最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

消費税の便乗値上げ、そして国民的女。

汚い手を使う政治はマキャベリの頃から研究されていたが、「孤立してしまう」ことからこの手法は19世紀のアメリカで悲鳴をあげた。
「メンバーの記憶に残るんだよ?」
「強烈な支配権のために何を犠牲にした?」
「100人殺しても100万人を幸せにすることはあるね」
「100万人の笑顔が見れるのならば悪とは言わないわ」
しかし、このカルベリーの発想は悲劇的な結末を迎えている。

AKB48 3期生 オーディション映像 〔渡辺麻友, 柏木由紀, 片山陽加, 多田愛佳)

「今日は誰を殺すべきかをよく考えていたんだ」
マキャベリの発想をアメリカで理論化したのはマイケル・ウォルツァーだった。
第二次世界大戦の初期に「連合国軍によるドイツの都市へのテロ」が「最高の緊急性」のもとに認められていたのだ。
ナチスの勝利が絶対に容認できなかったからであり、広島、長崎への原子爆弾投下や日本への空襲までは認めないとしている。

「引き金をいつ引くのかが政治だ」といわれていたが1973年にこの考えはアメリカで完全に否定されてしまった。
死人が出ることがもはや容認できなかったのだ。
ダーティハンズはもはや孤立感を深め、「王子さまはより良いものを学習しなければならない」とされた。
山崎育三郎 - 「君は薔薇より美しい」

しかし、低いコストで物事をまとめてもらいたかったのだ。
「解釈するのが楽しい」「女性のオーガズムを満たす言葉の探求」が職業としての政治だった。

汚い手は一般人が「予測を楽しむ」ものだ。
後悔に満ちたものになることが多く、孤立する。
裏切りは、拷問や殺人ほど罪深いものではない。
密告は罪のないものを救うという点では悔いが残らない。
しかし、「汚い手」というものは「後悔の記録」に記されるだけだ。
「最高の緊急性」があったかどうかだね。

コンゴ難民キャンプに世界が同情して食料を援助しても「汚い手」はそれを自分のために使ってしまう。
これは死人も出るし、汚い手というよりは「錯乱した手」だと言ってよい。
世界的孤立だけが待っていたのだ。
人間は二つの悪の選択肢があるのならば軽い方の悪を選んでいるよ。
絶対に悪いことをしないと言う奴は挿入目当てなんだ。
善の同調行動も期待できないし、悪いことをしないと言う奴は口先だけに終わることが多い。
消費税の便乗値上げの防止にも「女の体」を使うんだ。
【仲間が多いというのは素晴らしいことよ?】
でも、孤独な「~すべし」はむなしいのよ。
国民的女でなければこの同調行動は起きない。
女の支配力が問われる。

1475312883903.jpg
ガッカリしながらこの女が空間を支配することを諦めることもある。
国の言うことを聞いても面白くねえもん。
【でも、国は中国、韓国、北朝鮮を相手にしているよ?】
モーゲンソーの考えにしたがって、ナチスは国家をこのように利用した。
北朝鮮が改良ミサイル発射
他人のために祈れるときというのは北朝鮮によってすべて台無しにされるときだけだよ。
日本国内の団結は外国国家を見るしかないことかあるんだ。
完全破壊の前には団結するしかない。
仲間といってもいつものメンバーだし、なにも高倉健を演じているわけではないからな。
国の指導者は俳優みたいかな?
【プロフェッショナルだから汚い手を使うんだろ?】
お前はマフィアか?もっと普通の仲間がいるんだろ?
【カッコばかりつけていたのでは深い仲間意識は生まれないよ?】
でも、高倉健はプロフェッショナルだったよ。リーダーだろ。
口先ばかりなのが嫌いなのであって、本物の高倉健は好きだよ。
俺のかっこいい人生を邪魔しないでくれ。
外国に占領されたらもうカッコつけられなくなるよ。
【歴史はずる賢い方に味方しただろうか?】
国に対して肯定的だと「正義の戦争」が行われたときに生き残りやすい。
しかし、政府が脅かすのは最後の手段だよ。
企業だって準国家だから大量虐殺には興味あるよ?どこまで緊急性が高いかだね。
企業はワルを演じているのではなく破滅を避けたいんだ。
この問題は、低学歴のナチスが、キャンパスライフを楽しんだユダヤ人を殺す理由にもなったことだ。
イスラエルは「アルナクバ」を組織してパレスチナ地方を締め上げただろ。
地域紛争が起きたら物価をつり上げるのは基本だよ。
パレスチナによるテロの理由だよ。
国が内向きになると罪のない人が痛め付けられる。
大きな空間を欲しがって争うんだ。
なぜ、「外国人は殺さなければならない」とみんな信じてるんだ?
ウォルツァーは、この問題は政治の議論にとどめたくない、君たちはプライベートも汚いのか?と言った。
日常的にやるものではないわな。
【荷物を積み替えるたびに敵がいるんだよ。野球チームが優勝でもしない限りね】
お金を流さなければ仲良くできないんだ。
我々の先人たちも間違った戦争をしてきたんだ。妥協する男になるしかないだろ?
あの戦争あたりに根っこがあるのかね。
【横暴で汚いリーダーがいるんだ。どうしょうもないよ】
きれいな手には報酬が必要なんじゃないか?
報酬は人々からもたらされなければならない。指導者の名を刻め。
【権威はどこからくるんだ?】
我々のためではなく、我々の同意のもとに、我々の名前ではなく社訓として残るように。
みんな人を虐げて社長になったわけではないんだ。
罪を分かち合うよりも苦痛を分かち合った方がいい。
漫画の主人公はそうだろ?
完璧な男っているだろ?女を傷つけないだけなんだ。



約束とは仲間を作ることであり、それを基盤に宗教を作り、コストのかからない契約を結べるようになるのが理想だ。
いい宗教を作れば雇用も簡単になる。
女の体をどう思うかは宗教の基盤である。
お互いに惹き付け合うことが重要だ。
裏切られた感をなくすことと、契約相手のためにファイナンスをする、これが基本となる。
何かが裏切られたときに法的措置をとるのであって、それは宗教が背景にある。
契約相手の価値を高める必要がある。
宗教インフラを使えば自ずからクライアントも決まってくる。
そして、それが親から子に伝えるものとなる。
弁護士は結局、宗教家となるだろう。
党大会もとどのつまり生活がかかったものとなり、強烈な利害関係が生じるだろう。
妹を愛するように、惨めな女性と接してお金を集めたのだ。
惨めな体をした女性たちが我々の契約と深く関わっているのだ。
「契約を破る自由はあるのか?」これは宗教上の問題であり、生活の問題なのだ。
教えのためにお金を集めたんだ。
あなたに豊かな個性を与えるための宗教だったのだ。
契約にはもちろん競争相手はいるが、おそらく二つのラインで切れるんじゃないかな?
女の本質(コモンロー)を知らないと契約できないのだろうね。
契約とは約束であり、彼女のふるまいに影響を与える。
ロスチャイルドかロックフェラーか。どちらに「いい男」がいるかでも変わってくる。両陣営が緊張したら、第三勢力が「リラックスしろ」と言ってくる。
所属する男の安定感も見ているし、クライアントにもカラーができる。
プライベートまで分かっちゃうけどね。
私の振る舞いを正当化してくれる会社なの。
彼女たちのイデオロギーのために社員は金集めの汗を流したよ。
docomoはフランスで、auはドイツで、SoftBankはイギリスか?
カトリックかプロテスタントかを問わず、約束を守らないのならば金を請求するよ?
そうやって、経営者は宗教感覚を磨くんだよ。
約束を守るものには救済があるだろうし、各人の美学の探求は楽しいんだ。
魅力的な方法で商品を売り出すためには宗教や美学が必要だろ。
俺の美学の研究が無に帰したら懲罰的損害賠償だな。
なぜなら、俺の会社が敵を作るんだよ。
「顧客の知的空間をわが社が作る」
経営者は教義の研究から始めよう。そして、その男と契約を結ぶのだ。
「男らしい!」それが顧客を作る。
わが社もそのように動いているんだ。
他者に寛大でありながら、クライアントはブランドの持つ教えにしたがっている。
クライアントが犯罪を犯せば、刑事訴訟になるが、民事においては契約コストを被害者に譲り渡すことで調整がなされる。
刑事訴訟になるならばなんら救済がなされないわけではない。
民事法とは結局「何が間違いなのか?」という法なのだ。
女性関係の間違いで契約コストの負担がのしかかることが多い。
女性の失恋と、お金、そして何が間違いなのかという問題となる。
「他者を傷つけるのはやめなさいよ!」
契約コストとは結局、他者の苦しみだったのだ。
テニス大会で勝って女性の心を射止めたのならば男の失恋は言い訳にならないし、契約コストの負担にはならない。
フェアなゲームで人を傷つけることをフルストップと呼ぶ。
犯罪行為なのか、フルストップなのか、むやみに他者を傷つけたのかを理解する必要がある。
我々は引きこもりとして生きていくわけにはいかないのだ。
女に満足しているかが問われるね。
約束して?もっとしっかりとした仕事をするって。
裏表がひどく解離している人も光熱費が高いね。
男女のルールをよく理解しないとね。
あなたは奥さんをいくらで買う気?安くしてあげようか。
約束さえ守っていれば安くなるのよ。
奥さんが太っていて、それでも満足しているのならばもっと安くしてあげる。
「俺の女を寝取ったのか?では、そのコストはお前のものだ」
【あなたが教団の教えを守るかどうかオッズを出してあげようか?】
教団と紛争を抱えるかどうかを見ているんだ。
ロジスティックの特待生の方がいい体をした女が寄ってきやすい。
女の分配をやっているんだ。
経済分析はこれでいいけど、法律はどうなるのだろうか?と言われた。
しっかりとした消費データが存在するからだ。
でも、これが人間のコストベネフィットなんだよ。
私が自分を大事にする気持ちは、私があなたを大事にする気持ちとは違う。
そこに「女のいい体」があるとね。
法律と経済は違う。
我々に何が求められているか?
彼らは何を守るべきか?
誰のために彼らは我々のために守るのか?
パルスグラフ対ロングアイランド鉄道において、カードーゾは、法律を越えた経済の論理を、私は私だからという論理で認めてしまったのだ。
クライアントも、己の振る舞いを顧みなければならなくなった。
なぜ検針員は俺を痛め付けるのだろうか?
【隣人の奥さんを犯したら全財産失う】
教えとは人間らしいものだ。
集合的挿入とはただ、男が有名になり、女性の自慰の対象になることだ。
これは悪だとされる。
ライセンス料は同じでも税金は人それぞれだ。
しかし、集合的挿入には税金は何も出来ない。
【目に見える形で罰を与えたいの】
でも、叩いたわけではないよ?
有名人に懲罰的損害賠償が存在するのは分かるけど、犯罪を犯したわけではないよ?
ビジネスの起源はハムラビ法典にあるが、モーゼ五書で明確になった。
しかし、実際に理論化されたのは1960年代のアメリカだった。
1987年のインサイダー取引の横行を受けて、本当にハーバードが真剣になり、3000万ドルを投じてビジネスの楽しさの研究を始めた。
CSRが出来たし、仕事は漫画になるのだろうか?という問いかけがなされた。
しかし、企業は法律にしたがうべきか仲間にしたがうべきかの判断をアメリカは避けたのだ。
それは漫画に委ねようと考えたのだ。
社会人が漫画を読んでいたからだ。
1983年にマヌエル・ベラスケスが「社会人とはなにか?」を漫画で明確にしていた。
ビジネスはステークホルダー(利害関係者)全員の利益のためのものという発想をフリーマンが強烈に推進した。
しかし、「株主の利益のため」に仕事をした方がいろんな意味で仕事が楽しかった。
雇用も、仲間意識、宗教意識でクライアントを痛い目に会わせることができたからだ。
【契約って何?】
強烈な罵声を株主利益の原則は浴びたのだ。
【笑いながら仕事をした方が会社がデカくなるんだよ】
人々の声が聞きたくないのか?政治的感覚を身に付けたくないのか?
強烈な争いが起きた。
マーケットはもっとダイナミックだよ。世論に見捨てられんぞ?
転職できなくなるぞ?
【法律を作るしかないな】
女ともいくらでも会えるし、外に仲間を作った方がいいよ。
スポンサーである婆さんもその辺は厳しく見ているよ?
【記録が膨大なものになっちゃうからね】
【苦労して入社したんだからクビにはならないよ】
それは1990年代以降なんだよね。
でも、倒産も増えただろ。
【従業員としては今ある資産を使いたいのであって、宗教まで勉強したくないよ】
宗教は効率的に持ち運び可能なんだけどね。
最低賃金からやり直したいのか?
国境まで越える宗教を知ってるか?
ローマで仕事をするのならばお洒落と詩だろ。
国連グローバルコンパクトに守られた知識を学べよ。
【発展途上国では賄賂も必要だろ?】
なぜ「税制がなってねえな」と言ってやらないんだ?
ナイキの海外工場が国連グローバルコンパクトを知っていると思うか?
貯蓄と男らしさに関する理論に経済成長は依存している。
男らしさってそのまま所得になるんだよね。
男らしいやつは解雇できないんだ。
従業員を政治家として扱いすぎる嫌いはあるけどね。
マクロでは市場の失敗とは女を知らないことにあるんだろうね。
ミクロでは精神医学に近いね。
悲観的な人こそが人を信頼するということは指摘していい。
確かな方法で確かな女性の体に向かうことをモチベーションにしている人は信頼される。
依存というのはガッカリ感と裏切りがあるものだ。
振り向けばいつもあなたがいるというのでは依存だ。私の知らない知識を見ているのだ。
【たまにはまともなことを言うな、あたりがいい】
人々の競争を楽観視するだけでは信頼は得られない。
指導者は、自分にしたがうものを信頼するであろうし、社会契約の観点からは「約束を守る」ことから信頼が生まれる。
性差別をする指導者は簡単に人の期待を裏切ることができる。
【何か知りたいことがあるから信頼されたいんだろうね】
女を侍らせてセックスを想像している男が信頼できるか?答えはノーだよ。
アネット・バイアーは「強い意思」に信頼を見いだした。
【誰の話も聞かないけど信頼されているんだよ】
強い意思は簡単には人を裏切らなかったのだ。
自分にしか興味がないわがまま男でも「仕事が終わった終わった!」というだけで信頼されている。
【仲間のためにやっているのはわかるからね】
自信がなくても一生懸命やれ、自惚れよりよっぽどいい。
むやみやたらと人の心をつかもうとするなよ?意思の理論は強いんだ。
リチャード・ホールトンは「裏切り者が出てもずっとそこにいてくれた」ことに信頼を見いだした。
しかし、それは何かと戦っているときであり、負けたらどのみち裏切りだろうとされた。
【あのときだけは物事を沈静化してくれた】
私にもこんなことができたのかな?そうやって女は男を信頼する。
カレン・ジョーンズは、女性の立場から「騙すよりは騙されたい」と主張した。
男は痩せてさえいればよかったのだ。
仲間とつるんで飲み歩いている男の方が信頼できた。
【なんで信頼できる人ってこんなに多様なんだろうね?】
だって「似たような人」がたくさんいる人の方が信頼できるもの。
裏切られることが少ないのが分からないかな?
信頼ってものは案外危険なものよ?
他人を信頼するっていいことなのかしら?
自分のことを隅から隅まで分かる人がいるならばアフガニスタンで戦争は起きないでしょう?
医者と看護師だけがいる部屋でこの人たちを信頼していいの?答えはノー。
でも、真実を探求する瞬間、そして深刻な瞬間があるんだよ。
リラックスしているときは疑いたければ疑え。
パメラ・ヒエロニミは、その人が信じているものを信用しているだけだとした。
純粋な信頼ではないよ。あとで文句が言いたいだけ。
ビクトリア・マクギアは、女は自分の体とパートナーのおちんちんの関係にしか信頼はないとした。
そうでなければ女は自分の可能性を生かせないのだ。
パートナーがそれに応えてくれるかどうかだわ。
真剣な話ができる関係ではなくなってしまうから。
女はそうやって自分をアップデートしているのだ。
他の人はそういう開放感を私にもたらさないのよね。
フィリップ・ペティットも、男女はそうやってお互いの力量を測定しあっているとした。
バイアーは、男の強い意思は雑談で分かるとした。
社会での役割がどのように漫画になっているかで判断する人もいる。
民主主義は信頼からなりたっている。独裁国家ではないのだ。何度も「信頼してよかったのかな?」と振り返っているよ。
私たちは男を疑い、そうやって抱かれている。告白があるからだ。
言っていることが分かる男ならば真剣な「本気モード」に簡単に入れる。
信頼って不思議なものね。セックスする人を信頼しているだけだから。



