最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ランケ~歴史哲学。 | トップページ | 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 »

2016年5月23日 (月)

浄土(ピュアランド)の探求。

日本国はピュアな女の探求がしやすい。
「浄土」である。
AKB48 アボガドじゃね~し... 指原莉乃 渡辺麻友 TOKYO DOME 1830m

阿弥陀仏陀の「ない」から日本国の「怒らなければいい」という浄土は生まれた。
カール・バースは、日本国のアイドル崇拝がキリスト教社会の宗教改革よりも進んでいたことを1961年に報告している。
マハーヤーナ仏教はプロテスタントよりも進んでいた。
本物でありオリジナルなものだとされた。
恋はくえすちょん。
浄土の伝統があったから諸外国に「親日派」が生まれた。
応神天皇(ホディサットバ)がこの世界を批判した。
「女はもっとレッスンしたほうがいい」
女のヒステリーが治るんだよ。
女がヒステリーを起こされなければもはや涅槃だな。
レッスンのことをボディサットバプラクティスと呼んだ。
モーニング娘。セクシーボーイ。
サムライの心には常にこの世界があった。
主君が「モテるサムライ」を重視したのは事実だ。
五輪書とは、与えること、仲間が多いこと、忍耐強いこと、努力すること、女心を知ることを示したものだ。
その上で知恵を得ることをシックスパラミタと呼んだ。
仏像とそれに残されたコメントをどう考えればいいのか?
これをキリスト教社会の側から説明してみた。
経典まで読んでみた。
仏教が作った「ドラマ」が多くのエスニックの宗教に与えた影響は計り知れない。



男女の数学の世界。

女にどれだけ詳しいかを確かめたい。


ゴータマのドラマ作り。


ギリシャ哲学がピュアランドを作ったのは明らかだ。イエス・キリストと同じ論理を持っていることになる。
「究極の内省」とは、女のことを考えることだった。
女の単純さを男が知りたいというのは禅の基本となった。
戦争の神、応神もこれに関与している。
阿弥陀仏陀のドラマ作りは、二世紀には中国に伝わっていたが、そこから六世紀には日本で詩が作られた。
ピュアランドの誕生だ。
八千本のドラマが一世紀にインド北部にあったんだよ。現在の日本国では法律学における判例を基盤にドラマを作るようだ。
中国でもドラマに関するコメントは多く残されたが、日本は急進的だった。
酒井法子 1億のスマイル 1988-05-18

応神天皇は、つらい男の人生を描いたし、彼は悪い教えを知らなかった。
「悟れないなあ」という動画を用いた。
「なんか目が覚めるんだよな」
「生まれ変わったらこんな人生になるんだろうな」
「本当は苦しみを知らないんでしょう?」
サクヤムニも彼の復活に協力した。
妹とセックスするなよお侍さん。
侍が妹に優しいというのは「偉大な世界観」だった。
生きている者に情熱を与えたんだ。
「この人がお父さんになるのね?」
自然に「来た、見た、勝った」人生だった。
坊主は、侍にこれだけ教えれば良かった。
男はつらいよ名場面集


法然がサクヤムニ仏陀という女性のボディへのペニトレーションを考えたときは革命だった。
勇者ボディサットバ(応神天皇)と、サクヤムニを年寄りが想像する分には害がなかった。
「南無阿弥陀仏」(所有しあった男女のパワー)
18回目に本気で頭を下げる。

Odin-オーディン-/LOUDNESS

オヤジが勇者を演じた。それを戦国時代と呼んだ。
浄土宗は、中国でも専着本願念仏宗というものを作った。
生きる死ぬはセックスと関わっていたし、悟りにつながった。
英雄との情熱に満ちあふれていた。
祈りにも集中できた。
自分の世界で思うだけならば敵も作らなかった。
生きる死ぬの問題ならば音楽は意味はなかった。挿入まで考えたのが法然だった。
阿弥陀が日本の仏教界の主流になった瞬間だった。
法然はいろんな人生を歩んできた男女のアイドルになった。
妹と接するように女と接する、このような政治活動を「常行三昧」と呼んだ。
女がヒステリーを起こさず、男が常行三昧することを浄土と呼んだということなのだ。
これがうまくいったときに専修本願念仏を唱えた。
浄土宗は親鸞、上空、一遍などの偉大な僧を出した。
日本国が外国の学問に寛大になったのもこのことによる。
酒井法子 トライAgain.




東アジアの政治の伝統となっている。
サクヤムニブッダは、エリートの話を聞きながら「私の人生はもっと苦痛に満ちているのにな」と思った。
「エリートは裏切りを知らないんじゃないかしら」
10回、女子会で南無阿弥陀仏を唱えればいい友達もできるのがエリートだ。
18回目で本気でとなえろとも言われる。
年寄りが若さを取り戻すことを即弁往生と呼んだ。

「仏陀はもっといろんなものを癒したよ?」批判が浴びせられた。
鎮西も、サクヤムニへのファックだけではないだろ、と怒りを露にした。
しかし、今までの悪業もすべて救いになった。
異性との経験がなければ、死の瞬間のエクスタシーが分からなかったのだ。
日本人が頭を下げる習慣は阿弥陀仏陀に頭を下げることから生まれた。
まるで赤子のように父や母に祈るんだよ。
10回唱えただけではエクスタシーは得られないよ。

1464003180694.jpg
法然上人。

真剣に祈ったとき、父や母にすがったときに「他力本願」と呼んだ。
女たちがピュアだったから成り立ったのかな?
なぜこの国に生まれたのか?生まれて染まっていくことのない世界を描くことができたし、しかし、誰もセンターを望んでいない。
【MV】翼はいらない Short ver./ AKB48[公式]

サクヤムニは、綺麗になれと女に教えたが、仏陀の甥のダイバダッタは、そのために父を殺してしまった。
ダイバダッタの母のバイデヒは、仏陀に、女とは何かを教えていた。

親鸞は「寅さんみたいな男は人に裏切られながら生きている」として、ドラマに迫力を加えた。
また、新人が出てくると、その阿弥陀に女たちは「頭を下げた」とされる。
彰晃は、新人になるか排除されるかというオーディションの研究をした。
ドラマに死を持ち込んだものもいた。
「悔いが残った」という経験も重視された。
親鸞は「自分が生まれた意味が分かったら念仏を唱えなさい」と言った。
親鸞はひたすら主人公の前に障害物を置きつづけ、「泣きわめけば解決するものではないよ?」と教えた。
無知ではないフリーセックスを親鸞が唱えたのだ。
Rebote, La chica que no podía adelgazar 1

【盆栽】
盆栽は、平和や落ち着き、決意や忍耐強さを学ぶのにいい。
毎日育つが、メンテナンスはさほど必要ではない。
生きるのも育つのも簡単だ。
単純に注意を払って、一日一回見ればいい。
盆栽は、私を見てくれ、触ってくれと言うし、いい匂いがして人を笑顔にするものが最高傑作だ。
フルサイズの木を小さく育てているので、栄養を見たりする。
庭園にフルサイズの木があるので比べてみよう。
消坪(3~8cm)
使途(5~10cm)
豆(5~15cm)
商品(13~20cm)
小物(15~25cm)
片手持ち(25~46)
中物(41~91cm)
大物(71~122cm)
鉢植え(102~152cm)
皇室(152~203cm)

【壮大なテーマ】

« ランケ~歴史哲学。 | トップページ | 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浄土(ピュアランド)の探求。:

« ランケ~歴史哲学。 | トップページ | 愛の倫理社会(恋愛上級者)。 »