最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ドゥームズデーブック | トップページ | ナチスと海の実験 »

2016年3月20日 (日)

韓流と朴正熙

「パクチョンヒ」
1960年代に、韓国の一人あたりのGDPは、79ドルだった。
1961年に、パクチョンヒ将軍が軍事クーデターを起こして、1979年まで続いた。
漢江の奇跡と呼ばれた。
消費を抑えて輸出したのだ。
技術を学び、教育し、韓国、シンガポール、台湾、香港は「アジアの虎」と呼ばれた。
低賃金の労働者と生娘がこれを支えたのだ。
韓国の経済発展と生娘、つまり、カトリックがパクチョンヒの背景にあった。
最初から今まで~ペ・ヨンジュン

鉄、衣料品、船などを重点的に製造し、冷戦時にはアメリカ合衆国が、重要な同盟国と見なした。

« ドゥームズデーブック | トップページ | ナチスと海の実験 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流と朴正熙:

« ドゥームズデーブック | トップページ | ナチスと海の実験 »