最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« これから正義の話をしよう。 | トップページ | 戦争について考える。 »

2016年7月 8日 (金)

民進党への寄付のお願い。 

まあ、私は労働者を見てこのブログを書いているんですよ。 
取材先の病院も民進党支持だし、民進党本部の仙波さんの了解も得た上で、寄付のお願いをしたいと思っています。
雑誌を読んで政策を練るのは18世紀の政治であり、怖いおっさんの話を聞いて政策を練るのは20世紀の政治である。
しかし、私は2005年に世界に公開されたスタンフォード哲学百科事典を参考に政治をやっています。  
どうかご理解願います。 
民進党への寄付。

朴槿恵大統領は、父の朴チョンヒの代からチョイスンシルのファミリーと親交があった。
しかし、チョイスンシルは「シャーマン」として、子供も夫もいない朴槿恵大統領に介入し始めた。
チョイスンシルは、K-Sportsや、Mi-Rなどのスポーツの勝敗に介入するために68億円も庶民から寄付を募った。
韓国においては、大学受験とは「人生をかけた勝負」であるのに娘を裏口入学させ、韓国の学歴社会を流動的にしてしまった。
朴槿恵大統領の罪は終身刑に値するものだった。
しかし、大統領に空席ができたら60日以内に新大統領を決めなければならないため、与野党ともに準備しきれないのだ。

« これから正義の話をしよう。 | トップページ | 戦争について考える。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民進党への寄付のお願い。 :

« これから正義の話をしよう。 | トップページ | 戦争について考える。 »