれた幸福の意味だったのかと思うのだ。
男の仲間づくりとはそのようなものだったし、よそ行きの女の前では勃たないものだ。
快楽とは妻の間で共有されるものであったし、あとはどのような言葉(ロゴス)を考えても仕事に過ぎなかった。
勃起とグラビアアイドル。

新カント派はとにかくモテたし、ハイデガーが考えた世界規模で展開された「男の失恋」とはなんだったのか?とみんな思った。
ハイデガーは、若き日に失恋をしろと教えていたためにロッツェとは対立した。
「ギリシャもそう教えていただろ」
ヨーロッパの革命の嵐は男の失恋をなくしていたのだろうか?
黒人たちはフォークソングで失恋に泣いたし、ヨーロッパが忘れていた文化を発信し続けた。
ロゴスができたらみんなが見失うものがあることがわかったのだ。
Bz.


カシーラは、数学を研究したが、音楽を愛していて若い女の方がいい反応をするとした。
女のからだが射精に対してだんだん鈍くなっていくのを感じていたのだ。
見知らぬ男を「お兄さん」と呼ぶ人が感度が悪いため「お兄さん理論」と呼ばれた。
男女の幾何学模様のどこかにいる男だという思い込みがあるんだろう。
そのような女は、何か苦労をともにした男としか関係を持たない。
こすりあうだけでは満足できないんだろうね。
松浦亜弥CM.

また、カシーラは「図書館には文化の真実がある」として、図書館では性欲が増し、デートに都合がいいとした。
人々を癒した事件、憎まれた事件などに関する様々な本があるのだ。
何かいいアイデアが図書館にはあるという心理が働いた。
性欲が増すということは勉強意欲も増すことを意味する。
そのために、決して多くの本を読めるわけではないが図書館は活用された。
ロマンスは偶然のしわざ。

また、カシーラは「妻のからだからは仕事をする上での根性がもらえる」としたし、妻の答えから女の真実がわかるとも言った。
妻は「文化に満ちた男」に感じていた。
若さを無駄にする時期は女と語り合ったほうがいいとも考えていた。
外では澄まし顔をした女とも話した。
それだけで男は働く力が湧いてくるものなんだよ。


ランジェは、高校の教師からキャリアを始めたが、なぜ体育館で勝った男が気持ちいいのか?を探求した。
女たちは自由と「父の大地」を愛していたのだ。
トーマス・アーノルドは単純に「男がいい体をしているからだろう」としたがランジェはさらに掘り下げて考えた。
キリスト教が常に「拡大」を目指していたことに根ざしているものだったのだ。
学校で何を教えたのか?拡大ではないか。
夢をあきらめないで。

また、女子高生が体育館にかっこいい男がいるのになぜ体を売るのか?
という指摘をしてアルバイトというものを考えたのもランジェだった。
都会の貧困層にそのような女子が多く、それはもはや自然の摂理だった。
マルサスもこのことにはかなり悲観的になっていたようだ。
体育館よりも社会で生き残りのための戦いが行われていた。
戦いが若い女子に向けられるのも当然だとされた。
本気で男らしさを追求したら子供が何人できるかわからない。
このことが革命を志向した時代の背景にあった。
フリーセックス中産階級やブルジョアを作り出すしか答えはなかった。
しかし、マルクス・エンゲルスは、フリーセックスのブルジョアを生み出せば治るというランジェの考えを「永遠の法ではない」と批判した。
ヘーゲルの弁証論などなんの役にも立たないとランジェは考えていた。
問題の解決にアウフヘーベンなど子供すぎるとしたのだ。
マルクスの古典を理解するためには、社会で生き残りの戦いを展開すると女子がどうしても標的になってしまう現実を知る必要がある。
頭文字D.