モーゼ五書~ユダヤ教とセックスの快楽。

近代家族。

女はセックスの時に少女漫画をコマ送りにしている。

女の戦争。

フロイト~女心。

17人の男を知ると歴史が語れる。

女の山歩きと性について。

フリーセックスのアイデンティティー。

サークルを抜け出した二人。

四文字の意味。

美少女日記。

女の本音~夜の作法。

カトリックの論理。

男は女を8人知らないと財産を散逸させる。

聖書が読めない口説かれ上手女。

2016年8月30日 (火)

秋篠宮イデオロギー。

ニーチェは、「より高いところにいる男」を探求したが、彼自身はプロレスが好きで、
密教世界を学習することを選択している。
仲間作りといっても、より高いソサエティを志向したのであり、孤独の中から噂になって人が集まってくる(MPS)という手法をとり、
カントを批判した。
プロレスと音楽が好きだったのであり、女たちは「スーパーマンがいるって本当ね」と噂しあった。
意思の自由があったこと、何を考えているのかが分かること、そしてその考えがみんなと似ていたこと、これが武器になった。
そして、より高いソサエティから、低いソサエティへといろんなものを与え続けた。
高いところを目指して孤立したのは間違いだったのか?と何度も思った。
孤立しないとハートが強くならないではないか?と思い続けた。
奥田民生 花になる

キリスト教サークルでみんなと同じことをする連中を憎んだ。
漫画の主人公は自分の足で立とうと思うのは当然だったし、何を考えているのかも語ったし、読者は影響された。
漫画の世界では、男たちは孤独ではなかったし、一番強烈な決意を持った男にも仲間がいた。
女たちはキャラクターに順位をつけていた。
漫画を読んだ女がキリスト教社会の馴れ合いに対して全く異なる見方をしていたことをニーチェは見抜いていた。
「人生の大胆な可能性」が好きだったのだ。
神や世界やチャンス、子孫などが女の局部に吸収されるように思えた。
女たちは「彼はタイプじゃないから」と言った。
タイプという言葉も漫画から生まれたものだった。
どうやったら漫画のように強くなれるのか?異なる現象が起きたら俺は偏見の目で見られる。
漫画のように生きられないことをルサンチマンと呼ぶ。

1472522953632.jpg
鷲宮神社。

ひとつの意思、ひとつの健康、ひとつの地球、ひとつの太陽のもとで、なぜイエス、ノー、もし、でも、が生じるのかは漫画にあった。
それぞれのキャラクターが異なる果実を実らせるのだ。
孤独な世界でのマスターベーションだった。
どのような枝がどのような果実を実らせるかの説明がなされていた。
【意思の強さが人それぞれだったんだよ】
さっしー&まゆゆ『アボガドじゃねーし』

自分を投影できるキャラクターと譲れないもの、それがモチベーションになった。
自分の無意識がキャラクターとして表に出てきた。それが漫画だった。
キャラクターが願ったことであり、私が願ったことではなかった。
自分が本当に大事にできるキャラクターを見つけるまで漫画を読み続けた。
まわりが自分をどう思っているかはキャラクターになりきるという衝動になった。
乙女心の自由型/おニャン子クラブ

メタボのゆっくりさが嫌いな人は漫画を読んでいるね。
痩せることにこだわりがあるんだろう。
痩せていると肉体が最高の動きをするんだ。
サイエンスに反することに最高の男を見いだした。
女の相手をしないやつは最高ではないよ。人生の中に最高の男はいるんだ。
人生には裏切りやわがままさ、そして肉体が衰えることにある。
性の問題、何か汚ならしいもの、そして自己愛が成長のために必要だった。
【私のタイプもこの中にいるでしょう?】
【LIVE】RADIOFISH 「PERFECT HUMAN」@渋谷 CLUB QUATTLO

幸福であるか、不幸であるか、妹を愛するような無償の愛を与えられる人か、自分勝手か、惨めであるか、人の痛みのわからない人かなどが問われるのがサイエンスに反する最高の男の議論だ。
肯定的な男には肯定的態度を、否定的な男には否定的態度を。
【漫画は人の孤独を癒すんだよ】
仲間といっても猿の群れではなく、傑出した人間であることが大事なんだ。
殺伐とした人生を砂にしてみないか?
砂は丸く軟らかく、終わりがない。
幸福を生み出すのは最高の男だ。ファッションまで影響を受けたよ。
ツァラツストラはこう言った。
ゲイのサイエンスであることは認めるよ?
苦しみが人生を耕すことを知らないのか?
苦しみやずる賢さ、紳士であること、秘密であること、などは本物の苦しみの陰に隠されているんだ。
'Prince' Naseem Hamed Highlights HD

日常が苦しみであることこそが人間に偉大な賜物を残すんだ。
三日間徹夜して悪魔と戦ったし、吐いてもみた、しかし、俺は登山家ではなかったので寒さが足りないに決まっていた。
【苦しみたい割には世界を敵にするのは怖いのか?】
幸せが目的であるはずなのに、嘆きながら生きているんだ。
それはアーティストの生き方だよ。
人間は素晴らしいものだよ。

パーフェクトな男を見るのは楽しかったね。
でも、いろんなタイプがいろんな方法でパーフェクトになっているからね。

我々はコンクリートの壁に囲まれて生きているんだ。教育やチャンスさえあれば抜け出せると思っている。
どんな女と付き合い、どのような尺度を持ち、何を積み上げるか?
空手のように「型」から入るのが一番いい。
憧れの人は願いを叶えるからね。

1473053052198.jpg

空手とはなんという知的な発明だったのだろうか?

詩人ゲーテと作曲家ベートーベン、そして哲学者であるニーチェがいれば何でもできた。
垂加神道~スタンフォードとJPOPの出会い。

男が孤独であることだけは分かった。
群衆の中から生き残るんだぜ?違いがなければね。
それはつまりポップカルチャーへの詳しさなんだ。
主人公には連れがいて武器がある。そして、言葉を発する。
彼の言葉の豊富さは、彼の中に、彼の上に、彼を覆うように文化があるから生まれるのだ。
スタイルとキャラクターは独特だけどね。

あるとき人生が「跳躍」するものなんだ。

2016年8月24日 (水)

違法性とは何か?

法にしたがわないことは様々な混乱を引き起こす。
これを「違法性」と呼ぶ。
違法なことをする人にはしたがいたくない(抵抗権)し、権威が違法ならば、抵抗してまで人間の法則を知りたがるのだ。
凡庸であること、セックスしないこと、どの程度暴力を使うかという問題がある。
1848年のアメリカ・メキシコ戦争においては、もはや有名な牧師さんもいなければ、英雄もいなかったし、愛国主義者もいなかった。
デビッド・ソロウは、長い年月を刑務所で過ごした。
戦争を支持しないものは敵に見えたのだろう。
南米のアパルトヘイトや、ベトナム戦争、ミャンマーのアウンサンスーキーなどの問題があるたびにマーティン・ルーサー・キングや、ローザ・パークなどの英雄が出た。
中絶禁止(どんな男でも私の体をさわれる)の問題や、環境(女性の体を取り巻くもの)、そして、女性の考えは正しいと教えてくれる動物たちへの暴力の問題などが現在残されている。
こんな人とセックスしてました、というのもしたがいたくない理由となる。
【セックスはダメだね。社会に興味があるんだ】
透明性、安定性、情報のコントロール、安全性、統一性、私の考えが必要になるのがセックスだ。
キングはセックスしなかったので抵抗権だろうとロールズは考えている。
その人の過去を振り返る者もいれば将来を見通す者もいる。
ミサイル基地への抵抗権は間接的なものだね。
ヒューゴー・べダウは「彼にしたがうな」と言ってまわった。
女性にとってメディアを使うのはリベラルでフェアだったのだ。
他人のフリーセックスを邪魔しないのは非暴力と呼ばれた。
ピーター・シンガーは、キングに「もっと女遊びをしろ」と言ったし、他者のフリーセックスに寛大でないのが暴力だった。
【ムショに行って女を奪い合うことの意味を学んでこないか?】
アパルトヘイトがなんで指導者のセックスの問題になってしまうのかは実は明確ではないのだ。
ムーヴメントの光とセックスがごちゃまぜになってしまうんだろうね。
男が壁をぶち破るかどうかは女のリアクション次第だよ。
女たちがけしかけてるんだ。
中嶋美智代『思い出にもなれない』

フリーセックスの理論がどうしても必要だった。
ベトナム戦争のこのシーンが私をフリーセックスに導いた。
キングは公然と「俺は女を知りたくない。それに値しない。俺がどれだけ強いかを悟るだろう」と言い放ったのでロールズが動いたのだ。
ガンディーがすでに刑務所で悟っていたことをキングは知らなかった。
デビッド・ライオンが「ジムクロウ法」を作るまでみんなが性の経験に沈黙していたのだ。
【セックス裁判じゃなければ女は権威から離れていくよ】
globe / 「DEPARTURES(from LIVE DVD globe the best
1987年にはフリーセックスを理解しなければオフィスにいられなくなっていた。
【教科書がなければ敵だらけ】
これが違法性だった。
キリスト教社会が喜んで殺した連中を認めたんだよ。
エホバの証人は、実際にフリーセックス法に反対する旗を掲げている。
税金を払っているんだ。有効な法律を作れ。
フリーセックスが合法なのか、エホバの証人が合法なのかがテロリズムの温床になった。
女はエホバの証人に対して最も急進的な態度をとった。
行動主義はテロリズムと結び付いた。
マンデラはむしろフリーセックスを求めてサボタージュをした。
南アフリカはとにかく政府の言葉が追いつかなかった。
人々は最後に使うべきものを最初に使った。
渡岡哲郎~行動主義。

ソクラテスは「殴り返すなよ。アテネの法があるんだから」と言った。
同意や約束、そして喜びにしたがってるのか?
リベラルなんてギリシャの時代は空虚な道(ジェイウォーキング)だったんだ。
法律で禁止したぐらいだ。多数派工作に失敗したら違法なんだよ。
ギリシャでは時間が足りなかったことをアメリカはやってのけた。
J-WALK 何も言えなくて・・・夏

恋人たちは秘密を抱えすぎていた。
政府は彼らとコミュニケーションを取らないつもりなのか?
【統治者は自分の成功体験を聞いてもらいたかった】
しかし、統治者の体験ほど難しいものはなかったのだ。
破戒につぐ破戒がなされるだけだろう。

よく投資された暴力的な「いい体」を女が用いようとするのだ。

アメリカの黒人女が「白人女に生まれ変わりたい」と言っただけで、政府は彼女と対話しなければならない。
「生まれ変わりたい」という立場もリベラルなのだ。
統治者は常に「抵抗権」を見ている。
そういう女の話を聞いたら感謝すべきだね。どのみちフリーセックスだよ。

女が性的に暴走したあとに政治参加し始めるんだ。
真面目一筋の統治者にしたがえるわけがないではないか?
政府が褒めてくれないからドラマを見ていた。
リベラル体制には抵抗権はないけど、真面目な統治者もドラマを見て私を尊敬しなさいよ。
刑務所ではトイレでセックスしただのホモの関係だのという話をしっかり学習しなさい。
量刑というのは責任の大きさだけではなく「その人の過去を見て将来を見る」ものなんだよね。
「刑が軽すぎる」と言ってもそういうことを知っている人だから。
呪いは確かに刑罰に影響を与えるけど、我々は人と話がしたいんだよ。
フリーセックスに基づく抵抗権には統治者は「優しさ」を持つしかないんだ。
しっかりと体制がリベラルを理解しているのに抵抗するのならばそれは評判が悪く、いったい何がしたいのかわからないものとなるだろう。
キングが「自分の信念のために死ぬ覚悟がある」と演説したときに、ストーリングは彼の殺害を決意した。
【予防的考慮で刑を微調整するというのは違法性のことだったんだよ】
The Assassination of Dr. Martin Luther King Jr.


拷問というのはどうだろう?仲間を作るという効果はあるが、法律は作れないだろうね。
自分の足で立てない人間が拷問を使うんだよ。
非対称的な立場を利用するものは自分の足で立てない。
長期的な幸福は訪れないだろう。暴力を使わなければ生きていけなかったんだからね。
市場で爆弾を爆発させようとしたものには我々は対抗手段がないので拷問は認めるかもしれない。
殺すわけではないと言えば仲間がむしろできるが、拷問している間には「生きていてほしくない」と思うほど、拷問する側は自分の足で立てない状態なんだ。
一人だけをみんなで拷問する(ワンオフ)場合は仲間ができるが、日常化するのならば「テロとの戦い」以外に理由はない。
サディストという罪をおかした人間が女のまわりに集まることになる。
少数の人間を拷問して多数派が喜ぶのならば、財産を奪っただけでも拷問にかけるだろうが、インド警察は拷問を行わないことによって中産階級を大量に生み出した。
仲間が欲しいだろうけど神は信じられなくなるよ。
911テロのあと、バリ、マドリッド、ムンバイなどでのテロを受けて、アルカイダの拷問は人気があった。
2002年のドイツでの誘拐事件も、拷問によって子供の居場所が見つかったことから拷問は人気を得た。
緊急性がなければ拷問は法律で認めることは困難ではないかな。
さらにはリベラルで国民の声を聞く国家(自由民主主義国家)では拷問は不可能だ。
イスラエルやキューバのグワンタナモ基地はお国柄を利用しているだけなんだ。
なんの障害物もない、まっすぐな道で、10キロ速い車がいただけでワンオフ(一人を標的にした拷問)はやりたくなるんだ。
世の中に速度制限はないからね。
女が「速い男」をワンオフで拷問して男にモテようとしていたんだ。
個人的な問題だから法律にもできないし、殺していないのならば裁判にもならないよ。
拷問を日常化、官僚化し始めるんだ。
殺すのならば多くの命を助けるためでなければならない。
罪のあるものをワンオフするならば挿入という自己防衛は成り立つ。
共産主義者でもないインテリを拷問するんだぜ?
同じ建物にいるからこういうことが起きるんだ。
寂しい女の胸を撃ち抜いたらとんでもない総攻撃が始まるんだよ。
軍や警察は静摩擦が強く、海岸のモノレールみたいに加速もしたくなければ減速もしたくないのだ。
さらに、方向も変えたくない。
軍や警察で拷問が起きることについては1931年にウィカーシャム委員会が「性的欲求不満」が背景にあるとし、リベラル(フリーセックス)の世界では拷問は起きないと考えられるに至った。
2000年のロサンゼルス市警によるロドニー・キングへの暴行もクリストファー委員会は性的欲求不満が背景にあるのみならず、警察のガイドラインを読む能力(識字力)がなかったことが指摘された。
文字を読めないことと性的欲求不満が拷問につながっていたのだ。
Rodney King beating and riots -- CNN doccumentary…

スターリンのもとでのソビエトグラグスや、ナチスの強制収容所も同様だった。
文字が読めないことも性的欲求不満が何をもたらすかを知らないといけない。
南アフリカの「真実と和解の委員会」もこれを理解した。
チリのピノチェトの体制でも2000人が拷問されて半分が死亡した。
ファン・メンデスは、彼自身がアルゼンチンで拷問を受けていたが、国連の委員会で1970年代から1980年代の軍事独裁政権では当たり前だったんだよ、と語った。
警察の情報網をエシュロンと呼ぶが、バーミンガム6か、ギルフォード4か、マグワイア7を採用するかの三つの区分がある。
警察の情報網がフリーセックスを認めるのかという国家の体制に影響を与える。
日本国は「拷問など必要ない」という警察の情報網が張り巡らされているのだ。
監視しないと奴隷や拷問がまかり通るからね。
通信記録は分かるけど、通信傍受まではいかないよ。
その点では日本はリベラル国家だ。
罪のない人を救いたいだけなんだ。


