最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 戦争について考える。 | トップページ | 「愛」再び。 »

2016年7月13日 (水)

パチンコ~本日の一番乗り。

質問事項。どのようなアブノーマルなメンタルコンディションにありますか?

自分と社会の「非対称性」について語ってください。

通勤通学をしている人は命を燃やしていますが、何が分かち合えないでしょうか?

あなたはこれから怒りを落胆か興奮に変えようとしています。意気込みを語ってください。

最後の質問。「女」について語ってください。

ファインエモーション! (Fine Emotion)

相手が怒った場合の質問事項:怒りと哀しみの違いは?

怒りはあなたの憲法だ。

家族とは情けの学問だ。

10月10日(土)三浦海岸アビバ。

質問「怒りを店にぶちこんで興奮か落胆に変えて社会に送り返すんですよ」

一番乗りのAさん「いいこと言うじゃん」

質問「バンクロール(銀行の役割)と言って、ラスベガスとここの違いは銀行を使うかどうかなんですよ。データさえとれれば銀行を使って損をするビジネスをやってもいいんです」

一番乗りのAさん「そうだな。興奮か。増えればいいな」

質問「順番待ちは退屈でしょう?天地創造と言うんですよ。こんなんじゃ地球は7日間でできます」

一番乗りのAさん「退屈じゃねえよ」

質問「その腕は骨折したんですか?」

一番乗りのAさん「骨折じゃねえ。神経だ」

質問者「それは私の専門です。朝、三ついいことを考えたでしょう。コーヒーとパチンコ、そしてもうひとつあったはずです。何ですか?」

一番乗りのAさん「・・・・」

10月13日(火)三浦海岸のアビバ。
質問「俺の弟がパチンコ会社の社長をやってまして」

一番乗りのAさん「いいから話しかけんな」

怒りの哲学は、人生を信じ、力を信じ、世界を信じたから生じた学問だ。
命が膨らんでいく宿命を信じた。
これは40歳のニーチェにとって「自己批判」しなければ思い出せない世界だった。
中年のニーチェにとって若い頃のドイツロマン主義を思い出すのも楽しかった。
力の源は、パチンコのクリエイティビティーに向けられた。
しかも、力の源は健康的なものだった。
片想いの太陽崇拝はある意味、不健康だった。
「オオケンも二分で昇天」こそが芸術のエネルギーだった。
「もう死んでもええ」(トラジックスピリット)は永遠の味だった。
知性のないものをトラジックスピリットにぶつけて真実を発見する。
実際の女はしらける。だからニーチェはエロ本やアイドルを使った。
ニーチェの言う真実とは彼女の安全を守ったり、実際の役に立つ知識を意味した。
人間の力を乗り越える力の源泉はそこにしか見えなかった。
「真実」だ。子孫はそのあとに残るにすぎない。
みっともないその時の己の祝福。
デビッド・シュトラウスは、「俺も告白しよう」言った。
「それは自然の摂理だよ」
歴史の発展のための滑らかなオイル。
しかし、「女の究極の瞑想」を無視するな。という意見も出た。
だが、命と知性のどっちが大事か?と議論された。
知性はのちの命に伝えられる。
こうして「もう死んでもええ」と命をつなげた。
松田聖子(Seiko Matsuda)|抱いて・・・
ニーチェにとって、ワーグナーを子供に伝えることが大事だった。英雄物語だ。
人間、あまりにも人間過ぎる。
ニーチェは自己批判を踏まえて「システム作り」に没頭した。
人生の酸いも甘いも。
これを考えると「もう死んでもええ」だけではなく「痛み」が力の源になっていることが分かった。
敵がいると力がみなぎってくる。
ホメーロスを基盤としたアゴンが権力への意思だった。
車に乗っているとき、釣りしているとき、いろんな場面での心のムーヴメントイメージをホメーロスは詩にした。
密教世界

ヘルムホルツ「幾何学模様を経験してみよう」
上から下に、右側を上に。
勢いと障害物。
これが流体力学でもっとも人を興奮させることを明らかにした。
ラジオのボリュームの上げ方などにエネルギーの感覚が表現されている。
目で見てそれを楽しむのだ。
それが人間の右と左の感覚だ。
二つの目で一点を見つめることが大事だ。
二つの点で一点を見つめることを「純粋な直感」という。
片目の人はパチンコをやらないだろう。
1845年にミューラーラボラトリーでこの研究が始まったのだ。
無意識への介入の研究だ。
それが「独立した男」の指標だったのだ。
二つの目の前に人差し指をかざして月と見比べてみればわかる。
これが二つの真実のシングルイメージだ。
興奮させる知的空間はこのように作られる。
二つの目の神経の終着点が場所の意味を知ったから喜ぶのだ。
すべての喜びのデータは「私の指」にある。
そして喜びのクォリティーが我々の神経システムだけにつながっている。
男が鏡でひげを剃るとき、鏡の「反転への適応」をしている。これは子供には分からないものだ。学習するものである。二つのビジョンにひとつの真実をいろんな見地から議論する。
片目をつぶって人差し指と風景を見比べてみても立体感がないだろう。
両目でやってみると立体感がある。
それでは「鏡に向かって片目をつぶってみる」という試みをやってみよう。
酒井法子「鏡のドレス」
世の中は、男と女の世界だ。
反転も男と女の研究だ。
幾何学模様の風土誌研究をヘルムホルツはやった。
「私は自由だ」という格言は回転にある。
ゴッホの「糸を紡ぐ女」もひたすら回転を眺めていた。
最後に一点に流体力学が収斂していく。
残虐なエネルギーも最後はこの程度か?と皆が思うのだ。
椅子にじっとしていることと、ルールがあることから人間はカッカカッカと熱を持ってしまう。
「幾何学模様に女の絵はいらない。まるでパチンコ台に挿入しているみたいだ」