キリスト教の復権はヤングヘーゲリアン、つまりイケメンの復権だった。
高校でスターを作る必要があるという認識に至った。
「カントに戻れ!」とは若者に向けたメッセージだった。
イエスはもっと若かっただろ。
しかし、ここでもマルクスとランジェは対立した。
「女子高生のからだにこだわり過ぎていないか?すでに自由になった女子大生と変わらないではないか?」
このマルクスとの論争の過程で、ランジェはバックを必要とし、メルブルクのコーヘンとつながりを持つようになった。
新カント派が海に集まった理由はここにある。
試験の成績が学生時代という退屈な日常を決めている。
太陽の光を浴びて、いろんな人に溶け込んでみるといい。
カントの「喜びの世界」を現実と日常に変えていったのだ。
そんな生き方もあったのかな?
と語ってくれる大人がいなければ若者も動けないものだ。
若い女のからだを政治に利用したマルクス・エンゲルスには怒りがあった。
それが新カント派なのだ。
生きる喜びを感じた若者はマルクス主義者ではなく新カント派だった。
ランジェは「偉大な勝利」に酔った。
色や音、匂いはおちんちんにはないものだった。
二次元のポスターを三次元にしたのだ。
ヘルムホルツが18歳でパチンコを許可した理由は「大学に入ってから恋愛をしろ」という意味でもあった。
ランジェは、メルブルクに属してからはヘルムホルツとも出会っていたのだ。
いちご白書をもう一度。

お父さんとお風呂に入ったことのある女子は、高校の頃から恋愛をしていた。
ランジェは、神の見えざる手が恋愛マーケットにあることを利用して高校生に大学に行ってもらおうとした。
セックスを気持ちよくするのが宗教だとするのならば教会にも期待した。
貧困層には教会しかなかったからだ。
トイレにも隠れて行く女性像はこのように用いられた。
女というものがどういうものかを本当に悟るのはフロイトを待たなければならなかった。
大学生になったらこれが仕事の勉強になるんだ。
「女心を知る」
それだけだよ。
直感はどの女も天才だよ。
産業革命以降の社会人のサバイバルは若い女社会にこんな宿題を残していたのだ。

ヘルマン・コーヘンは「ロゴスがドイツで完成したら女が嘘をつかなくなった」としている。
第1次世界大戦の真っ只中に、ドイツのキャンパスはこんなことに熱中していたのだ。
ドイツ第三帝国は常にこのことと向き合っていたのだ。
ポーランドのブレスラウで、修道院に入ることを拒否して大学に進んだコーヘンは女は嘘をつかないという「ユダヤクエスチョン」を誇らしげに掲げた。
ユダヤがドイツに何をもたらしたのか?
これを問題にしていたのだ。
まるで女たちが男の学問に協力したがっているようだった。
それほど新カント派の世界は男が際立った。
男のキスと女の知的空間はそのようなやり取りを始めたのだ。
「海での男女の出会いが学問のすべてを変えてしまった」
新カント派の論客の言うことは次々に実行に移されていた。
世間の女たちは、女の負の側面を隠しながら男と接した。これはカントが企画したものだったのだ。
哲学というのは「学説」ではなく、男にガンガン突かれて認知が歪んだ女への「批判」なんだよな。
これが学問の真実でもあった。
男と女のララバイゲーム。

1870年代から1880年代にかけては歴史学の見直しが進められた。
ことを企てる連中の背景に女がいることに興味が向けられたのだ。
プラトンは散々、詩に残していたことであったが、このことで歴史学は何かを見失った。
歴史学で男女の幾何学模様なんて到底、想像できないと考えられたのだ。
哲学の無限と歴史学の有限がここで明らかになった。
カントが「外でおしとやかに振る舞う女」を想定したことから、歴史の時間と空間が変わってしまったのだ。
歴史はもはや計算できない、という境地にも達した。
それが「世代間に伝わる」物事の真実だっただろう。
幾何学模様を想定しないととてもではないが歴史は動かせない。
男だけが語る歴史の真実だった。
裁判官だけが知っている秘密だったので歴史には書けなかった。
痴話喧嘩ばかり裁いていた裁判官の物語は純粋なまま保存しておくことにし、歴史とはみなさなかったのだ。
しかし、男たちは歴史というものをもっと知っていたのだ。
モーニング娘。 ジェラシー ジェラシー。

