最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 京都学派と戦争。 | トップページ | 本ブログの資金メカニズム。 »

2016年6月23日 (木)

アイドルの探求と眼鏡。

眼鏡を考えたフランシス・ベーコンは、アイドル研究家だった。
このことから、アイドルと結婚した男とメガネについて見てもらいたい。

アイドルと結婚した男。

フランシス・ベーコンにとってアイドルとはクイーンエリザベスであったし、メリークイーンオブスコットであった。
恋愛対象の女性との距離感を間違えると視力が悪くなるのであろうか?
年を取ってから結婚したし、眼鏡を考えたので金には困らなかった。
科学者だったし、発明が好きだった。
反射のゆがみさえ理解すれば普通に女を愛せることを知った。
女が間違った現れ方をするから眼鏡が必要になるんだ。
アリストテレスが現実の女を愛したことは素晴らしかったよ。
しかし、想像の世界の女を愛することも素晴らしいことだった。
「科学の新しいシステムを作りたかったんだ」
物理学から「女性観」を作り上げたんだ。
もはや魔法や錬金術だったよ。
女性芸術は前向きだったんだよね。
サイエンスによって男の女性観を変えたのは間違いなくフランシス・ベーコンだった。
偏差値BOY/うしろゆびさされ組

キネマという魔法は、16世紀から17世紀にかけて作られたものだ。
眼鏡をかけて遠くの女性を見る、これはもう宇宙観だったのだ。
天国に近かったが、子供のことを考えていなかった。
地球と絶対的真理の空間には火と硫黄があり、目に悪かった。
そのような構図があったのであり、極めてスピリチュアルなものだった。
女の選挙がいつでもできる化学だった。
現実の女から学ぶ方法と、適度にアイドルを楽しむ方法がある。
一生涯、アイドルと共に生きるという境地はまだ誰もやっていないよ。
どうしても壊せない高潔さが興奮状態に達する。
女の探求が実は複雑性を増しているのだ。
命のないものに命を与えるのだ。化学反応を引き起こすに決まってんだろ。
これも、宗教改革だったんだよね。
女が生き生きと描かれた瞬間、空気が反応しないわけないよ。
女に快楽を与えられる男なのか?女の夢を否定できる力量を持った男なのかは問われるだろうね。
面倒を省いて天国を経験しているんだよ。
心に影響を与えるのは水星であり、東へゆっくりと進む。そして硫黄が影響しあっているのがわかった。
宇宙のカバラとも関係していることがわかった。
マグナと呼ばれる女の怒りのひとつとなっている。
【勉強がはかどるようになったんだ】
古典から現代までのあらゆる議論の理由や考え方を生かして「世界観」を作った。
経験から学ぶ「帰納法」では片っ端から女と付き合って心の感覚を呼び掛けた。
そのため、男女の法則しか帰納法では分からないことになる。
When a Woman Loves a Man/レベッカ

« 京都学派と戦争。 | トップページ | 本ブログの資金メカニズム。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドルの探求と眼鏡。:

« 京都学派と戦争。 | トップページ | 本ブログの資金メカニズム。 »