最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 中国が明の時代に戻るとはなにか? | トップページ | ランケ~歴史哲学。 »

2016年5月19日 (木)

女性が飛び付く大人の発言(精神病撲滅運動)

ライトウィングというのは、人が仕事をしやすくなる研究なのだ。
人間は目的をもつから精神病になる。
しかし、言葉を覚えるだけで周囲から孤立せずに自分のやりたいことに熱中できる。
まわりに人を集めるための言葉を探求した。
女性に人気のある発言集を作ってみたい。

「君は自分の死が世界の終わりだと思っているのか?」

「その発言は君の人間観を示すよ?」

「そうやって一回限りの命に魂を燃やしているわけか」

「女をあてがおうなんてずいぶん簡単な政治をしているな」

「俺たちはもう終わったんだ。そのこと自体が信仰なんだ」

「社会は流動的だし、組織もあるから、何かになろうってのは大変だな」

「自分の力の源を大事にしろよ?」

「知識が多すぎるから苦しいんだろうね」

「迷っている限り勉強しなければいけないかな?」

「仕事をしたいから嘘をついてるんだよ」

「説はある」

「君の女性関係は知らないよ?」

「まあ、こんなもんだろ」

「いろいろ考えたけどね」

「どっちもどっちだな」

「わりい野郎だな」

これらの発言の共通点は「理想にとらわれていない」ことにある。
仕事をしている人間の台詞なんだ。
発言をした瞬間になにかひらめいている。
物事にアプローチするものの姿勢を端的に表現している。
女の真実を探求する者への皮肉も込められていた。
男として生まれたものの自由さに満ちあふれていた。
やりたいことはたくさんあったが、仲間が欲しかったのだ。
自由が怖いことを隠している。
女に興味があった。しかし、本物の男になりたかった。
夢を語ると惨めになったのだ。
自分と世界を近づける言葉が必要だった。
女は夢を語る人よりも、これらの言葉が好きなことを知らなかった。
周囲を殺伐とさせないのならばいつかお偉くなられるんでしょうね。
「他の人みたいに俺は左翼だぜ」
1956年のハンガリー動乱や、1968年のプラハの春を見ても、サルトルは「共産主義者は優しいから革命が嫌いなんだ」と言っていた。
レスマオス(ザ・毛)には参加しなかった。しかし、彼らに共感していた。
セックスしても成績を下げない、自分の中のわがままに気がついた。
官僚マシーンよりはいろんなことを知っていたよ。
女を知ることは歴史に残ることを放棄する行為だと信じている連中がいたんだ。
(反革命分子)

歴史に残る男は何かの「打出の小槌」を持っていたため、女からも引き出した。
歴史が男を作るのであり、男が歴史を作るのではなかった。
アルジェリア爆撃でサルトルの怒りは頂点に達した。
La Haine Ending
「今まではそれで良かった」
「今まではそれで良かった」
「しかし、これがお前の着地点だ」
攻撃に等しい大きさの反撃、すでに撃ってしまった方は引き金が引けなかった。
存在と無、若いってそんなもんだぜ?
すでにやったことと、これからやりたいこと、こんな世界で何ができるのか?
男は非常に抽象的な世界から極めて具体的な世界を目指す。 
「仲間のため」という発想が大事になってくる。
これから得るものの中に「仲間」を含めてしまうのだ。


CoCo:夢だけ見てる(CD音源) この世界の住人が言うべき台詞。

ミシェル・フーコーは、監獄の誕生において、二度とやってはならないことを反省させる施設を作り、意識をはっきりとさせ、女性的になり、自由の不安を感じ、物事を解釈する力を身に付けさせることを主張した。
「入院だな」
アルチュセールは「あいつら全く動かないんだぜ?」と言ったし、サルトルの魅力が根強かった。
「女と話さないから学業不振になっただけなんじゃないかな?」
大学に入ったら、彼女がいた方が勉強もはかどるんだ。
[OPV][ENG] 亀井絵里 「えりりん」- 片思いの終わりに Subbed

フランスの黒人の詩は、抑圧などを語ったので、フランスの植民地の人々にウケた。
黒人がフランスにいなければ植民地はできなかったのだ。
「一人の男」を標榜するフランスに対して、植民地はフリーセックスを目指した。
The Age of Aime Cesaire, Black French Critic of C…

フェミニズムの第二の波は、アラブ人や黒人の女性の抑圧を背景にしていた。
ユダヤ人が「男らしさ」を背景に影響力を高めたのだ。
嫌いというのは好きだという意味であり、最後にいい意味での裏切りがあって投票行動につながるという研究がなければ女性に選挙権は与えられなかった。
他人がいること自体、地獄なんだよ。寛大になれ。
どうせ人間は成熟しないんだからね。
弾き語り 松田聖子「LOVE」


« 中国が明の時代に戻るとはなにか? | トップページ | ランケ~歴史哲学。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性が飛び付く大人の発言(精神病撲滅運動):

« 中国が明の時代に戻るとはなにか? | トップページ | ランケ~歴史哲学。 »