最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 横須賀美術館~マホロバから。 | トップページ | 自由民主主義思想大全【書きかけ】 »

2016年10月29日 (土)

社会民主主義思想大全【書きかけ】

女は文化においても社会においても「セックスされる存在」としてではなく、女として物事を語りたがったし、知りたかった。
しかし、「セックス裁判以外に興味がない」ものだったのだ。
これが、社会民主主義思想の出発点だ。
1970年代にフェミニズム第二の波が生まれ、政治がセックス裁判になった。
力が女にどのように加えられるかが争点だったのだ。
「私の今までの行いを体制が否定するのならば放り投げてやるわ?」
1981年のローラインコードにおいて「童貞坊やの発言は重要か」が語られた。
いくら家父長制のもとで長男を名乗っていても、セックスを知らなければ何も解決できないことが分かったからだ。
マルクス主義思想にかぶれたあとに急激に大人びてくるのが男だった。
その後に女たちは、彼の性差別や男性中心主義を認めたのだ。
偏差値BOYは落ち着いているからいいわね、という意見もあった。
偏差値BOY(うしろゆびさされ組)弾き語り
しかし、何が知識の発信源なのか?を知らなかった。
「私たちは何にしたがえばいいの?」童貞男は言葉を失った。
女が男から何かを「発見」することで女は団結していたのだ。
1990年代以降、女の昔の男という「悪いサイエンス」も色々と分かるようになった。
クーン以降、一気に恋愛論の研究手法が発展した。
【経験よりも学問の方が進んでしまったのだ】
社会というのは人々がいろんなものを交換する場所だ。そこで「何で知ってるの?」ということほど大事なものはなかった。
経験はローカルなものに過ぎなくなった。
1990年代以降、恋愛論ほどパンデミックを起こすネタはなくなった。
多様な女の証言も、男の立場からの一定の法則があった。
「社会の考え方としての女の考え方」が社会に拡散していった。
2004年にはエピステーメーというジャーナルが出版されるようになった。
童貞男でも最新の恋愛論を知ることができる立場にたつことがあり、そして女は「そういう経験をした者」として話を聞いた。
女たちは一人で抱え込んではいなかった。まるで集団で物事を経験しているようだった。
「猫がカーペットの上にいる」という言葉よりも「最近景気が悪いね」という言葉の方が拡散したし「女は抑圧されている」という言葉はもっと拡散した。
女たちは集団でシステムとして男にセックスの時に叩かれていたからだ。
女は分子であったが皆が同じものを共有していた。
「誰が知ってるの?」
「彼女は何を知ることができるの?」
「誰の学問?」
女を叩く男ほど出世するし、どこにも命令はなかった。
ここに社会民主主義思想の「拡散」の秘密があった。
女はセックスの時に叩かれているのは自分だけだと思っていた。
ポルノでは見たことのないことをやられていたのだ。
出産の痛みは共有していた。
しかし、少女の頃の数学の授業の退屈さは男には分からないと思っていた。
これが「女であること」の議論に大きな影響を与えるのだ。
セックスの時に叩かれる経験は社会を知るものだけど、そんなに深い議論があるのね。
機会の平等というけれど、力が必要な仕事を考えるたびに叩かれたことを思い出すの。
女の共有・革命を行うためには一度は男同士の「力比べ」が必要なのかな?と考えられた理由だ。
労働者の方がブルジョアよりも力があったからね。
ブルジョアが「女の共有・革命」をやりたくない理由がここにある。
労働者は搾取も恋愛も知り尽くしていた。
女社会では「強さ」も噂になるのよ?
ブルジョアのシステムはこのようにして安定した。
女にとっては同じセックスという経験でも、語りかたは色々あった。
それにはどうしても学問が必要だった。
世界の「恋愛マップ」で自分がどこにいるかを語ってくれる学問があったのだ。