人間らしさをどのように後の世まで伝えたらいいのだろうか?男の努力と度胸しかないんじゃね?
確実に女は歴史を見えなくさせていた。
哲学は完成したし、男の肖像も記録されるようになった。
人々は歴史よりも「愛した音楽作品」を語るようになった。
その男は音楽作品から何を悟っていたのだろうか?
これが問われたのだ。
賛美歌を歌った王の記録も丹念に残した。
宗教は、王の愛した賛美歌から歴史を記すことにしたのだ。
キャンパスのユダヤの歴史観は確実に変わっていた。
何が後の世代に影響を与えるのか?
考えが変わったのだ。
「汝」という表現も「彼」と言いなおすことにした。
しかし、「汝」は「私」でもあった。
みんな罪深い男だったからだ。
「歴史学から何を学びたいのか?」
深い問いかけがなされるに至った。
「物事の治め方であるはずだ」
そこから一気に「神のコレクションの方法」は変わっていったのだ。
中国の暗い顔をした男も参考になった。
中国は最初から女兄妹が男に与える影響を語っていたではないか?
それが人間というものだろ。
大人たちは暗い顔をした子供に目を向けるようになった。
ユダヤがシオニズム、メシア信仰に発展した瞬間だった。
コーヘンは「女を集めた男」に注目していた。
しかし、コーヘンの立場は1980年代に人々からの支持が得られなくなった。
「基本に立ち戻って面白い物語を書こう」
というのが歴史学になったのだ。
ムキダシで向き合って モーニング娘。

マックス・ウェーバーは、「社会がどんな男らしさを共有するのか?」という観点から、プロテスタント的なアイドルを歴史上の人物とすることにした。
君主は後進の指導に当たるべきだとしたマキャベリや、王子は宗教界を独占してから君主になれとしたホッブス以来のユニークな考え方だった。
ウェルヘルム帝国のもとで教育を受け、役人になり、東ペルシャの「東エルビアンレポート」を書くことで歴史を記すとは何かを感じたのだ。
ウェルヘルム帝国とは新カント派が作り出した世界という意味であり、19世紀にあったものである。
彼は第一次世界大戦の時の「無限の潜水艦攻撃」を克明に記録に残すことで戦後の議会で有名な存在になっていた。
一方で、ワイマール憲法やベルサイユ条約には批判的だった。
彼はロマンティックな「歴史の記録係」であり、哲学者としての側面は弱い。
しかし、新カント派学問の歴史学に対して何をしでかしたのか?を知る上で重要な人物だ。
「男らしい知識として歴史をまとめよう」
それはまさに、歴史上の人物のセックスや口説き文句を排除しようというものだった。
人間にとって「悔いのない」物事とは何か?
「人生に満足したおじさん」を書くことにしたが、女の問題とどのように向き合えばいいのかは悩んだ。
ブレーンがいて、何か特別な人が最もふさわしいモデルだった。
その人にどのような人間が関わったのかを記せばよかった。
キムタク。

「自由で勝手」な人が「自由に世界を」コントロールする。
それならばカント自身がそうだっただろう。
「カントを育てよう」
それが教育となったのだ。
ニーチェもカントの人生をアニメ化しただけだった。
「経済や社会はカントがコントロールするものだ」という共通認識があったのだ。
つまり、「女心を鷲掴みにする」という意味だ。
社会はウェーバーの記述通り男性化したし、カントは確実に広まった。
なんでもうまくいった最後の人物がカントだった。
学問があって、他者に寛大で、しかもコントロールしてみせたのだ。

カール・シュミットは、議会批判、フリーセックス批判を展開し、「いつかいい出会いがある」と主張した。
ワイマール体制は彼が作ったものであり、女たちの怒りは絶頂に達した。
1933年にヒトラーが政権を取ると真っ先にヒトラーと結びついた。
痴話喧嘩を裁いている裁判官を放逐し、ユダヤの自由恋愛キャンパスを封じ込めた。
純潔だけが出世を約束した世界だった。
すでに経済フリーセックスは存在したので、いい出会いがある(主権)というテーマからファシストイデオロギーに入っていった。
「どれほどそれで成績が良くなるか?」しか考えていなかった。
司法試験合格の向こう側に何があるのか?
痴話喧嘩は混乱だったので法律に当てはめればいいだけだとした。
「いい出会い」「成績が良くなる」
それだけを考えた実験だった。
「男女はネガテイブな出会い方をするものだ」
ローマの独裁者は痴話喧嘩を嫌って、いい出会いを人々に与えた。
味方の内部の争いをやめさせるために考えたものだ。
ワイマール体制は、近代民主主義だった。
しかし、運命を信じすぎていたし、人々はそんなに単純ではなかった。
痴話喧嘩をやめろ、内部で争うな、といえばみんな投票したが、人々の「純潔競争」を刺激しただけだったのではないだろうか?
議会は有効性を失ってしまった。
敵と味方をはっきり分けるのが純潔競争だったのだ。
多数派を作るってのはこんなに簡単なんだ、ということを示したが、政治は機能しなかった。
三浦理恵子 涙のつぼみたち。

