最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« iTuneUの講義録~West Point History of WWⅡ | トップページ | iTuneU ブレジンスキーのインタビュー。 »

2017年2月19日 (日)

iTuneU Medical 医学の講義。

ツーポイントについて。
世界を支配する考えだろう。
心があって、世界がある限り。
何かが起きるたびにツーポイントが問われる。
眠りに落ちるように当然に世界が関わっている。
寝ているときはニューヨークは消えて、起きたらニューヨークがある。
心のコンテンツは寝ているときも消えない。
世界の感じ方、障害物は常に二つだ。
美しさの比較も二つであるはずだ。
どの美しさに親密であるかで選択が決まる。
父と母も二つであり同じである。
腕も二つだ。
何を明らかにしたいのだろうか?
二つの選択肢があるとストレスを感じるんだよ。
情熱も感じる。
五科目やるのが世界のやり方だ。
どれが本当かがわかるまでやるんだ。
英国では、別れと孤独と美しさの研究が進んだ。
健康でも幸せではない人がいる。
人間関係の選択肢なんだ。
我々の世紀の理解が必要だ。
自分のバックグラウンド、そして二十歳の頃の世界がどのようなものだったか。
五歳のガンボーイではなくなっているんだ。
ツーポイントの否定は可能だろうか。
「今何時だ?」という問いには直接の答えがあるし、外を見れば朝か夜かもわかる。
心がどの方向に向いているのか分からないという状態は楽だね。
リラックスしていて、暖かさだけを求めている。
そしてすべてがスローダウンしていく。
そうすれば自分が無限になっていく。
空虚さに無限を感じるんだ。
では、何かを成し遂げたいのだろうか?
ハンドリングしたいのかどうかだね。
人々が集まれば選択を求めてくるよ?
しかし、空虚さというのはスピリチュアルの伝統ではなかったのか?
ピュリファイというのは、もはや楽になったという意味ではなかったのだろうか。
ツーポイントからもはや一世紀も経ってしまったよ。
どうしたら楽になるんだ。
記憶にないことがおきたらどうする?
新しいことを愛するんだ。
無条件に愛しながら、すでに受けたイニシエーションをいつでも思い出すのがいい。
スピリチュアルの伝統を大事にしよう。
あの男は常にどこにでもいるよ。
道なき道を歩いている男のことを考えよう。
新たな感情を大事にしながら生きたほうがいい。


テクノロジーと医学。
テクノロジーはとにかく物事の量を増やすんだ。
グローバルの専門家も何もできないしわからないよ。
香港のビジョンなんてきりがないね。
オンラインとオフラインのコミュニケーションの未来はどうなると思う?
勝者がオンラインを経験しているのは事実だろうね。
ビルだってパートナーはオンラインで探すんだよ。
エキサイティングでもある。
将来はどうなる?ノーコスト、ローコストを目指すのは事実だよ。
70年間、オンラインを経験すれば街づくりも変わるよ。
コミュニティーも変わるんだ。
メールを受け取った二秒後に電話が鳴るだろ。
オリンピックのデータも分かりやすくなる。
何でも使うようになる。
オンラインというブランドは強いよ。
まるで飛行機に乗ってきたみたいな人になる。
インターネットでは誰も死なないよ。
右の腕が動いて左も動く。そうやって使ってオリンピックに出る人がいる。
そうすれば人々の心も統制される。
しかし、お互いの心を統制することはできない。
どこかでみんな妥協しているんだ。
学ぶことは簡単でも、癒されるのは難しい。
それがオンラインだ。
ましてや、病気ならばオフラインで見てもらわなければならない。
クリエイトのエネルギーは確実にオンラインで強くなった。
しかし、激しすぎるんだ。
宇宙船のような建物が上海に建った。
しかし、家には何を持って帰るんだ?
政治家は「最低の生活」をなくそうとしている。
瞑想を信じている人の話を聞こう。
テクノロジーはファッショナブルだと言って回る人はいるよ。
フランシスコは「優しさの革命」を訴えただろ。
彼はリベラルだったね。
オンラインに優しさはないのかな?
フェイスブックは「友情の研究」から入っている。
社会のストレスレベルを下げて、孤独を癒しているのだ。
どれだけ人々の経験が異なるかを知ってほしかったのだ。
しかし、外で行動しなければ仲間ができないことも心がけた。
ブルートゥースで認知症を治すという奴もいる。
夢で見たことだ。
医学には利益しかもたらさないのがテクノロジーの現状なのは認めなければならないね。
インターネットが最初の爆発で、二度目はモバイルだった。
しかし、テクノロジーの化身になろうとは思わないよ。
持ち物に愛情を持つのはみんな同じだ。
デジタルヘルスを目指している現状がある以上拒絶はしないほうがいい。
お互いに面倒を見るコミュニティーを作りたいんだ。
デジタル化以前にはインディーズで腐って自殺したアーティストもいた。
食品業界へのインパクトも計り知れない。
アマゾンを作ったけど、今でもガレージで仕事しているよ。
どれだけ簡単に使えるかが大事だ。
自動車だって運転を覚えるのは大変だからね。
アイフォンなんてスーパーコンピューターがポケットに入っているようなものだ。
自殺は孤独が原因だ。
インドのアポログループはデジタル医学の王だね。
社会で成功してもエネルギーが割に合わないと思うこともあった。
成功者はいかれていると思ったりもした。
二本の指に装着して頭にバンダナのようなものを着けるだけでいろんなことが分かるのがインドの医学だ。
グルコースでアスリートは疲れを計っていたけど、今は血液を採らなくてすむ。
自動車も変わるよ。
日本のトイレも素晴らしいね。

« iTuneUの講義録~West Point History of WWⅡ | トップページ | iTuneU ブレジンスキーのインタビュー。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iTuneU Medical 医学の講義。:

« iTuneUの講義録~West Point History of WWⅡ | トップページ | iTuneU ブレジンスキーのインタビュー。 »