構成要件とは「ご婦人たちの批判」であるが、違法性とは「評判の悪い行い」であり、行為無価値論においては男性的なものであり、結果無価値論においては女性的なものである。
責任とは「解釈の難しさ」である。
大塚仁は、構成要件に該当する行為は違法性を推定するとしており、ご婦人たちの批判は、男たちの評判すら悪くさせるだろうとした。
前田雅英は、構成要件に該当する行為は違法性のみならず責任の問題となるとし、期待可能性をも含めた上で、ご婦人たちの批判は、男女を問わず評判を悪くし、女性的な解釈の困難さの世界の問題になるとした。

人気のない行いを「違法」というのであり、それはすべての法律で一元的に理解できるものだ。
しかし、刑法において、「ご婦人たちの批判」を経た違法性判断は格別な重さを持つとされる。
穴井夕子 赤い罪 青い純愛


責任説によると「言葉が足りずに手が出る」ことを故意と呼び、「言葉を間違える」ことを過失と呼ぶ。
さらに期待可能性も量刑の枠(責任)に含めてしまう。

期待可能性三連発その一。

期待可能性三連発その二。

期待可能性三連発その三。


民法における損害。

2016年8月22日 (月)

民進党への寄付のお願い。

まあ、私は労働者を見てこのブログを書いているんですよ。 
取材先の病院も民進党支持だし、民進党本部の仙波さんの了解も得た上で、寄付のお願いをしたいと思っています。
雑誌を読んで政策を練るのは18世紀の政治であり、怖いおっさんの話を聞いて政策を練るのは20世紀の政治である。
しかし、私は2005年に世界に公開されたスタンフォード哲学百科事典を参考に政治をやっています。  
どうかご理解願います。 
民進党への寄付。

神道政治連盟というのは確かにあるが、私が書いた教義を理解しようとせずに、虐めにだけその地位を利用した。
そのため、私は神道政治連盟全員を敵と見なしている。

2016年8月21日 (日)

水泳【研究中】

タイムとはあなたの健康状態とトレーニングの量と準備を示すものだ。
長距離のタイムはやはり「足」の強さだね。
トップレベルならばワールドレコードを常に追いかけなければならない。
50m23:73ブリタ・ステファン(ドイツ)
100m52:02ブリタ・ステファン(ドイツ)
200m1:52:48フレデリカ・ペレグリニ(イタリア)
400m3:59:15フレデリカ・ペレグリニ(イタリア)
800m8:14:10レベッカ・アドリントン(イギリス)

①ダイブ。
垂直に水にはいることを意味する。
反対側の目的地を見据えることで姿勢ができる。
着水するときは全身を最大限に伸ばす。
このことを「垂直」と呼んでいる。


②フリップターン。
ターンするとスピードが落ちるのでガッカリするだろうが、壁ではなくプールの床を見る。
黒い「T」の字が見えたら、頭をTに合わせて一気に宙返りの動きをする。
海などでは壁がないが、プールではこれが可能で、まるで椅子に腰かけるように壁に足をつく。
呼吸をしておかないと水を飲む恐れがあるので気を付ける。

萩野とフェルプスの違いは「クロスオーバー」という自由形で頭の前を腕が交差する動きの研究の違いか?
呼吸をするときに、腕が頭の前で交差せざるを得ない。
このため、3ストロークで呼吸をするのだが、選手によっては5ストロークを利用したり7ストロークを用いる。
手をドラッグするとは「ボディにフリクションを起こす」つまり体に摩擦を引き起こすものだ。手でかいているようで体が中心なのだ。
体のローリングは泳ぎにパワーがつくし、背中の筋肉もいきる。しかし、45度以上ローリングしたら安定感を失う。
キックによるスピードは10~15%だけど、流体力学の面から安定したストロークのために重要だ。
キックを「お尻から蹴ろ」というのは足が水の上に出ないためにコーチが言う。ひざを曲げるなと言うのは太ももの力をいかすために言う
安定した蹴りのためには足を開いたりしてはならないね。
つま先は「足は平らだ」ということをひたすら表現する。
ストロークごとに2ビートのキックの方がいいけど、足がきれいで長い人は4ビートでも問題ないと思う。
ストロークは腕が3分の2伸びたところで指先から水をキャッチし始め、90度の角度で水に入れる。
ひじを高くして手の角度を変えていくことだね。
昔のコーチは「Sの字」をかけと言っていたけどケガのおそれがある。ひたすら後ろに圧力をかけ続けた方がいい。
アジア大会水泳 男子200 M自由形 萩野公介 金


Michael Phelps' 3rd Gold - 2008 Beijing Olympics …


平泳ぎは腕でスピードをつける人もいるけど、足も同じように重要だ。
太ももの筋力トレーニングなんだ。
手のひらを最初は外側に向けて、楕円形を描き続け、そして思いきり前に伸ばして潜るのが腕の動きだ。
手のひらをしたに向けてはならないよ。

2016年8月20日 (土)

化学の学び方。

21世紀に化学は、おちんちん、子供、化学的つながり、調和の取り方などの法則を引き出す学問となった。
AtoZを覚えよう。

現代化学はキスと子供にしか興味ないよ。水素(H)と酸素(O)が基本だね。
アトム(子供)がこれをどのように邪魔するかの研究だ。
子供(分子)は、おちんちんとエッチにとってラーフラ(障害物)だったのだ。
①「キスはおちんちん(O)にするものだと悟るよ」
②「おちんちん(O)そのものが唯我独尊なのだ」

①によりキスの奪い合いがダイナミックになるし、②によっておちんちんは完璧さを目指す。

アリストテレスは、男がどのように変わっていくのかを見たかったんだ。
世代の問題と、虚像(有名)の問題、生きる目的の問題、そして、男のもろさ、最後には天国が見たかったのだ。

あとの物質は女であり、おちんちん(O)を取り巻いているだけだ。
女たちは単体で存在できるのにキスをしたがっていた。
純潔女は単体で存在した。
モーニング娘。 Do it! Now

おちんちん(O)に水素(H)が二つ、つまり、水は水でありそれもまた極性分子であり愛は安定していた。
ブルー(H)とホワイト(O)二種類の男しかいないんだよ?
BLANKEY JET CITY - RSRFES 1999 in EZO 貴重なフルVer


【化学反応は地球が冷たく渇いてしまわないために起きる】

愛の思い出と暖かさが液体を作るし、気体は乾燥しているのだ。

限界を感じているおちんちん(O)は常に気体だ。
重さの欠片もないガスも火に化ける。

おちんちん(O)は、すべての関係を壊す力を持っている。

塩水は海水から得られるし、金属は鉱物資源から得られる。しかし、もともとの理屈があって混合物は存在している。
肉体、骨、木や石は、すべてが祝福(キスをすることが)可能なものだ。
バスルームでDIARY/渡辺満里奈

OとH以外、すべて女。

COOHカルボン酸
中森明菜 - DESIRE

結合とはキスのことだ。
女の暖かさと人間性はあまりにも多様である。
女の人間性で男は一生、連れ添うかどうか決めるのだ。
アリストテレスは、元素の重さは考えなかった。プロポーションを見ていたのだ。
熱くなったり、冷たくなったり、破壊したりして、キスは最後に落ち着くものだ。

水となって落ち着いてもまた誰かがキスを欲しがって塩を混ぜちゃうだろ。
空気か火か地球か水かという議論は決して昔の話ではないのだ。
18世紀にラボイジアーがこれをもとにリストを作ったが、現在の周期表はメンデレーブが作った。
熱による実験やオクターブの研究から分類したのだ。
1471655648218.jpg

ヘリウムは美しいガスの中でもっとも軽かった。ネオンはそれよりも重かったが美しかった。
そのあとにナトリウムを置いたのだ。
ナトリウムのおかげで「グループ1」というアルカイメタルが区別された。
メンデレーブが重さで元素を区別したことから、新しい元素の発見という道が開かれた。
多くはボイスボードランが発見を終えてしまった。
アルミニウムや、ホウ素、ケイ素が見つかっただけでも大勝利だった。

原子番号や、陽子、電子の数はあとで数えた。
同位体もあったけど「電気の構造」に興味があった。

塩素のあとにアルゴンというガスが見つかった。
塩素は「グループ17」と呼ばれ、電子に対してポジティブな「ハロゲン」と呼ばれた。いわば「ヤリマン女」だ。
ガスは「グループ18」にいれた。
1932年にシャドウィックによって中性子が発見された。
陽子と同じくらいの重さを持っていた。
水素の同位体も三つ見つかったし、化学反応はより複雑化した。

化学の歴史は「混ぜる歴史」だった。

アリストテレスにとって「子供」の研究だったものが「アトム」と呼ばれている。
混ぜたら温かさに個性があったからだ。
08 恋の化学反応☆ 【Interlude】

ボイルは「燃やしてみる」というアプローチをとった。

【子供はどのようにできるの?】という研究だったからね。

1761年にヨゼフ・ブラックが「冷たいものを飲んでも人体の熱は冷めない」という「カロリー」を見つけた。
これは革命だった。
さらに、金属(女)は、硫黄ではなく、酸素(男)によって腐っているとエルンスト・シュタールか明らかにしたことも革命だった。
なぜ炎は酸素で燃え上がるのだろうか。
しかも、女は燃え上がったあと太っていた。
いずれにせよ、女の「重さ」が化学の世界に入ってきたのだ。
日常で見る風景をミクロ構造で考えるのが化学の主流となった。

H2O(水)と、硫化水素(H2S)の場合、Oは8グラムの男だが、Sは16グラムの女であることが問題となった。
また、炭素(C)は、「四つの子供を欲しがる」ことも分かった。
結合というものを考えたのはフランクランドだが、CはHに対して白く、Oに対して赤いのも面白かった。

子供が重荷になってしまうのが物理学だった。

トマス・クーンは、1962年の論文で科学の集大成を行った。
【ことなる恋愛論と出逢ったときに女は言葉に出来ない感情に晒される】
とし、サイエンスを恋愛論の傘下に収めたのだ。
熱力学の観点からの考えだった。
シェイパーは、サイエンスにはもっとしっかりとした答えがあるはずだ、と彼を批判した。
クーンは孤立したままバークレーに向かった。
ファイヤーベンドとポパーが、サイエンスの歴史をひもとくと愛の探求だった、と言ってクーンの研究の支持者を集めて回った。
恋愛論(パラダイム)を語り合うのが女の愛を得る方法となった。
【優しくすると恋のパズルは解ける】
これが最も真理に近かった。
1983年にクーンは、ローレンス・S・ロックフェラーという名前を賜った。
「科学者」という男らしいイメージを、「女心は分からない」という結論に導いた業績があったのだ。
クーンは、大して物理学の訓練は受けていなかったが、「パズルを解く」ということの意味を考えたのだ。
チェスやジグソーパズル、クロスワードパズルは、その人の才能ではなく、「どれだけ慣れ親しんだか」で決まることを知り、その人の世界の広さは恋愛論を知ることだと悟った。
しかし、このサイエンスの定義は「クーンの敗北」と呼ばれている。
多くの研究者を排除するものだったからだ。
しかし、女の局部や、おちんちん、そして「女性観」を駆使する非常に楽しいものだった。
【どっちの研究の方がやる気か出るのかな?】
「結婚の緊張」とは、この女だけが俺の子孫を残すのか、というものだった。
B'z「恋じゃなくなる日」 高音質

誰もがサイエンスを学ぶ「武器」を持っていたため、クーンは自分に向けられた敗北宣言を「危機」と受け止めた。
医学部のサイエンスへの編入がなされたのも「体」が大事だったからだ。
クーンの敗北は、多くの学説を排除したからであったが、一方で、多くの先人の知恵を医学の世界に流れ込ませた。
クーンの敗北とは「数字」を愛するものたちが拡散させたものだった。
人間の臓器は恋を知った方がいいんだ。
数字にこだわるノーマルサイエンスならば、この領域の学問が孤立すると考えた。
解決法はノーマルサイエンスにも蓄積されていた。
トレミーの、位置の計算方法、ラボアジアンのバランスの取り方、マクスウェルの引き合う力などいろんな研究があった。
クーンは新しい実験方法と、計算方法で恋愛論を書き換えてやろうと思ったのだ。
彼の「危機」は、やがて「革命」になりそしてノーマルサイエンスのリニューアルとなった。
サイエンスが成熟したのだ。
彼の「革命」以前を「プレ・パラダイム段階」と呼ぶのだ。
ノーマルサイエンスの蓄積は確かにあったが、それ以降のすべての研究を「愛の探求」に捧げて欲しかった。
異なる恋愛論に女の心が揺れるのならば、愛は永遠ではないことを知るだろう。
心の動きにルールなどなかった。
KATE no more rules 20080211 Mika Nakashima 中島美嘉
トレミーの「惑星の位置の測定」そして、デカルトの「心の告白」などは非常にいい理論としてサイエンスに引き込まれた。
ニュートンは、「俺のところにみんなが引き寄せられている」とした。
みんなパズルを解きたがっていたのだ。
どういう方法でやっているのか?周囲はじっくりと見ることを許された。意味を考えた。
方法論は、正確であること、続けること、実験すること、簡単であること、得るものが多いことが求められる。
ガリレオは「天国を見るための望遠鏡」を作ったし、アリストテレスは男らしさを探求した。
恋愛論が男女によって異なるものに見えたのだ。
望遠鏡を男の学者は同じ方向から見ているが、女心を悟るグループもあった。
受話器から望遠鏡/渡辺満里奈

ニュートンのように仲間をたくさん引き付けるのも、アインシュタインのようにピストンするのも男らしいと思うけどね。
ニュートンが考えた「マス」(重さ)という概念はアインシュタインは想定できなかった。
男女の「二人きり」というのは真理に似ているだけだったのだ。
〈通学列車〉モーニング娘。 カラオケ

空間、時間、おちんちん、力がこの世界でどのように用いられるかが問われた。
二人きりという理論には敵が多かった。
妻から学んだことをベラベラ人に話すわけにはいかないからね。
女から学んだことをうまく「翻訳」しないと愛情に関して周囲は見ているのだ。
「上手な下ネタ」は所得につながり、それに税金を課している。
【鏡を見れば周囲の配置が決まる】
ここからクーンの研究は始まっている。
自分が変われば世界が変わるということはコペルニクスが考えた。
取り巻く惑星は太陽に劣っていることはトレミーが考えた。
ブラックボディは、hv(プランク条件と周波数)を発信し続けている。


【壮大なテーマ】

2016年8月18日 (木)

訴額の算定基準の皮膚感覚。

訴額の算定基準。

父が娘を犯す。
現役世代による将来世代への挿入という暴力こそが、訴額の算定基準の議論だ。
現役世代はいまだ生きているためにこの議論が役に立つ。
世代を越えてしまうと「非対称性」が生まれる。
20年も後に「復権」する女の子の問題をどう思うか?
将来世代の女の子は現役世代の活動を妨害するしかなくなる。
現役世代は死んだ世代には介入できない。
現役世代は、将来世代の男の子の学問にも介入できる。
将来世代はこのことから様々なサイエンスを発達させる。
世代により「国のおかれた状況」が異なるんだよ。
お姉さんが犯されたら、弟の遺伝子は誰も欲しないんじゃないかな?
1987年には300万人がこのプログラムに参加していた。
【生き残るってどういうことだろう】
1992年までは男の子の「予言」はまだ信じられていた。
男の子はたくましい体になっていたが、しかし、知識が限られていて「遠い将来」までは上の世代も見通せなくなっていた。
大人になった男の子は実にパワフルだったよ。
現役世代はこれを恐れていたのかと思ったね。
敵も大勢いたけど、恩恵に預かった者もいたんだ。
将来世代に導かれて強くなったのに、もはや誰もいなかった。
CoCo:夢だけ見てる(CD音源)

男の子の「長期的な政策」は、ここからがキツかったね。
「居場所がないことを悟ったのにどうやって現役世代に貢献するつもりなのか?」
ブーニンは2008年に、ロバーツは2013年に「無敵」を悟った。
将来世代が現役世代と肩を並べた瞬間だった。
そして、周囲がどれほど怠け者なのかを知ったのだ。
(Bunin)Chopin Polonaise Op.53

お姉さんは彼をどんな目で見ていただろうか?
訴額の算定基準ってそういう問題だ。
「男女別コース」は常に法律学で頭に入れておいた方がいい。

弱い人間論と、強い人間論があるが、弱い人間の方が仲間が多いだろ。
【弱い人間たちは教科書には興味ないよ】
生きている奴をバカにして団結しているんだ。
現役世代になれたことを喜んでもいた。
【将来のある若者ってなんだろうね】
「居場所がないことを悟った」と彼女の息子も言うようになった。
父が娘を犯したことで、男が何かに到達しただけだよ。
温室育ちでブーニンになれるのかな?お姉さんのフラストレーションはどうなるのかな?
可能な限りの家族の葛藤があるんだ。
一人の男が生み出すものをみんなで楽しむことはできるよ。
さらに、幼い子も人間だということを悟った。
私たちはなんの義務もないけどね。