[MV] ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

他人があるからには射精がある。
他人には心があるし、もはやその心は疑ってはならない。
しかし、射精に関しては否定されることがあることを知らなければならない。
これが、議論の出発点だ。

誘惑したい、しかし、間違いも犯した。

これらを、もっとソフトな表現にしたのが音楽というものだよ。

音楽を聴いて、先人たちの恋愛論を聞いてみるんだ。
そして、海に行ってみるんだ。
そのあとに、彼らの恋愛論は本当だったんだなと実感するんだ。

初体験の女にこれを聞かせたら逃げていかないよ。
Melody(アイドルグループ)- Oh Please! - PV

男の論理は確かにあるよ。
でも、女だって男社会で生きていきたいだろ。
芸術を拒絶されることもあるよ。

車にのって海に来るだろ。
男女は対等なつもりだよ。
電車でもそうだ。
「俺の立場」を語ってみろよ。

俺がすべてだ!と言っても女が否定するんだぜ?
若いっていいよな。男女の賢さの違いがあまりはっきりしないんだ。
女の方が頭がいいという男すらいるんだよ。

夏が終われば「女は美しい方がいい」ということと「男の永遠」を知るだろうね。
すべての芸術が理解できるようになるんだよ。

女が芸術を否定したから、男は男らしさの探求を始めるんだ。
「男だけの社会で強くいきるとはどういうことだろうな?」
【夕やけ】夏休みは終わらない

体験前と、体験後で男はどう変わったのだろう?
写真を比べてみな?
顔つきが変わった男の写真がみたいんだ。

これで物事が治まるんだ。
歴史がそういっているぜ?

女は、自分の無力さに落ち込むよ。
でも、なんだか直感を身に付けるんだよな。

初体験が神経に影響を与えるのか、直感に影響を与えるのかは、色々と仮説はあるよ。
でも、外見が変わるんだよな。

結局、初体験なんてものは、文化が作り上げたマジックにすぎないんだよ。
なんの意味もないんだ。

女の胸をもんだと言ってまわるだけで周りの若い男はビビるだけだよ。

胸を揉まないと、男は政治コミュニティーの電波の恐怖の対象にならないし、話のわからないやつだと思われるだけなんだ。
まあ、言い伝えってのはそういうもんだ。

海ってのはこういうビジネスなんだよ。

女を知らずに神を語れるか?

男には真面目なときもあれば日常もあるよ。
考えに満ちた生き物になるために女を知らないといけないんだよ。
三角関係ってなんだろうね。
三角関係の写真もとってみな?
情報だけで殴りあいが始まるよ。
杏里 悲しみが止まらない
2対2で割りきれることも知るんだ。
こういうことが語れればコミュニティーにフォローワーも増えるよね。
でたらめな詩は作るなよ?

教会の教えだけは疑えないんだ。
世界を目指そうが真実を目指そうがね。

できない、できない、面倒とは関わってられない、ということも知るよ。
でも、世界には何が待っているかぐらいは知らないといけないね。

他人への射精が出発点だと言っただろ。
それだけでも情景を考えてしまうんだよ。

頭で可能性の方程式を作ることはできるよ?
でも、鮮やかな風景を知っている人がいるんだ。

男女の本性を見ないと形而上学って分からないんだよね。
「何を言ってはならないのか?」


女性の側からは、「この人」と決めるのは女の方が男よりも難しいのよ?
興味本意で言わないで!
という反論がなされた。
Melody(アイドルグループ)- 運命'95 - PV