恋愛ゲーム60年史。

理想のカップルの作り方。

恋愛上級者。


あなたの恋愛マップも世界のどこかに位置付けられる。
松浦亜弥 : SKY PerfecTV! (200411-2)
我々はカップルから知識が欲しいのだ。
それがないのならば泥沼になる。
女は実は恋愛を語る言葉を持たない。男が発信力を持っている。
若者はマルクス主義(女の共有)から説明している。
ブルジョアが現状維持を求めるのに対して、プロレタリアートは、我々の方が恋愛に詳しいと主張したのだ。
女は搾取されることしか知らないが、男は搾取する側とされる側の二つの見方をしている。
性的搾取と階級搾取がこのシーンに存在するのだ。
【子育てが女に居場所を作るだろう】
女は何かの力に目覚めているんだろう。
男はこの力を利用して戦っているんだ。
抑圧は抑圧によって破壊される。
セックスがお金だってことが分かるだろ?
恋愛に詳しければこんなこともできるんだ。
【知っているから資本家なんだろ】
男たちは「知っている人」に頼っているんだ。
恋愛論も医学も法律学も我々の知識に頼っている。
マルクス主義者もみんな頼ってくるんだ。
力の発信源というのはどうしても生まれてしまう。

女の風景も男が書いている。

しかし、パートナーとの安全を他者に頼っているのは事実だよ。


1478149137207.jpg

女も「自分が横になる意味」を知っている人に聞きにくるよ。
「知ってる人」に聞かなければならないこと自体、抑圧だよね。
カップルの発信力も人に聞かなければ分からないという弱さを女は持っている。
しかし、「駆け落ち男」が「知っていること」の信用性を高めるのは事実だ。
学校の教室で何が起きていたのかも分かるようになる。
女の側は子育てを通じて「知っている人」の仲間入りをするんだ。
昔を思い出すんだろうね。
「知っている人」のコミュニティーがママ友だ。
ママ友も発信力を持っている。
砂の塔~知りすぎた隣人 第3話

カップルというのは男性中心主義の学問だけどね。
男性的な知識をどれだけ持っているかが問われる。
建物の配置でその知識を決めてしまうんだよね。
配置によってはマルクス主義(女の共有)に汚染されているよ。
弱い男性主義が下の階にはあるのだ。
話を聞くと分かるから序列ができるんだ。
公的な排除はうまく機能している。
コミュニティーの目的でもあるね。
女の過激な経験主義だ。

石炭王の妻になろうが、タワーの最上階に住もうが、恋愛論は男性的なものであるので、女は見境のない行動をとることがある。
それは、「運良く手に入れた立場にもとづく政治活動」に他ならない。
その立場にどれだけ「縛られているか」が大事なのだ。
それ次第で夫は「強い男性主義」を謳歌できるかどうかが決まる。
美しさで選ばれるよりも、バックグラウンドで選ばれた女の方が縛られ方が明確である。
女が間男と関係をもったら批判されるのも「運のよさ」が背景にある。
Cocco 強く儚い者たち

バックグラウンドのない男が自由に知識を謳歌していた。
【俺も偉くなりたかったからな】
作家には狂気が必要だったのだ。良くも悪くもない。
女がどれだけセックスによって考え方が歪まされているのかを知ることもできた。
なぜ、男だけが冷静に恋愛というものを見ているのかかこの事で分かる。
俺の小説に女たちが歓声をあげるのが楽しかったんだ、と芥川龍之介は思っていた。
作品だけが残ればよかった。
俺がどうやって「知った」か分かるだろ?いろんな役になりきれるんだ。
いろんな男の役のリアクションをしてみても女たちは彼らに嘘をついた。
【役になりきれるのね。ドラマを演じればいいのなら私も楽だわ】
芥川龍之介は、女に優越感を与えるのも劣等感を与えるのも上手かった。
民主主義の「知る過程」は、女にはドラマしかなかった。
彼の言葉に苦しみが足りなければ女は寝ない。
ドラマはそうやって出来ているからね。
支配するためには男も苦しまなければならなかった。
「このセリフならば聞いたことがある」
そうやって、一人の女と群れの女は似てくるのだ。
女の美しさを目の前で語るのがセクハラであり、セックスの話は問題がない。
セックスの話をする男は「目の前の女と寝るつもりがない」のだ。
女の「知らない世界」の話が有効なのだ。
女が知らない世界のパズルをちょっと解いてごらん?
おバカタレントのような「戦術的無知」は、いろんな男を集めるのだ。
でも、簡単に落ちたらドラマみたいではないよね。
【民族が知らないことってもはや発明だよ】
女に加えられる力は複雑だし弱いものだ。
だから、男社会で尊敬されている人の話しか聞かないわ!
そのための学歴でしょう?
愛の言葉がない地域は寒いね。
ナオミは民族が異なったから愛の言葉を必要としていた。
ナオミの夢

