最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 秋篠宮イデオロギー。 | トップページ | 前原誠司と保育無償化の研究。 »

2016年8月31日 (水)

消費税の便乗値上げ、そして国民的女。

汚い手を使う政治はマキャベリの頃から研究されていたが、「孤立してしまう」ことからこの手法は19世紀のアメリカで悲鳴をあげた。
「メンバーの記憶に残るんだよ?」
「強烈な支配権のために何を犠牲にした?」
「100人殺しても100万人を幸せにすることはあるね」
「100万人の笑顔が見れるのならば悪とは言わないわ」
しかし、このカルベリーの発想は悲劇的な結末を迎えている。

AKB48 3期生 オーディション映像 〔渡辺麻友, 柏木由紀, 片山陽加, 多田愛佳)

「今日は誰を殺すべきかをよく考えていたんだ」
マキャベリの発想をアメリカで理論化したのはマイケル・ウォルツァーだった。
第二次世界大戦の初期に「連合国軍によるドイツの都市へのテロ」が「最高の緊急性」のもとに認められていたのだ。
ナチスの勝利が絶対に容認できなかったからであり、広島、長崎への原子爆弾投下や日本への空襲までは認めないとしている。

「引き金をいつ引くのかが政治だ」といわれていたが1973年にこの考えはアメリカで完全に否定されてしまった。
死人が出ることがもはや容認できなかったのだ。
ダーティハンズはもはや孤立感を深め、「王子さまはより良いものを学習しなければならない」とされた。
山崎育三郎 - 「君は薔薇より美しい」

しかし、低いコストで物事をまとめてもらいたかったのだ。
「解釈するのが楽しい」「女性のオーガズムを満たす言葉の探求」が職業としての政治だった。

汚い手は一般人が「予測を楽しむ」ものだ。
後悔に満ちたものになることが多く、孤立する。
裏切りは、拷問や殺人ほど罪深いものではない。
密告は罪のないものを救うという点では悔いが残らない。
しかし、「汚い手」というものは「後悔の記録」に記されるだけだ。
「最高の緊急性」があったかどうかだね。

コンゴ難民キャンプに世界が同情して食料を援助しても「汚い手」はそれを自分のために使ってしまう。
これは死人も出るし、汚い手というよりは「錯乱した手」だと言ってよい。
世界的孤立だけが待っていたのだ。
人間は二つの悪の選択肢があるのならば軽い方の悪を選んでいるよ。
絶対に悪いことをしないと言う奴は挿入目当てなんだ。
善の同調行動も期待できないし、悪いことをしないと言う奴は口先だけに終わることが多い。
消費税の便乗値上げの防止にも「女の体」を使うんだ。
【仲間が多いというのは素晴らしいことよ?】
でも、孤独な「~すべし」はむなしいのよ。
国民的女でなければこの同調行動は起きない。
女の支配力が問われる。

1475312883903.jpg
ガッカリしながらこの女が空間を支配することを諦めることもある。
国の言うことを聞いても面白くねえもん。
【でも、国は中国、韓国、北朝鮮を相手にしているよ?】
モーゲンソーの考えにしたがって、ナチスは国家をこのように利用した。
北朝鮮が改良ミサイル発射
他人のために祈れるときというのは北朝鮮によってすべて台無しにされるときだけだよ。
日本国内の団結は外国国家を見るしかないことかあるんだ。
完全破壊の前には団結するしかない。
仲間といってもいつものメンバーだし、なにも高倉健を演じているわけではないからな。
国の指導者は俳優みたいかな?
【プロフェッショナルだから汚い手を使うんだろ?】
お前はマフィアか?もっと普通の仲間がいるんだろ?
【カッコばかりつけていたのでは深い仲間意識は生まれないよ?】
でも、高倉健はプロフェッショナルだったよ。リーダーだろ。
口先ばかりなのが嫌いなのであって、本物の高倉健は好きだよ。
俺のかっこいい人生を邪魔しないでくれ。
外国に占領されたらもうカッコつけられなくなるよ。
【歴史はずる賢い方に味方しただろうか?】
国に対して肯定的だと「正義の戦争」が行われたときに生き残りやすい。
しかし、政府が脅かすのは最後の手段だよ。
企業だって準国家だから大量虐殺には興味あるよ?どこまで緊急性が高いかだね。
企業はワルを演じているのではなく破滅を避けたいんだ。
この問題は、低学歴のナチスが、キャンパスライフを楽しんだユダヤ人を殺す理由にもなったことだ。
イスラエルは「アルナクバ」を組織してパレスチナ地方を締め上げただろ。
地域紛争が起きたら物価をつり上げるのは基本だよ。
パレスチナによるテロの理由だよ。
国が内向きになると罪のない人が痛め付けられる。
大きな空間を欲しがって争うんだ。
なぜ、「外国人は殺さなければならない」とみんな信じてるんだ?
ウォルツァーは、この問題は政治の議論にとどめたくない、君たちはプライベートも汚いのか?と言った。
日常的にやるものではないわな。
【荷物を積み替えるたびに敵がいるんだよ。野球チームが優勝でもしない限りね】
お金を流さなければ仲良くできないんだ。
我々の先人たちも間違った戦争をしてきたんだ。妥協する男になるしかないだろ?
あの戦争あたりに根っこがあるのかね。
【横暴で汚いリーダーがいるんだ。どうしょうもないよ】
きれいな手には報酬が必要なんじゃないか?
報酬は人々からもたらされなければならない。指導者の名を刻め。
【権威はどこからくるんだ?】
我々のためではなく、我々の同意のもとに、我々の名前ではなく社訓として残るように。
みんな人を虐げて社長になったわけではないんだ。
罪を分かち合うよりも苦痛を分かち合った方がいい。
漫画の主人公はそうだろ?
完璧な男っているだろ?女を傷つけないだけなんだ。