「世界がどうあるか?」ではなく「俺の世界」を信じなければならないのよ?
誰から何を聞いて、何ができるの?
「豊かで複雑」これを見ているのよ。
海とはそういう空間です。
ひとつだけ世界の真実をいってください。
もし当たったら、あなたが相手だと決めるでしょうね。
それだけでもすべての戦術を放棄できるのが女というものよ。
赤の他人があなたのいう通りに動くのよ?
この驚きが分かるかしら?
人の心が分かる人だから。
私の分からない世界に橋を架けてよ。
それが繁栄につながると知っているの。
女には直感があるのよ?大体の世界の雰囲気さえ語ってくれればいいのよ。
たかが他人への射精でも、それを言葉と共に想い出にしたいの。
【MV】真夏のSounds good ! ダイジェスト映像 / AKB48[公式]

真夏のSounds good !は、男を時間と空間に放り出してみたのであって、私のことは何も知らないでしよう?
という問いかけを行ったものだ。
私のことを芸術にしてみたの。
私たちは男を三次元でしか分からないことを知ってる?
何か考えてる。男社会のことを。そういう人。
男も現実にこんな場面を見たら決意が固まることを私は知らないの。
空間に、女性がいるだけで、男の知性に化けるのよ。
今日と明日、日常に戻る男が別人みたいになるのです。
部屋で男が美と芸術について考えてくれるのよ?いいことでしょう?
「キスの理論」「胸の理論」に関する学説が飛び交います。
そこから、現実の女の方が価値があるんじゃないか?
という議論に発展する。
芸術と現実の比較がなされる。
「この女も、あの有名人と美しさでは変わらないからね」
どのみち女への侮辱であることをご存じですか?
だって、男の世界はここにはないんでしょう?
「私は、男の肉体と文字を見ることしかできないのです」
一夏の経験で何も学ぶつもりかないのならやめた方がいいよ?


この女の思想を、男は批判した。
「そんな簡単に相手を決めちゃうの?世の中の複雑な仕組みを俺はもっと知りたいね」
それを語りたいし、女性の水着の美について語りたいね。
貴女は、すべての芸術作品の主人公になれるんだよ?
私は、「つまりこういうことだな」と言いたい問題があるし、信じていたものが間違いだったということも知りたいんだ。


あなたはバカですか?
たった一言で見えないもの、確かなものが見えるのです。


何を言っているんだ。
俺は水着姿の方をみているんだ。
体は心の代わりじゃないか?
2000年以降に、ようやく「女が脱ぐ場所は海だけじゃないな」という空気が広がったのだ。
しかし、海では自然に脱げるだろ。ソフトなんだ。世界を目指す男にとって強引さがなくていいんだよ。
射精というものが知的な営みに必要であるとしても、様々な意味で、困らなくなったでしょう?とも言われた。
もはやアイドルすらいない。真実も分からない。
そんな射精が繰り返されるのだ。
一人で射精する強さと弱さ、世界を志向するのか真実を志向するのかが議論された。





意味に満ちた家を作りたいんだ。
楽しい議論だよ。
真実とコミュニケーションを楽しむんだよ。

彼を駆り立てる衝動を私たちは知っているからね。
いいんじゃないの?

いろいろ考えたけど、男というものを良いものだと思って欲しいんだよね。
女もそう思うからこの議論を受け入れてくれるんだよ。
男が貴女に価値を与えてくれるんだよ。
ケーキを食べるように男を食っていたら自分が無価値に思えてくるのが女というものなんだ。

昔は、ローマ帝国の皇位継承と、自殺に関する議論だったんだぜ?
だって、皇帝だって射精したんだからね。誰に?
女に価値を与えてしまうんだ。

でも、考えてみて?父になるということを。教えてくれるという意味でしょう?
父であり、英国紳士であり、教授なのかしら?
女として人生をいいものにしたいのよ?
人々の感情にさらされた人は自分の価値を知っているわ。
人間であって、人間ではないもの、それは人々の激しい感情にさらされること、そういう人に選ばれる私がいる。


ヨーロッパ中世になぜ女性たちが純潔に向かったかというと、男たちが敵を作りたくなかったからであるし、
自分の妻の体を「役に立つもの」にしようという発想が浸透していたからだ。
女は「お化けの救急車」みたいなエンドレスな想像は避けろと言われたし、男たちは「強い意思」を求められた。
男の意思と強さ、完璧さ。これが妻を喜ばせた。
教会以外に楽しみもなかった。
男の善良さはここから生まれたし、学問が発達する基盤となった。
セックスの時に暴力を使う男は妻の体に満足していないように思えた。
完璧な男ってなんだろう?
妻を満足させる、これが男が社会生活を送る上での第一原則となった。
男が強さを求め始めたことが近代への序曲となった。
Bonnie Tyler - Holding Out For A Hero