男の子が人間愛を失ったのは事実だし、理想的なお母さんを探したり、将来の子供を過度に理想化したのは事実だ。

ロバーツは2009年に子供を授かったが、子供の孤立を恐れたし、子供のために何でもしてやった。
300万人の男の中には、結局、子供を持つのはやめようと考えるものもいた。
女の子を持つことに臆病になっていたんだろうね。
男の子もルールのあるゲームに勝つことに関しては自分ほど強くはなかった。
家庭内が空虚なものとなった。
自分の成功体験を誰にも教えられなかったからだ。
女の子は人生を楽しんだよ。
「偉いお父さん」というのは女の子にとって間違ったものだった。
だから別の人を「お父さん」と呼んだ。
しかし、そこには大人の知恵がなかったことを知った。
私も「そこには何もなかった」から「お父さん」と呼んだ人をいじめたの。
実のお父さんがどんどん変わっていくのが分かったの。
【偉いとは世界を敵にすることだよ】
実のお父さんは人生のいいお手本になった。
ブーニンも2008年に「家族の悪」を悟って仕事にのめり込んでいった。
ロバーツもそうだった。
もはや仕事の世界に「疑似家族」がいたのだ。
才能が向かうのは国家しかない。国が居心地よかったのだ。
「俺のレベルまでくる子供たち」を愛した。

女の子は犯されない方がよかったが、死んではいない。
しかし、大人の話を覚えなければならない。
標準的な知識が身に付かなかった責任はあるだろうね。
敵を作って大人の学問が身に付かなかったのは損害だ。
しかし、精子と卵子から作られて自由に生きているだろう。
【人が死ぬのが嬉しかった】
「志半ばで」「惜しい人をなくした」
【私が意味のある人生を組み立てられなかったから】
兄貴の結果だけ見て、あとは全部省略した。
そのことから世界を敵にしたし、子供その背中を見て生きなければならなかった。
その事自体、他者の繁栄に劣るものだった。
スタニスラフと人生を比較しているんだ。
この国では生きられないから、もっと劣った国にアイデンティティを求めた。
結婚と金は劣った国にしかなかった。
障害をもって生まれた子も捨てた。
劣った国の会議に参加しながら、高貴の生まれになりたかった。
Stanislav Bunin plays Chopin Piano Sonata no. 3 o

2016年8月16日 (火)

奥さまの期待可能性。

アンは、パソコンに向かい、音楽を聴き、となりの部屋で電話している夫の声を聞いた。
【現実だ】
しかし、これが私の人生の一部に過ぎないことも知っていた。
ご近所さんもいたし、アメリカ大陸があり、地球があり、銀河系があった。
私の体はこんなに小さいもの。
おちんちんなんて現実にすぎなかった。
物事の真実なんてどうでもよかった。
おちんちんにもいろいろあっていい。
歴史なんてでたらめだと悟ることが多かった。
遠くの星の光もここまでは届かないことを知った。
多くの生き物が絶滅していった。
人が真面目に倒れてもこんな感じ。
「マリオネットの涙」(MV) 自作編集フォトムービー


子供なんて生んでも生まなくてもよかった。
どうせ、現実の世界を生きるだけだから。
女の心の風景の探求が1960年代に爆発した。
タイプライターの絵文字が発達したのがこのときだ。
アリストテレスがこのとき復活したんだ。
タルスキは、男言葉を教科書にのせ、たぶんこれでいいんだろうと思った。
【女から学んだものだとは思えなかった】

マンガの顔と現実の顔があったが、マンガの顔の方が大事だった。
どうせ現実に見たこともマンガにしちゃうからね。
マンガの世界では体が他の女と入れ替わっていた。
プロポーズの言葉の探求がマンガだけど、現実を真似した。
現実の男がマンガを読んでいたからね。
男もペットも哺乳類だった。
哺乳類でははない男がいたらもう私は大混乱だわ。
これだけが私の救いだった。
SEKAI NO OWARI - Dragon Night

テレビの影響で「哺乳類でない男」とのセックスの可能性が開かれた。
【この世界観では教科書は読めないだろ】
タルスキは考えた。

胸も理想的なものに描いたし、期待可能性とは、「男女別コース」を理解する学問だった。
挿入する側とされる側で絵文字の意味を知ってください。
「しかめっ面」(‘¬’)「それで?」(‘→’)「笑顔」(‘∨’)の三つの指令が女にはある。
この指令の間には二つの「可能」がはさまっていた。
【テレビって何であんな簡単に笑えるの?】
これが、女の心を作っていた。

出産の孤独が常に私だった。
だから、理想的な子育てをしようと思ったの。
【世界を単純化してしまってごめんね】
子供に言わなければならなくなるのにね。

女心が本当にあるのだとしたら世界はそれでできていればいいのに。
キスだって理想的なものではなかったのに。

子供も異性を知るでしょう。理想との違いがここにあるし、しょせん子供も哺乳類だったことを悟る。
テレビを見るときは私は孤独ではない。
だから「絵文字女」も楽しんだ。
あなたが絵文字女との間に子供をつくったらどうなると思う?
きゃりーぱみゅぱみゅ にんじゃりばんばん Kyary Pamyu Pamyu Ninja Re B…

絵文字女(デレ)と現実の女(デディクト)の境界線で、デレはデディクトを知っていく若い男たちの前で泣いた。
輝きや重要性はデレにあったし、人々もデレについて語り合っていたのだ。
男たちがデディクトを知ってしまうと私は「暗黒の女」だと思われるのよ?
ヌードになって男たちが私の胸を噂しあうだけじゃない。
おちんちんがある男たちの祝福なんてそんなものよ?
おニャン子クラブ じゃあね (1986 LIVE)

女が彼女の「犬」を作る上ではデレは必要だった。あとはお会計を済ませるだけ。
デレは恋愛も理想的なものでなければならなかった。
デレにとって男たちはみんな哺乳類でなければならなかった。
ネコラブ BoA

マンガの世界の住人になるのは好きだったけど結婚があるのよ。
予言を的中させてマンガの世界の男にされた人を知ってるよ。

アンはそのような予言男と同じようにパソコンに向かった。
日常生活だった。
【こんな離れ業をやったら下痢するわね】
アンは笑っていた。

デビット・ルイスは、「マンガの世界の男は古典を踏まえているんだよ」と言った。
偉大かそうでないかは哲学者をどれだけ知っているかの違いしかなかった。

哲学者の真似をして祝福される。これを一度やると歴史になる。
やり方が分かるようになるからね。
世間の見る目が変わったという経験をみているんだ。
肯定できるものと否定すべきものすべてが世の中にはあった。
祝福は本物よ?

デビット・ルイスは、ブレイクする人は哲学書を読んでいるとしたが、クインは、みんなカンでやっているんだとした。
【若さは哲学書についていけないよ】
永遠の名曲「オリビアを聴きながら」杏里(ANRI)

子供と一緒に写真にうつっている女性は、自分のキスの数の世界観を示していると思っているよ。


【ユダヤ教について】
アブナー・ブルゴスは、キリスト教とユダヤ教の間の大論争を描いた。
アダムが罪を犯し妻に子供を産ませることから、アリストテレス、ネオプラトニズムの存在により息子がメシアになるのではないかと奥様方は考えたのだ。
しかし、そこには奥様方の争いしかなく、しかも、息子がメシアになれないことが多かった。
「あぶない」の語源はブルゴスにあった。
男の完全性ってどこにあるんだろうな。
瞳はダイアモンド♡松田聖子
修道院の本を大量に読んだことから、修道院の先生もブルゴスのことしか覚えていなかった。
【時代の学問の化身だな】
神と男と聖霊の存在を信じてキリスト教徒になりたいというのがユダヤ人の願いだった。
モーゼ五書でビジネスの研究をし、家を厄介払いされて城の外で暮らしていた。
情報源を父とし、その忠実な子となることから化身になれた。
神の言葉は女を口説くのに役に立った。
言葉が澄んでいたのでみんなが彼の言葉に立ち止まった。
いかに優れた「子」になるかが大事だった。
赤いスイートピー - 松田聖子
アダムは罪を犯したよ。女を知らなかったからね。
彼の学問が知性だと信じていたんだ。
モーゼ五書を読み終えるまで実家に帰れなかったんだ。
イエスはこれをマスターしたのかと思うと憧れだったね。
芸術論を語ることしか趣味がないんだ。
いつか努力は報われるという決定論を信じていたよ。
CoCo:ちいさな一歩で (CD音源)
モーゼ五書か、意思の自由なんてねえな。
男が育つ過程で生まれたのがユダヤ人だった。
この世界に入りたいのかそうでないのかはっきりしなさいと母は言った。
モーゼ五書は偉大な本なのよ?
薬も飲まなければならなかったし、努力の向こうにはお金があった。
恋愛論から何から身に付くんだから驚くべき書物だったよ。
なぜ、イエスはパンとワインを消化できたのか?金だよ。奇跡なんだ。
男女の両方の論理を知っていたからね。
書物(石)がパンに化けることの意味を知るんだ。
【偏差値高かったんだろ?同じやり方をしろ】
城の外が勉強にふさわしければそこにいくし、いずれは自分にふさわしい居場所が見つかるだろう。
城の外にいたときはアイドルも拝んだ。
修道院に入ったやつは少女漫画の研究もしたし、ハスダイ・クレスカスのようにピコデラミランドラのラテン語の能力を見いだして心を読んだものもいた。
これがユダヤなんだ。

ハスダイ・クレスカスは、カバラを考えた。
人の心を読んで鍵となる数字を打ち込んでヒントとなる単語を引き出すものなのだが、人に衝撃を与えるにはこれだけで十分だと知った。
カバラ数秘術。
徹夜に奇跡があると考えたのもクレスカスだ。
GAM - Namida Girl 涙GIRL (GAM 1st Concert Tour 200…
キリスト教の十大原則。
①胸や尻などの原罪。
②罪から自由になること。
③三位一体。
④化身。
⑤処女マリア。
⑥性転換。
⑦洗礼。
⑧メシアの到来。
⑨新秩序。
⑩デーモン(話のわからないやつがいること)
これらをクレスカスは否定した。
聖書を熟読しなければ分からない視点であり、もはやキリスト教徒には戻らないという決意を端的に示すことが手来た。
その代わり、
①主の光を信じる。
②神はすべてを達成した、神は存在する、神の力、予言、モーゼ五書の意味。
③天地創造、死後も生き続けること、報酬と罰、昇天、モーゼ五書の力、
モーゼが予言したときの姿、ウリムとタミムという偉いお坊さん、救世主。
④人々が祈ったこと、年寄りが嘆いたこと、流浪の旅をした思い出。
これを信じることが必要だった(十戒)。
モーゼ五書で足りない部分をクレスカスは記した。
【勝たなければ宗教ではない】
マイモナイド~年寄りから教わればいい。

モーゼ五書を読んで金持ちになったら復活を信じてほしかった。
神聖な学問と人間か作り出した学問の違いは「量」なんだよ。
【異性を理解しないのならば全知全能でもなんでもねえな】
女は男に「無限」を期待している。これをピコデラミランドラが明らかにした。
しかし、「ひとつの方向への無限」を求めていたのであり、全知全能ではなかった。
そうやって、その人の四次元マップが出来上がる。
男女ではその「次元」が違いすぎる。女の局部がなければどのようにそれを共有しろというのか?
【俺の世界をマスタードで湿らせてくれ】
モーゼ五書を読む男ってそれほど素晴らしいのよ。
イエスに次元なんてなかった。女は自分の男をイエスだと思い込んでいた。
おちんちんしか見えないからね。
肉体って科学だよね。
モーゼ五書にしたがうと男は意思の自由を失うんじゃないのか?
【セックスを気持ちよくするための本なの】
モーゼにしたがっていて自分で道を選べない彼だけどね。
ribbon - 愛してJustice

二つの肉体がぶつかり合うなんて動物と同じね。でも、神がすでに書き残した本があるの。
モーゼ五書に書いていないことは悪なの。
「いいこと」を人間にもたらす本。
「間違ったことをするな」としか言っていないけどそれが難しいのよ。
日常生活の悪が、いざというときに表現される。
考え方がわかるようになる本だ。
守ることを守っていれば気持ちいいんだ。罪の結果が表現されるにすぎない。
イスラムもセックスの快楽に関してはユダヤを参考にした。
[MV] Perfume 「FAKE IT」

親父とモーゼってどんな関係なんだろう?
そこに「死後も生き続ける」ことの意味を感じてほしいんだ。
親父と肉体は分かれても知識の源泉だっただろ。
親父が神を愛したからね。
神は知識ではなく愛だったと知っただろ。
神を愛しているかどうかは戒めを守れば証明されるという簡単なことだ。

ヨゼフ・アルボは、どこに神聖なものがあるのかを明らかにした。
今で言う「キャンパス」だろう。
教会の仕事だったんだ。
キャンパス内でも豪胆な男が理想だとした。
背景にはキリスト教スペインの没落と、真剣な話に向き合ってくれる男らしさが必要とされたことにある。
親父と息子の山登りをキャンパスに委ねた。
講義で聞いたことを人事や予算でサークルにいかす仕組みを考えた。
サークルの分析もしたし、戒律も守った。
人事と予算が神聖な法だと知るだろうね。
その世界のもっとも偉大な人について語り合わないといけないよ。
偉大な人のルーツまで研究するんだ。
そして、その人についていくことだね。
片思いの終わりに

どの世界にも神聖な男はいるし、生い立ちがあるはずだ。
女の体を語るやつもいれば黙っているやつもいる。
でも結局、一人の女を大事にするためにやっているんだよね。
頂点がいる世界に属せば永遠がわかる。
トップレベルの男の人間らしさも分かるようになる。
所詮、キャンパスではトップレベルの人間に関する予言しかできないことを知るよ。
学業と言うのはそれでなりたっているんだ。
シナイ山で合宿してまで予言する力を磨いたよ。
キリスト教社会には救世主と自称するものが大勢いるんだ。
何か予言してみろよ。
予言が当たるように祈ることだってあるさ。
神聖なものと関わっていると自分がマジになることもあるんだ。

ジュダー・アブラバネルは、男性の哲学者フィロと、女子生徒ソフィアの会話から愛を描いた。
フィロの女性の体への情熱を基盤にしていた。
シャリオット(老人の指導者)から自由になった男はこんなに自由なのかと考えたのだ。
男女が自由になったから大航海時代になったわけだろ。
「美しさと愛って区別できるのかな?」
心は美しさに反応して愛しているんだ。
女の美しさを、月や太陽、天国と比較できるのは男だけだね。
女が女にドキドキすることはないだろ。
男は女の話し方や声、歌声すら射精につなげてしまう。
シャリオットから自由になったユダヤ教はまさに宗教の祖先であった。
ユダヤ教が密教になったのだ。
宇宙、そして「もっとも知的な存在」が美を生み出しているのだろうと男は考えた。
美は女の知性すら生み出していた。
神は世界を知的なものにしたし、みんなが美を持ち合わせていた。
素晴らしい体に、美しい歌声、そして甘いメロディ。
それによっておのずから大切な人は決まるし、男は仕事に熱中できる。
女が男を「神」だと思ったときに予言を行う。
予言なんて先生の受け売りだよ。
【太陽と女の体、それが男の知性になるんだろ】
女の目は、仲良くしたいのかどうかを表現し、口は男を惹き付ける。
田中 れいな - 愛の炎

自分の不完全さと、プライベートがあるから人を愛するんだ。
自分が持っていないものを持っている人を好きになるのは実は基本なのだ。
奴隷、子供、妻、被支配者ほど愛を求める。
愛されるよりも愛したいとは支配される側のセリフなのだ。
神という完全性があるから愛し合うことになるな。
愛されない男は、友情や寛大さを身に付けるが、そこには美しさがないので神はいない。
神という男が生み出したものが女だろう。
神様の「良いもの」を信じている男は祝福されるよな。
より良い知恵に愛の根拠があるのだ。
【どんなシャリオット(老人)にその知恵を教わったんだよ?】
Maki Goto - Aitte Donna ×××?

