最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ペスタロッチ教育 | トップページ | Bzのコンセプト »

2016年3月11日 (金)

より高く

「オナニーするのに理由はない」
という言葉の意味をご存じだろうか?
自分のグループの力を弱め、他の組織との戦いを困難にする言葉だ。
はるか上の男をいじめる時のキーワードとして用いられる。
なぜなら、その男はより多くのキスを女から受けているからだ。
自分の属する組織の「メロディ」に「オナニーするのに理由はない」というトーンが流れたら、それは戦闘能力を弱め、いじめた男から学ばなければならない。
そうしなければ、組織は崩壊するだろう。
渡辺美奈代 いじめないで

「どうぞこのまま♪」とは、「貴方のグループを崩壊させましょう」という意思表示を意味することになる。

いじめる側は、男の「メロディ」だけ記憶する。「トーン」の蓄積がメロディだからだ。
何が無駄話で、何がそうではないか?を区別するようになる。

しかし、美女に触れる時の「炎」がいじめる理由となる。
田中 れいな - 愛の炎(OPV)

変化とは複雑であり、それに対処するための学問がある。
それについてどう思うのか?でグループのあり方も決まる。
グループには、雷や爆発、さびついたもの、怠けだけがある。
質問は三つ「実績」「どのように得たの?」「今後なにをするつもり?」

オブジェクション(男!)、オブジェクション(男!)、議論しましょう!

エコノミーD、つまり、子供を養っていく経済学が背景にある。
才能があるのなら文句はないだろう。
喜びについて研究してくれ。
空間とメロディがトーンの形だ。
「誰と誰がちょっとあやしいなんて」
つまり、誰が孤立し、どの女かそいつを狙ったか?
あるいは、怖い奴に女を与えようとする強者もいる。
Melody(アイドルグループ)- 唇がふれあえば

形を語り、色を語る喜びがある。
「関係をもつ」ってなんでしょう?
人間と動物の違いってなんでしょう?
これだけでグループのあり方が決まる。
だって影響力のある議論でしょう?
「唇から議論するグループが一番強い」
この人と決めるのは唇でしょう?
出会いと別れの複雑性が語れる。
女性が感じることができることを語り合う。


「1960年代に金メダルを取り、1970年代に世界ヘビー級タイトルをとった。1990年代にもっとも歳をとった世界王者になり、新世紀にはもっとも醜いおしゃべり野郎になった」
Recap of the "George Foreman Inspirational Tour" …

「彼の体験を聞けたことは嬉しいよ」
「とても勇気付けられた」
「忘れてほしくないのは、歳をとったものが若者を導くということだね」


「私が成功した秘訣は、乱暴者だったからだ。七人の子供のなかでもっとも野心があった。父と母がいて、職業訓練大学で電気を学んだ。カシアス・クレイがフロイド・パターソンに勝ったときに決意が固まった」
「ジミー・ヤングに、死について考えてみろ、と言われた。負けたあとだったから金もなかった。そのときに金に興味がなくなった」
「ストレッチャーに運ばれた時に、医者が手を動かしてみろと言った。大声で動かしたよ。死ぬかと思ったからね。キリストについて考えた」
「キリストがいなければ英雄として生きていけないことを知った。怖いからね。私の話を宗教ではないという人もいるけど、ただ、キリストを笑い者にしていればいいんだよ」
「母が死んだときに、サヨナラと言ってガールフレンドを作ったよ。若いボクサーを見ていると、また金の話しか、と思うね」
「ボクシングは、最高の発明だね。人間という生き物に生まれて、私はあなたよりも優れている、と言えるんだからね」
「姉や弟と食べ物を食べるんだ。それが価値というものだ」
George Foreman - Duel with Death - George Foreman…

キッシンジャーが語るIS 。
「イスラム国は、宗教を支配しようとしているのだから、宗教家の話しか聞かないよ。ドイツあたりかな。イギリスには失望している。」
「北朝鮮は、日本からアメリカの心を学び、心が欲しければ水素爆弾も開発するといっている」
Henry Kissinger Talks Islamic State And Trump

キッシンジャーが語るデジタル化社会。「デジタル化される前に私の心は完成されてしまった。しかし、それが永遠ではないことも知っている。真実が拡散されるからだ。ウェストファリア以降の神聖ローマ帝国の解体があったけど、
国民国家は、カトリックと男の正当化の世界、ローマ帝国以来の中華人民共和国、イスラム国の悲劇的な体制、スマートフォンの四つの世界をどう思うのかが課題になるだろう。
中東もこの問題と関わっている。1909年の出来事が中東を作ったからだ。
戦争は減るだろうね
みんなアメリカを真似しているんだ。私は1971年で中国の担当は終わったけれど、努力の火によって影響力を与えていこうという心理学的手法を中国はとっている。
ヨーロッパのような武力による領土の保全とは異なるのだ。
伝統的手法をとれば中国は影響力を増していくだろうけど、お金の勝負ならば中国は勝てないよ。
中国とアメリカの首脳が思うように世界は動くだろう。二つの国のかけはしが常に必要だ。
イランの核問題は、テクノロジーをどこまで進めていいのかという問題であり、イスラムのオスマン帝国のアイデンティティの話だ」
Dr. Henry Kissinger fireside chat with Eric Schmi…

« ペスタロッチ教育 | トップページ | Bzのコンセプト »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: より高く:

« ペスタロッチ教育 | トップページ | Bzのコンセプト »