最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 琴奨菊君の話。 | トップページ | 妄想とは何か? »

2016年12月22日 (木)

宮内庁に金を盗まれたAさん。

私のブログは、スタンフォード哲学百科事典と、各界の著名人への取材をもとに書いています。 
NPOの形をとっているので寄附は非課税ですが、取材などに資金が必要であることをご理解ください。

スルガ銀行三浦海岸支店
オノコウタロウ

【余談】
今回、上記の記事を公表したところ、天皇皇后ではなく、一人の宮内庁職員に50万円程度着服されたようだ。
とてつもないコンピューターを宮内庁は保有しており、国民全員の銀行口座を操作できるのだ。
しかも、犯罪としては立件しない方針を警察はとっている。
このことと、中国人民日報が報じた「日本国の赤字国債はいずれ日本国の愛国心が削減するだろう」
との記述を照らし合わせてみると、国家の中枢が国民の銀行口座を操作して赤字国債を減らす可能性があることが見えてきた。
日本国の国債はいまだ強い信用力をもっているが、
どのような国策をとるかというあたりに信用力の背景があるようだ。


1482383923852.jpg
Aさん。

« 琴奨菊君の話。 | トップページ | 妄想とは何か? »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁に金を盗まれたAさん。:

« 琴奨菊君の話。 | トップページ | 妄想とは何か? »