最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 語学の学び方 | トップページ | 勉強を金に変える正義 »

2016年3月 8日 (火)

棋士

羽生名人は、一年にA級棋士の棋譜を二千局目を通す。
女にとっては「抽象的」な世界だ。
確かな世界と、抽象的な世界で成り立っているが、男の肉体だけが確かなものなのだ。

1457398901231.jpg

女を排除し、しかも、嘲笑ってしまう世界なのだ。
ひとつの答えではない「体系」を作り上げる男。
データによる将棋が終わったときに「芸術ってなんでしょう?」「女って何でしょう?」という二つの問いかけがなされた。
どれだけ将棋の世界を豊かにするであろうか?


1457401453964.jpg

白とブリリアンホワイトの違いを考えてごらん?
ブリリアントホワイト 工藤静香cover

この問いかけから、仕事を通して仲間もできてしまう。
女の知らない世界を知っているのならば、この問いかけにも答えてほしい。

歴史に残るために女は死なない。
仲間の腐敗によって女が死ぬことがある。
腐る可能性がある者は、必ず腐る。

« 語学の学び方 | トップページ | 勉強を金に変える正義 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棋士:

« 語学の学び方 | トップページ | 勉強を金に変える正義 »