約束とは仲間を作ることであり、それを基盤に宗教を作り、コストのかからない契約を結べるようになるのが理想だ。
いい宗教を作れば雇用も簡単になる。
女の体をどう思うかは宗教の基盤である。
お互いに惹き付け合うことが重要だ。
裏切られた感をなくすことと、契約相手のためにファイナンスをする、これが基本となる。
何かが裏切られたときに法的措置をとるのであって、それは宗教が背景にある。
契約相手の価値を高める必要がある。
宗教インフラを使えば自ずからクライアントも決まってくる。
そして、それが親から子に伝えるものとなる。
弁護士は結局、宗教家となるだろう。
党大会もとどのつまり生活がかかったものとなり、強烈な利害関係が生じるだろう。
妹を愛するように、惨めな女性と接してお金を集めたのだ。
惨めな体をした女性たちが我々の契約と深く関わっているのだ。
「契約を破る自由はあるのか?」これは宗教上の問題であり、生活の問題なのだ。
教えのためにお金を集めたんだ。
あなたに豊かな個性を与えるための宗教だったのだ。
契約にはもちろん競争相手はいるが、おそらく二つのラインで切れるんじゃないかな?
女の本質(コモンロー)を知らないと契約できないのだろうね。
契約とは約束であり、彼女のふるまいに影響を与える。
ロスチャイルドかロックフェラーか。どちらに「いい男」がいるかでも変わってくる。両陣営が緊張したら、第三勢力が「リラックスしろ」と言ってくる。
所属する男の安定感も見ているし、クライアントにもカラーができる。
プライベートまで分かっちゃうけどね。
私の振る舞いを正当化してくれる会社なの。
彼女たちのイデオロギーのために社員は金集めの汗を流したよ。
docomoはフランスで、auはドイツで、SoftBankはイギリスか?
カトリックかプロテスタントかを問わず、約束を守らないのならば金を請求するよ?
そうやって、経営者は宗教感覚を磨くんだよ。
約束を守るものには救済があるだろうし、各人の美学の探求は楽しいんだ。
魅力的な方法で商品を売り出すためには宗教や美学が必要だろ。
俺の美学の研究が無に帰したら懲罰的損害賠償だな。
なぜなら、俺の会社が敵を作るんだよ。
「顧客の知的空間をわが社が作る」
経営者は教義の研究から始めよう。そして、その男と契約を結ぶのだ。
「男らしい!」それが顧客を作る。
わが社もそのように動いているんだ。
他者に寛大でありながら、クライアントはブランドの持つ教えにしたがっている。
クライアントが犯罪を犯せば、刑事訴訟になるが、民事においては契約コストを被害者に譲り渡すことで調整がなされる。
刑事訴訟になるならばなんら救済がなされないわけではない。
民事法とは結局「何が間違いなのか?」という法なのだ。
女性関係の間違いで契約コストの負担がのしかかることが多い。
女性の失恋と、お金、そして何が間違いなのかという問題となる。
「他者を傷つけるのはやめなさいよ!」
契約コストとは結局、他者の苦しみだったのだ。
テニス大会で勝って女性の心を射止めたのならば男の失恋は言い訳にならないし、契約コストの負担にはならない。
フェアなゲームで人を傷つけることをフルストップと呼ぶ。
犯罪行為なのか、フルストップなのか、むやみに他者を傷つけたのかを理解する必要がある。
我々は引きこもりとして生きていくわけにはいかないのだ。
女に満足しているかが問われるね。
約束して?もっとしっかりとした仕事をするって。
裏表がひどく解離している人も光熱費が高いね。
男女のルールをよく理解しないとね。
あなたは奥さんをいくらで買う気?安くしてあげようか。
約束さえ守っていれば安くなるのよ。
奥さんが太っていて、それでも満足しているのならばもっと安くしてあげる。
「俺の女を寝取ったのか?では、そのコストはお前のものだ」
【あなたが教団の教えを守るかどうかオッズを出してあげようか?】
教団と紛争を抱えるかどうかを見ているんだ。
ロジスティックの特待生の方がいい体をした女が寄ってきやすい。
