最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 小野光太郎相談員出張サービス。 | トップページ | ユダヤ教大全。 »

2016年9月 5日 (月)

お前が死ぬか俺が死ぬかのどっちかだ。

このような関係にある二人がいるとする。
まず、歴史を振り返るだろうね。
秋服のボートに乗れば/渡辺満里奈

そのあとに、宗教的アピールを行い、男らしさを示す。
ウェストファリア体制は、グロティウスだけでなくプーフェンドルフも関与してできている。
アイドルはすでにいたし、ヨーロッパにはいろんな個性もすでにあった。
どの国も「教会国家」として生き残りたかった。
神聖ローマ帝国は崩壊した。

ヨーロッパの地図~グロティウス。

反ハプスブルグ家がヨーロッパを作ったのだ。
ハプスブルグ家について。


プーフェンドルフ自身はルター派に属しており、労働を男らしいものと教わっていた。
カルヴァン派を排除しなかったし、反カトリックだった。
カルヴァン派とツヴィングリ派の違いは、モーニング娘。かAKBかの違いにすぎない。
モーニング娘。 『SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~』 (MV)

プロテスタントを楽しみたかった。これがプーフェンドルフであり、反ハプスブルグであり反カトリックであったのだ。
日本のカトリック思想。


プロテスタント~眼鏡をしちゃいけないんすか?

フランス人のデカルトが「誰にも心をかき乱されない状態」(コギトエルゴスム)を望んでいたのだ。

オランダの東インド会社が「カルネアデスの問題」を持ち出して、お金を持っている人間が勝つしかないことを悟った。
お金を稼ぐのも大変だからね。

アイドルを楽しむこと自体、反帝国であった。
王室以外の女を崇拝することになる。
また、アイドル崇拝に王室の男は邪魔でしかなかった。
王室の男が「ゴッドカード」を抜いたらおしまいだったのだ。
柏原芳恵 春なのに

女の体と局部があったが、知的権威がどこから来るかという問題もあった。
プーフェンドルフは、教会に訴えかけて戦争を終わらせた。

思い出話においては、結婚におけるルール、そして「狙い」と、「男女の言葉の違い」、区別、分類などをするわけだよ。
記録に残して落とし穴に落ちるか、子供のことを話してキスするかのどちらかだ。
子供の話に何を書き残すかは人間の行動の自由があるとされる。
【終わったことは神が描くんだ】
紛争の当事者ではない知的な営みだよ。
状況やおちんちん、仲間について、そして仲間のクォリティーについて話し合う。
あとは、「人間とはこのようなものだ」ということと、誰が決断し、誰が外交官をやったかを話し合う。
争いが、経済連携や宗教セクト、政治集団、帝国、連邦において重要だったからこそ話すのだ。
【今の仲間が大事だから話すんだろ】
結構、適当に女の話もする。苦痛を受け入れるべきだったんだろうなとね。
決断と耐えることとお金の話だ。
お金と人間の話を権力は好むんだ。

« 小野光太郎相談員出張サービス。 | トップページ | ユダヤ教大全。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お前が死ぬか俺が死ぬかのどっちかだ。:

« 小野光太郎相談員出張サービス。 | トップページ | ユダヤ教大全。 »