最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 | トップページ | 有効な企画立案と皇室。 »

2016年6月 5日 (日)

少女マンガ「嘘つき裁判」

刑務所では囚人は役割を演じなければならない。
「女の場合」
【私にもわからなかったことが裁判で分かる】

①個人主義が嫌い。
②権威におべんちゃらを言う。
③裁判所は帝国の側にたつ。
④どんな法律ならばしたがえるの?孤立しないこと。
⑤笑い。
⑥命令。

「林真澄」
あなたはカレーにヒ素を混入しましたね?
個人主義が嫌いではなかったのですか?
はい、個人主義は嫌いです。
あなたはセックスが仕事だったから孤立したのです。
【死刑】

「酒井法子」
あなたは覚醒剤を使用しましたね?
個人主義が嫌いではなかったのですか?
はい、個人主義は嫌いです。
世界で二人だけだったのです。
【懲役三年執行猶予一年六月】

「松本知子」
あなたは落田耕太郎さんを殺害しましたね?
個人主義は嫌いではなかったのですか?
はい、個人主義は嫌いです。
だから集団でリンチしたのです。
幸せが憎かったのです。
【懲役六年】

« 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 | トップページ | 有効な企画立案と皇室。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少女マンガ「嘘つき裁判」:

« 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 | トップページ | 有効な企画立案と皇室。 »