エリートが愛の言葉を拡散させる必要がある。これがローラインコードなのだ。

「相談にのってもらう」というものがどれほど歪んでいるだろうか?
恋愛論がうまい人には税金が課される。
出世もするだろうし、私の居場所を作ってくれる。
1960年代から1970年代にかけて、男による「ストロングサイエンス」がクーンやフーコーによって作り出された。
「相談にのってもらう」ことを男が構造から解き放ってサイエンスにしたのだ。
からだ目当てだと相談が成立しなかった。
セックスしてしまうと言葉の発展が止まってしまうんだよ。
「真実が知りたくありませんか?」
ヒット・オア・ミスをやめることだよ。
そして広い政治空間が用意された。
1980年代中頃に、このような「銀行マンではない政治活動家」が現れた。
1989年にマーガレット・ギルバートが「社会の真実」という本で、男女の世界の違いを巧みに書き分けて政治の本にした。
2000年以降のインターネット時代と、2004年のエピステーメーがこれを後押しした。
いいアドバイスをするというのはプロポーズと区別がつかないことがあるね。
知ることはセックスしないことを意味し、信じることはセックスすることを意味する。
社会は知っているが、カップルは信じている。
アドバイスには「知っている」ことを使うよ。
この活動を通じて社会は正解に向けて動いている。
あなたのグループはどういう知りかたをしているであろうか?
男が名誉を手にするプロセスは、手続き法に似ている。
格言や流行歌を聞いたことがあるだろう。そのようにして「社会は知っている」のだ。
先輩の受け売りでもいい。
結婚生活の含蓄とそうではないものがある。
石田ゆり子CM ニッカオールモルト
他の人の結婚生活ってこんなもんか。
【出産シーンが見えないな】
【結婚していない人に夢を与えているんだろ】
女の「負け犬」ぶりを垂れ流しているんだ。
日記には何て書くつもりだ?
いいからだを主張したいんだろう。
教授はインターンとこんなことをしているんだとほのめかしているのかもしれないね。
「脳みそだけで生きてんなよ」と悪口を言う奴がいても勉強したらこんなシーンが生まれるんだ。
ホモサピエンスがホモエレクトゥスから進化したのは脳なんだよ。
【浅田真央】 CM 寝具 airweave エアウィーヴ
寝ている女は、恋愛の達人に寝かされることを知らないね。
寝るときは寝るのであって、口説き文句はセカンドオピニオンに過ぎない。
「信頼」が横になるシーンにはある。
すべての「達人」がこのシーンを目指して合宿を繰り返しているんだ。
寝ている女は男の「発言記録」を知っているのだ。
言葉があれば太陽が陰るまで15年かかる。
プロポーションづくりのダイアナCM「本気のくびれ」編
プロポーションというのは噂されるためにあるんだ。
スタイルが悪いというのも噂される。
男たちが見に来て「本当だね」というものなのだ。
言葉が称賛に変わる瞬間を見るね。
表に出せる人とそうではない人をみんなこのようにして学習していくのだ。
ダイエットの方法だって「社会が知っていること」だからね。
食事を友人におごってもらっても、彼は領収書を求めるようになるよ?
これが学問をやる男の人生なんだ。
男が有名人であって、女がその事を知らないときに、「いいこと言うなあ」と女が思うことがある。
他の男の噂話とかを聞いて「全部分かった」と思うのだ。
いくらあなたに高い値段がついていても、周りの男の言う値段にしかあなたはならない。
これが現実だ。
事情通とカップルは異なるのだ。
「馴れ馴れしい人ね!」から始まるのだ。
彼のすべてが分かるわけないからドラマを作った。
ムコ殿 (2003) 第1章
「なぜ他の人はこの人への態度が違うのだろう」
それでも女は2ドル上方修正するだけだけどね。


【延々とつづく】

« 横須賀美術館~マホロバから。 | トップページ | 自由民主主義思想大全【書きかけ】 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会民主主義思想大全【書きかけ】:

« 横須賀美術館~マホロバから。 | トップページ | 自由民主主義思想大全【書きかけ】 »