最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 花伝書~業界の掟 | トップページ | 語学の学び方 »

2016年3月 5日 (土)

狂言女の連れ(仮のタイトル)

狂った女たちを舞台に上げると金になることを知ってお連れさんになる男がいた。
連れ「死は欲望の落ち着く場所だ」
狂言女「ダメです。重力には逆らえません」と言っては話しかける連れ。
狂言女フラウボと、連れのアムロ。ガンダムに乗れるか乗れないかは明らかだろう。
連れの「赤い彗星」という伝説と戦い続ける狂言女たち。
美しい狂言女が連れを愛したために戦死するガルマ。
連れは、狂言女とセックスしたら殴られることをマチルダから学習していた。
「あの女と寝た」と言うだけで、他の男に知性で勝ったことを意味し、殴られる。
ribbon 「それは言わない約束」
連れは虐めに遭っていてニュータイプになっており、スマートフォンで女と話し、オールドタイプの夫は、妻と喧嘩する。
連れは金を集める目的だったが、最後に、ハヤトの手術のための神様を作ってしまった。

« 花伝書~業界の掟 | トップページ | 語学の学び方 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狂言女の連れ(仮のタイトル):

« 花伝書~業界の掟 | トップページ | 語学の学び方 »