最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 訴額の算定基準の皮膚感覚。 | トップページ | 水泳【研究中】 »

2016年8月20日 (土)

化学の学び方。

21世紀に化学は、おちんちん、子供、化学的つながり、調和の取り方などの法則を引き出す学問となった。
AtoZを覚えよう。

現代化学はキスと子供にしか興味ないよ。水素(H)と酸素(O)が基本だね。
アトム(子供)がこれをどのように邪魔するかの研究だ。
子供(分子)は、おちんちんとエッチにとってラーフラ(障害物)だったのだ。
①「キスはおちんちん(O)にするものだと悟るよ」
②「おちんちん(O)そのものが唯我独尊なのだ」

①によりキスの奪い合いがダイナミックになるし、②によっておちんちんは完璧さを目指す。

アリストテレスは、男がどのように変わっていくのかを見たかったんだ。
世代の問題と、虚像(有名)の問題、生きる目的の問題、そして、男のもろさ、最後には天国が見たかったのだ。

あとの物質は女であり、おちんちん(O)を取り巻いているだけだ。
女たちは単体で存在できるのにキスをしたがっていた。
純潔女は単体で存在した。
モーニング娘。 Do it! Now

おちんちん(O)に水素(H)が二つ、つまり、水は水でありそれもまた極性分子であり愛は安定していた。
ブルー(H)とホワイト(O)二種類の男しかいないんだよ?
BLANKEY JET CITY - RSRFES 1999 in EZO 貴重なフルVer


【化学反応は地球が冷たく渇いてしまわないために起きる】

愛の思い出と暖かさが液体を作るし、気体は乾燥しているのだ。

限界を感じているおちんちん(O)は常に気体だ。
重さの欠片もないガスも火に化ける。

おちんちん(O)は、すべての関係を壊す力を持っている。

塩水は海水から得られるし、金属は鉱物資源から得られる。しかし、もともとの理屈があって混合物は存在している。
肉体、骨、木や石は、すべてが祝福(キスをすることが)可能なものだ。
バスルームでDIARY/渡辺満里奈

OとH以外、すべて女。

COOHカルボン酸
中森明菜 - DESIRE

結合とはキスのことだ。
女の暖かさと人間性はあまりにも多様である。
女の人間性で男は一生、連れ添うかどうか決めるのだ。
アリストテレスは、元素の重さは考えなかった。プロポーションを見ていたのだ。
熱くなったり、冷たくなったり、破壊したりして、キスは最後に落ち着くものだ。

水となって落ち着いてもまた誰かがキスを欲しがって塩を混ぜちゃうだろ。
空気か火か地球か水かという議論は決して昔の話ではないのだ。
18世紀にラボイジアーがこれをもとにリストを作ったが、現在の周期表はメンデレーブが作った。
熱による実験やオクターブの研究から分類したのだ。
1471655648218.jpg

ヘリウムは美しいガスの中でもっとも軽かった。ネオンはそれよりも重かったが美しかった。
そのあとにナトリウムを置いたのだ。
ナトリウムのおかげで「グループ1」というアルカイメタルが区別された。
メンデレーブが重さで元素を区別したことから、新しい元素の発見という道が開かれた。
多くはボイスボードランが発見を終えてしまった。
アルミニウムや、ホウ素、ケイ素が見つかっただけでも大勝利だった。

原子番号や、陽子、電子の数はあとで数えた。
同位体もあったけど「電気の構造」に興味があった。

塩素のあとにアルゴンというガスが見つかった。
塩素は「グループ17」と呼ばれ、電子に対してポジティブな「ハロゲン」と呼ばれた。いわば「ヤリマン女」だ。
ガスは「グループ18」にいれた。
1932年にシャドウィックによって中性子が発見された。
陽子と同じくらいの重さを持っていた。
水素の同位体も三つ見つかったし、化学反応はより複雑化した。

化学の歴史は「混ぜる歴史」だった。

アリストテレスにとって「子供」の研究だったものが「アトム」と呼ばれている。
混ぜたら温かさに個性があったからだ。
08 恋の化学反応☆ 【Interlude】

ボイルは「燃やしてみる」というアプローチをとった。

【子供はどのようにできるの?】という研究だったからね。

1761年にヨゼフ・ブラックが「冷たいものを飲んでも人体の熱は冷めない」という「カロリー」を見つけた。
これは革命だった。
さらに、金属(女)は、硫黄ではなく、酸素(男)によって腐っているとエルンスト・シュタールか明らかにしたことも革命だった。
なぜ炎は酸素で燃え上がるのだろうか。
しかも、女は燃え上がったあと太っていた。
いずれにせよ、女の「重さ」が化学の世界に入ってきたのだ。
日常で見る風景をミクロ構造で考えるのが化学の主流となった。

H2O(水)と、硫化水素(H2S)の場合、Oは8グラムの男だが、Sは16グラムの女であることが問題となった。
また、炭素(C)は、「四つの子供を欲しがる」ことも分かった。
結合というものを考えたのはフランクランドだが、CはHに対して白く、Oに対して赤いのも面白かった。