女の分配をやっているんだ。
経済分析はこれでいいけど、法律はどうなるのだろうか?と言われた。
しっかりとした消費データが存在するからだ。
でも、これが人間のコストベネフィットなんだよ。
私が自分を大事にする気持ちは、私があなたを大事にする気持ちとは違う。
そこに「女のいい体」があるとね。
法律と経済は違う。
我々に何が求められているか?
彼らは何を守るべきか?
誰のために彼らは我々のために守るのか?
パルスグラフ対ロングアイランド鉄道において、カードーゾは、法律を越えた経済の論理を、私は私だからという論理で認めてしまったのだ。
クライアントも、己の振る舞いを顧みなければならなくなった。
なぜ検針員は俺を痛め付けるのだろうか?
【隣人の奥さんを犯したら全財産失う】
教えとは人間らしいものだ。
集合的挿入とはただ、男が有名になり、女性の自慰の対象になることだ。
これは悪だとされる。
ライセンス料は同じでも税金は人それぞれだ。
しかし、集合的挿入には税金は何も出来ない。
【目に見える形で罰を与えたいの】
でも、叩いたわけではないよ?
有名人に懲罰的損害賠償が存在するのは分かるけど、犯罪を犯したわけではないよ?
ビジネスの起源はハムラビ法典にあるが、モーゼ五書で明確になった。
しかし、実際に理論化されたのは1960年代のアメリカだった。
1987年のインサイダー取引の横行を受けて、本当にハーバードが真剣になり、3000万ドルを投じてビジネスの楽しさの研究を始めた。
CSRが出来たし、仕事は漫画になるのだろうか?という問いかけがなされた。
しかし、企業は法律にしたがうべきか仲間にしたがうべきかの判断をアメリカは避けたのだ。
それは漫画に委ねようと考えたのだ。
社会人が漫画を読んでいたからだ。
1983年にマヌエル・ベラスケスが「社会人とはなにか?」を漫画で明確にしていた。
ビジネスはステークホルダー(利害関係者)全員の利益のためのものという発想をフリーマンが強烈に推進した。
しかし、「株主の利益のため」に仕事をした方がいろんな意味で仕事が楽しかった。
雇用も、仲間意識、宗教意識でクライアントを痛い目に会わせることができたからだ。
【契約って何?】
強烈な罵声を株主利益の原則は浴びたのだ。
【笑いながら仕事をした方が会社がデカくなるんだよ】
人々の声が聞きたくないのか?政治的感覚を身に付けたくないのか?
強烈な争いが起きた。
マーケットはもっとダイナミックだよ。世論に見捨てられんぞ?
転職できなくなるぞ?
【法律を作るしかないな】
女ともいくらでも会えるし、外に仲間を作った方がいいよ。
スポンサーである婆さんもその辺は厳しく見ているよ?
【記録が膨大なものになっちゃうからね】
【苦労して入社したんだからクビにはならないよ】
それは1990年代以降なんだよね。
でも、倒産も増えただろ。
【従業員としては今ある資産を使いたいのであって、宗教まで勉強したくないよ】
宗教は効率的に持ち運び可能なんだけどね。
最低賃金からやり直したいのか?
国境まで越える宗教を知ってるか?
ローマで仕事をするのならばお洒落と詩だろ。
国連グローバルコンパクトに守られた知識を学べよ。
【発展途上国では賄賂も必要だろ?】
なぜ「税制がなってねえな」と言ってやらないんだ?
ナイキの海外工場が国連グローバルコンパクトを知っていると思うか?
貯蓄と男らしさに関する理論に経済成長は依存している。
男らしさってそのまま所得になるんだよね。
男らしいやつは解雇できないんだ。
従業員を政治家として扱いすぎる嫌いはあるけどね。
マクロでは市場の失敗とは女を知らないことにあるんだろうね。
ミクロでは精神医学に近いね。
悲観的な人こそが人を信頼するということは指摘していい。
確かな方法で確かな女性の体に向かうことをモチベーションにしている人は信頼される。
依存というのはガッカリ感と裏切りがあるものだ。
振り向けばいつもあなたがいるというのでは依存だ。私の知らない知識を見ているのだ。
【たまにはまともなことを言うな、あたりがいい】
人々の競争を楽観視するだけでは信頼は得られない。
指導者は、自分にしたがうものを信頼するであろうし、社会契約の観点からは「約束を守る」ことから信頼が生まれる。
性差別をする指導者は簡単に人の期待を裏切ることができる。
【何か知りたいことがあるから信頼されたいんだろうね】
女を侍らせてセックスを想像している男が信頼できるか?答えはノーだよ。
アネット・バイアーは「強い意思」に信頼を見いだした。
【誰の話も聞かないけど信頼されているんだよ】
強い意思は簡単には人を裏切らなかったのだ。
自分にしか興味がないわがまま男でも「仕事が終わった終わった!」というだけで信頼されている。
【仲間のためにやっているのはわかるからね】
自信がなくても一生懸命やれ、自惚れよりよっぽどいい。
むやみやたらと人の心をつかもうとするなよ?意思の理論は強いんだ。
リチャード・ホールトンは「裏切り者が出てもずっとそこにいてくれた」ことに信頼を見いだした。
しかし、それは何かと戦っているときであり、負けたらどのみち裏切りだろうとされた。
【あのときだけは物事を沈静化してくれた】
私にもこんなことができたのかな?そうやって女は男を信頼する。
カレン・ジョーンズは、女性の立場から「騙すよりは騙されたい」と主張した。
男は痩せてさえいればよかったのだ。
仲間とつるんで飲み歩いている男の方が信頼できた。
【なんで信頼できる人ってこんなに多様なんだろうね?】
だって「似たような人」がたくさんいる人の方が信頼できるもの。
裏切られることが少ないのが分からないかな?
信頼ってものは案外危険なものよ?
他人を信頼するっていいことなのかしら?
自分のことを隅から隅まで分かる人がいるならばアフガニスタンで戦争は起きないでしょう?
医者と看護師だけがいる部屋でこの人たちを信頼していいの?答えはノー。
でも、真実を探求する瞬間、そして深刻な瞬間があるんだよ。
リラックスしているときは疑いたければ疑え。
パメラ・ヒエロニミは、その人が信じているものを信用しているだけだとした。
純粋な信頼ではないよ。あとで文句が言いたいだけ。
ビクトリア・マクギアは、女は自分の体とパートナーのおちんちんの関係にしか信頼はないとした。
そうでなければ女は自分の可能性を生かせないのだ。
パートナーがそれに応えてくれるかどうかだわ。
真剣な話ができる関係ではなくなってしまうから。
女はそうやって自分をアップデートしているのだ。
他の人はそういう開放感を私にもたらさないのよね。
フィリップ・ペティットも、男女はそうやってお互いの力量を測定しあっているとした。
バイアーは、男の強い意思は雑談で分かるとした。
社会での役割がどのように漫画になっているかで判断する人もいる。
民主主義は信頼からなりたっている。独裁国家ではないのだ。何度も「信頼してよかったのかな?」と振り返っているよ。
私たちは男を疑い、そうやって抱かれている。告白があるからだ。
言っていることが分かる男ならば真剣な「本気モード」に簡単に入れる。
信頼って不思議なものね。セックスする人を信頼しているだけだから。



モーゼ五書~ユダヤ教とセックスの快楽。

近代家族。

女はセックスの時に少女漫画をコマ送りにしている。

女の戦争。

フロイト~女心。

17人の男を知ると歴史が語れる。

女の山歩きと性について。

フリーセックスのアイデンティティー。

サークルを抜け出した二人。

四文字の意味。

美少女日記。

女の本音~夜の作法。

カトリックの論理。

男は女を8人知らないと財産を散逸させる。

聖書が読めない口説かれ上手女。

« 秋篠宮イデオロギー。 | トップページ | 前原誠司と保育無償化の研究。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税の便乗値上げ、そして国民的女。:

« 秋篠宮イデオロギー。 | トップページ | 前原誠司と保育無償化の研究。 »