男はスタート地点から長い旅をしなければ愛の対象にはならないが、女は中間地点から童心に返ればいいだけだ。
これが、劣っている者への神の愛なんだ。
【鏡を見てごらん?男があなたの何を愛したのかがわかるよ】
女の美は知的なんだ。
知性もなく丸腰で生きていくほど心臓か強くはないよ。
「手のかからない子」ってのはこのような旅をする。
気が弱いけど「低き者が高みに上る」ことを知っている。
そんな彼と恋に落ちたらあなたの鏡のコピーが大量に生まれるよ?
松田聖子  赤いスイートピー 【60fps】


1475116176585.jpg


【延々とつづく】

2016年8月15日 (月)

期待可能性理論・再び。

期待可能性理論・再び。

理想の男はフィクションであるが、対抗馬がいる男はより理想に近づく。
結婚を知っており、社会を知っており、それを踏まえて女性観を持っている人が「期待可能」と言える。
結婚している男ってどんな感じ?
すべての実在する男は期待可能だ。
しかし、一部の期待可能な男はマンガの世界のものだ。
【マンガの世界の男は返事をしてくれない】
マンガを否定し、面白くない実在の男を期待可能とするしかない。
すべての男は実在するが、マンガの世界の男だと思わせる者がおり、これが男の戦いを困難にさせる。
マンガの世界の男を演じるものも含めて「期待可能」と呼び、現実だけではないことを悟らなければならない。
ギンギラギンにさりげなく 近藤真彦

サンタクロースをぶん殴れないだろう?
若者の想像力の源泉だからだ。
カエサルは殺されただろう。ジーザスなのに殺されている。
これが現実だ。
【すべての男は殺すことができるんだよ】

部屋、建物、大陸、惑星、瞬間、時間、世紀の意味が変わってしまう男でも殺せてしまう。
デビット・ルイスは、マンガの世界の男を現実で食って自分もマンガの上の人物になった。
記録に残るのはマンガだけだろ。
そんな世界には「どうしても勝てないライバル」が必要なんだ。
宗教カルトのリーダーにはライバルが必要だ。
【世界はひとつの船だろ?】

クリプケは、世界に報じられている船とそうでない船があるとした。
世界1と世界2を分けてみよう。
違う世界のメンバーの間にできた子供は強いだろうか?
子供は現実を思い知って世界1と世界2の違いがないことを世界1の人間に教え、悩ませるだけだよ。
世界1に悩んだときは宇宙と地軸を見ればいい。
【空は青いな】

【二つの世界に耐えられないから宗教カルトのリーダーは生まれるんだろう?】

世界はひとつということを証明してみな?

太った男でも禿げた男でも評論してみな?アイデンティティのない男はいないんだ。
問題が深刻ではないことを悟るだろ。
中肉中背の男は何も知らないんだ。
太陽と水星の間に「バルカン」という惑星があることを語るのが哲学なんだ。
重さ、時間、速さを語るイメージでいい。
うまくバルカンを語れば相手は逃げていくんだ。
空に知性をお返しするつもりで話してみるとまた、いい学問になる。
世界1も世界2もしょせん知性だよ。
メディアよりも真実だし、メディアも真実だ。
奪三振王みたいなものか。
「俺の世界」は真実とは異なるし、「そんなもんだろ」と思っている。
マンガを演じるプロレスラーだよ。
カエサルの右手の指が六本だと言い張るのならば「カエサルの右手の指は六本なんだってね」と繰り返して話すだけで化けの皮が剥がれるだろ。
「カエサルの右手の指は六本あったけど一本は燃えてなくなった」というのならば、燃えた指を「それ」と呼べばいい。
「それ」とは、恋愛のファクターから外すことを意味する。
カプラーは、その指は今は別の人がつけているけど、全部集めると自動車ができるとした。
「うまく集まるのかな?精子と卵子は別々なのに」
車の大量生産はしたけど、みんな精子と卵子からできているのでしょう?
六本目の指はどうなったの?
バルカンは宇宙だよ?「それ」とどう違うのかしら?

【俺は人にはない祝福を受けたんだ】
燃えてなくなったよ。マンガだ。

【祝福に依存しているだけ問題は難しいよ?】
【マンガ作りには私たちも協力したのよ?】

ハヤキレイナは、指が再び生えてきた俺の世界1と、俺の世界2はどうせ似たものになるのにね、と言った。

では、夢のない世界をどう思う?
偏差値で勝てなかった子でもこんな夢が見れるという意味にはなるよ。
六本指の右手は誰かに付け替えるよ。

六本の指は夢と現実だけど、偏差値は夢と現実と奪三振だよ。

【円い四角は円】という言葉を忘れないでね。

「そこに何があるの?」「すべてだよ」
クインはこの考えを否定した。
学歴社会だけがあった。
モーニング娘。 『Do it! Now』

学歴男はマンガ男を否定する資格があるよ。
お給料が違うからね。
普通だし。
でも、マンガ男はすべてを支配してしまうことがあるんだ。
だから、みんなパーソニアンになってきているんだ。

マイヨニングは、青くて高くて、普通で、ソクラテスに蹴られた山に理想を見いだしている。
「黄金、山、奪三振」以外、丸裸だよ。

黄金で円いというのは難しいよね。
【核に水が流れ込んでいるんだ】
円い四角に免除と暗号化を与えているんだ。
丸くなるプロセスが暗号化されている。
ルー大柴先生が教える国語(ことわざ)上級篇

【暗号化される場所に身を置いていなかったのか?】

カエサルの指が生えてくる秘密かもね。
それでなにかが許されるのね。
【大きな位置を占めたことがある人だから】

黄金は築かれなくてはならないし、壊されなくてはならない。
そうやってカエサルの指はできているんだ。

頭に角があるユニコーンは神話だよ。
でも、進化の運のよさでもあるんだ。
クリプケは、そんなものよりもバルカンを信じてみないか?と言った。

シャーロック・ホームズはフィクションだよ。
でも、最高の権威に支えられているんだ。
ホームズが考えた「電子」が認められるのに時間がかかったね。
それで実話と区別がつかなくなったんだ。
どうでもいい人じゃなくなるのには理由があるね。

「これは可能だ」「これは必要だ」と教えてくれればいいよ。
どのみちバルカン方程式を語るんだけどね。

2016年8月12日 (金)

「おしどり夫婦」はなぜ生まれるか?

女に魅力を感じるのはみな同じだ。
しかし、社会生活の調和と、出産という観点からおのずと「セックスできる女」は限られている。
これはもはや、社会を構成する「文法」である。
この問題には「文明化」「社会がどのようなものであるか」「女のいい体」の三つの要素しか介入していない。
この三つが複雑に絡み合って「おしどり夫婦」というものはなぜか生まれている。
ダイナミックなカップリングはたしかに可能だが、社会には団結というものがある。
率直な存在でいられるか?
誠実でいられるか?
約束を守れるか?
男女がうまく役割を入れ換えたりすることを試みているか?
などが問われる。
教室や社内でその法則を叩き込まれることを「罰」と呼ぶ。 
2006年まで浪花恋しぐれの非効率性の指摘を誰も行わなかった。
浪花恋しぐれ 都はるみ・岡千秋
「浮気」とか「不倫」という言葉が伝説になったのは2006年だ。
国家が安定を目指し始めたのだ。

他にも「富の女への分配」「大した恋愛市場にいなかった」「簡単」という三つの要素を抽出してみた。
どんな音楽が頭の中を流れているかが問われる。
Risa Niigaki, Eri Kamei & Reina Tanaka - INDIGO B…
しかし、金持ちの方が「壊すのが簡単」だったのだ。
金持ちが貧しいものから女を取り上げていたのだ。
しかし、それも「地主」がいた頃の話にすぎなかった。時間と努力が簡単にお金になってしまったからね。
浮気や不倫なんてものは階級社会が作り出していたんだ。
法律には愛し続けろとは書いていないし、お金で簡単に飛んでしまうものがあった。
妻は家で「浮気の意味」を学習させられて、壊してしまう行動に出る。
格差社会のセックスゲームをはマフィアが楽しんでいた。
おしどり夫婦は要求されていない。「男社会でいきること」が要求されているのだ。

文学作品では各人の信じる行動が描かれているが、女が「白い歯が好きだ」などと理想の男を求めていることが分かる。
「2006年の同調行動」は、1972年にターンバルが企画していたことだった。
飢えたハンターたちが、才能のあるものをとことん追い詰め、彼はそこから脱出しようとして、人々の祈りも聞かずに猛進したことがその背景にある。
人々はその英雄を称えると同時に、逃げたのだ。
「本物の英雄を見たんだ!」
お金では買えない「血」を売ったんたぜ?
50%ぐらいの「地主」が、独身女を雇うことをやめたぐらいだ。
我々に残された「確かなもの」って何だろうな?

「洗練された俳優とはなにか?」
「我々の社会ってどんなもの?」
「女のいい体ってなんだろう?」
この3つの理論の研究が深まった。
E girls Pink Champagne

洗練された俳優はおしどり夫婦を演じた。王子さまの宗教界独占を支持する層へのウケがよかった。
女の選択の余地のある俳優がそのような行動をとった。
我々は王子さまの味方という発想を見抜いたのがタルコット・パーソンであったことから「パーソニアン」と呼ばれた。
共通の「女の価値」を感じていたし、王子さまが「家族の悩み」をひたすら発信し続けていたからパーソニアンは成立した。
女漁りをする遊び人が彼のもとを離れていっても、彼はカップルとしての発信力があったし「人それぞれだな」と言ってのけた。
子供ができるというのは大きかった。
子供にもその「洗練」を教えていったのだ。
本気になるときのセリフさえ王子さまが教えてくれたら、あとは日常だけがあった。
自分の判断で行動すると「罰」が待っていたのでみんな臆病になっていた。
彼は悩んだ上でそのような行動をとっていたのだ。
そんな彼にすら心ない悪口は与えられた。
そのため、パーソニアンというのは「そういう人がいるらしい」という議論にとどまり、「男には真面目なときがあっていいじゃないか」という議論となるに至った。
まあ、みんなアメリカが好きで中国が嫌いだったんだよ。
でたらめな男が黒人に見えた。
2010年にビッチエリとチャベスは「社会のスタンダードってこんなにも流動的だったのか」と言った。
「浮気」「不倫」への人々のリアクションが全く異なるではないか?
安心してください。履いてますよ。

「奥さまたちが何を信じているかを知って欲しいんだ」
目ざとく居合いの抜きどころを狙ってるよ?
「私が信じているものが侵害されたのよ!」
1960年代のセックス革命や1990年代のキャンパスで酒を飲む行為などが見たこともなかった風景だね。

ご婦人仲間の悪口からしか社会が今、どのようなものであるか?という情報はとれない。
女の局部への感情がどのように表現されるかを見ているのだ。
「この国の大人たちは何て言っているの?」
社会のメンバーとしてどう思われているのかしら?
そして、私自身が男の好みをどう考えるようになっているのかしら?
大きな派閥を率いるためには多数派に属さなければならない。
わがままで、自分が楽しいと思えることしかしない女たちの派閥だったから多くのグループはあった。
ステレオタイプの多数派とマガジンタイプのすべてが崩壊した女がいた。
CoCo - 夢は眠らない

たとえば、アメリカにいる「日本人女子の留学生」は、メンバーと常に足並みを揃えているので、いったん、群れから離して、そこで性の経験をして、気がついたら他のメンバーも同じことをしていたという方法をとらないと、日本の女はアメリカでは落ちないのだ。
それほど「グループ」って大事なんだ。
グループの共通認識を意図的に変えていたのだ。
多数派に属するというのは人生の目的ですらあった。
ハスダイ・クレスカス派のユダヤ女は童貞と結ばれたら必ず結婚することで派閥を維持した。

英国でも男たちはロックを愛するラウドヘッドと、貞操を守るキャバリアーの二つに派閥が分かれた。
ラウドネスは日本人女を犯した。
LOUDNESS "Rock'N Roll Gypsy" LIVE 2016
性の経験を同じくするグループというのは楽しいし、私たちの将来はどうなるのかしらと言う話題を共有できる。
私の立ち位置を外部にも発信できるし、グループからも褒めてもらえる。
セックスで土地転がしする女のグループもあるけど、結構、自分本位よ?
少数派でもいいの。同じ空気を共有するのが派閥よね。
「この国の大人たちは何て言っているの?」などもこの問題と向き合った。
孤独だけど自分の存在意義を探求するフリーセックス女もいたけど、必ず、生き方を真似する先生がいるんだよね。

ハンフレー・ボガートは、50代でジョギングをして、菜食主義になり、酒もタバコもやらなかった。
口にタバコをくわえないというスタイルはボガートが作った。
先生がいなければどう振る舞っていいかわからないし、時にはタバコも吸いたくなった。
環境問題、人口問題、核拡散、電力の安定的供給などの問題を語らなければ男の区別がつかなくなった。
これを語るだけで34%の同調率が69%になった。
偉い政治家の発言にも一喜一憂したのだ。
女性の意見も聞いてみてようやく自分のグループができる。
女の性の経験ではなく、男のこのような考えを共有することでも女のグループはできたのだ。
こんな問題で「我々」と「彼ら」を区別しているのだ。

ファッショナブルでバブル経済の頃の女というキャラクターを選択するものもいた。
石井明美 CHA -CHA -CHA

このようにしてグループはできているんだ。

あとは女の体だね。太っていると「組織的罰」が加えられるんだ。
女は自分達の何が素晴らしいと思っているだろうか?
女たちの罰ではない。告白するときに圧倒的に不利だという「男からの罰」が存在するのだ。
真剣な話に弱いのが太った女だ。
不倫が嫌いなパーソニアンは痩せていたし、太った女の危険性を男は知っていた。
太っていると新しい局面での計算がまわらない。
女の仲間がいないからだ。海で体をさらすのも一苦労だ。
美しいプロポーションをしていないと女の統治者は務まらないよ。
【中継録画】小池百合子都知事の定例記者会見(8月5日) 午後2時より

太った女に関してはゲーム理論に議論を譲るよ。
ゲーム理論。

お皿の左側にフォークを置くとか、ドレスコードをどう決めるとか、ハンカチで鼻をかむとか、
この暗号には私は対応できないわとか、女の体の違いには色々な効果がまとわりつく。
しかし、手で鼻をかむと、「これが私」という意味が全く異なるものとなる。
他の女がやっていることを真似するけど、どこで個性を出したらいいのかしら?
手で鼻をかむ女は、恋愛ゲームにおいてひたすら負け続けることを意味する。
扱いやすくても「両思い」にはならない。
大勝利と最悪のゲームではない。
勝った方が気分が悪く、負けた方が最悪の気分になる。
これが恋愛における両思いの勝ち負けの繰り返しかただ。
BoA - This Is Who I Am (live)

勝ったときに気分がいいというのでは恋愛ゲームは「変な愛のカタチ」になる。
勝った方も気分が悪いのが両思いなのだ。
勝つときは共に喜ぶことをタイプ2と呼ぶ。
タイプ1のようにどちらかが大勝利をおさめるゲームをやっていると「おのれ殺すぞ?」ということになる。
相手の感情への率直さはもうそこにはないからである。
女は大勝利を経験しても大敗北を経験しても自分の体を責めることになる。
自分の体の再構築が最後に行われるのだ。
女もそのぐらい計算しないとね。
相手をいたわるのはワンショットゲームであり、瞬間に表現されるものだ。
ribbon - 変な愛のカタチ

女の美しさがたいして変わらない時代になったのだから、個性が欲しければ少女漫画にしたがうしかないんじゃないかな?

