最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« エリートの詩~ボードレール。 | トップページ | 陣内智則 »

2016年3月26日 (土)

北朝鮮の話

1910年から1945年の日本の統治は長く、日本の統治下で高い地位を楽しんだものたちが、のちに北朝鮮の敵対勢力となった。 
ソンブンと呼ばれる教育を受けた子供もいて、国家に溶け込ませようとした。
1994年から1997年までの洪水が北朝鮮にとって致命的だった。
マーケットがなかった北朝鮮に、賄賂を渡すことによるマーケットが成立した。
1957年から1960年にかけて、ソンブンは金日成によって行われた。
有名大学には優先的に輸入した食料も流した。
日本国統治下における指導者の階級と、労働者、農家、工場などが「さかさま」になったのだ。
このときに、体制側と、体制支援側、敵対的な階級が明確にされた。
320万人が北朝鮮北部に「引っ越し」たのだ。
日本にいる在日は、戦時中に本当に70万人が強制的に連れてこられたものだ。


キムイルソンは、韓国よりも北朝鮮を豊かにした人だよ。
死んだらみんな泣くよな。
そのあと、米韓合同軍事演習を、北朝鮮は、核戦争のリハーサルと見て核開発を始めた。
日本国との国交正常化が一番いいんだ。
国家承認しないと、お互いのメディアもパクリ放題だし、向こうの都合のいいニュースを日本のテレビ局が平気で垂れ流して「変な国だなあ」というイメージを日本国民に押し付けている。
キムジョンイルは、国交正常化を望んでいたよ。
でも、日本海側の伝説であった拉致問題を、メディアが全局同時に放送して、日本人女が死体に興奮してしまったんだ。
安倍晋三は、その女の興奮に「断固たる態度」をとって支持を集めたにすぎない。
いまだにその成功体験を引きずっている。
本人もその意味が分かっていないんだ。
拉致、拉致、言っておけば支持が集まると思っている。
北朝鮮だって「大した問題ではない」と思っているよ。
でも、安倍晋三は、拉致被害者との個人的つながりまでもって、意思の自由を奪われているんだよね。
「日本人女が死体に興奮しただけだ。大した問題ではない」といえる政治家がいれば国交正常化は実現するよ。
165か国が国家承認している北朝鮮は、すでにいろんなゲームを仕掛けてくるよ。
やれ、シルクワームだのつまらないミサイルを発射しただけで東京が大騒ぎするからいろんな金儲けの方法を覚えているんだ。
今は、水素爆弾を開発しているらしい。
安倍晋三が「俺の業績」と言っている拉致問題を、ニュースで見て、「これを俺たちも真似しなければならないのかな?」と思わないでくれ。
国家承認していない国は、もはや韓国に経済規模で20対1の規模しか持たないんだ。
体制崩壊をさせるのは簡単なんだけど、死人が出るのはアメリカも望んでいない。
そうやって「拉致なんて日本の女が死体に興奮しただけだ、大した問題ではない」といえる自分の考えを語れる政治家が一番いいんだよ。
そんなもんだろ。
安倍晋三が「俺の業績」と言っていることをテレビを見て真似して「これが政治談義だな」と思ってそれぞれの家に持論はできたよ。
さらにはマスコミもいろんな政治家をいろんな情報で邪魔するよ。
国交正常化というのは歴史的業績だよ。
誰がとるかは何が真実かを知ることだ。
盲目的確信が時には必要だろ。

« エリートの詩~ボードレール。 | トップページ | 陣内智則 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の話:

« エリートの詩~ボードレール。 | トップページ | 陣内智則 »