最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 自由民主主義思想大全【書きかけ】 | トップページ | 共和党が勝った! »

2016年11月 9日 (水)

グリーンピア~階級を越えた女の団結。

女には階級と仕事がある。
中産階級の女や上流階級の女は革命(女の共有)を望んでおらず、労働者階級のためのフォーラムを作って体制の安定を求めた。
ある意味、階級を越えた女の団結だったのだろう。
グリーンピアせとうち

仕事にも色々あるし、女たちは適正な分配を望んでいた。
そうでなければ、貧困層の女は体を売るだろう。 
30年間、日本国の宿題であり続けた。
利益を生み出すことを目的としたブルジョアは、地方の土地に目をつけ、労働者階級の恋愛市場のためにその地を開放した。
その広大な土地がなければ、労働者階級の恋愛はロマンチックではなかったのだ。
労働者たちはロマンティックではない恋愛マーケットを強いられたから団結していたのだ。
エンゲルスは、「家族の起源」において、労働者は子供を作らなければお金を得られなかったのに、持たざるものの娘が奴隷になっていく様を描いた。
労働者階級の女は夫がいても男に体を売った。浮気ではなくお金目的だった。
女のソーシャルパワーが日本国の経済発展とは逆の方向に走り出したのだ。
「相談に乗ってくれる」男が女にどのような恋愛フォーラムを与えてやるかはフェミニズム第一の波に他ならなかった。
ビクトリア朝においては純潔な女は「本物の女」と呼ばれてカルト宗教になっていた。
シャルロット・ギルマンがこのような女に「家事や子育てをやらなければダメじゃないか」というセカンドシフトを要求した。
1890年代には公的な「お手伝いさん」という労働も始まった。
だからこそ、主婦の仕事という「お金がもらえない」ものが惨めなものに思えた。
1960年代のフェミニズム第二の波において、自由恋愛が流行したが「家事ができる、料理ができる」ということも恋愛の武器になっていた。
女は家庭に入るべきだ、お前フリーセックスか?という魔女狩りもこの時に起きている。
お金があってお見合い結婚ならばこんなことは起きなかった。
このセカンドシフトによって女たちは家事や子育てを要求されたが、ここに「レジャー」が生まれた理由がある。
女はウチと外で顔を使い分けたが、母と家庭内労働者という顔も使い分けた。
階級によって子育てを異なる形で行っていた。
夫が働いて、養ってもらう妻と子供がという仕組みは今や崩壊している。
ウチでは政治やお金から女を排除し、外では女を下に見た。
ニュー・グリーンピア津南の紹介
平和は女がもたらしているということも指摘できる。
女が子育てやお料理が男よりも得意なのは事実だが、これが搾取される理由となっている。
労働者階級は、より良い子育てを望んでおり、このような女が多い。
金持ちの家庭はセカンドシフトを嫌って、お手伝いさんを雇った。
そのため、上流階級は「社会を変える方法」を知らないのだ。
夫とのセックスや家事労働を行ってもお金は払われない。
女子は好きで料理を覚えるが、女にとっては仕事だ。
男子はセックスしか頭にない。
これを理解したのならば、夫も子育てには参加しないとね。
この事が「美女の共有」というイデオロギーの温床になっているのだから。
しかし、ポストモダニズムはお金を楽しんだんだよ。
エヴァンゲリオン 序 [ラミエルシーン集]
「ポモ」は、この構造をよく理解しないで楽しいことの探求を行ったから哲学的金儲けの温床を残すことになった。
しかし、コスプレなどの「急進的女性化」という形で革命の温床は発散されていった。
そういう女たちは労働者階級であり、ちゃんと働いていたのだ。
労働者階級のアカデミズムは、ハロウィンのコスプレにあった。
結婚とは下層階級の女と中産階級の男の間でしか成立しなかった。
あとの「セックス階級」には結婚のための準備が必要だったのだ。
男性社会による支配と戦術的に戦う行動をとり始めた。
きれいな水、食料、教育、建物の用意が必要だった。
レイプとも戦う必要があった。
これが「ラテンアメリカ女の多数派運動」だった。
男に要求されている「急進的女性化」をする連中と、戦術的に環境を整える連中が対立をしたのだ。
「ポモ」は、急進的女性化しか見ていなかったではないか?
ここで、労働者階級と、プロフェッショナル階級、資本家の三つの構造が出来上がった。
中産階級女や上流階級女は結婚相手の条件にお金を要求しなかった。
そのようにして、三つの階級の女は、話し方、服装、溜まり場を分けたのだ。
福岡県八女市黒木町グリーンピア八女
「ピア」(仲間)が異なれば建物も異なる。
エーリッヒ・フロムがグリーンピアを夢見たんだ。
家事労働やセックスにお金を要求するムーヴメントもあったが、家事放棄に終わっている。
【もっとロマンティックなアプローチをした方がいい】
セックスは夫がヘンタイになる瞬間にすぎない。
そのようにして、これらの問題が解決するだろうというのは夢物語だったと知った。
美女の共有なんてフェティシズムで済ませる問題だ。
美女というのはいまだにチャンピオンだけどね。
【Full HD 60fps】 AKB48 恋するフォーチュンクッキー
監獄の個室は自殺の危険があったし、刑務作業をさせていても話すのを禁止したら同じ効果があった。
これがアメリカのマイノリティー孤立と同じであることに気がついた。
料理教室や、育児教育に女を使うんだよ。
貧困の解消にもなるし、児童虐待もなくなる。
専業主婦の人妻ってのはむしろ危なっかしい。
売春女にも「自分が新鮮だった時期」を思い出して欲しいね。
階級なんてものはリゾートホテルに行って忘れてしまえばいい。

« 自由民主主義思想大全【書きかけ】 | トップページ | 共和党が勝った! »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンピア~階級を越えた女の団結。:

« 自由民主主義思想大全【書きかけ】 | トップページ | 共和党が勝った! »