美容整形が事実上、容認されたことと、競争があること、この二つから「進化」の問題を考えなければならない。

生き物として整形したことへの差別があることは今だ理解しておく必要がある。
遺伝の問題を持ち出す女がいるのだ。
さらに、美容整形という投資にみあうナイスガイかどうかという問題が男に突きつけられる。
「私はカップルの進化のために整形したのよ?」
大胆で復讐心に満ちたものが女にはあった。
整形した女の復讐心は知っておいた方がいい。

「生まれつき可愛いと一般男性と結婚する」
広末涼子 RH DEBUT TOUR 1999 - 04 - It's my Idol

1000のレスを費やして、30ラウンドこなす女たち。
4つの「問答無用の戦い」と、16の「条件のある戦い」が既婚女性板でなされたにすぎない。
それを通じて「結婚とはなにか」が明らかになったんだよ。
女は自分が「最高の女」に似ていたのだ。
ジェイソン・アレキサンダーが「既婚女性が美しくなった」ことを明らかにした。
「無限の人口のなかからランダムにパートナーが割り当てられたのよ?」
レタスから、SNS 、そしてときにはダイナミックなネットワークに参加してるだけ。
日常のレタスから、たまにアップデートが欲しいの。

「期待可能性理論」すべての男が私とセックスできる可能性があるのにね。

【壮大なテーマ】

2016年8月11日 (木)

スポーツ大国アメリカの理論。

Judo。

フィギュアスケート。

バレーボール。


ボクシング。

競馬。

演技。


野球。


サッカー。


公道最速理論。

振り付け。

サイコロ。

ゴルフ。


作曲。


これだけでも哲学の「カン」が身に付くのだ。

2016年8月10日 (水)

一般意思3.0。

ボサンケットの議論のメインテーマは「政治的権威はどこから来るのか?」という問題だった。
オックスフォードのセントジョーンズカレッジに属し、偏差値と仲間作りというサークルを作った。
75歳で死んだときには最も優れた芸術理論家と呼ばれるようになっていた。
この時代のもっとも完成された男だったのだ。
政治的権威は、人々の「ベストライフ」から来る。
そのためには、一部の女性は貞淑を守らなければならないだろう。
高校での異性との別れ、成人式での彼氏との出会い、夏休みなどのフォーラムでは貞淑な女性が世界観を広げることを認める。
「社会政策、公共政策、女性観、心理学、楽しいこと」の集大成がなされた。
大英帝国から多くの博士号が彼のもとに届いた。英国の幅広い世代の支持を得たのだ。
【夕やけ】夏休みは終わらない
のちにアングロアメリカで、監獄で役者を演じてそこを去っていく者の理論などへと発展した。
顔(ヘーゲル)、海(カント)、そして教育学(ルソー)の研究にもなったのだ。
先生は何も言わずに仕掛けてくるよ。知るためには何が必要かを。続けることが必要なんだよね。
ガチンコ勝負を繰り返しては自由になっていたんだ。
男や芸術は知識の世界なんだ。複雑なものを一点に凝縮してみた。
プロポーズの言葉をこのシーンを思い出しながら考えたよ。
人間は絶対的な真理にはたどり着けないけど、何かを読もうとは思うよ。
知識はここから伸びていくんだ。
「女は何か言ったか?何も言わなかっただろ。だったら学べ」
続けてくれ、知識は用意してあるから。
押したり引いたりした仲間たちの心理を利用したのだ。
知的な共同体だったからね。女の記憶は溶けてなくなるよ。
あなたの絶対から、なにか確かなものを生み出すのだ。問題を解決するのが学問の役割だよ。
下痢と学問と絶対はこのシーンから探求が始まっている。
無限には安全と安定が必要なんだ。
福山雅治 フルPV <初恋>
「永遠のカップルは君の心にあるのか?」
心と男の急進的な思想なんだよ。アメリカ人は女を知ろうと思ったし、イタリア人は芸術を知ろうと思ったよ。時間を語ったやつもいる。
個であることとメンバーであることが時間の問題にはあった。
これは学問を続けるものにとって神聖なテキストであったし、宗教体験であった。
宗教の原体験だったから絵にしたんだ。これが宗教のカンだとしたことから19世紀中頃には英国で広範囲な教化活動が行われた。
初恋を宗教に取り入れたら宗教は楽しいものになったけど、イエスの死などどうでもよくなった。これが英国のムーブメントだった。
人生の苦味を知らない時期だった。好きな女の子のためになにかに打ち込んだ。
その場を治めると女の子が安心したのが嬉しかった。
キリスト教の祝福を受けつつも、自分の意思で己を殺し、仲間と生きた。
悪は絶対に似ていた。分からないからだ。改革と言っていれば何でも通った。
「私たちはどこにいくの?」
経験豊富な女性がリーダーになるのだ。
女の「リアル」と「一般意思」の形成にはそのような女性が必要なのだ。
男女を問わず、痛い目にあうことを恐れない人間がいろんな経験をして「個の完全性」「一般意思」を形成していく。
自分の実績を越えた知性、傑出した魂たち。
人それぞれの魂たちを、自分の実績を越えた知性で導く。
「前向きさ」
隠れたものが隠されている。
これはプラトンのこの世界のなかに仮説というフィルターをかけてみる、という発想と異なり、隠されているものの発掘という発想の転換を行っている。
群れから離れることの寂しさ、社会契約は、夏休みの終わりであり、高校の卒業だ。
この経験を得がたい人生経験としている。
群れと個人であること。
この経験も、恋愛経験と同じぐらい重要だとした。
異なる思惑が協調した国際連盟は駅であった。
【河合その子】青いスタスィオン

仲間作りにだけ一生懸命になった人ほど時代の終わりや変化に慣れていない。
個人の力量を測定する方法は「変化」に直面するということだった。
外に出るための限界もこのあたりの力量にあるし、「最高善」とは人々がぶつかり合ったあげくにできた法律であった。
国家や法律は衝撃、抑圧を扱うものだ。そのため、女性を自由の世界に連れ出すナンパに調度いい話題だ。
女性が好きな自由の世界と法律は両立しない。そのため、暴動を起こす権利はなくても抵抗する権利はある。
チェンジの3つの形体は、交換してしまうことと、改革することと、予防することだ。
チェンジをしようとする人を処罰することは、その人がモテることにつながり、善しかもたらさない。
ボサンケットは、保守ともリベラルとも立場を明確にしなかったが、その関心は物事の効率性や、金のバラまきかたの研究、教育にまで及んだ。
システマティックなスタンフォード哲学百科事典に魂を売ったのが小野光太郎であり、「一般意思」を明らかにしている。
「私たちはどこに行こうとしているの?」
という問いに答えを出したのだ。
テーマは男の偉大さと、私が崇拝する偉大なる魂だった。
孤独の寂しさ、社会契約の終わり、つまり、結婚生活、学校、国との関係の終わる。
いつか、社会契約が終わるだろう。
斉藤由貴 - 卒業
人々は「チェンジ」「時代の終わり」に慣れていない。
人間の強さは、「チェンジ」に直面したときの強さによって決まる。
女性が外に出て社会生活を営む上ではこの強さが必要なのだ。
海外での生活はそのため非常に有意義なことだ。
国には法律があるし、ショッキングな経験、抑圧がある。
テーマは「女性の自由」なのだ。
自由と法律は両立しない。
女性は暴動は起こさないが、抵抗はする。
チェンジとは、離婚や、環境を変えること、女性の奴隷扱いの変革、色々あるが、女性たちに「私たちはどこに行こうとしているのか?」を示す。
時間は男にしたがって感じるものだ。
私の発展はそうでなければ見えない。
男性の声が女性の時間を作る。
それが理想と現実だ。
敵は、私を戦術的にする。
周りの男が愚かだったからだ。
敵は注意深く、経験に満ちていた。
女性の統合と、個であること、そのためにはそのような男性が必要だ。
これが女性の宗教の起源だった。
聖書は批判のテキストとなった。
イエスも、注意深く、経験に満ちていたからだ。
デヴィッド・シュトラウスが、19世紀に明らかにしてるいる。
なぜ新しかったのか?
U2 - Bad 宗教の起源を明らかにしたとき衝撃が走った。
宗教の起源は、①クリエイション(子供が生まれて、自分は親とも異なる存在として何でもできると思うこと)
②リデンプショション(贖罪つまり、人生に迷うこと)
③レベレイション(星の2500年のポテンシャルのようなものに自分の復活を見いだす、つまり、死の恐怖の緩和の研究)
だけだとされていた。
聖句が、女性の経験や実践とまるでかけ離れていたことから、イエスを「注意深く、経験豊富な敵」とみなす女性サークルが生まれたのだ。
聖書は問題を解決するし、好奇心をそそるし、何かの真実を表現している。
なぜ、聖書は神聖なのか?
インスピレーションを無限のイエスから受けるからだ。
イエスは社会から無視されなかったし、殺された。
通常の男は社会から無視されるし、殺されない。
神は絶対だし、イエスの死により神は永遠になった。
これが、英国国教会の教えだ。
イエスの悪は女の独占だった。
私は女です。純粋、個人。
国は私の結婚を望んでいない。
政治的判断もできない。
偉大な経験(社会からのバッシング)は、他人が言いたかったことを発展させると考えた。
私が「知的だ」と感じることが国を治める。
「一般意思」と「現実意思」があるが、私の「一般意思」は、人々の「現実意思」を自由にする力をもつ。
男性は女の知らないことを知っている。組織は腐っているし、「その人に善をもたらすために罰を与える」はずなのにそうではない。
労働をしているひとが政治家になる。そのような人が問題を解決するだろう。
それが私のヒーローだ。
ハートをRock ♡ 松田聖子
セックスはなぜいけないのでしょうか?
そのための教育はどのようになされているのでしょうか?
知的な男の言葉を聞いて、話を聞いてもらって優しくなるのだ。
森高千里 『渡良瀬橋』 (PV)

2016年8月 6日 (土)

ハプスブルグ家。

この娘たちをどう思う?純潔で可愛らしく、しかし、言っていることは極めてむなしい。
【Full HD 60fps】 AKB48 恋するフォーチュンクッキー (2015.03.09 L

ハプスブルク家は、女の子たちことごとく「リケジョ」(数学や物理学の新発見が好きな女)にした。
興味を持つということは多くの年寄りの学者が取り巻くことを意味する。
ジャーナルやエッセイ集を出すのが目的だった。
カルナップやシュリックは、彼女たちのエッセイを実現することで学者としての地位を高めた。
ウィーンサークルは、木曜の夜に科学だけではなく世の中の出来事を語り合った。
「科学の世界の考え方」というサークルだ。
今でいう「塾」かな。
マクスウェルの悪魔という概念が女性をメランコリーにすることなどをサイエンスから学んだのだ。
言葉のルールは「Lルール」、物理学のルールは「Pルール」と呼ぶ。
言語の完全性を求めたムーヴメントが、言語と物理学の結び付きなのだ。 
エバレットの線形代数と台湾論。

孤立した女の子が彼氏を作っていく世界だ。
学者の目的は奥さんをこのサークルから見つけることだった。

ルドルフ・ラーバン~ダンス。


ベルリンソサエティも似たようなものだった。
彼らは労働者階級が多く、資本論読書会をやった。
資本論読書会。


1936年にカルナップが暗殺されなければヒトラーによるオーストリア併合はなかったんじゃないかな。
団結があったし文化があった。
このサークルに群がっていた学者がハーバードやシカゴ、UCLA に行っている。

女の子たちは「大学への科学」というジャーナルをだし続けた。
有名な科学者の先生と写真に写って賢くなった。
ピュアな体と知性がそこにはあった。
「私はこんな知性的な方を想像してマスターベーションをしているの」
先生が知っている男女の言葉と、高度な男性的学問の世界。
人類の到達点が学者と女の子の間に生まれた。
先生と一緒に写真にさえ写れば私は自由になれた。あとは先生の問題だから。
女は勉強をしなくていいという意味でした。
先生はやる気を出したし、オーストリア・ハンガリー帝国をヒトラーが落とせないと判断していた理由だった。
先生が私のエッセイを読んでいるのなら思いきりなぞかけしてやりましょう。
「世の中のすべてのことを学ぶことは可能ですか?」
「女で痛い目にあった男はどんな言葉を残しましたか?」
「ネクタイに文句をつけたらバカな女だと思うのかしら?」
「人種の問題やファシズムの問題に先生は勝てないじゃない?」
「先生がやる気を出してくれるならば出待ち入待ちもします」

ヨーロッパでは1920年代から60年代にかけてのイデオロギーであったが、私(小野光太郎)は、1989年に代々木ゼミナールでこれを経験している。

女から学んだ音楽作品はすでにあるという批判がなされた。
また、経験しなければ学問ではないけど、若い娘とは関係をもてないだろという批判もあった。
「答えを出すんだ!」
このような保守的なサークルがあったのは事実だが、リベラル左翼陣営もあった。
大学は多様で意味のある場所にしなければならなかった。
大学が弱くなってはならないんだ。
「30代の中頃にどんな言葉を発するかをみたいね」
発言を聞いているのだ。
「人々の争いをどう思う?」
女たちが生み出した虚像がどんな発言をするのだろうか?
あなたの野心をそのために用いたの。
「どこに書いてあるの?」という話が聞けるわ?
私たちは「見れば分かる」と思ってるけどね。
情報源にドキドキするわ。

女は嘘をつくこともあれば本当のことをいうこともある。
「賢くなりたいから」本当のこというのだろうね。
★分析採点Ⅲ★工藤静香★さよならの逆説★高得点★歌詞★

「ほのめかし」はすべての尊敬を求めた。人々の不満が募ったが、女の局部を欲したのは絶対的だった。
馬鹿なおじさんがいないんだろうね。
自分の限界に挑戦して下痢をしたくはないけど、言葉を欲したのだろう。
LルールとPルールの関係はピーピーの下痢にあった。
矛盾してるんだよね。
計算だけではなく言葉が必要だよ。
教科書の言葉に嘘はないのに。
答えを要求しても「局部」としか返ってこないよ。
ルールのある戦いに慣れる必要があったね。
結婚か出産かという問題をどう思う?
女の時間は一本の線だろ。
「願いはひとつ?」
【歌ってみた】真冬の観覧車/水樹奈々
女の体が命と直面するんだ。
本当に産ませたい男は言葉をしっかり書いて自分のことを宣伝してまわるよ。
女の体を見ても感じ方が違うんだろう。
そんな男たちの体を比べてみたけど「固くて速い」男がいるんだよ。
結婚か出産かという問題は算数のような一本の線だね。
男にとっても女にとっても。
将来のことを考えるとどっちが本当のプロポーズになるのかな。
嘘はつかない方がいいよ?
神の前では嘘つかないという指摘もできるね。
サイエンスを語る人にも嘘はつかない。
でも「演じなければならないとき」もあるの。

読んだものを話す分には嘘はつかないよな。お金も集まるよなというスタンスがあった。
ヨハネの事典を読むと世界が広がるんだよな。
女の子を取り巻く学者への強烈な批判だった。
他者の失敗談から学ぶことも可能じゃないか?
B'z 歌詞付き『名曲メドレー』 -PART1-
フリードマンや、リチャードソン、リックマン、ピンコックなどの1990年代の学者はもはや女の子など相手にしなかった。
ワイズマンだけが「証拠」を求めて女の子を相手にしたようだ。
「女の子の研究をするとお金が集まる」という視点を忘れて欲しくないんだ。
でも、もはやいろんなものが完成されていた。
ヒトラーに対抗するための一過性の出来事だったのだ。
読むタイプの学者の方が伸びるようになった。

カルナップにせよシュリックにせよ肉体に自信があったんだよね。
お金が集まる学問であることを悟れなかった女目当てだった。
ルールのある真剣勝負から学んだ人の方が偉いのかな?
ゲーデルは、こんなこと女にできるわけないじゃないかというフィジカルトレーニングを経て女言葉を用いた。
子供に「真剣勝負」について教えられる人だった。
プランクも運動部から、女子サークルを冷ややかに見ていた。
Ami Suzuki Our Days

ボクシング好きのフェイグルか、プロレス好きのフランクに流派は分かれていった。
「どの局面が深刻か?」という探求だった。
結婚生活でもこれを見抜くのは大事だからね。

若い女の子の心をとらえるためにはラムジーメソッドが有効だった。
今見えている風景がすべてではない(ラムジーメソッド)。
それは、自分により高い次元の知的空間を作ることを意味する。
しかし、ラムジーメソッドは「神学的であり、現実の構造の分析を怠っている」と批判された。
だが、世界は段階を上下していて自然に動くものだとラムジーメソッドは考えたのだ。
これに対して、世界は段階ではなく規模であると批判がなされた。
しかし、今見ている風景がすべてではないということは何度も経験してきたと反論した。
しかし、数学や物理学で考えた方がいろんなものが予測可能だと考えられる。
だが、「どんな別の風景が見えているのか?」は当然語らなければならないだろうとされた。
結局、この議論を仕掛けたカルナップの心は知って欲しいというあたりで話は終わるようだ。
パットナムは、人生経験が浅い人も月の満ち欠けを眺めていれば「今見えている風景がすべてではない」と悟るだろうとした。
自分を拒絶したくなる夜にも「異性への告白」というテーマが私を救ってくれる。