1468404174820.jpg
パチンコ台のイメージ写真。

俺の人生はこんなに障害物に弾かれまくっていたのかと思うね。
これが英雄なんだ。若者よ、BGMを聞け。
電磁力の「力」を音楽を乗せるんだ。
右翼もこの世界に興味を持ったのは事実だよ。
【エヴァ破】翼をください


パチンコをやるときは、妻から学んだものを考えているし、なぜか下痢をしないんだよな。
親父のことも忘れてしまうし、一人で生きていこうと思ってパチンコ屋をあとにするんだ。

1444610502350.jpg

一番乗りのAさん「昨日は五箱出て怖くなった」

質問者「糸を紡ぐ労働時間の圧縮にみあわないマネーだったのでしょうか」

息子に伝えたい英雄物語。ワーグナー。
「ゴロツキの息子よ、俺の怒りを知れ」
BGM にどうでしょうか?
世界は治まる場所ではない。地獄もあれば邪魔者もいる。
終わりのないほふく前進。
上層部が気がつくかどうかだ。
フラストレーションに満ちた人々に。
この発想がワーグナーを生み出した。
人間の経験を越えた男。デカすぎる理想。
タンホイザー序曲 / Tannhauser Overture :Wagner

ホールという大きな空間、そして台という小さな空間、そして幾何学模様へのn回の落下。
そこに肉体が独立して存在している。
台を変えるとはどう言うことか?
動かない男という右回転。固くて垂直な縦の軸。そこに自分の肉体との距離が決められている。
n回の数は挑戦者の資格。
幾何学模様の違いは機種を変えなければ分からない。
固い動きにも違いがある。

エネルギー保存の法則というのがあり、マシンには動きがあるが、生きた力(バイタルフォース)は人間の肉体にしかない。
カエルで実験したところ、物理学的エネルギーはメタボのカエルの方が強かった。
しかし、熱、光、電気はメタボとは関係ない。
消耗しない重力、消耗するメカニックの力。
これと人間のメタボが関係ある。
人間は「永遠の動き」を拒否するものだ。
ポテンシャルのない動きは悪意に満ちている。フリクション(摩擦)こそが面白いのだ。
また、ボルテックスラインの長い「巨大パチンコ」なども面白いだろう。
ボルテックスラインをフリクションもなしに落ちることの悪意を体感することができる。
田舎の看護婦の憧れ、安倍晋三内閣総理大臣という構図も、ボルテックスラインをまっ逆さまに落ちるメディアの悪意なのだ。
発信源を変えるな。いずれ共鳴に変わるということもパチンコは音楽から学んだ。
同じところにあて続ける。
それも悟りというものだ。
プライムトーンは鍵盤の数だけあるが、どれかを選ぶ必要がある。
だが「その時聞きたい声がパワフルに響く」ということも忘れてはならない。
パチプロに乱れた打ち方をするものはいない。
世界ランキング2位の巨大パチンコに連チャンが来たのがたとえば本稿が参考にしているスタンフォード哲学百科事典だと思えばいい。
ベルリンスクールはピカピカ光ることと、磁力の存在を指摘した。経験では分かっていても、電磁波というものが分からなかったのだ。
パチンコ台がピカピカ光ることと電磁力の議論には若き日のアインシュタインも参加したようだ。
ラジオウェーブも電磁波だったために参考にした。
パチンコをやる人が球ではなく光る部分を見るようになったことは物理学界のターニングポイントであった。
光るものとの距離を変えながらパチンコをやる人は興奮しているのだ。
知覚の真実、これがパチンコにおける基礎研究のものの考え方だった。
球の速度か勢いなのかは議論があるが、熱力学の問題であり、エントロピーとなって拡散する。
電磁力の問題と直面したときに、ヘルムホルツは、なぜ人は電気に近づくのかを考えた。
パチンコ台と、自分の力が均衡がとれたときだった。
このときに、機械が発する音(ラジオウェーブ)も変えてしまうのだ。
 


自腹も切らず興奮するとどうなるか?
負けて喜ぶもの、精神錯乱を起こして時計を見るもの、飯を食い忘れるもの、なぜ、人々はパチンコで興奮するのであろうか?
パチンコチャレンジ 24時間で10万発出せたら100万円

« 戦争について考える。 | トップページ | 「愛」再び。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パチンコ~本日の一番乗り。:

« 戦争について考える。 | トップページ | 「愛」再び。 »