最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 少女マンガ「嘘つき裁判」 | トップページ | アベノミクスに悪影響を与えた二人。 »

2016年6月 6日 (月)

有効な企画立案と皇室。

まず、女性週刊誌を読むだけでは有効な企画立案ができないことを知る必要がある。
雅子さんには息子がいて、弟として戸籍に乗せられていること。
息子(戸籍上の弟)はすでに結婚していること。
娘は確かにいること。
娘は独り暮らしで、雅子さんと皇太子は雅子さんが33歳の時に離婚している。
偽物の「双子の妹」にしゃぶりつくされたこと。
小和田恒はすでに故人となっていること。
秋篠宮は、妻とはすでに別れたこと。
現在は、地方のローカルアナウンサーと付き合っていて家族を捨てたこと。
秋篠宮は雅子さんと再婚する意向を示したが、雅子さんはこれを否定したこと。
このような情報ギャップを知らないと、皇位継承は理解できないことを知る必要がある。
明治天皇は、福沢諭吉だ。ネームバリューで悟ってほしい。
大正天皇は、英語を武器に庶民たちに「遠き落日」と言わせた野口英世だし、それを退けた昭和天皇は、寿司やカレー、ラーメンをもとに源氏物語を書いた丸山真男であった。

« 少女マンガ「嘘つき裁判」 | トップページ | アベノミクスに悪影響を与えた二人。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有効な企画立案と皇室。:

« 少女マンガ「嘘つき裁判」 | トップページ | アベノミクスに悪影響を与えた二人。 »