ラムジーメソッドを知っている人は男らしいから嘘をつきたくないよね。
上から見下しているようだけど、セックスの回数が違うのならはしかたがないわ。
そういう人からは深刻な話だけ聞くの。
時間空間とセックスによる両思いだった。
神と名乗る男と女の拒絶は本当のことをいうかどうかで分かる。
歩いている人の医学。

意味に満ちているだろ。
男はとにかく演じて女に本音を言わせるんだよ。
アメリカの医学の進歩を待たなければこのイデオロギーは意味がなかったよ。
女性観って何?神って何?必要って何?
この問題と向き合わざるを得なかったのだ。
メンバーがサイエンスへの野心を燃やしたのは事実だよ。
アメリカの医学書はそうやって出来たんだ。
学者たちも楽しんでたよ。
若い女の体と男の完全性が関わるのは明らかだった。
芸術好きの左翼は経験主義的に恋愛をしていたが、女たちは男が語る法則をよく聞いていた(デフレ主義)。
左翼女も挿入に対しては真剣だったのだ。
タルスキみたいな芸術好きはいたからね。
ノイラスは真剣勝負が好きで、世界はこのようなものだという知識を語るのを好んだよ。
タルスキもノイラスも実際に若い女の子と付き合っていたという意味では生産的だったね。
付き合わずに法則だけ語るスタンスもあったからね。
1960年代にクーンが「そろそろ恋愛のサイエンスをまとめようか」といい始めた。
恋愛ゲーム60年史。

若い女の子を集めたから、ラッセルのような右翼もいたし、パチンコ屋のヘルムホルツもいたし男女の肉体の相対性を考えたアインシュタインもいた。
海に女の子たちを集めたブレンターノもいた。
写真家のヴィトゲンシュタインも寄ってきた。
海を売るブレンターノスクール。

新カント派は、結局、女神を生み出したかったのだ。
女神の世界。

女の子が好きな幾何学模様の解釈も発展した。
幾何学模様とキスの関係。

2016年8月 4日 (木)

恋愛マーケット。

挿入、フリーセックスの正当化、団結のために人々は金を払う。
マーケットは、「交換」よりも広い概念であり「値段」を決めてしまう。
アメリカの情報の「独占マーケット」が本ブログでもある。
生む、セックスすることを「経済」と呼ぶ。
家や会社がフォーラムとなるが、家父長制や縦社会がある。
表の顔、裏の顔、さらにはブラックマーケットがセックスにはある。
女がいる男にせよいない男にせよ、どれだけ投資するかが問題だ。結婚はこれを問題にしている。
仲間はそのようにできる。
男に不平等が生じ、マーケット社会主義なども実践されたことがある。
リベラルの立場からもこの「おちんちん民主主義」はマーケットを否定しなかったが、子供を産む装置の適正な分配をしようとしているのだ。
マーケットを決めてセックスするのは当然であるが、これが「私の生活圏」となるべきかどうかが問われる。
シュンペーターが、「市場」という概念の確定に人間のセックスを持ち込んだ。
マルサスとリカードは、「プロ市場」というものを考えた。
オーストリアの影響を受けたのがプロ市場であり、バージニア学派やシカゴ学派が「プロの女」の取引をした。左が「葉月」で、真ん中が「五月」
女のマーケットの近代化が必要だったのだ。
ribbon - 太陽に火をつけて

ヨーロッパ中世にこの女の取引がデフォルトを引き起こしたのだ。
社会民主主義左派や、共産主義者がこれを批判したためにプロ市場が作られた。
貧困を脱するためにプロ市場に出なければならない女もいた。
プロ市場に出た女には敵もいたし、仲間もいた。
これも大人の政治だったのだ。
中森明菜スター誕生

スター誕生がデフォルトを引き起こしたので、現在のプロ市場は東京証券取引所にある。
様々な「調査能力」を東証は高めていったのだ。
女の「性遍歴」まで「すべてのものを考慮する」ものだが、所詮、彼女たちもリベラルに染まっていくのだ。
彼女たちが個人資産をためるために作られた仕組みだ。
彼女たちは「男女の言語」が分かるようになるのだろうか?結婚できるのだろうか?
セックスにより富を得ていくのならば国家によって運営されなければならない。
「匿名の感情に彼女たちはさらされるだろう」
一般人が飢えていても彼女たちは富を蓄えていいのだろうか?この問題からひどい貧困にプロ市場の条件は絞られていった。
もちろん「別ルート」はたしかにある。自由に恋愛をして自由に財産を保持する女もいるのだ。
AKB48 ミニスカートの妖精  AX2011

現在においては、テレビ東京に女性が出演すると株価が上がる。
男が出ると外国為替が円高になる。
これをデビューのきっかけにするのが「プロ市場」である。
テレビ東京のプロ市場。ASAYAN

テレビに出ると友達からの噂話などが手に入るため、それを参考にしているのが現状だ。
最初からお金を持っている女ならば友達は何も言わないが、お金がかかると色々と話してしまう。

堀江貴文は、テレビ東京のASAYANに合わせて時間外取引と株式分割を繰り返していた。
背景にいたのは東浩紀だと思われる。

プロ市場は、女がセックスして金儲けする援助交際を否定するものであるし、いい性格の子が得をするためにあまり批判がないのだ。
しかも、見えざる手により値段が決まり、その人の魅力の通りにパレートに富が移動する。
これは数学では計算できないね。
国が介入する余地もない。
男が社会生活を送る上での「燃料」がお金になっている。
テレビで才能を発揮して日経平均株価に影響を与えるから「タレント」と呼ぶのだ。

2016年8月 3日 (水)

女神社~聖書が読めない口説かれ上手。

女にとって神様とは、最も賢い存在であり、知恵と善良さ、挿入、神聖さ、知性、いつでもいる、力、誰にも頼らない、という特徴を持った男性である。
独立、自立さえしていれば他の完全性も身につくものだ。
優しささえ加わってくれればいい。
神様は心と体を生み出し、さらに心と体をひとつにし、性器も作った。
心は女の体に合わせて作られていたし、真理の探究への限界もあった。
お父さんと私の体の関係も考えた。
「心と体」と「女の体」の違いは、女の体は複雑なアイデアや同意できないことを嫌うことにある。
体は心の性器でもあった。
そして、体はお父さんがくれたものでもあった。
そのために天使だったのだ。
彼女が天使として生きる限り、心は体を支配し続けるだろう。
心は男だったし、変わらなかった。変わるのは体だったのだ。
火が燃えるのは1〜2時間だろう。体が輝くのも短かった。
神さまだけが喜びの発信源だった。
やさしさに包まれたなら。

ふたつの性器がある。心と「いっしょに」である。
心と体はこのふたつと関わっている。
体はなぜ祝福されるのだろうか?
神のオーケストラに従っているからだろう。
男は体を見ているからね。
心は理解力と意志で出来ていた。理解力は混ざり気のない言葉を見分けたし、意志は健康だった。
アイデアは哲学と医学に分かれた。混ざり気のない言葉だ。
4月は風の旅人。

哲学で信頼感を与え、医学で治した。
歩いている人の医学。

パートナーの男を信じていた。
音符で出来ていない言葉は意見と呼んだ。
セックスはどんな言葉よりも素晴らしいものだった。
お父さんからもらった体がお父さんを見失うことがある。
でも、セックスする時は瞑想したの。
セックスしたためにお父さんを見失ったのにまた男を求めてしまうのはもはや混乱だった。
このままでは喜怒哀楽を見失いそう。
confusion.

話を聞いてくれる寛大さを男に求めた。
二人の自由な時間をそのように使いましょう。
男が話を聞くのはセックスの準備でしょう?
お医者さんではないのならば、音符で出来た言葉を話さなくていいから、私の話を聞いて?
蛍の草原。

これらをまとめて6ルールと呼ぶ。
どれかを修正すればいいだけなのが女というものだ。
これが女にとっての神様なんだよね。
「女の心は男で体は性器」
「体はお父さんからもらったもの」
心と「いっしょに」というふたつの性器がある。
「心は理解力と意志で出来ていた。音符で出来ている言葉は哲学でもう一つは医学」
「セックスする男を信じている、言葉は意見に過ぎない」
「意見しかないのならば話を聞いてほしい」

マリボンとメグは、体の成長とともに欲望を生じさせたが、両親の厳しさと、「お姉さんとは違う生き方をしよう」という発想から、
メグはおしとやかに育った。
しかし、愛するとは神の教えだったのだ。
体を売ったお姉さんは北欧に逃げた。
国はどのような性教育をしているの?
これは愛国心の理由であった。
お姉さんが体を売って儲けたお金は神聖なものであった。
しかし、国は「高貴な身分から降りるな」と女子に教えていた。
そんな時に名誉革命が起きたため、女たちは男の金に酔いしれたのだ。
教会は慌てて会議を開いたが、もはや王子というカリスマはいなかった。
「体を売ってしまった私たちを守って!」女たちは語り合った。
ロイヤルファミリーを壊した以上、仕方がないだろ。大人たちは答えた。
マリー・アントワネットはアメリカなどでも演説して純潔を主張したが、アメリカでも革命が起きた。
男たちの金に酔いしれるようになった。
女たちは愛国心を見失ったし、お見合い結婚も批判し始めた。
革命とはそういうものだったのだ。
女たちは性の経験で派閥を作ったし、親たちも困り果ててしまった。
そこで、ルソーは教育改革を始めたのだ。
どんな仕事についてもいい、最後に結婚するんだよ?そのようにルソーは教えた。
女に値段がつく社会での幸せな結婚って何?
アンシャンレジーム(古い体制)は女たちの憧れでしかなかった。
「家族で暮らそう」とお父さんは言った。
商業なんて恐怖でしかないよ。
デタラメ女は北欧に山ほどいるから文学を書きたければ北欧に行け。
フランスにはフランスのルールがある。
ポルトガルもこれに呼応して国を強くした。
ほら見ろ。婚外子がまた自殺したよ。
金に酔った女達も家庭に戻っていった。
女はマンガだった。性器も知られていた。膣から性液が流れる映像は、女は皆同じという発想をもたらした。
女というものが全て分かっているのに「この女は無理」という発想が生まれた。
女は「できない」ことをアピールし始め、自分の体が重荷になっていき、守られることを望んだ。
まりなちゃん。

メグは目的を持った男の彼女だった。
「自分の終わりは世界の終わり」と公然と言い放つ彼に悩んだ。
時にはマンダリンも飲んだわ。
彼は「まあ、こんなもんだろ」と言っては1日を終えてくれる男だったのでメグもいろんなことを知った。
女は男に自信を与える生き物よ?
彼がだんだん力をつけていくのがわかった。私の世界も広がるのかな?
彼がむしろ複雑性を増していったの。
彼は「革命とは何か?」まで理解するようになったし、勝者が歴史を作ることまでわかるようになった。
そんな彼に寄り添い続けた。
ピエールもザビエルもフランソワもお互いの死を願いながら生きていた。
フランソワはとうとうザビエルを殺してしまったの。
でも、フランソワは本当に私が愛した人を残したのだ。
それがピエール。
目的を持つって何?暴力が正当化される時ってどんな時?
フランソワは私に愛されたかっただけだった。
男だけが虚しいゴールを目指していた。しかも、自由になりたいだけだったのだ。
他人の自由に触れてはダメ。
男達は自由競争の世界に解き放たれているから。
自由に説得なんてないの。
私がピエールを愛したのは最も健康だったから。
彼に電話した理由はそれだけ。
ナチスの時代は特にそう。
神がいなければなんでも許されることを知った。
曖昧さを愛する人は健康ね。
自由競争の世界で「まあ、こんなもんだろ」なんてアイツよく言ったわね。
ドストエフスキーが神を否定した途端、男達が全てを見失うのを見たわ。
ハルシオンのない日々が懐かしかった。
子供をどうしたらいいのかわからなかったから。
作家さんって神を否定するほど厳しい仕事なのかしら?しかも、みんなに影響を与えてる。
「我々」と呼ばないで。彼を巻き込まないで!
ピエールは失敗を恐れていなかった。曖昧さを愛するってそういうこと。
そういう人の力になりたいと思った。
いずれ、ガーディアン階級になるのかしら。
Mr.Children。Tommorw never knows.

自由競争って残酷ね。パリはナチスに占領されたわ。彼はあきらめ顔でわがままになった。
ドストエフスキーは国際社会では勝利者だった。
戦争の嵐が終わった後に、またピエールの元に戻った。
彼は心を閉ざし、作り、求めるような男に変わったけど、まだ、曖昧さは愛していた。
ナチスはパリを世界に解き放っていたの。
世界に神はもういないの?
未来だけがオープンでみんなメシアを待っていた。
アウシュビッツの映像も公開された。
認め合うってこんなに大変なのよね。
人の自由に触れてはダメ。
子供をどうしよう。
解釈よ。解釈の時代なのよ!
私はそうやってハルシオンをやめた。
先生を選びましょうね。
深刻な顔をした男は自由だった。男になりきれない男。人に寛大でない男。
暴君で作家。
私たちに心を開かないで!若きナチス。
私が言ったことは文学に見える?哲学に見える?
時代に寄り添っただけよ。
女って生まれるものではなくなるものなの。
体は「できる」っていうけどついて行けない。
男を「主人」と呼ぶことしかできない。
顔が美しいなんて男が言ったらどうする?
マルクスはそう言ったわ?
女たちは一気に落ち込んでいった。嘘も覚えた。なぜなら男たちのおもちゃになっていったから。
パリはこんな歴史も知らないアルジェリアを憎んで戦争もした。
アルジェリアで「簡単な死」を見たときに我に返った。
もっとわがままな女になろう。
年寄りを尊敬しよう。
世界は簡単だと思う。
夢だけみてる。

カトリックが処女/非処女論争を始めたときにはジェノアに逃れたわ。
処女の踊り子がみんなこの地に来た。
女は男と同じぐらいいいものよ?
レディという言葉はこのときに生まれた。
聖書では私たちは権威だったでしょう?
男が女を信じるときがあるの。
でも、それは女の学問にしたがっているのでしょうか?
できないから?男より劣るから?事務ができないから?
【心に性別はないよ】
教授にも裁判官にも牧師さんにもなれるのに。
【なんでできないのかは説明できないんだ】
やってみたけど、出来なかったんだ。
ソフィア(知性への愛)って本当に女に向いているのかしら。
処女自慢しかできないのか?と言われながら戦争に向かっていった事実がある。
乾いた地図。

神と人間の間には三段階しかない。
ミドルサイエンスが真ん中にあるだけだ。
底辺には生き物がいて、頂点には神がいる。
ミドルサイエンスを知らぬ者は「俺のことはお前にはわからない」とミドルサイエンスの側の人間に言い訳をする。
言語がサイエンスではないからだ。
しかも、生き物はミドルサイエンスを「無駄口」と呼ぶ特徴を持っている。

メグは自民党を支持していた。
自民党といっても女のケツは追っかけるし、案外自由にセックスしていたわ。
でも、彼らは私のことを詩にする習慣があった。
だから私は男の法にしばられたの。
セックスするときは神様も信じたわ?
bz.

政党助成金が出るまでは、男たちは詩を作って政治資金を貯めていたの。
神様を信じる男が多かった。
しかも、社会の幸せを願っていた。
法律を作るのが役人よりも得意な連中よ?
ジェームズ1世も、チャールズ一世もそうやって追い詰められていった。
税金をかける力がどちらにあるかを争ったから。
お姉さんが弟にそれを教えていた。
【政府は男のもの】
君主制は好きだったわ。
君主のお気に入りの人というのは必要だったから。
「無茶しやがって」と君主は笑っていた。
「お前なら人々の怒りを治められるだろう」とも言った。
「俺には真似できないんだ」
君主が代わると陸軍や海軍、教会まで変わるけど、詩で伝えなければならなかった。
アン女王とホイッグ党の時代へのノスタルジーもあった。
トーリー党はバカ騒ぎばかり。
革命が起きて、若い子たちが体を売り始めたら詩の世界が崩壊した。
権威が愛について考えられないじゃないの。いい迷惑だわ。
貧しさはいつも革命の原因になるの。若い女の子たちが利用された。
男が考えていることを女が知ることが教育だった。
どんな人脈を使ってオンエアしたのかしら?
女たちは白組ばかり応援していた。自民党ね。
二人の世界は誰もみていない風景だった。
bz.