子供が重荷になってしまうのが物理学だった。

トマス・クーンは、1962年の論文で科学の集大成を行った。
【ことなる恋愛論と出逢ったときに女は言葉に出来ない感情に晒される】
とし、サイエンスを恋愛論の傘下に収めたのだ。
熱力学の観点からの考えだった。
シェイパーは、サイエンスにはもっとしっかりとした答えがあるはずだ、と彼を批判した。
クーンは孤立したままバークレーに向かった。
ファイヤーベンドとポパーが、サイエンスの歴史をひもとくと愛の探求だった、と言ってクーンの研究の支持者を集めて回った。
恋愛論(パラダイム)を語り合うのが女の愛を得る方法となった。
【優しくすると恋のパズルは解ける】
これが最も真理に近かった。
1983年にクーンは、ローレンス・S・ロックフェラーという名前を賜った。
「科学者」という男らしいイメージを、「女心は分からない」という結論に導いた業績があったのだ。
クーンは、大して物理学の訓練は受けていなかったが、「パズルを解く」ということの意味を考えたのだ。
チェスやジグソーパズル、クロスワードパズルは、その人の才能ではなく、「どれだけ慣れ親しんだか」で決まることを知り、その人の世界の広さは恋愛論を知ることだと悟った。
しかし、このサイエンスの定義は「クーンの敗北」と呼ばれている。
多くの研究者を排除するものだったからだ。
しかし、女の局部や、おちんちん、そして「女性観」を駆使する非常に楽しいものだった。
【どっちの研究の方がやる気か出るのかな?】
「結婚の緊張」とは、この女だけが俺の子孫を残すのか、というものだった。
B'z「恋じゃなくなる日」 高音質

誰もがサイエンスを学ぶ「武器」を持っていたため、クーンは自分に向けられた敗北宣言を「危機」と受け止めた。
医学部のサイエンスへの編入がなされたのも「体」が大事だったからだ。
クーンの敗北は、多くの学説を排除したからであったが、一方で、多くの先人の知恵を医学の世界に流れ込ませた。
クーンの敗北とは「数字」を愛するものたちが拡散させたものだった。
人間の臓器は恋を知った方がいいんだ。
数字にこだわるノーマルサイエンスならば、この領域の学問が孤立すると考えた。
解決法はノーマルサイエンスにも蓄積されていた。
トレミーの、位置の計算方法、ラボアジアンのバランスの取り方、マクスウェルの引き合う力などいろんな研究があった。
クーンは新しい実験方法と、計算方法で恋愛論を書き換えてやろうと思ったのだ。
彼の「危機」は、やがて「革命」になりそしてノーマルサイエンスのリニューアルとなった。
サイエンスが成熟したのだ。
彼の「革命」以前を「プレ・パラダイム段階」と呼ぶのだ。
ノーマルサイエンスの蓄積は確かにあったが、それ以降のすべての研究を「愛の探求」に捧げて欲しかった。
異なる恋愛論に女の心が揺れるのならば、愛は永遠ではないことを知るだろう。
心の動きにルールなどなかった。
KATE no more rules 20080211 Mika Nakashima 中島美嘉
トレミーの「惑星の位置の測定」そして、デカルトの「心の告白」などは非常にいい理論としてサイエンスに引き込まれた。
ニュートンは、「俺のところにみんなが引き寄せられている」とした。
みんなパズルを解きたがっていたのだ。
どういう方法でやっているのか?周囲はじっくりと見ることを許された。意味を考えた。
方法論は、正確であること、続けること、実験すること、簡単であること、得るものが多いことが求められる。
ガリレオは「天国を見るための望遠鏡」を作ったし、アリストテレスは男らしさを探求した。
恋愛論が男女によって異なるものに見えたのだ。
望遠鏡を男の学者は同じ方向から見ているが、女心を悟るグループもあった。
受話器から望遠鏡/渡辺満里奈

ニュートンのように仲間をたくさん引き付けるのも、アインシュタインのようにピストンするのも男らしいと思うけどね。
ニュートンが考えた「マス」(重さ)という概念はアインシュタインは想定できなかった。
男女の「二人きり」というのは真理に似ているだけだったのだ。
〈通学列車〉モーニング娘。 カラオケ

空間、時間、おちんちん、力がこの世界でどのように用いられるかが問われた。
二人きりという理論には敵が多かった。
妻から学んだことをベラベラ人に話すわけにはいかないからね。
女から学んだことをうまく「翻訳」しないと愛情に関して周囲は見ているのだ。
「上手な下ネタ」は所得につながり、それに税金を課している。
【鏡を見れば周囲の配置が決まる】
ここからクーンの研究は始まっている。
自分が変われば世界が変わるということはコペルニクスが考えた。
取り巻く惑星は太陽に劣っていることはトレミーが考えた。
ブラックボディは、hv(プランク条件と周波数)を発信し続けている。


【壮大なテーマ】

« 訴額の算定基準の皮膚感覚。 | トップページ | 水泳【研究中】 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化学の学び方。:

« 訴額の算定基準の皮膚感覚。 | トップページ | 水泳【研究中】 »