「強い男は優しいじゃない?」
【フォロミノ】すぐれた男、にみんななりたかった。
女は自分の神学に喜びを感じているのだから、それが永遠の法だと思った。
洞察力とは女の心を知ることだった。
アニメ「俺物語!!」Blu-ray&DVD発売告知CM<発売前>

俺にしたがえ、男は言ったが、彼が真実を知っているのかが分からなかった。
「この人と決めたのならば尊敬しなさい。あなたを自由にしてくれるのは彼しかいないのだから」

妻を喜ばせることが誠実さにつながった。


フランシスコ修道院のオッカムや、スコトゥスは、壁ドンとかをやる男を批判した。
「決意が足りない」「何かを知っているとは思えない」
「俺は神に愛されなければならないんだよ」
意思と知性という女には分からない世界を生きていかなければならないんだ。
それを世界が必要としている。
女も何かに夢中になっている男を見ると物理学を忘れることがある。
女は男に迷って欲しくなかった。
男女が同時に果てるのを放棄するのは簡単だった。
神は誰とでも話すからね。
歳を取った女が貞淑であるためには夫がキリストについて語ることだね。
挿入とは優美なものだよ。
20世紀の女の知恵が少女マンガには満ちあふれている。
これが、女の力となり、女の振る舞いとなったのだ。

女が法則にしたがって動くのを見ているのが楽しいんだ。
やる気が出るんだよ。

仲間作りと自分をもつことは深く関わっているんだ。
キスすら敵味方の問題になる。

スコトゥスとオッカムは「自信があるのならばキスしろよ」と言った。
「でも、治まらないぞ?」
女は神聖さを感じるよ?
それもマキシム(家のルール)だよな。
国生さゆり バレンタイン・キッス




垂加神道~女の真実

思春期の女の子の心

胸に八百人の神がいる人と、私だけのものという人がいるよ。
もっとも優れた男だけを胸に秘めるのかどうか?

もっとも強い男か、少女漫画が好きかによって神が一神教か多神教に分かれる。
一人の男に付き従っている女か、少女漫画を読んでいる女かを海で胸を見ながら語り合ったよ。

それは女の理解力によりけりだからね。
女の経験値や、勉強が好きか、男によって前向きになれる人かで違うからね。

まあ、誰が決断するかは、星を見る女がいて、少女漫画を読んでいるんだろうね。

昨日見た夢はなんだい?
それは理想の男ではないのか?
本当に多神教なのか?
今のあなたにもっともいい答えを与えてくれる人なのではないのか?
男に頼るというのはそういうものだよ。
あなたは嘘つきだけど、感じ方は間違えないものだ。
夢で見た男の話を聞いてみるんだよ。
女の意見なんてその男が否定するよ。
男の話を聞けばいいんだ。
決意に満ちた男だろ?
800の星なんか見ていない、重力と加速度しか考えていない男の夢を見ているんだよ。
ニュートンはこれを見つけたわけだな。

その男も結構いい加減だけどね、女性観が家の原則になるわけだね。
その男は海にいったことがあるだろ?そのときのことを思い出しているんだよ。
小泉今日子 ♪渚のはいから人魚

田代まさしは、この曲を聞いてなにかに目覚めたのだろう。
真っ赤な女の子 / 小泉今日子

家の間違いを正してくれるからみんなしたがうんだよ。

家の神と魂だけは決まるだろ。
家族は、その男を標的にするんだよ。
男はバベルの塔を作り始めるよ。
でも、そこから言語が混乱していくんだ。
「お前の女性観は間違っているぞ?」
そこからは戦いだよ。
この女性観を「マキシム」と呼ぶ。
マキシムを決めた男は、他人を「世界を知らないチンパン」だと思うから攻撃される。
でも、恐怖に強いんだよ。そのうち役に立つ知識を持ってくるだろ。
この男のマキシムにしたがいたくない連中は、自由に対して寛大になり、他者の女性観をよく理解するようになる。
小野光太郎の弟、真二郎は、引間、千秋などの、横浜市立南高校のメンバーとホットウェーブフェスティバルで「チェリー」という曲を1990年の夏に歌っている。
Sakura Gakuin - TV Hot Wave Interview 12/02/2014