クエーカー教徒は、女の対等を求めたため、王位継承に関与できなかった。
キリストの乗り物であるときだけ教会について語ることが許された。
女であることを自ら否定、これは、王室と関与した女どもにしか分からなかった。
王位継承のテキストである聖書に対して、「私たちだって法則にしたがっている」「主のキャンドルをあなたの心へ」と主張して影響力を増した。
治めることよりも「生きる、純粋に、永遠に」を重視した。
王でなくても、私たちは神の光を感じることができるとしたのだ。
「ベッドの上での私たちはいつも新鮮」を探求した。
杏里 「Summer candles」
「真面目に考えて?」「探して味わって?」私が考えていることを。
愛し合うことの喜び、イスラエルの種への期待、などの本がある。
心の弱いユダヤ人に自殺を迫られたクロムウェルは彼女たちにキリスト教への改宗を迫った。
これがクエーカー教徒の原点だ。
しかし、クエーカー教徒は、聖書の預言にしたがうのは「最後の日にね!」としている。本物のイエスさまを見た日に本気になるとした。
男たちは「俺こそが生き神さまである」と争った。
クロムウェルは「メシアに期待するな。君たちの内面と向き合いなさい」とも言った。
「私たちを口説きたければ、男たちに認められてからにしなよ」女は言った。
「私たちに純潔を求めるなら、そんなもの抑圧だと言ってくれたハーケンに勝ってからにしなよ」
「夜の月、朝のお日さま、それがすべてじゃない?ハーケンは宇宙を語るよ?」
男はオックスフォードやケンブリッジである必要はないの。神の言葉さえ囁いてくれたら。
勉強する男は冷たいもの。でも、牧師さんには喧嘩を売ってね!
大臣だって怖くないわ。女の前では光は丸裸になるの。
勉強する人は神の創造と発明からほど遠いルックスをしている。
牧師さんは勉強したのではなく聖書から出てきた人なの。
皇位継承から女を排除しないためのマーガレット・フェルの旅だった。
私を野球につれてってくれる人は約束を守るから私をぶたないわ。
軍隊は見せかけの愛と真実ね。
イエスさまは私をぶたないわ。お互いに自由ですもの。
聖書の言葉なんて全部ウソ。彼の言葉から真実を見つけるの。
女の勘が最高の権威
イヴは、アダムの肋骨から生まれたから女は牧師さんになってはダメ。男の声じゃなきゃね。
女の牧師さんは神の魂に動かされてはいないからね。
でも、男の指導者に蜂の一刺しを与えてくれる女の牧師さんもいるよ。
女社会というモンスター体制では、常識的な女の牧師も必要ね。
弱いものが強いものを導くことになるわね。
女の直感が男を導くというのはパウロさまの教え。
女性は沈黙から学ぶ。
女性はセックスしたいときは沈黙するものだ。この観点からも女性の牧師さんは問題だとされる。
神か聖霊以外話してはならない教会で女性が話していいのかも問題となる。
女性のスピーチは、「主にキスしてセックスを諦める」ものとならざるを得ない。
男は聖書に王位継承をかけているけど、女の聖書の解釈は明るいのよ。
女は団結するからね。
クエーカー教徒は、アダムもイヴも神と同じ形で作られたとしたが、それは、イヴが「アダムの肋骨から生まれたがアダムにはしたがいたくない」という意味だとした。
神は女に「女の種」を授けたが、マリアはその種を語ることを禁じられた。
マリアは女の牧師ではない。アイドルだ。そのため、彼女の話はしもべたちの種となった。
人間のファーストクリエイションの時、男女は平等だった。
キリストも男であったが女心も持っていた。
クエーカー教徒の男は女性の支持を得るのがうまかったのだ。
王位継承で殺されるのは男でしょ?聖書に出てくる女性たちは皆、処刑された男に駆け寄るだけ、祝福されてるの。
コリント人への手紙14:34「教会では女を黙らせなさい」
これは、男たちが暴れても知恵で黙らせて、安全をもたらしてくれた女の眼差しを意味している。
男と語り合って知恵というのは育てるものだ。
テモテ2:11「女たちを沈黙させ、女心で感じさせなさい」
夫であり父であればそのような修行の場はいくるでもあるだろう。
暗い僧はおしゃべり女に怒る。しかし、大勝利を経験してみよ。
女は黙ったあとに神を称える歌を歌い始める。
女の牧師は女性と「あなたをこんな目に遭わせた男」について語れるという特権がある。
「男と女はひとつ」というクエーカーの立場に対しては、「実際の私たちはもっと弱く、虚しく、恥を見ているのです」という批判がなされた。
沈黙、セックスというが語りたいことがあるのではないでしょうか?
いずれにせよ、クエーカー教徒は、男女共同参画を目指したのだ。
クェーカー教。

2016年8月 2日 (火)

福岡聖菜~あなたの日記に癒しを。

大学生の皆さんは、結構殺伐としていると思います。
私は、それを中学生の時に経験しました。 
制服を着ているうちは、大人とのセックスは禁止です。
でも、私のツイートを三年日記に書き写してくれるだけで日記に癒しができると思います。
私は「できない、できない」女の子なのです。
私との結婚を望むのならば最後にナイフが出てくるのは知っているので、結婚は望まないでください。
あなたの日記に癒しを与えたいだけなのです。
女心を知るだけでも、社会人になったら出世できるものですよ。
福岡聖菜ツイッター。

日枝神社~天皇陛下の長寿を祈るための場所。

1481172359341.jpg
総本山・日吉大社。


女はみんな挿入にたいして天真爛漫ではない。
このことから、我々は教会を持つ必要があったし、税金を課す必要があった。
人間がひとつにはまとまらないのは知っていた。
しかし、そのような女性たちのために分けあったのだ。
「純潔の方が命は重い」
そんな女からおのずと知識の空間は開かれる。
純潔女はむしろ男らしさを熱心に探求した。
「男らしさって何?」という問題意識を女が持っていると男が育った。
「知性とともに妊娠する」
神秘的じゃない?
その女の初体験のためにみんながひとつになれるんだよ。
その女の一度きりの経験と、その後の複雑な人生のためにみんなが祈った。
女の子は男より先に殺伐とした風景を経験する。
女は目標を持った男を理解しているんだ。
Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

女のことを何も知らない彼とどう向き合おうかしら?
今時、そんな男は神かもね。
私のために勉強してくれる人。
仲間と一緒に芸術を語るナイスガイ。

1470127353509.jpg

日比谷高校。

彼の狙いはどこで結論が出るでしょうか?
男の競争社会がすべてであることを彼から感じるの。
自分の偏差値を露骨に持っている男ってどう思う?
なぜ「獲得」しなければ満足できないのかしら?
人間の個性とは無関係に完成された知識があるからでしょう。
どんな身内に影響されてるのかしら?
おちんちんから学問、そして神聖さに向かうのでしょうか。
女の探求ではなく、男の探求がそこにはあった。
偏差値がもっとも高い男がいい女を奪っていった。
この経験は一生ものなのよ。
女の体を見て高度な知識を学習する男たち。
SNH48第二回リクアワ B03 ロマンスかくれんぼ エンジェル


偏差値の向こうに「大人の知恵」があるのよね。
理想の男を競いあったんだから。
偏差値を愛するものは大人の知恵を愛するの。神秘的だわ。
そんな男に女たちが思いを寄せるの。
今は偏差値だけに夢中になっていればいいわ。
「上達する」ここに知恵の秘密があるのよ。
男はどんどん変わっていく。
最高の学問は「女心」なのよ。
でも、男はそれを知る前に「神秘的経験」をするのよね。
お母さんに紹介できる女だったから?
おばさんに似ていた?
女を愛するのが前向きなのは事実よ。
「どう?真実を知ったでしょう」と女が言ったらどうするの?
kiss and music - Perfume

それでも男は生きることをやめないのよね。
「あなたが私のために何を形作ったかを忘れないでね?」
あなたは中途半端だったことを知ったでしょう。
でも、これで何かから自由になったわ。
さて、神とはなんでしょう?答えてみて?
「言葉にできないことも知ってる」
それでは結婚しましょうね。
女心を知ることが社会の序列なのだから。
これが男の限界への挑戦と女の計算だったの。
あなたは神を証明しようとしたの。それはもはや信仰よ?
偏差値はまだ「無意識の神の知識」だけどね。
偏差値に矛盾はないし、それがあなたなの。
そこに神が見えたことを知ってる?
誰にでもできることではないからね。女の体が生み出すものが偏差値よ。
あなたが「女」を信じているのが分かる。
どう?不完全だけど神がわかったでしょう。
大人になっても経験する作業は「似ている」ことを忘れないでね。
上達することを「信じた」ことが大事だった。
偏差値はあなたの行動が生み出しただけではなく、あなたが自分に命令を出したから生み出されたもの。
よく、こんな宗教ができたと思うわ。

偏差値の時代はいつか終わるのよ?でも、仲間と語り合ったでしょう。
アリストテレスがこんなことを考えたということを忘れないでね。
終わったら仲間もできたでしょう。男女交際をしましょう。
女の普遍性がキャンパスライフにはあるわ。
アリストテレスのゲームではあなたは男らしかったもの。
あなたは自由になったし、誰の助けも得ないで偏差値と向き合ったのよ?
大学受験って全員が信者なの。
この世界を生きて何人の女があなたに祝福のキスをしたかも忘れないで。
キリスト教はあなたの歓喜の瞬間しか見ていないわ?
偏差値という自分だけの楽しみから、女の探求という人間の研究の世界に旅立ちなさい。
神のもとにある体制が理想なのだから学歴社会なのは当然じゃない。
でも、勉強ファシズムもフリーセックスも否定しているはず。
男という概念がいかに安定するかが大事ね。
アリストテレスのゲームに燃えたことがある、これを見ているだけ。
いいことと悪いことの区別がつけばいいのよ。
どうしても越えられない壁を永遠の法と呼ぶの。
大人たちは子供に前向きになって欲しかっただけだし、越えられない壁も知って欲しかった。
人間関係がうまくいかないと偏差値も伸びないしね。
「これで外国から侵略されなくてすむ」という思いもあるの。
偏差値と挿入を結びつけたのがカトリックの正体なの。
暴力的な思想よ?
結婚とも結び付いているし、国連もこの思想を推進している。
「世の中で優れているって何?」この問題を解決したかったから。
偏差値BOY(うしろゆびさされ組)弾き語り


これさえ理解して尊敬してくれたらカトリックはリベラルを否定していないのよね。
アリストテレスはキリスト教の確信だったから。
一生懸命になった若者を認めて欲しかったし、政治的リーダーだと考えて欲しかった。
そのうち「人々の心」を語り始めるからね。
人々のコミュニティーってそれほど儚いものなの。可能性に賭けているだけ。
バラバラの世の中でひとつになった瞬間だけは忘れないでね。
どんな芸術にすがったかを聞いてみると面白いよ。
アジアやインドでこの思想が急進的になったのよ。
カトリック教会は彼らのために祈るだけ。

2016年8月 1日 (月)

相続について。

やしきたかじん やっぱ好きやねん 高音質

相続について。

残されたものが生きていきやすいようにキュー(合図)と情報を送るものだ。
死んだ人の一神教の世界が相続だ。
発端は生物学にある。細胞の外に何があるのかという問題だ。
メンデルが遺伝を見つけたときはみんな信じたよ。
「似ている」というところに相続の理由を見出だしたのだ。
娘が表面的には似ていたのは嬉しかったね。
X遺伝子こそが相続の理由ではなかろうか?
「細胞分裂の段階で俺の遺伝子はものを言っているはずだ」
遺伝子至上主義から相続は考えられた。
一方で、霊長類の主として文化に介入しようという発想が遺伝子以外の理由として生まれた。
「俺が神になる瞬間なんだ」
どんなに複雑な伝わり方をしても「似ている」って大事だよ。
しかもそいつが「選ばれた」のならばすべてを残そうと思うね。
「俺の話をよく聞いていたな」
進化を夢見ているんだよ。
俺が進化するなんて信じられるか?
この動きと金の動きが似ている。
「出産の謎」がこれに絡んでくる。
出産の時の「俺のコピーだ」という喜びがあったな。
妻と共に進化を作り上げた(エボデボ)という気持ちがあったんだ。
たくましく生き抜いてくれ、応援する。
男は勝手に生きていくけど、女の子が応援を必要としている。
そんなもんだろ。
妻への思いも混じっちゃうからね。
出産に進化が加わって相続という仕組みができた。
母体を通じていなければ相続はないよ。
「似ている」論と相続を結びつけるのも楽しかったし、「オヤジが言っていた」論とも結び付くことが可能だった。
母体から出た論と、群れをぶっちめた論に分類することも可能だ。
特権階級は後者を好むね。
群れをぶっちめた論なんて情報源しか見てないよ。
いい根性したやつは情報源を確保しているんだ。
俺好みの情報を持ったやつは俺好みのミトコンドリアから出ているんだ。
根性で相続したものは、「リミッター解除」をして遺伝にこだわらなくなる。
役に立つやつに金を流すようになる。
「似ている」論は可愛いかもしれないけど進化とは関係なかったのだ。
言葉を真似している、仕草を真似しているだけで相続するものもいる。
「似ている」論は、「いい根性してるな」論で代替可能であることが分かったのだ。
縦の遺伝ではなく「横の遺伝」というのがあって、つまり「学び方」なんだよね。
人間の内蔵ってみんな同じだろう?女性観や俺が熱中したことの方が大事なんだ。
「似ている」論がリミッター解除をもたらすのは事実だが、女の子の場合だろ?
男は「卑怯な野郎だ」と思われたら終わりだな。
妻への愛が相続の起源だとする説もある。
人が死んだら、女性への優しさと、隣人の登場を考慮しなければならない。
お金が生じたら、それは女性にとって優しいものであるし、選ぶ圧力が生じる。
女性を優しい気持ちにさせたのは事実だ。
死んだ男も身内にはない優しさを感じていたのだろう。
深刻なときは出産がものを言うけど、のんびりしちゃうと関係なくなっちゃうんだよ。
のんびりした関係がいちばん金の選択に食いついてくるんだ。
一度味をしめた女は新しいターゲットを探すよ?
「似ている」論や「いい根性しているな」論、「俺が熱中したもの」論などの異なるシステムがお金に群がってくる。
遺伝って何だったのかなあ、という問題を文化に訴えかけることになる。
「自分の脳に似ているものを残したい」
人間とはのんびりしているときに相続のことを考えるんだ。
この女とも子孫を残す可能性があったのかなあ?などと考える。
本来、遺産とはそのようにして世間に拡散していくものなのだ。
人間が最後に考える進化とはそのような「子孫の可能性」であり、自分に似た者へのあくなき探求なのだ。
最後にそれに近づくのが遺伝子であるにすぎない。
「俺みたいに無理をする必要はないのにな」という思いはある。
「俺に似た男」が結局、進化だったのかとも思うようになる。
無茶苦茶な人生も見たし、俺がいちばんいいんだ。
両親のセックスから生まれ、それと同じであることを知り、偏見なく女を抱けるようになり、生物としての役割を知り、安定して女とセックスできるようになる。
つまり、五人の女が登場する。
さらに、セックスで暴力をふるい、金を払い、女とセックスしても自分の体制が壊れないことを知るのは8人目の女だ。
9人目の女(セックスしたのは8人)で生き物の役目は終えるよ。
「死ぬ直前に暴れないように気を付けな?」
その頃には自分の満足も女の満足にも限界があることは悟るけどね。
この過程を経て相続というものはあるのだ。
人間というのもこういう生き物だったんだと思うね。

オオヤマクイとタマヨリヒメ。

オオヤマクイとタマヨリヒメは、光太郎と清子である。
オオヤマクイは、大宮神社に祀られ、タマヨリヒメは宇佐神宮に祀られている。
山王祭で二つの御輿が交尾をして、産屋神社で子供たちが生まれる。
山王祭は天皇を祭る神祇カルトが運営し、二十二社がこれを取り巻く。
この仕組みをしっかり理解して、光熱費の契約無料化を推し進める必要がある。
神社の沿革を知ることだ。
神祇カルトなのか、一宮と総社なのか、二十二社なのか、八幡ネットワークなのかを知ることだ。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »