最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 陣内智則 | トップページ | 子供のことを省みるとはどういうことか? »

2016年3月27日 (日)

なおけんバンド~引間。

俺たちの常識ってなんだろうな?
経験を重ねて、積み上げてきたもの。
それが正しいと信じているのに、俺(引間祐二)の友達、真二郎の兄貴は非常識な話で人気者になりやがる。
これがあいつのスタンダートなんだそうだ。
スタンダード:なおけんバンド


真二郎の兄貴が、政治家になるって言って、リーマンにもならねえ。
横浜市立南高校の帝王がそういうのなら、ついていくしかねえじゃねえか。
だって、あいつが一番自信があるって言うんだからよ。
傘の下のリーマンはボーナスを何十万ももらい、結局、あいつの自信ってのは、俺が自信がないから従っただけなんだよな。
傘の中:なおけんバンド


動物って不思議だよな。
明日が食べ物に見えるんだ。
食べ物をかっさらっていくのはいいが、人間にぶち当たったら、とんびという種は人間さまから抹殺されてるよ。
それが、種の記憶というものだろ。
絶対、人間にはぶち当たらないんだ。
とんび:なおけんバンド


朝、起きれるか?
会社には
コーヒー、パソコン、女性社員?
おれは、コーヒー、パソコン、マスターベーションだよ。
まあ、アーティストのうつ病ってやつだ。
Just in time :なおけんバンド


男性優位の社会だってのによ。
女は少女マンガを読んで800の神を信じているよ。
俺が彼女のたったひとつの神になりたいのに、今度は、赤い月は不吉だと言うんだ。
俺の夢を見ているはずなのに、とにかく、赤い月は不吉だと言うんだよね。
金の話になってしまったんだ。
恋愛というものが。
「愛し合ったから結婚しました」だ?
赤い月:なおけんバンド


人々と会うよ。全員が邪魔物に見えるんだ。見たこと聞いたこと。
目の前の人が邪魔なんだ。
どうすればいい?
そして俺は一人になる。
眠りについて、夢を見るしかねえな。
ひとつだけ(cover):なおけんバンド


楽しみを共有できる、能力を共有できる。認めあえる。
そんな奴と共にいたい。
お前何様だ?
偉いのならば認められねえ。
向こうにいってくれ。
Stand by me:なおけんバンド

光太郎さんは体重がゼロのウルトラマン(タロウ)で空も飛べるのに競争が好きな人だね。
ウルトラマンの歌 / 岩水研次

光太郎さんはアメリカで自閉症のように松田聖子の「ラブバラード」を聞いていたのを俺は知らない。
男が孤独なときは俺は己を知るし、あいつよりも優れた人生を望んでいる。
スローバラード(cover):なおけんバンド

« 陣内智則 | トップページ | 子供のことを省みるとはどういうことか? »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なおけんバンド~引間。:

« 陣内智則 | トップページ | 子供のことを省みるとはどういうことか? »