よそはよそ、うちはうち、しかし、カントは外とうちのことを考えた。
外は絶対であったし、外で自由になれるのは海しかなかった。
「デキる女」も、海では水着でしょう?
夢も見るけど、起きたらそれが間違いだと知るわ。
男の論理が大事だと分かるの。
宝くじに当たる夢を見るわ。でもだんだん、そんな宝くじは買ったことがないことにも気がつくの。
でも、地球が太陽の周りを回っているという夢は誰が証明するの?
ガリレオが、望遠鏡を空に向けるまでは分からなかったでしょう?
女の夢の間違いの証明はそれほど難しいのよ?
「私の夢が間違いだったら、それはすべてが私の原則になります」
宇宙から降ってくるとしか思えない、神とその親父の世界ね。
夢で見た男の言葉もマキシムと呼ぶ。
夢芝居・梅沢富美男

「オタクは、すべてを破壊する」
バカげた学校のドロップアウトね。
経験もせずにすべてを知りたいのかしら?
オタクは、私の夢を叶えないことを知っています。
男として世界に知られていない人だと思います。
私は何をすればいいの?
私は何を望んでいいの?
私は何を知ることができるの?
私は何をすればいいの?という問題には答えられないの。
男性中心の世界だということが分かってしまうから。
君の歌、僕の歌

「経験だけでは分からないことが多いんだ。オタクをやりながら勉強しちゃいけないんですかね」

「勉強しているのならいいよ。あとは女のお約束の世界ね」

「あなたが何を言っているかでだいたい分かるのよね」

16歳以降、生理が止まったら、ヒスロン、プロベラ、ルトラールを飲まないと、セックスに失敗する。

女は世界に対して沈黙しているわけではないわ。
いろんな物事を見ているのよ。

カントは、オタクに対して楽観的だった。
二次元ではなく、四次元に女を飛ばすわけだな、としたのだ。

女の体が作る女の心は、外の世界に対しては幻だということが分かるの。
男は、女に詳しい俺、という鏡を見ることができなくなる。
トラブルばかり思い出すんだ。

日常の世間話を聞きたいわ?
でも、答案は司法試験にも書いてね。
女の体は心配事から守られなければならない。





学校から離れるのは勝手だが、社会の主要メンバーになるまでは認めないよ。
忠誠心を維持するためには、知識を否定しなければならないんだ。
「何を知ることができるのか?」
「何をすることができるのか?」
「何を望んでいいのか?」
神が決めるんだ。
人々は神が欲しがるものを望むよ?
でも、義務を痛感するのには時間がかかるんだよね。

「間違えろ!」

それは我が家のルールでしょう?
「社会では通用しないよ!」
母は、永遠の罰を恐れ、天からの報酬を得るためにそう言った。
男に興味があるし、期待しているのだ。

経験もないのにキスと射精の計算ができるようになる男。

セシルの海岸物語


キスと射精のアーティスト


800の神を信じるのが楽しい女。
でも、家を支配しようとする男。
戦いだよ。

美しい女とセックスしたいか?
それでは物事が治まらないだろう?
それは恋愛のサイエンスなんだ。
「法」なんだよ。
哲学はすでに無限を知っているんだ。
300人切り?
疲れることを知った。女の心を知った。俺さえしっかりしていればいいことを知った。
人々は無限にビビっちゃうよ。でも争いも多いんだ。
彼女たちは、劇的な逆説を俺にもたらした。
「何を焦っているの?」
「私は見たわよ?」
「でも、あなたの言葉を新聞にしてあげる」
「私たちも己を知ったわ?」
「私だって知りたかったから体を許したのに裏切られたわ!」

