最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 外科の研究。 | トップページ | ゲーム理論(恋愛ゲーム60年史)。 »

2016年5月 5日 (木)

おじさん、おばさんの研究。

馬鹿かお利口か分からない。
その曖昧さの研究が「おじさんとおばさん」の研究だ。
両親を大事にしつつも、その兄弟とはなんだろう?
おじさんに恋した女の子。

中華人民共和国と台湾の問題をアメリカ合衆国は「戦術的曖昧さ」という作戦をとっている。
「おばさんは来るかもしれない」

おばさんってどのおばさん?
さかなクンは、おじさんよりもおばさんの方が旨いと言った。
多様な体を我々は見下している。

« 外科の研究。 | トップページ | ゲーム理論(恋愛ゲーム60年史)。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

2CHに居る先生ですか?
違う人かもだけど
返事来ないのかな。。

なんで台湾問題におばさんが出てくるの?台湾ってつまりおばさんってこと?わかんなーい私。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439553/65325777

この記事へのトラックバック一覧です: おじさん、おばさんの研究。:

« 外科の研究。 | トップページ | ゲーム理論(恋愛ゲーム60年史)。 »