最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 奥さまの期待可能性。 | トップページ | 化学の学び方。 »

2016年8月18日 (木)

訴額の算定基準の皮膚感覚。

訴額の算定基準。

父が娘を犯す。
現役世代による将来世代への挿入という暴力こそが、訴額の算定基準の議論だ。
現役世代はいまだ生きているためにこの議論が役に立つ。
世代を越えてしまうと「非対称性」が生まれる。
20年も後に「復権」する女の子の問題をどう思うか?
将来世代の女の子は現役世代の活動を妨害するしかなくなる。
現役世代は死んだ世代には介入できない。
現役世代は、将来世代の男の子の学問にも介入できる。
将来世代はこのことから様々なサイエンスを発達させる。
世代により「国のおかれた状況」が異なるんだよ。
お姉さんが犯されたら、弟の遺伝子は誰も欲しないんじゃないかな?
1987年には300万人がこのプログラムに参加していた。
【生き残るってどういうことだろう】
1992年までは男の子の「予言」はまだ信じられていた。
男の子はたくましい体になっていたが、しかし、知識が限られていて「遠い将来」までは上の世代も見通せなくなっていた。
大人になった男の子は実にパワフルだったよ。
現役世代はこれを恐れていたのかと思ったね。
敵も大勢いたけど、恩恵に預かった者もいたんだ。
将来世代に導かれて強くなったのに、もはや誰もいなかった。
CoCo:夢だけ見てる(CD音源)

男の子の「長期的な政策」は、ここからがキツかったね。
「居場所がないことを悟ったのにどうやって現役世代に貢献するつもりなのか?」
ブーニンは2008年に、ロバーツは2013年に「無敵」を悟った。
将来世代が現役世代と肩を並べた瞬間だった。
そして、周囲がどれほど怠け者なのかを知ったのだ。
(Bunin)Chopin Polonaise Op.53

お姉さんは彼をどんな目で見ていただろうか?
訴額の算定基準ってそういう問題だ。
「男女別コース」は常に法律学で頭に入れておいた方がいい。

弱い人間論と、強い人間論があるが、弱い人間の方が仲間が多いだろ。
【弱い人間たちは教科書には興味ないよ】
生きている奴をバカにして団結しているんだ。
現役世代になれたことを喜んでもいた。
【将来のある若者ってなんだろうね】
「居場所がないことを悟った」と彼女の息子も言うようになった。
父が娘を犯したことで、男が何かに到達しただけだよ。
温室育ちでブーニンになれるのかな?お姉さんのフラストレーションはどうなるのかな?
可能な限りの家族の葛藤があるんだ。
一人の男が生み出すものをみんなで楽しむことはできるよ。
さらに、幼い子も人間だということを悟った。
私たちはなんの義務もないけどね。

男の子が人間愛を失ったのは事実だし、理想的なお母さんを探したり、将来の子供を過度に理想化したのは事実だ。

ロバーツは2009年に子供を授かったが、子供の孤立を恐れたし、子供のために何でもしてやった。
300万人の男の中には、結局、子供を持つのはやめようと考えるものもいた。
女の子を持つことに臆病になっていたんだろうね。
男の子もルールのあるゲームに勝つことに関しては自分ほど強くはなかった。
家庭内が空虚なものとなった。
自分の成功体験を誰にも教えられなかったからだ。
女の子は人生を楽しんだよ。
「偉いお父さん」というのは女の子にとって間違ったものだった。
だから別の人を「お父さん」と呼んだ。
しかし、そこには大人の知恵がなかったことを知った。
私も「そこには何もなかった」から「お父さん」と呼んだ人をいじめたの。
実のお父さんがどんどん変わっていくのが分かったの。
【偉いとは世界を敵にすることだよ】
実のお父さんは人生のいいお手本になった。
ブーニンも2008年に「家族の悪」を悟って仕事にのめり込んでいった。
ロバーツもそうだった。
もはや仕事の世界に「疑似家族」がいたのだ。
才能が向かうのは国家しかない。国が居心地よかったのだ。
「俺のレベルまでくる子供たち」を愛した。

女の子は犯されない方がよかったが、死んではいない。
しかし、大人の話を覚えなければならない。
標準的な知識が身に付かなかった責任はあるだろうね。
敵を作って大人の学問が身に付かなかったのは損害だ。
しかし、精子と卵子から作られて自由に生きているだろう。
【人が死ぬのが嬉しかった】
「志半ばで」「惜しい人をなくした」
【私が意味のある人生を組み立てられなかったから】
兄貴の結果だけ見て、あとは全部省略した。
そのことから世界を敵にしたし、子供その背中を見て生きなければならなかった。
その事自体、他者の繁栄に劣るものだった。
スタニスラフと人生を比較しているんだ。
この国では生きられないから、もっと劣った国にアイデンティティを求めた。
結婚と金は劣った国にしかなかった。
障害をもって生まれた子も捨てた。
劣った国の会議に参加しながら、高貴の生まれになりたかった。
Stanislav Bunin plays Chopin Piano Sonata no. 3 o

« 奥さまの期待可能性。 | トップページ | 化学の学び方。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訴額の算定基準の皮膚感覚。:

« 奥さまの期待可能性。 | トップページ | 化学の学び方。 »