俺のように無限になりたいか?
俺の家はヤリマンと誠意大将軍だらけだぜ?
「だって、したがわないとお父様の力が弱まるのです」
テレビでお父様が言うのよ?演じなければならないじゃない?
世の中で批判されたらお父様が嫌いになっちゃうよね。
お父様の「法」は、「ただの法」となって「普遍的な法」と区別できた。
仲間がそういうからね。
「ただの法」を脱ぎ捨てたら奥様方からのお説教が待っているだけ。
でも「うぬぼれ」だけは治らないから、医者に相談しにいきます。
「お父様の正当化を捨てるしかないんじゃないの?」

フリーセックスの正義


お父様を捨てたら、王子さまが解決してくれます。
でも、恋人というよりも同志?
彼も自惚れているから。
でも、何か自分を表現するからね。
(歌詞付き)尾崎豊 / シェリー

自由の世界につれていってもらいたかった。



「職場の女」
職場の女ってのはよく考えて行動するだろ。
問題を解決しなければならないんだ。
それは、神がいるからだよ。そとづらというわけではないんだ。
神の説明や指示がうまくいくのかなあ、と楽しみにしているのか女であり、神のうまくいった経験談を振り替えるのも好きだし
今後の予測も好きなのだ。
神の言葉をなんとも繰り返し反芻して覚える。
神の言葉でないのなら常に疑っている。
普段の勉強に価値を見つける作業だけど、神の言葉以外なら常に別の方法に対してオープンなの。
男の言葉をみんなで話し合うのが仕事でしょう?
あとは、言葉の価値を探すだけ。
組織をコントロールするのも男だし、価値のある言葉を教えるのも男だ。
問題に反応できる、それは、女の問題であるけれど、仕事の問題なのだ。
神が言った言葉か、勉強した言葉なのかを区別しなければならない。
神の言葉は妥協の余地がないから女の態度でわかる。
うまくいかなかった部分を「アクラシア」と呼び、記録に残している。
いろんな考えは身に付けるけど、水曜日のお買い物にも夢を持っているのが女だ。
分からない世界に反応しなければならないという圧力がかかるでしよう?神ぐらいいるよね。
「水曜日にお買い物がしたい」
これを仕事の力に変えている。もう設計図は神が作ってあるのだから、組み立てるだけでしょう。
REBECCA / Bottom Line

財布をもって美味しいものを食べにいこう。
神は何かを考えているのでしょう?


ボードリアード。
フランスのグル。
性差別をなくす、人種差別をなくす、階級をなくすことを探求した。
ハイテク社会において、ゼネストなどを経験し、男が消費されていくのを見た。
競争資本主義の段階から独占資本主義を見た。
マスプロは性の爆発を引き起こした。
プロデュースする男が「合言葉の共有」を行い、もはや人間はエネルギーが過剰であること、各人のおとぎ話が過剰であること、衝動が過剰であること、人間の欲望が過剰であることを知った。
バタイユは、「貯蓄」の重要性を悟ったし、バタイユが死んだあとには、共産主義以降がすでに見えていた。
「仲間が多いね」それが優越感だった。
ブルジョア資本ではなく、政治統制経済でもなく、官僚が統制すべきだとしたのだ。
プロデューサーが言葉の移り変わりを引き起こすようになった。
「一般経済」
つまり、祭りを起こして言葉を消費してしまえ、と考えたのがボードリアードであった。
「自然の残虐性を知れ」


ダーウィンが見た世界。

可能性や機会、適応、快適さ、現物が動くこと、変化の速度などをいろんな町で見て回る。
時間と祖先と一本のライン、これがすべてにある。
経験論的な説明であった。
1859年の種の起源で語られた。

【海で出会った二人のその後】
田舎の男はガーデニングをやって女を楽しませたし、都会の男はより確かな考え方を求めていきた。
海に行く男は女が土いじりが好きなことを知っていたのだ。
都会の男は海の思い出を大切にして体を鍛えた。
「知ること」とは海よりも大きかった。
人生は女とともにあった。
女の気をひくための知恵だった。
二つの心で時にはひらめいた。
女の心には出世の秘密の全てが隠されていたのだ。
読んだことは全部、女に話して聞かせた。
女の心が海だったと知った。
女の世界史。




« 神の子。 | トップページ | 小網代の森〜女性の抑圧からの開放。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦海岸の海開きを待て。:

« 神の子。 | トップページ | 小網代の森〜女性の抑圧からの開放。 »